オジぃに道案内をしたら

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    大家のオバぁ(82)がボケてアパートを去って以来、いるはずの人がそこにいない状況が続いています。毎日、一言、二言話すだけでしたが、どうにも寂しい気分です。

     

    私は毎日農連市場で働き、92歳を筆頭に元気なオジぃオバぁ達と接しています。皆さん、頭は回るし身体も動く。市場ではボケて仕事をやめたって話を聞きません。だから私は、知らず知らずのうちに、それが普通だと思わされていたんですよ。ところが、世間的には大家のオバぁが普通なんだよなぁ。

     

     

    さて、今朝のこと。某青果店の前でヨボヨボのオジぃに道を聞かれました。道を聞くのはいいが、そこまで歩けるんか、みたいな。

     

    オ「比嘉時計店を知らんね?」

     

    C「ああ、わかるよ。その信号を右。道路の左側を歩いてると、大きなシーサーがいるから、そこを左」

     

    オ「信号を右で、その先にシーサー」

     

    C「そうそう、道路の左側ね。で、シーサーを左」

     

    オ「信号を右に行ってシーサー」

     

    C「もう、シーサーはええやん。そこを左に入って4本目を左。アーケードになってる」

     

    オ「シーサーまではわかった」

     

    C「じゃあシーサーに着いたら、そこらでまた誰かに聞いて」

     

    オ「そうするさ」

     

    20130312130419_0.jpg

     

    このオジぃはシーサーまでの道順で記憶容量が一杯みたいです。道に迷うとすれば、そっから先なんだけど。

     

    「シーサーに着いたら誰かに聞け」とは言ったものの、あのあたりは観光客ばかり。オンボロワゴンでオジぃを運んだろかなと思いましたが、浮島通りは一方通行だから、戻ってくるのに時間がかかるんですよ。

     

    このオジぃが普通なんですよ。市場の外ではね。


    国場の散歩(23) サキシマスオウのその後

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      4年前、今のアパートに越してきた時に撮影した国場のサキシマスオウ。右の太いほうの樹齢は200年と言われています。

       

       

      かつて、このあたりは国場川の河岸でしたが、川の流れが変わったり、河原が国道や宅地になったりで、川からは遠く離れてしまいました。ヤンバルや八重山の自然の中では、立派な板根が周囲に伸びます。

       

       

      さて、サキシマスオウは元気かと言いますと、マンション建設により一本は伐採されてしまいました。

       

       

      マンションと隣の駐車場との間にわずかな隙間と段差があったことで、もう一本は伐採されずに済みました。

       

      こいつが実を付け種を飛ばしても、周囲の地面はコンクリート。この場所にいたのでは、子孫繁栄は望めません。その上、相方まで失ってしまい、クサってることでしょうが、なんとか生き延びていただきたい。

       

       

      こちらは、サキシマスオウの近くにある古い建物。外階段が二ヶ所にあって、建物の構造が直ちに把握できないところが素敵です(笑)

       

       

      こんな、訳の分からない古い建物を私は好きなので、近くまで行って「はあはあ、ここから入って、こう上がって」と調査しました(笑)。直方体で単調な建物が多い中、いい味を出してます。

       

      それはいいとして、この建物が取り壊しになったとしたら、手前の駐車場と合わせて広い敷地が得られます。そこへ高層マンションが建ったりしたら、サキシマスオウはどうなってしまうのか。

       

      誰か、お金の使い道に困ってるような人がいたら、サキシマスオウを漫湖のマングローブのあたりに移植してくれないものかと思いますねぇ。私はお金の使い道に全く困らないので、申し訳ないです。


      今朝の配達

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        今朝の配達はこんなことでした。

         

         

        (1)その時は電話します

         

        園児数の多い保育園なのに、今朝の納品はいつもの半分もありません。

         

        C「ありゃ、今朝はこれだけ?。何か注文が漏れてない?」

         

        調「ウフフ」

         

        C「ん?。ウフフか」

         

        調「その時は電話します。ウフッ」

         

        C「プッ!!。どうってことないか(笑)」

         

        調「ウフフ(笑)」

         

         

        (2)はぁ〜、ナンギ

         

        牛乳屋のオヤジが厨房に牛乳を運んできました。

         

        牛「はぁ〜、ナンギ」

         

        C「はぁ?」

         

        牛「あっ!!」

         

        C「そんな10キロや20キロで・・」

         

        牛「もっ、もっとあるさ」

         

        C「ほぉ、ほんなら代わったろ」

         

        牛「あっ、いや、わっ、ワンは牛乳屋だからよ」

         

        C「まあ、そう言うな。はい、代わったろ」

         

        牛「そんなナンギでもなかったかな。うん」

         

        C「(笑)」

         

         

        (3)フィジュルー

         

        保育園によっては、麦茶やアイスコーヒーを用意してくれてまして、大変ありがたいことです。(全部で出されても困るが)

         

        調A「はい、Cさんのコーヒーに氷をいれてあげて。あっ、そんな入れたらフィジュルーなるさ」

         

        調B「Cさん、どお?」

         

        C「ヌルーでいい感じ」

         

        調B「ギャハハ、ヌルーね。じゃあ、もっと入れる?」

         

        C「あっ、いや、これでいいです(笑)」

         

         

        (4)でーじヒッツやさ

         

         最近、配達中のプレイリストに加えたのが、平良真里子さんの「風になる」。

         

        このアルバム。ナイチのヒット曲をウチナー風に編曲し、ウチナー歌手がウチナー風に歌うもの。ひょっとしたら、オリジナルを超えてるんじゃないかと。

         

         

        こちらで試聴できます。


        試聴では途中しか聴けませんが、イントロは当然に三線が鳴り、「ハッ、ハッ、ハッ、ィヤササ、アテ!!」でございます。


        平良さんは我如古より子さんのお弟子さんみたいだけど、お店でリクエストしたら歌ってくれるのかな(笑)


        大家のオバぁが・・・

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          階下に住んでる大家のオバぁがとうとうボケてしまいました。

           

          先月までは普通に会話できていたのに、この一ヵ月でおかしなことを言い始め、様子を見に来た息子が、施設に入れることを即決しました。

           

          一人暮らしのオバぁは、この一ヵ月、何を考えていたんでしょう。自分が壊れてゆく自覚はあったのか。




          例えば、買物に出かけたものの、自宅への帰り道がどうしても思い出せないって日を、私も経験するんでしょうけど、孤独でしょうねぇ。私の内面には誰も入ってこれませんものね。

           

           

          さて、どうするか(笑)

           

          どうするかって、これまで経験したことが無いほどの難問だな、これは。


          Buheeenの「鼻」に注釈入れてみた

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            以前投稿したBuheeenの「鼻」@サンエー西原シティ

             

             

            ヤマトグチの歌詞ですが、あちらこちらにウチナーグチや豚言葉が挟まってますので、注釈を入れてみました。

             

            しっぽ焼かれたらジューとなる

            咲き誇る鉄板の上豚のバラ

            味yo染込め落しブタ

            酒につけやわらかくなるけど養豚どー

            君に送るメッセージ

            僕等はいつかソーセージ

             

            ジュー(ウチナーグチ):しっぽ

            バラ(豚言葉):薔薇

            ブタ(豚言葉):蓋

            どー(ウチナーグチ):カナサンドーのドー


            みんなの世界We Are The World

            豚の世界はWe Are The ワー

            僕等は太った大きなワー

            おどかしてやろうぜSAYワ〜っ

            ワー(ウチナーグチ):豚(ウヮー)


            トンで行くよ今すぐに

            君のスタミナになれるなら

            ずっと僕がいやポークが

            君のそばにいるから

            トンで(豚言葉):飛んで

            ポークが(豚言葉):僕が


            ポーク等にとってハナは咲かすものじゃなくて

            鳴らすものだと信じて

            さぁみんな鳴きなさい

            さぁみんな笑いなさい

            鼻を鳴らそうぜ

             

            鳴きなさい(豚言葉):泣きなさい

             

             

            喜納昌吉の名曲「すべての人の心に花を」は、東京オリンピックの閉会式から得たインスピレーションによるものだそうです。

             

            高校生だった昌吉はコザの食堂でテレビに見入ってました。画面に映るのは東京オリンピックの閉会式。選手たちが人種や国籍を超え、肩を組み抱き合い、祝祭の喜びをみなぎらせていました。

             

            その様子をアナウンサーが「泣いています、笑っています」と伝えました。

             

            昌吉の目から涙があふれ、平和であることの、人と人が結びつくことの尊さに胸がいっぱいになりました。そのしばらく後、突然、歌詞が天から降りてきたと。

             

            「鼻」の最後の部分、「鳴きなさい、笑いなさい」に(喜納昌吉の)「花」への意識があるのなら、そういうこと(笑)


            calendar
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM