農連市場で今朝の会話

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    保育園は卒園式。某青果店は暇な週末を迎えています。


    (1)相棒Aの感違い

    毎朝私は、バイクで農連市場を一巡し、その日の仕入れをします。今朝は卸売市場に行かなかった相棒Aが店にいて、なにかゴソゴソしてました。

    A「あっ、Cさん。バイクを一回借りるよ。一回だけだからね。一回ね」

    C「ええよ」




    Aは少量の葉野菜を仕入れてすぐに帰ってきました。

    母「支払いはしたの?」

    A「後で行くさ」

    母「い〜や、今行きなさい」

    A「後でって言ったのに、今行ったら変なぁさ」

    母「何言ってる。行きなさい」

    A「・・・」

    C「おいおい、バイクは一回って言うたんちゃ〜うんかい。俺が仕事にならんで」

    A「だから後でって言ってるさ」

    そのすぐ後、冷蔵庫でAと二人になったら、こいつの機嫌が悪いのよね。

    A「あんな言い方はないだろ。一回とは言ったけろ、オカアのせいであんなぁなりかけたわけさ」

    C「はぁ?。なんか感違いしとるだろ」

    A「してないさ」

    C「悦っちゃんとこには後で注文に行くから、二度手間になるんだろ」

    A「えっ、よく分かるね」

    C「じゃあ、あとは考えなさい(笑)」

    A「・・・」




    (2)トモコオバぁの超能力

    農連市場の各仕入先には、前日に翌日分を発注します。今朝の丸カマボコの仕入れは17本でしたが、昨日それをカマボコ屋のボードに貼った記憶がありません。

    ノートのチェックマークを見れば発注書は書いてるのに、握りつぶしたか、風で飛んだか。

    ト「あっ、ニィニィ、おはよう。準備してあるよ」

    C「へっ?、何を?」

    ケースを覗くと、丸カマボコが17本入ってるじゃないですか。しかも、7本、6本、4本に正しく分けてある。

    このオバぁはやっぱりユタなのか。

    時々、惣菜通りの真ん中に立って、空を見上げてるのよね。あれはやっぱり、天と交信してるんだはず。

    C「なっ、なんで知ってる?」

    ト「ニィニィの考えくらい分かるさ」

    C「いきなり17本もあるんかなと心配したわ」

    ト「じゃあ、良かったさ」

    何で知ってんのかは「じゃあ、あとは考えなさい」と自分に言って、私は竹輪の仕入れに向かったのでした。

    C「驚かすわぁ。やっぱりトモコはユタやで」

    竹「ユタね?(笑)。どうして?」

    C「頼んでもないカマボコが揃っとるわけよ」

    竹「アハハ、そりゃあユタかもね」

    C「前々からアレは何かあると思ってたのよ」

    竹「私が注文したのよ」

    C「ん?」

    竹「昨日、竹輪の注文くれたでしょ。そこにカマボコの注文がくっついてたわけ」

    C「あっ、そうなんや。で、それをトモコに渡してくれたの?。ありがとう〜」

    竹「謎が解けて良かったわね(笑)」


    絶対に許せん!!

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      この昼食を園児に食べさせてた園長!!



      絶対に許せん!!

      園長だけじゃないっ!!

      言われた通りに盛り付けした調理師、園児と一緒に食べた保育士、気付かなかった保護者。

      いったい、何をやっとるんだっ!!

      それからそこのお前、納品業者!!

      「気付くはず」とは言わん。「気付く」だろっ!!

      どいつもこいつも見て見ぬふりかいっ!!


      興奮したので、深呼吸、深呼吸。

      ある保育園の料理長Eさんは60代の女性です。久米島産の美人ですが、この人がまさに正義感のカタマリ。前に勤めていた保育園で、厨房に入ろうとした園長を入口で仁王立ちして阻止したことがあるそうで、それがいかにもって感じの人です。

      C「Eさん、姫路の馬鹿たれがっ!!」

      E「だっからよっ!!。考えられんねっ!!」

      C「姫路の保育園にEさんがいればねぇ」

      E「アハハ、まかせてちょうだい!!」

      C「今頃、園長はボコボコにされて『もうしません』って泣いてるやろな」

      E「Cさん、ニュースを聞いて私を思い浮かべたでしょ(笑)」

      C「おおあたり。悪いのは園長だけじゃないよねぇ」

      E「ウチは大丈夫よ。安心してっ!!」


      Eさんに言われるまでもなく、ウチのお客様は安心です。タマネギ箱で運ぶ商品のずっしりとした重さが、昨日、今日とまったく苦になりません。


      恋しあかつらの・・

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        ジュリ馬祭りの演舞台にこんな琉歌がありました。



        恋しあかつら(赤津浦)の
        波にすそ(裾)ぬ(濡)らち
        通たるむかし(昔)
        わしり(忘り)ぐりしゃ
        尚灝(しょうこう)王



        赤津浦は若狭の海岸で、ジュリ達が浜下りで遊んだ場所です。野津唯市さんが描いた「雪の崎(ユーチヌサチ」の東側(手前)にあたり、



        琉球歌劇「泊阿嘉(トゥマイアーカー)」で、久茂地の樽金(タルガニー)と泊の思鶴(ウミチル)が出会った場所でもあります。

        20130507124859_0.jpg

        その海岸を、尚灝王(1787-1834)は裾を濡らしながら歩き、辻遊郭に通ったと・・。

        そして、そんな昔が忘れられんと・・。

        そんなこと言われても「はぁ、そうですか」としか答えようがありません。


        尚灝王は尚泰王の祖父で、琉球王朝末期の難しい時期に即位したのですが、後世で語られるような施策は打てなかったようです。

        一妃二夫人八妻をもち、九男十七女をもうけました。八人の妻のうち七人は平民の女性だったそうで、カーギの良い平民女性を集めてオーディションのようなことをしたと・・。

        その上、辻遊郭にも通ったと・・。

        「何をしとるんだ?」と言いたい。


        辻の皆さんがこの琉歌を掲示した意味を考えれば「琉球国王も愛した辻遊郭」ってことになり、私が知らない物語があるのかもしれません。今年は尚灝王の没後183年。長い琉球の歴史からみれば、つい最近のことです。

        そのうち私も、その物語を知る機会があるでしょう。

        もしくは、特には無かったか(笑)


        高良レコード新装開店

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          国際通りの高良"クワッチー"レコードが新装開店し、上等なりました。



          前の店舗は、建物が見えないほどのパネルやポスターが貼られていましたが、



          それがですね。おお〜。



          とんでもなくスッキリしました。


          観光客だった頃の私にとって、高良レコードは宝の山でした。

          アマゾンでパーシャクラブを買い、中古販売サイトで喜屋武マリー&メドューサを買い、次々に欲しいものを手に入れましたが、それは「欲しいもの」が分かっているからできるのですよ。



          高良レコードに入り、棚を見渡せば知らないものばかり。「おっ、この唄者がこんなCDを出してたのか。ほっ、欲しい」ってなり、どれを買おうか悩んだものです。

          沢山の商品を俯瞰し、そこから選ぶ楽しみは通信販売では得られませんね。本屋に行くヨロコビもそこにあると言えるでしょう。


          さて、建物がスッキリした高良レコードですが、中の人達は同じです。今頃は、何も無い壁面に色々なものを貼りたくて、ウズウズしているのではないでしょうか。数年後には元の店舗と変わらなくなり、「ありゃ。新装開店したと聞いたけど、なんも変わってないじゃん」と言われることでしょう。

          なことはないか(笑)


          ジュリ馬、舞・・わず

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            辻の二十日正月行事「ジュリ馬祭り」に来ました。



            例年、旧暦一月二十日(今年は2.16)に開催されていますが、今年はその日に神事だけを行い、ジュリ馬の演舞は今日になったのです。日曜日の開催を意図したものだと思いますが、来年以降も是非そうしていただきたい。

            早めに到着すると8名の踊り子が辻の御嶽とお墓にお参りしてるところで、初めてナマの「ゆいゆい」を聴きました。
            (twitterに30秒ほどの動画をアップしています)



            「せんする節」
            京の小太郎が作たんばい
            尻ほげ破れ手籠緒すげて
            板片目貫ち乗い来たる


            京太郎が作ったのは
            尻に穴が空いた
            破れ手籠に緒をつけたもの
            板切れに穴を通したもの(馬)に乗って来た

            組踊「高平良万歳」で、兄弟が親の仇をうつために、当時の人気芸人、京都の小太郎に成りすまし、敵に近づいてゆく場面に使われる唄です。


            演舞台ではリハーサルが行われ、私の気持ちも高まりましたが雨が止みません。



            結局、主催者が「踊り子の化粧が落ちるさぁね」と判断し、観客は料亭那覇に誘導されることになりました。



            料亭那覇の大広間で、ゆいゆいをやってくれるのですが、私はやめておきました。どうしてかと言いますと、私は「難しい男」だからです(笑)


            こちらは二、三年前の琉球新報。



            百人を超えるジュリ達が舞い、この投稿のタイトルは「ジュリ馬、舞う!!」になるはずでした。

            貧しさに負けて娘を辻に売ってしまった私は、物陰から元気な娘の姿を見て、涙するはずだったのですよ。そのオヤジが料亭の座敷でアグラをかくってのはいかがなものかと(笑)。

            来年に楽しみを残したってことですね、つまり。


            calendar
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM