年寄りをいじめてはいけませんてば

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    (1)昨夜

    昨夜遅く、某保育園の調理師から電話がありまして「明日の9時半から監査なので、それまでに必要書類一式を届けて欲しい」とのこと。

    某青果店のお父さんが、書類を揃えるのに必要な時間は推定2時間。かなりブツブツ言うでしょうが、朝5時半から取り掛かれば、なんとかなるでしょう。


    (2)今朝5時半

    C「おはようございます。〜だそうです」

    父「何言ってる。できませんよ、できまっせん。私は腱鞘炎だのに。そもそも、昨夜言って今朝ねっ!?」

    C「そもそもを言えば、監査があろうが無かろうが、4、5日前には終わらせておく書類でしょ」

    父「あ〜!!。そっ、そんな仕事のやり方があるねっ!!」

    C「ウチの話?」

    父「なっ、なんだとっ!!。きょ、今日は朝から健康診断に行くんだよ。ダメですっ!!」

    母「やらんでいいさ」

    C「何にせよ9時半から監査が始まって、監査人が園長に書類を見せろって時が来るんですよ。園長に何て言わすんですか?」

    父「ちゅ、注文書を見せて『この通りに納品されてます』と言えばいいさ」

    C「はぁ、全然ダメでしょうね」

    父「じゃあ、謝るしかないさ」

    C「監査って、結局のところ園長に対する仕事の評価ですからね。雇われ園長がイエローカード出されて、謝るって問題じゃあ・・・」

    父「とにかく、今日は無理だっ!!」


    (3)今朝6時

    私には朝の配達準備があり、いつまでもかまってられんので、そこで話は終わりにしました。しばらくして、カチャカチャと聞こえてくるキーボードの音。素直なオジぃは観念したようです。

    C「お父さん」

    父「なっ、なんだっ!!」

    C「プリンの缶詰がありましてね。初めて注文があったんですけど、1缶1,600円で6缶入で1ケース。それを4ケース出しますよ」

    父「4ケースっ!!。4万円近くだね」

    C「保育園に置いといて、無くなれば補充するんでしょ」



    父「そりゃあ良かった。ああ、某保育園の書類は今やってるからね。できるかどうかはわからんよ」

    C「ありがとうございます。朝の配達を9時に終わらせて、一度戻りますから、それまでに」

    父「ふんっ!!。年寄りをいじめてから」


    (4)朝7時

    朝の配達準備が終わり、私が出ようとすると。

    父「C君!!。チェリーナって何ね」

    C「食器用洗剤です。仕入れは湧田」

    父「ああ、あったあった。了解」

    C「では、配達行ってきます」

    チェリーナかぁ。

    てことは、2/3は終わったな。

    な〜んだ。順調じゃん(笑)


    国場川に架かるローカル橋

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      国場川に架かる真玉橋と一日橋。有名な(?)2本の橋に挟まれた8本のローカル橋を紹介します。

      真玉橋の上流はしばらくの間、橋がありません。理由は単純で川幅が広いから。そこに橋を架けるにはそれなりの費用対効果が必要です。


      では、8本の橋を順に。

      (1)国場川人道橋

      こちら側が那覇市国場で、向こう側は豊見城市嘉数です。






      (2)国場西橋

      国場川と長堂川の分岐にあります。






      (3)前原橋

      軽便国場駅で与那原線と分岐した糸満線は、ここで国場川を渡りました。






      (4)新橋(国場橋)

      かつての国場十字路は現在の場所より少し西側にありました。旧道に架かる新橋は当時の南部への入口です。






      (5)新国場橋

      国道507号線。現在の幹線道路です。






      (6)仲井真人道橋

      近くに万福寺






      (7)渡地橋

      このあたりは野菜を出荷するための船着場が多数あった場所です。かつての国場川は極端に蛇行していて、北岸と南岸は交互に半島状になっていました。橋の名前の由来に関係があるかもしれません。






      (8)上間橋

      国道329号線。国場川の川幅がグッと狭くなり、この次の橋が一日橋です。






      Twitterで相互フォローいただいてる方が、度々、国場川の橋の上らしき場所からツイートされていて、そんな写真を見るとそこに立ってみたがるのが私。

      ストーカーフージ、すみません。

      8ヶ所のイマソラ。(^-^)/


      塩を盛ってみた(^^;

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        思うところがあり、自宅玄関の土間に塩を盛ってみました。



        このところ夜中に目が覚めることが多く、眠りが浅いためか毎晩夢を見ます。またその夢が殺伐としてること。


        沖縄では良くも悪くも霊の存在が話題になることが多く、その方面に明るい人達が沢山います。そのうちの一人を私の部屋に連れて来たら、きっと「あそこに一人と、向こうにも一人」とか教えてくれることでしょう。確かに私は、そこら中の井戸やらお墓やら御嶽やらをくまなく歩いているので、一人や二人は連れて帰ってる可能性はあるのです。

        夜中に起こされてもかまいませんが、人を起こしておいていなくなるのはやめなさいと言いたい。それから、目覚ましが鳴る20分前ではなく、「まだ3時間は眠れる」あたりで起こしてくれるとありがたい。


        本来、私は霊に対する恐怖心が少なく、部屋に霊が現れたら「何が不満なのか言ってみなさい」と相談に乗ってあげたいくらいです。ところが最近は、霊が存在するとすれば、それは自分の内なる精神を現実空間に投射したものではないかと考えるようになりました。だとすれば霊は自分自身なのですね。

        塩を盛ってみたのは、霊を追い払うと言うよりは、気持ちを落ち着かせる効果があるのではないかということ。塩を盛るにもそれなりの手順と様式があるようですが、私の場合は自分が納得すればそれでよろしいのです。

        まだ二、三日のことなので確証はありませんが、どうやら効果がありました。目が覚める回数が明らかに減り、昨夜は久しぶりに、実に心温まる夢を見ました。


        冬の沖縄は日照時間が少なく、どんよりとした天気が続きます。ピカーンと晴れて青空が広がるってことが少ないので、そのあたりも関係してるのか、してないのか。

        ただ単に、寒くなったからだったりして(笑)


        それで、私にどうせよと?

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          (1)カマボコ屋のトモコオバぁ

          「ウチのトイレに穴グヮーあってからよ。そこにマヤグヮーがいたわけさ。ウチがしゃがんだら目が合ってから。ハーッシ。驚くさ」


          (2)某青果店の社長

          「私はね、パソコン使い過ぎて腱鞘炎なんだよ。もう納品書は作れないからねっ!!。はい、知りまっせん」


          (3)知念精肉店の三女

          「『ちゃーびらさい』ってなんね?。知らんよぉ。ついこの間『いちゃりばちょーでー』が分かったところだのに」


          (4)金城商事の店員

          「世界の平均的な女性の顔ってサイトがあるんですよぉ。それで、ミャンマー人の顔が私にそっくりで。はいはい、どーせ私は色が黒いですよ。ふん」




          (5)某スーパーのネェネェ

          「ウチの亭主ったら、市場の事務所に寝泊まりしてから、週一しか帰ってこないのよ。ヤー(家)は古波蔵だのに。2キロ先に単身赴任してどうする?。ねぇ」


          (6)相棒のA

          「の〜れんにできるぶんじょ〜マンションは19階ってよ。ハーッシ。海が見えるさ。慶良間もワッター島(久米島)も見えるかもしれないね。見えたらど〜しゅる?」


          南城市大里のムーチー鍋

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            こちらは南城市大里庁舎。



            その庭にこんなものがありました。



            大里と言えばムーチー(鬼餅)ゆかりの地。→沖縄に鬼はいるのか?

            1999年に当時の大里村が村おこしで、ムーチーを作る巨大な鍋を作ったんです。



            直径3.25メートル。重さ900キロ。まるで電波望遠鏡です。



            この鍋で蒸し上げるムーチーは一度に約200キロ。約二千人に振舞うことができました。



            一時はギネス登録を狙ったりしてたんですが、大里村は南城市となり、2009年を最後に巨大鍋は使われなくなりました。そして今は、去年完成した小屋の中で隠居生活中。

            う〜む。

            巨大鍋が復活する日は来るのか?

            鍋は使ってこそ鍋という気もしますが、庁舎を訪れる人達に、大里がムーチー発祥の地だとPRしてるわけだから、これはこれでいいのか?


            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << January 2017 >>
            プロフィール
            profilephoto 念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            管理人へのメール
            y_mizoguchi@i.softbank.jp
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM