豊見城、もしくは糸満の岡波(ウカハ)島

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    今朝は、糸満の麩久寿さんへ、湿麩の仕入れに来ました。

    湿麩は車麩を水で戻して冷凍したもの。解凍するだけなので、調理師の手間が省けます。とは言うものの、注文はわずか500g(泣)

    「そんくらいやれませんか?」と言いたい。

    調理師が車麩を水で戻す手間を省くために、糸満の埋め立て地まで往復するってのは、私の人生の浪費と言えましょう。


    たった一度の人生を浪費したくない、かつ、麩久寿さんがまだ開いてないので、私は慶良間を眺めることにしました。



    おお、私は朝の配達の合間に、慶良間を眺めている。これを人生の浪費とは言えません。


    手前に見える島は岡波(ウカハ)島。リーフの端っこが盛り上がっただけなので、岩と呼んでも良いでしょう。かねてより、この島(岩)の領有権を巡って、豊見城と糸満がスルドく対立しています。

    豊「豊見城と糸満のしゃかえをよ。まっしゅぐ延ばすさ。そしたらよ。あの島は豊見城になるわけよね。わかる?」

    糸「ほ〜、境は真っ直ぐ延ばすって決まってんのか。じゃあ、沖縄の市町村はみ〜んな長方形なんやな?」

    豊「しょ、しょんなことはないけろ」

    糸「糸満人はな。先祖代々、あの島に渡って拝んでるわけよ」

    豊「今もね?」

    糸「あっ、今か?。今は知らんけどな」

    みたいな、不毛な議論が長く続きまして、豊見城と糸満は、

    「このままでは、ラチがあかんな」

    ということについて、合意に漕ぎ着けました。今後は問題がある都度、双方誠意を持って協議するってこと。


    さて、今日は岡波島に鳥が何羽いるかの調査です。

    豊「島の北半分はワンがかじょえるからよ。Cさんは南半分をお願いね」

    糸「よし、わかった。あっ!!」

    豊「なっ、なんね」

    糸「そこの鳥が歩いてそっちに行ったけど、もう俺が数えたから、Aさんは数えたらあかんで」

    豊「はい、ろ〜かい。えっ、どっ、どの鳥だったかな?。ハーッシ、網でも張ろうかな」

    糸「あのな。鳥は飛ぶんやで。ヤンバルクイナの調査と思ってんのか?」

    まあ、今はこんな感じかと(笑)


    さて、慶良間も眺めたし、そろそろ市場へ戻るか。

    おっ、そうや。帰りに湿麩をもらわないとな。お〜、忘れるとこやったでぇ(笑)


    国場のひまわり畑

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      町内でひまわりが満開と聞き、見てきました。



      どっひゃ〜!!

      600坪の畑に蒔いた種が5万個。全員がこっちを向くので「おい、ちょっとやめれ」と言いたい気分です。

      ひまわりの花言葉は「貴方だけを見つめる」だそうで、それを考えた人は私と同じような場所に立ったんでしょう。


      このひまわりは開花期が終わると畑にすき込むのですが、地主のオジぃが「どうせ種を蒔くなら隣の老人ホームの皆さんが楽しんでくれる花にしよう」とひまわりを選んだとのこと。

      ところが、写真奥に見える老人ホームは畑の西で、私が立ってる場所は東。老人ホームからはひまわりの背中しか見えません。



      あっちゃ〜。

      まあ、ひまわりを背後から見ると、女性のウナジに見えなくもないので、老人ホームのオジぃがそんな目(どんな目?)で楽しむことでしょう(笑)


      「あ〜ら、何言ってるの?。ひまわりは太陽を追っ掛けてるのよ。だから、夕方には西を向くじゃない。馬鹿ね」と言う方がいそうです。

      とすると、何ですか?。朝は東を向いてたひまわりは夕方には西を向き、明日の朝はまた東。つまり、グリングリンとラジオ体操みたいにしてると。

      浅い。知識が浅いわぁ。

      ひまわりが首の運動をやってるのは蕾までの間だけ。開花後の花の向きはかわりません。例えば、花の片側に陽射しを遮るものがあれば、その反対向き。周囲に何も無ければ東向きです。


      ひまわり畑は、那覇東パイパス(国道329)をとよみ大橋から上間交差点向きに走り、嘉数の信号を過ぎた左手道路沿いです。反対方向から来た方は、お手数ですが嘉数の信号でUターンしていただきたい。



      お〜い。だから、そんなに見つめんなってば(笑)


      ドナドナされた丸大神原店のジミーちゃん

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        悲報です。丸大神原店のジミーちゃんが、丸大長田店にドナドナされてしまいました。

        長田店に欠員が出たかなんかで、ジミーちゃんが応援に出向いたところ、その働きぶりが店長の目にとまり「ジミーちゃんをいただけないか」って話になりました。

        それを阻止すべく、神原店のネェネェが嘆願書を書くなどしましたが、その甲斐もなく、今週の水曜日、ジミーちゃんは(荷馬車でゴトゴト)売られていったのでした。

        ジミーちゃんはそろそろ40歳で、お嫁さん絶賛募集中です。無口で大人しい男ですが、私とネェネェがゆんたくするのを横でしっかり聞いていて、手で口を押さえながら「クックック」と笑う姿がジミーちゃん。


        ある日、早朝としては珍しく、神原店のレジに列ができてました。ネェネェは休憩時間で、レジにはジミーちゃんが一人です。焦るジミーちゃん。

        そんな時に限ってパン屋が納品に来たりするので、ジミーちゃんが「レジの応援をお願いします」ボタンを押すものの、ネェネェは一向に出て来ません。今度は素早く何回も押してみましたが、結果は同じ。ますます焦るジミーちゃん。

        やっと片付いた頃にネェネェが出て来て「あら、お客さんはCさんだけじゃない。もう少し一人でお願いね」。

        私なら「応援ボタンを押したら、さっさと出て来いよ」と怒るでしょうが、「はい、わかりました。頑張ります」と答えるのがジミーちゃん。

        ネェネェが嘆願書を書くはずです。

        が、しかし。店舗面積もおそらく売上も神原店より長田店のほうが上。店長の力関係からして、ネェネェの嘆願書は通らないことは予想できました。


        こちらが、その長田店で、神原店に比べると入口が(丸大にしては)オシャレです。



        ジミーちゃんは長田店でも朝番だそうで、私が通勤途中に寄れば、彼に会えるわけです。

        そして私が、

        「お〜い、ジミー。朝から雨やないかい。今日は忙しいから雨は降らすなって言うたやろ。言うことを聞かんやっちゃなぁ」

        と言ったとすれば、

        「あっ、はい。すっ、すみません。でも、それを私に言われましても。あっ、なんでもないです。すみません」

        と答えるのがジミーちゃん。長田店でも、同僚やお客さんから愛されることでしょう。


        大丸長田店を利用されることがある方。ジミーちゃんは朝7時までレジにいますから、どうか応援してあげて下さい。ジミーちゃんなので、見ればすぐにわかります(笑)


        豊見城城址はどうなっとるのか

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          とよみ大橋から見た豊見城城址です。



          北に国場川、東に饒波川、西に崖地。もう「グスクを築いてちょうだい」と訴えてるかのような地形です。今やグスクの跡形もありませんが、この地形を眺めるだけでも、グスクの風格を感じさせてくれます。


          豊見城グスクは三山時代の南山王、汪応祖(おうおうそ)が15世紀に築城したと言われています。中山との国境の川である国場川を挟んで、首里城と対峙するグスクでした。

          豊見城グスクの城壁はこのように築かれていたようです。



          立派なグスクだったようですね。広い敷地と三層の城壁。城門は北に西原門と南に南風原門。

          次の写真は最も内側の城壁に設けられていた門(豊見瀬門?)だそうです。




          これらの城壁や城門は、戦後、昭和30年代まで、かなりの部分が残っていたそうです。60年ほど前ですから、今、80代、90代の方は、豊見城グスクの実物を見たことがあり、記憶にも残っているはず。

          ところがねぇ。鹿児島の企業が土地を買収し、ここを公園にしてしまったのですよ。豊見城城址公園。その際、城壁や城門は綺麗さっぱり取り除かれてしまいました。

          「グスクを残して公園にしろよっ!!」

          と、言いたい。


          そして、最近になって、その企業が土地を手放すことになり、沖縄県が買い戻し、今年の3月に空手会館が完成しました。

          かつての南風原門跡を入ると、



          真っ白な空手会館が見えてきます。



          空手会館全体を写真に撮ることが難しいので、模型を見ましょう。



          本館には空手道場と研修施設が併設され、左手の建物が展示室。さらに左手の瓦屋根は特別道場だそうです。


          まあね。琉球王国は空手の発祥国ですから、これはこれでいいんですが、グスクを復興させてよねぇ。

          幸いと言っていいのかどうか。空手会館の敷地は広大な城址のほんの一部です。

          グスクを見たことがある人が健康なうちに復興させないと、わけがわからんくなるんですけどねぇ。

          あんまり、時間が無いんですよねぇ。


          空手会館の建設を県民が本当に望んでいたのかとか、ハコモノだったら何でも良かったんじゃないのかとか、そんなことは一切言いません。

          言いませんから、グスクをなんとかしてちょうだい。m(_ _)m


          機嫌が悪いと何にでも噛み付く男

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            どちらを見ても年寄りだらけの農連市場。オジぃやオバぁに事を分けて話そうとしても、それは無理と言うもの。話を最後まで聞く集中力が無いのよね。だから、よほど重要な事でない限り「はいはい」で終わるほかありません。

            とは言うものの「はいはい」で終われないのがこの男(私)。いつかは「はいはい」で終われる男になりたいと思いながらも、これがなかなかねぇ。


            そうなるとこの男は機嫌が悪くなり、路地の出口を塞いで信号待ちする車に「出られへんやないか、ボケッ!!」となるし、ハザードを点滅させつつも停車しない車には「どうしたいんや、ボケッ!!」と八つ当たりすることになります。


            で、今朝の八つ当たり相手がこれ。



            駐車場に「無断駐車2万円」などと書いてありますが、2万円払わされた人は災難です。罰金を課すことができるのは裁判所だけですから、駐車場のオヤジが罰金の額を決めたり徴収したりしてはいけません。

            同様に、小学校が学校前の市道を駐停車禁止にすることはできません。この道路は駐車禁止だけど、停車禁止じゃないからね。



            細かいことを言うと、看板の交通標識は駐車禁止です。駐停車禁止にするならバツにしないと。


            さて、駐停車禁止の看板の向かいにあるのが公園の公衆トイレ。



            タクシーの運転手をはじめ、このトイレを使う人は、駐停車禁止の看板前に車を停めることになります。

            元々、この看板は「駐停車はご遠慮下さい」みたいな内容だったかもしれませんが、一向に駐停車が減らず、キツめの表現になったんでしょう。ところが、相手はオシッコを我慢してるんですから、全然、効果ありませんてば。

            公衆トイレの脇に、1、2台分の駐車スペースを作れば効果があると思いますから、市当局と相談下さい。


            小学校が迷惑してるんだから、言うことを聞けばいいじゃん。と、お叱りを受けるかもしれませんが、私は「はいはい」で終われないオヤジ。だから、そうもいきません。てば。


            calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>
            プロフィール
            profilephoto


            念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
            沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
            Twitter
            お勧めの本と映画
            selected entries
            categories
            archives
            recent comment
            recent trackback
            profile
            search this site.
            others
            mobile
            qrcode
            powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM