ハンタ道を歩く(4) 坂田交差点〜南上原糸蒲公園

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    (8)坂田交差点

    坂田交差点に着きました。



    この交差点に「坂田」というヤマト風の名前が付いているにもかかわらず、住所は西原町翁長。西原町には坂田の地名はありません。じゃあ、坂田って誰やねんって話で、幸地の由来を調べるついでに坂田も調べました。

    現在の坂田小学校のあたりが、かつて「ハンタマシ」と呼ばれていたそうです。ハンタは崖っぷちでハンタ道と同じ。そのハンタ道は坂田小学校の横を抜けキリ短方面に続いています。そしてマシは耕地を意味します。崖っぷちの耕地。

    だから、坂田の田はいいとして、なんでハンタが坂なのか。読みにこだわれば坂より板でしょう。ところが板だとイタタになってしまい、ネーミングセンスとしてはイマイチ。そこで坂田にしたと(笑)

    まあ、そんなことで、小学校が坂田を名乗ったところ、郵便局やら琉銀の支店やらが次々と坂田を名乗りはじめ、とうとう交差点まで坂田になってしまいました。ってこと。で、読みはサカタ。

    こんな投稿をした時に限って、坂田交差点周辺の人がこれを読み「おい、いい加減なことを言うなよ」ってなりそうですが、私の説明は大筋で正しく、私の主張は何でわざわざ意味も異なるヤマト風の名前にしたのかってことです。

    あっ、そうそう。大阪で坂田と言えばですね。あっ、いや、なんでも無いです。


    (9)南上原糸蒲公園

    さて、崖っぷちのハンタ道はいよいよ南上原に入りました。東太陽橋まであとわずかです。

    そこで気持ちの良さそうな公園を見つけました。南上原糸蒲(みなみうえばるいとかま)公園。



    眺めを楽しむのなら、設備は手すりとベンチで充分です(他にも何かあったけど)。

    中城村が取り組む歴史の道事業。ハンタ道の整備は東太陽橋から北へ向かっているものと思っていたら、南にも伸びていました。

    公園のベンチから南を向くと、レンガ色のハンタ道が見えていて、この少し先まで整備が終わっています。いやぁ、中城村は本気ですね。村内のハンタ道は完全整備する方針のようです。



    ところで。上の写真のハンタ道より更に崖っぷちに白いボックス状の建物が見えますね。

    イタリア料理の「ハンタバール」。

    ♪───O(≧∇≦)O────♪

    ど真ん中。いい名前じゃないですか。繰り返しますと、ハンタ道より崖っぷち。2階にはテラス席もあるようです。

    海の景色がいいでしょうね。そして、夜がまた良さそうです。太平洋上に満月が登り、こちらに向かう月明かりの道。ここは是非、新良幸人に「月ぬ美しゃ」を唄っていただきたい。首里石嶺のイエローストーンのこともありますから、ワタクシ、是非とも近々お邪魔する所存であります。

    いやぁ、「ハンタバール」と正攻法でネーミングした経営者の心構えが伝わってきますねぇ。


    では、一度も入ったことのないレストランを褒めるのはこのくらいにして、東太陽橋に向かいましょう。

    そこから中城グスクまでは徒歩です。

    あっ、皆さん忘れてたかもしれませんが、私はここまでバイクですよ。バイク。だから時刻はまだ10時です。

    ウォーキングに備えてサンエーなかぐすく店で買い物をしました。



    オニギリ弁当とバナナとコーヒー。スポーツドリンクはまだ充分に残ってますから、これで大丈夫でしょう。

    (続く)


    ハンタ道を歩く(3) 幸地〜オキコ製パン工場

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      泉小を過ぎたところで午前9時。首里城を出て30分しか経ってません。中城にはいずれ到着しますが、この投稿はいつまで続くのか(笑)

      (6)幸地グスク、刻時森

      幸地公民館前に着きました。かつての幸地番所の跡地で、集落の中心にあります。



      番所跡から幸地グスクに向かう石畳道。背の高い南洋杉がグスクの目印です。



      幸地グスクと刻時森(ククジムイ)は過去に投稿していますので、ここでは省略です。

      組踊「矢蔵之比屋」(1) 幸地グスク

      西原町幸地の刻時森(1) 首里城漏刻門

      こちらは幸地按司の井戸。



      幸地グスクに立ち、四方を丘に囲まれた幸地集落を眺めていると、思い当たることがありました。

      大阪に河内という地域がありまして、読みはカワチ。かつて、河内のオッサンが有名になりましたね。例えば河内弁で「貴方」は「われ」もしくは「おどれ」。そこはまさに「でんがな、まんがな」の世界です。

      川が谷を抜けて扇状の平地を形成する時、その土地をカワチ、コウチと呼びます。河内の語源ですね。大阪の河内も、幸地もまさにその地形ですから、幸地はコウチの当て字と思われます。

      中城の崖の上が平地と思ったら大間違い。丘を越えて集落を抜け、また次の丘を登る。その繰り返しです。


      (7)オキコ製パン工場

      ハンタ道の投稿とパン工場が「関係あんのか、おい」と言われそうですが、これは、それとなく道順を示しているわけですね。



      保育園から日本蕎麦の注文があれば、私はここで仕入れます。パン屋が作る日本蕎麦。まあ同じ粉同士で関係ありそうな、なさそうな。

      以前は仏壇通りの照喜名製麺所で日本蕎麦を作ってたんです。ところが、あるウチナーンチュがそれを「デ〜〜ジ不味い」と言い放ち、照喜名オバぁがヘソを曲げて日本蕎麦を作るのをやめてしまいました(らしい)。

      私はそのウワサに否定的です。そもそも、そのウチナーンチュが日本蕎麦を美味いとか不味いとか語れるのかってところからアヤシイ。やはり売り上げが伸びなかったことが日本蕎麦をやめた理由でしょう。

      いずれにせよ、私は日本蕎麦の注文を受けるたびに西原の山中まで仕入れに来るハメになりました。やれやれです。

      (続く)


      ハンタ道を歩く(2) 首里石嶺〜泉小

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        (3)首里石嶺

        弁ヶ岳を過ぎ、首里石嶺に入ると東海岸が見えてきます。



        沖縄自動車道の先に運玉森、さらに先に知念半島。肉眼では久高島も見えています。

        この絶景ポイントは欧風料理「イエローストーン」の駐車場。ところがその眺望最高のレストランは先月末で閉店したとのこと。何故?。

        うっ、そう言えば、私は何度もこの駐車場から景色を眺めながら、ただの一度もイエローストーンで食事をしたことが無いのよね。なんかチクチクするわぁ。いや、申し訳ない。


        (4)谷那堂(タンナドー)

        さて私は沖縄自動車道に架かる谷那堂(タンナドー)橋の上にいます。このすぐ先が那覇ICと空港道の分岐です。



        谷那堂って由緒正しい名前に聞こえますが、西原町の字(あざ)ではありません。調べてみると、かつてこのあたりにあった屋取集落の名前だそうです。


        (5)泉小(イジュングヮー)

        首里城から谷那堂橋までの間は宅地開発で道筋が変わり、古道を歩いている実感がありません。言い換えればこっからが勝負。

        と思ってたら、はいはいはい。車道にするために道幅は広くなっていますが、いい雰囲気です。



        この道は幸地集落に向かう峠道。途中に見晴らしの良い場所があり、かつてはそこに泉が湧いていました。泉小。峠道で一服したくなる場所は、昔も今も同じはずです。

        そんな場所がありました。





        ここを歩く人が喉を潤した泉小はもうありません。その痕跡が無いものかとあたりを見れば、昨夜は雨が降ってないのに、路面が濡れている箇所がありました。



        水際で育ちそうな草が生え、ほんの少しの湧き水がチョロチョロと。この場所に泉小があったかどうかは分かりませんが、水源は同じでしょう。

        景色を眺めながら一服して、スポーツドリンクを飲みました。

        (続く)


        ハンタ道を歩く(1) 首里城〜弁ヶ岳

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          (1)首里城継世門

          梅雨が明けた最初の日曜日。ハンタ道を歩きました。スタート地点は首里城継世門(赤田御門)



          今は朝8時半。これから中城グスクまで護佐丸が歩いた道を辿ります。首里城から東太陽橋まではバイクで行き、そっから先を歩くことにしました。中城グスクには正午頃に着くと思います。

          それはそうと、御内原の工事はどうなっとるのか?。継世門から中を覗いてみました。確か来年公開のはず。



          「すみませ〜ん。まだですかぁ?(笑)」

          公開されたら、この写真の風景を眺めたいわけよね。首里三箇と後方に弁ヶ岳。




          (2)弁ヶ岳

          シーヤープー、シーヤープーの赤田首里殿内跡を通り、



          龍潭通りを右折しました。



          環状2号を渡った先(赤い看板の横)に、弁ヶ岳への参道があるはず。て言うか、そもそも龍潭通りがそこへ繋がっていたのに、環状道路がそれを切断したってこと。



          しばらく走ると、弁ヶ岳が見えてきました。



          弁ヶ岳は山全体が御神体。久高島や斎場御嶽の遥拝所で、琉球国王が自ら定期的に参拝していました。

          では、御神体を抜けさせていただきます。



          中城村でハンタ道の整備が進み、今や中城村の重要な観光資源となりましたが、そもそもハンタ道は、首里城から中城グスクを経て勝連グスクに至る、言わばグスクロードの一部です。

          護佐丸を討った阿麻和利が首里に侵攻し、それを王府軍が弁ヶ岳で迎え撃ったとするストーリーがあり、だとすれば上の写真のあたりで戦ったことになりますね。

          ストーリーの真偽はともかく、その現場として弁ヶ岳が相応しいことは間違い無いでしょう。同様に、百十踏揚を背負った大城賢勇が、嵐の中、この道を疾走するシーンを想像することもできますね。

          (続く)


          女性の年は分からんよ

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            いつものサンエー壷川店です。レジの女の子が「今日は誕生日なの。とうとう大台に乗っちゃった。ウフッ」と言うんだけど、その大台が分からんよね。



            私は農連市場で70、80のオバぁ達に囲まれた毎日を過ごしていて、推定75のトモコオバぁが「けっ、あのワラバー!!」と敵意を示すワラバーが推定60(笑)

            エベレストが8,800mほどでしょ。私はヒマラヤで神々の頂を眺めながら毎日を過ごしているのよ。そこに突然6,000mの山があったりしたら、それはもう確かにワラバー(笑)。さらに富士山みたいな低っくい山を持ってきて「さて、何メートルでしょうか?」と問われても分からんっちゅうの。


            サンエーの女の子は20ではなく50でもない。だから30か40でしょ。もうそんなの一緒。

            C「あっ、俺ももうすぐ大台や」

            サ「えっ、いくつになるの?。これ?(と、パーを出す)」

            C「いや、還暦だから」

            サ「えっ、えっ、え〜〜!!」

            あっらぁ、なんていい子なんでしょ。この短い会話により、彼女は暫定30ってことになりました。

            「なんや、俺の半分か」


            レジで支払いを終え、買い物カゴの商品をタマネギ箱に移しておりますと、その女の子がこっちに来て、顔を近づけてくるじゃないですか。

            サ「ねえ」

            C「はい」

            サ「ブログやってるでしょ」

            C「うっ!!」

            この投稿のカテゴリーは「仕入れ先関係」ですが、この週末、そこからサンエー関係を独立させて、新しいカテゴリーを作りましょう。バレてしまったからには、サンエー(て言うかその極一部)の皆さんへ読者サービスするってことね(笑)


            calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM