ペリー提督日本遠征記(1)那覇港

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    「ペリー提督日本遠征記」を読んでます。

     

     

    合衆国政府がペリー監修の下、ペリーの日記やノート、公文書などを基に編集した遠征記です。

     

    ペリーは那覇を拠点に、浦賀へ2度、香港と小笠原諸島へ各1度の航海をしているので、那覇への寄港回数は計5回になります。

     

    この遠征記には美しい沖縄の風景が随所に描かれています。それを読むと大変気分が良いので、その一部を抜粋しました。コピペができないので時間がかかるのよ、これが(^^)

     

     

    (1)那覇入港前

     

    海上から眺めると、この島の海岸は緑が美しく、鮮やかな緑の森や耕地があって彩り豊かである。雨のためにその風景の色彩はなおいっそう輝きを増し、豊かなイギリスの風景を思い起こさせた。

     

    水際からすぐに隆起している丘は島の中心に向かってしだいに高くなっており、ところどころ唐突におもしろい形の岩山が突出していて、かつて火山活動があったことが分かる。

     

    丘陵の頂きに沿って杉か松らしい森が広がり、傾斜地は菜園や穀物畑でおおわれている。丘の北側はさらに高くなっており、また海岸は岬が二ヶ所突き出し、その間が深い湾か入江になっていることを示している。 

     

     

    (2)那覇入港後

     

    艦が島にかなり近づいたので、湾の奥の那覇の町がはっきりと見えた。

     

    その正面にアベイ岬と呼ばれる岬が突き出していた。その岬は樹葉でおおわれ、突端のところに岩山がかたまっていたが、そこにある苔むした小塔と扶壁とがこの岬の名の由来であることは明らかだった。

     

    丘にはところどころ白い斑点が点在していて、はじめは住居かと思われたが、やがて石灰岩の墳墓であることが分かった。

     

     

    (3)那覇上陸後

     

    われわれはしばらく珊瑚礁の岸にもたれ、不思議な海中植物の美しい色や形状に見とれていた。

     

    珊瑚礁は円形の堤のような形を成し、まるで秋の森におおわれた小さな丘の連なりのようで、その中に澄んだ深い水をたたえていた。

     

    青、紫、薄緑、黄、白が華麗なぼかし模様になって波間にひらめき、崖の緑にはさまざまな形状の植物が群生し、海面下を流れる潮流によってできた谷に垂れ下がっていた。

     

    そのような珊瑚の森の間を、まじりけのないラピスラズリの矢のように、青い魚があちらこちらと行き交い、目のくらむようなエメラルド色をし、尾と鰭の間が金色をした魚がアラビアの物語にでてくる緑の鳥のように手をすりぬけていった。

     

    水はその深さを見誤るほどに澄みきっていて、まるで蔓植物の天蓋に腰をおろしているような気がしたり、また、向き合う二つの山頂の間にぶらさがっているような心持になったりするのだった。

     

    詩や寓話の題材となるあらゆる海の脅威のうちでも、この眺めは最も美しいものだった。

     

     

    (以降は私の投稿)

     

    突き出した二本の岬のうち、一本は先原崎。ペリーの地図ではアベイ岬と名付けられていて、大修道院を意味するそうです。

     

    現在の那覇空港の北端が先原崎。LCCターミナルの利用経験がある人は、LCCに到着したシャトルバスを思い浮かべて下さい。そのバスの真後ろの方向に先原崎灯台跡があります。

     

    さて、もう一本の岬はどこでしょう。まず波の上が思い浮かびましたが、先原崎と対比するには小さ過ぎますね。私の想像ですが、浮島全体を岬と見なしたのではないかと。

     

     

    波の上には宣教師のベッテルハイムが住んでいて、ペリー艦隊が那覇港に入港した際は、自宅にイギリス国旗を掲げて歓迎の意を示しました。

     

    ペリーはベッテルハイムの名前を知っているばかりか、彼が島民に嫌われていることまで知っていたようです。琉球に渡航した西欧諸国間で琉球の情報が共有されていたんですね。

     

     

    ペリーの艦隊は那覇港沖に停泊し、そこから小舟で上陸しました。私はその上陸地点を、上陸碑のある泊港と思っていましたが、士官達が乗った小舟がベッテルハイムが掲げたイギリス国旗を目指したため、最初の上陸地点は波の上になりました。

     

     

    過去の投稿はこちらから。

     

    泊港の風景(2)ペリー来航 

    ペリーの航海 

    テンペストの登場人物(1)ベッテルハイム(上) 

    テンペストの登場人物(1)ベッテルハイム(中) 

    テンペストの登場人物(1)ベッテルハイム(下)


    ヤンバルに猪はいないのか(^^)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      登場人物は隣の八百屋のコーちゃんとKさんです。

       

      (1)土曜日午後2時

       

      C「コーちゃん。アンタんとこのオヤジがニッコニコして何処かへ出かけたな」

       

      コ「ヤンバルへ猪を獲りに行くって言うてました」

       

      C「えっ!!、そらええな。来週は焼肉パーティじゃん」

       

      コ「ウリ坊だったら店で飼いましょうね(笑)」

       

      C「おぉ、八百屋だけに餌には困らんな」

       

       

      K「キャンプは本当だけど、猪の話はそんなこと言ってるだけみたいです(^^)」

       

      C「アハハ。猪が住んでる山の近くでキャンプしましょうねみたいな」

       

      K「そうそう(笑)」

       

       

      (2)翌週月曜日午前10時

       

      C「おいコーちゃん。さっきオヤジに『猪はどうなりました?』って聞いたら、『いなかった』ってよ」

       

      コ「ちゃんと探してないんですよ」

       

      C「コーちゃん、あのな。アンタのお父さんは『いなかった』って言うてはんねん。いないモンを探せとか捕まえろとか言うても、そら無理やろ」

       

      コ「アハハ。ずっと大雨でテントから出てないのに、電話したら『ハーハー』言うてるんですよ」

       

      C「ギャハハ、笑わすなぁ。それは、猪を追いかけてるところか」

       

      コ「いなかったのにね。ヤンバルクイナはいたみたいです」

       

      C「焼き鳥かぁ。ほんなら俺はいいわ」

       

      コ「(笑)」

       

       

      こちらがリュウキュウイノシシ。

       

       

      「ベルクマンの法則」に従って、哺乳類は北へ行くほど大型化します。栄養を蓄えたり、体温を保つためですね。例えば、南から順にツキノワグマ、ヒグマ、グリズリー、ホッキョクグマ。

       

      リュウキュウイノシシは南に住んでいる上に島育ち。ナイチの猪の半分くらいのサイズで、牙も短めです。とは言え体重が50キロはありますから、こいつが突進して来たら、原チャリと衝突するくらいの覚悟は必要でしょう。

       

       

      猪は野生の豚ですから、知念(精肉店)に頼んだら、ロースやらバラやらミミガーとかにキチンと捌いてくれたはず。焼肉パーティやりたかった(^^)

       

      まあ、いないものは仕方がないか(笑)

       

      大宜味村の猪垣(1) 

      大宜味村の猪垣(2)


      ゴーヤージュースに感激する八百屋のオヤジ(^^)

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        この時期、沖縄でよく聞く「ゴーヤーが余ったからジュースにしました」。

         

        ハルからアタイから、スクスクと育ったゴーヤーがダブつく時期は確かにありますが、これは受け取る側への配慮の言葉。

         

        昨日の夕方にいただいて、今朝10時のゴーヤージュース。もう、美味くて美味くて美味くて(^^)。身体がゴーヤーを求めている気がします。

         

         

        ゴクって飲んだ後に、喉から鼻腔にかけてフワッと広がるゴーヤーの苦味。いやぁ、美味しいわ。

         

        一本のゴーヤーから200ccの絞り汁がとれるとすれば、既に8本分を飲み干し、残りが2本分。昨日、沖縄の各地で開催されたゴーヤースーブの優勝ゴーヤーは50cmを超えたそうです。そこで惜しくも4位くらいのゴーヤーを分けていただけないものかと(^^)

         

         

        「カルピスは初恋の味」。カルピスの社員が創業者に「初恋の味ってどんな味かと問われたら何て答えたら良いですか?」とたずねたそうです。そしたら創業者が「カルピスの味だと答えなさい」と。

         

        「ゴーヤージュースは初恋の味」と思ってるウチナーンチュが沢山いるかもしれません。苦味があればこそ、初恋の味。甘いだけではダメなのよ(笑)

         

         

        話はトマトジュースに変わります。

         

        私が沖縄に来るきっかけとなった会社(倒産済み)の元同僚がデザインの会社を興して、絶賛大繁盛中です。こちらは彼がデザインしたトマトジュースのパッケージ。

         

         

        パッケージを並べたら、トマトが繋がる繋がる。イオンが採用してくれたそうで、これが商品棚にズラッと並んだら壮観でしょうね。琉球イオンは扱ってくれるのかな?

         

        彼の作品はこちらから→ グッズストアドットネット 

         

         

        沖縄でゴーヤージュースを売ろうとしてる人は、このパッケージデザインをパクったらどうでしょう。ゴーヤーが繋がる繋がる(笑)

         

        デザイン会社の社長には、私からよろしく伝えておきます。

         

        「おまえが社長に叱られてションボリしてた時にヨシヨシしてあげただろ。なっ、だから、なっ。いいじゃん、売れるのは沖縄だけなんだから。なっ」


        とか言うてですね(笑)


        領収書崇拝の不思議

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          某青果店の顧客保育園が代金を支払う方法は銀行振込と現金払いが半々。現金払いの保育園へは、私が集金に伺います。

           

          何故、現金払いなんですかねぇ。

           

          その理由を保育園の経理担当に聞いてみたいものですが、それをやっちゃうと「集金が面倒だ」と言ってるみたいなので、聞くに聞けずに幾年月(^^)

           

          振込手数料は受取人払いなので、保育園の経費節減にはなりません。もしかして、某青果店の経費節減に協力してくれてんのかとも思いましたが、銀行の振込手数料って108円でしょ?。集金に必要な私の人件費やガソリン代のほうがよほど高くつきます。いくら私の給料が安いからって、108円には勝ちますからね。

           

           

          それは良いとして。

           

          銀行振込にもかかわらず、領収書を求める保育園があるんです(^^)

           

           

          領収書であれ何であれ、支払いの証明ができればいい訳なので、銀行通帳で充分なのよ。その上に領収書が必要な理由が、意味くじ分からんわけよね。

           

          「領収書ぐらい渡してあげればいいじゃない」と思うでしょうが、収入印紙はウチが貼るのでね。弱小零細企業の某青果店に振込手数料を負担させた上に印紙代も払わせるなんて、誰かが勘違いしてるとしか思えません。

           

           

          まあ、それも良いとして。

           

          スーパーのレジで客のオバハンが、何とか小銭を使おうとして、財布から一枚一枚小銭を出すのが困ったものです。そして最後の最後に10円足らないと。それで、小銭を財布に戻して一万円札を出すと。

           

          「ハーッシ!!」と言いたい。

           

          そんなオバハンに限って「あっ、領収書をお願いね」って言い出すから、も〜、イライライライラ。

           

          スーパーの支払いで領収書が必要な理由を150字以内で述べなさい。と言いたい。

           

           

          そもそも、レシートなんて英語を使うからこんなことになるんです。レシートと呼ばずに領収書と呼びなさい。

           

          レジ「いつもありがとうございます。お釣りと領収書でございます」

           

          オバハン「あっ、領収書をお願いね」

           

          こんなの、おかしいでしょ(笑)

           

           

          それも良いとして(笑)

           

          「領収書を下さい」と言えば、きちんとしてる雰囲気があるのよね。几帳面と言うか。これは日本人の領収書崇拝主義、もしくは領収書信仰の表れと言って良いでしょう。

           

          あっ!!。領収書が欲しくて現金払いにしてんのか(^^)


          頭を使えば使うほど、仕事は進まない

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            ふと気がつけば、私はもう40年近く働いてるじゃありませんか。お疲れ様と言うほかありません(笑)

             

            今日は仕事の話でお退屈さまです(^^)

             

             

            私の勤務時間は5時半から14時半まで。自分が定めた手順で定常業務を消化し、すべての手順が完了すれば、その日の仕事は終わりです。

             

            一つ一つの手順の所要時間を合計すると時間が足らなくなるはずが、余裕で終わってしまうのは手順の性能が良いから。

             

            自画自賛ですが、これが実によくできた手順で、仕事の効率は上がるしミスもしません。ベテランと新人の違いがそこにあります。能力の差ではなくて、仕事に対する「備え」の差。

             

            「そうは言うけど、手順を飛ばしちゃうことだってあるんじゃないの?」って、その通り。だから、手順の抜けをチェックする手順があります。


            数年前、今の仕事の手順が完成したと感じた時期がありました。頭を使わずに済むようになったんですよ。渡り鳥や回遊魚は脳を半々に使って、眠りながら飛んだり泳いだりできるそうですけど、まさにそんな感覚。頭を使わなくても仕事は進みます。

             

             

            さて、朝8時50分のサンエー壺川店前。私は「開店時刻を待つ」という手順を実行中(笑)

             

             

            出勤から3時間半。その間に一度だけ頭を使うことがありました。

             

            ある保育園で園児のお母さんが寄ってきて「車が新しくなったんですねっ!!」と我が事のように喜ぶんですよ。どうしてあんなに喜んでくれるのか、「きっといい人なんだろうなぁ」と思った直後。彼女の気持ちがわかりました。

             

            私はこれまでの長きにわたって、あのオンボロワゴンで園児に食材を届けてきました。車にゴミが溜まってるわけでもなく、蜘蛛が巣を張ってるわけでもないけど、見た目がそんな(笑)

             

            それをお母さんが苦々しく思っていたとしても無理はありません。それがある朝、八百屋がピカピカの新車に乗ってるじゃないですか。それは喜びますよねぇ(^^)

             

            仕事のことで頭は使わないけど、仕事と直接関係のないことは考えてます。そしてそれをブログに投稿すると(^^)

             

             

            「そうは言っても、色々(予期せぬことが)あるんじゃないの?」って、ありがとうございます。非定常業務ってやつね。

             

            そうした予期せぬ事態に対応するのが「if-thenルール」です。もし〜ならば〜する。

             

            私の脳内には「if-thenルール」が無数に並んでいて、予期せぬ事態が起きたらそれに対応するルールが「発火」します。発火はFireの直訳で、丁寧に訳せば「瞬間的に光る」、「ひらめく」。

             

            仕事上の「ひらめき」は、一見、その場で思いついたように見えますが、脳内の「if-thenルール」が発火したものなんですよ。言い換えれば、あらかじめ答えが用意されていたってこと。

             

            「考える」のではなく「発火する」。


            同時に複数の「if-thenルール」が発火することがあります。無造作に保管されてるルールですから、発火した複数のルールが相反することもあります。


            「考える」のではなく「選ぶ」。


            「if-thenルール」の数が多ければ多いほど優れた対応が可能で、そのことを「仕事の引き出し」が多いとも言います。仕事の局面、局面で頭を使ってあれこれ考えてるようでは「まだまだ」。新人によく見られるように、頭を使えば使うほど仕事は進まないし、ミスが増えます。

             

             

            「それは貴方の仕事が肉体労働って言うか、単純労働だからよ。私がやってるような知的な仕事には通用しないわ」というご意見もありましょうが、同じですってば。投稿が長くなるので、そのあたりはまたいずれ(^^)


            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM