久しぶりの城岳公園

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    久しぶりに城岳公園に来ました。

     

    前回はいつ来たかなと思い出してみれば、沖縄に来た翌年に来てました。

     

    当時、葛飾北斎の「琉球八景」が描かれた場所を探してまして、その一枚が城嶽霊泉。それ以来、8年半ぶりの2度目です(^^)

     

    農連プラザから目と鼻の先にありながら、どうしてこんなことになってるかと言えば、やはり公園としての魅力に欠けるからでしょうね。

     

    丘の上とは言いながら、高さは7、8階建てのビルの屋上程度。特に眺望が良いわけではありません。

     

    周囲に何も無かった頃は良かったでしょうね。琉球八景の時代であれば海が見えて、その先には浮島が見え、長虹堤が見えたでしょう。風光明媚な場所だったと思います。

     

     

    では、公園に入りましょう。裁判所前の入口から公園に入り、振り返りました。奥に那覇地裁。

     

     

    重要な裁判の後には、ここに人が集まり、報道機関が入ります。良い結果なら万歳をしたり、悪い結果なら「断じて許すことはできないっ!!」などと叫んだりする場所です。

     

     

    城岳の南側斜面と、

     

     

    良い枝ぶりのガジュマル。

     

     

    かつての城岳公園は荒れていて、「不良のたまり場だから、あそこへは行かないよ」みたいな印象がありましたが、今は綺麗に整備されています。

     

     

    話が逸れますが、昨年の那覇市長選挙で城間市長が再選を果たしました。その際、相手候補が「那覇市内の公園は雑草が生え放題で遊具も放ったらかしだ」と城間候補を非難しました。

     

    まったくその通りで、那覇市は公共施設を維持・管理することに予算をつけません。ところが、このところ、あちこちの公園が目に見えて綺麗になってます。選挙と関係があるのか無いのかは知りませんが、たいへん良いことだと思います。

     

     

    丘の上の広場です。

     

     

    いい感じではないでしょうか。

     

     

    戦後復興の時代。ここには「新世界」という名の遊園地があったそうです。

     

     

    私が子供の頃、私の故郷の呉でも、デパートの屋上でこんな飛行機が回ってました。

     

     

     

    さて、城岳公園の北端からの眺望です。

     

     

    最初に見える高い建物は、閉店した泉崎りうぼうの向かいに最近建ったマンションで、その右奥にハーバービューホテル。

     

    その右隣は旭橋の再開発地区で、白い建物はマンション。その右隣に最上階に窓の無い東急ホテル。更に右手でこちらを向いているリーガロイヤルホテル。

     

    沖縄県庁。那覇高校。

     

    那覇高校の向こうに高層マンションが見えますが、名前も場所も分かりません(^^)

     

    そのマンションの右手で建設中の建物(クレーンが乗ってる)は国際通りの「ホテルコレクティブ那覇」。台湾資本のラグジュアリーホテルだそうで、今年の12月開業です。浮島通りを国際通りに出てすぐ右です。

     

    当然、那覇タワーはありません(^^)

     

    こうして眺めてみると、私のように那覇市内を毎日ウロウロしていても、知らない建物ばかりです。風景が落ち着かないんですよね、那覇って街は。


    豊見城市与根の散歩

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      (1)数珠森

       

      豊見城市与根の平地にポコっと小さな山があります。数珠森(ジュジュムイ)と呼ばれている雨乞い御嶽です。

       

       

      土地の造成で森は東西に分断されてしまいました。こちらは西の森にある与根拝所。

       

       

       

      後方に数珠森が見える「パーラー デ ジュジュモ」はベジタリアンフードの店です。

       

       

       

      店はオーナーの自宅前にあり、広い芝生の庭がお客さんに開放されています。日陰を作る植栽にテーブルとベンチ。この日は10人ほどのグループが庭を使ってまして、その様子はまるでピクニックのようでした。

       

      オーナー夫妻はミュージシャンだそうで、ユニットの名前は当然に「jujumo」。YouTubeで2、3曲聴いてみたところパーラー同様に、音楽も丁寧な仕事をしてはりました(笑)

       

       

      (2)ヨネマース

       

      さて、与根と言えばヨネマース。

       

       

      沖縄では精製塩を食塩、自然塩をマースと呼びます。もちろん、食塩をマースと呼んでもかまいませんが、マースを食塩とは呼べません(^^)

       

      日曜日の与根製塩所はお休みでした。

       

       

      ヨネマースの原料は意外にも沖縄の海水ではありません。かつては与根の干潟に塩田があり、太陽と風を使って天日塩を作っていましたが、

       

       

      塩田跡はゴルフ場になり、そのゴルフ場は廃業し、今、再開発が進んでいます。そのため、与根製塩所は天日塩をオーストラリアから輸入しています。つまり、ヨネマースはオーストラリア産ってこと。

       

      製塩所では天日塩を粉砕し、洗浄し、薪を使った平釜で炊くことで再結晶させます。この工程は昔と同じで、製塩所がマースタチャーと呼ばれる所以です。

       

       

      (3)三角池

       

      与根漁港の前を通って、

       

       

       

      三角池に着きました。

       

       

       

      (誤)糸満市与根→(正)豊見城市与根

       

      ここは洪水防止のための遊水池。潮の干満の影響を受ける汽水域にあります。

       

      今は冬鳥が大陸へ帰り、夏鳥が飛来する前だと思うので、鳥が少ない時期のはず。それでも沢山の鳥がいました。漫湖に比べると小さな池なので、鳥がすぐそこにいます。

       

      数年前にフラミンゴが飛来してニュースになりました。例えば冬鳥なら朝鮮半島や中国、ロシア、稀にヨーロッパからも飛来するそうで、フラミンゴがいても不思議はありません。仮に野生のフラミンゴなら日本初だったとのこと。驚きますねぇ。

       

       

      それにしても、周囲500mほどの小さな池が、どうしてこんなに鳥達に人気があるのか。

       

      沖縄は軍事的に「太平洋の要石」と呼ばれていますが、それは鳥達にとっても同じなのかもしれません。冬鳥が南下するにも、夏鳥が北上するにも、沖縄は絶妙な位置にあるんでしょう。

       

      悲しいことに、沖縄の行政は「干潟を見ると土砂をぶちまけたくなる病」という不治の病にかかっています。そうでなければ、沖縄は鳥の楽園になっていたかもしれませんね。



      (4)しおさい公園


      与根の埋立地の海岸にあるしおさい公園。



      そこに、かつての干潟の先端がありました。



      瀬長島と新滑走路の誘導灯。奥に薄っすらと慶良間。



      小谷タカンリからの眺望

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        南城市佐敷を東から見たGoogleEarthです。

         

         

        丘の斜面に形成されている集落が佐敷小谷(さしきおこく)。陽当たりの良い小さな集落で、チンシワイドゥクルと呼ばれる急な坂道の上にあります。チンシ(膝が)ワイ(割れる)ドゥクル(所)。

         

         

        こちらは小谷タカンリ。

         

         

        タカンリは高台を意味し、その名の通り集落で一番眺めの良い場所です。

         

          

        4年前。南城市は市内の文化資源84ヶ所に「サイン」と呼ばれる案内板を設置しました。そのうち13ヶ所が小谷にあります。

         

        集落内の石畳道や井戸を巡る「小谷まーい」が人気ですが、この「サイン」を順に巡ればガイドが無くても集落を歩けます。

         

         

        小谷の人達は集落を訪ねる人が増えたことに最初は驚きましたが、やがてワッターウククの価値を再認識します。そして、集落の文化資源に積極的に手を入れるようになりました。

         

        先ほどのタカンリは、私が最初に来た時は雑草に埋もれていましたが、次に来た時は芝生になっていました。また、集落から丘の上に抜ける古道ジャンクビリは廃道同然でしたが、小谷の人達が整備し、歩けるようになりました。

         

        お金をかけず、集落に昔からあるものに手を入れれば、自然に人は集まるということ。沖縄の観光政策の真ん中に据えて欲しい考え方だと私は思います。


        本島南部の石灰岩堤

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          沖縄本島はヤンバルから読谷あたりまでは、右上から左下へ、黒潮の流れに沿った形をしています。ところが、読谷以南はお尻が垂れてると言うか、腰が引けてるように見えます。

           

           

          ヤンバルから読谷までを古島(高島)と呼び、読谷以南を新島(低島)と呼びます。つまり、大陸と陸続きだった頃の名残りが与論、古島、慶良間と連なり、隆起珊瑚の新島は後に形成されました。そのため、古島は山が高く、新島は山が低くなってます。

           

           

          例えば、糸満市南部を拡大してみると、隆起珊瑚らしい地形を観察できます。

           

           

          海岸にはヒシ(干瀬)やイノー(礁池)が形成され、バンタ(絶壁)があります。バンタの上は平地になっていて、集落や畑があります。その背後にある緑の帯が石灰岩堤で、集落を北風から守るクサティムイ(腰当森)の役目を果たします。

           

          石灰岩堤の上部にはグスクや御嶽があり、下部の断層から水が湧き出ています。また、石灰岩堤が人の往来を妨げるので、ワイトゥイ(割取り)が通されてます。

           

           

          こちらは、八重瀬町安里のユムチガー(世持川)。

           

           

          人が捨てたゴミが気にはなるものの、背後の石灰岩堤から澄んだ水が湧き出ています。

           

          人が放流した(捨てた?)魚が泳いでいて、タナガー(手長エビ)が住んでます。グッピーを飼いたい人は、網があれば簡単に穫れますよ。

           

          私はタナガーを見に来たのですが、すぐに岩陰に逃げてしまうので、写真に撮れませんでした。上手く写真を撮った人はエサで誘き寄せてたんですねぇ。それを早よ言うて(^^)

           

           

          井戸を見た後、平和創造之森公園(糸満市山城)の展望台に寄りました。

           

            

          この展望台は石灰岩堤の頂上にあり、地形を観察しつつ、眺めを楽しめます。


          今日の出来事

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

             

            (1)漫湖公園のクジラ

             

            はい。クジラの尾ビレです。

             

             

            前から見るとこんな感じ。ずっと奥の林に尾ビレ。

             

             

            ペンキが剥げて無残な姿を晒してましたが、去年、やっと塗り直してもらいました。以来、時々ミストを噴き出すらしいけど、ちょっと待ってられません(^^)

             

             

            (2)また、やっちまったか

             

            C「もしもし、注文お願いします」

             

            仕入先「あっ、はい。お伺いしてよろしいでしょうか?」

             

            C「あたりまえやないか。注文する言うてんのに」

             

            仕「あっ、はい」

             

            次回からは「はい、どうぞ」、もしくは「はい、伺います」でお願いしたい。

             

             

            (3)植物の名前

             

            道を歩いてて、「あの花は何?」と聞かれた時に、余裕で答えることができる人は素晴らしい。

             

            「さぁ、ヤマブキじゃないか?」ではダメよねぇ。

             

             

             

            (4)脳みそせんべい

             

            ウチナーンチュのネーミングセンスには感心することしきりなワタクシ。が、しかし。「脳みそせんべい」って貴方(^^)

             

            まあ、そう見えるけど。

             


            ヤンバルの小学校はどうなっているのか(3)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              ここで、国頭村の小学校のおさらいです。

               

               

              西海岸の国頭村役場の近くに村内唯一の中学(国頭中学校)があり、その近くに100人規模の辺土名小、奥間小があります。

               

              そこから時計回りに、西海岸の佐手小と北国小はこの春から辺土名小に統合されます。東海岸に回って、奥小、安田小、安波小。計5校は児童数は多くて10名程度のヘキ地校です。

               

               

              児童数5人の北国小学校は、ヘキ地校の問題を解消(緩和)するための取り組みを続けてきました。

               

              (1)合同授業

               

              毎週2日、佐手小学校に児童を集めて授業を行い、その日は複式学級を解消した。

               

              (2)遠足と研究発表会

               

              毎年の遠足と研究発表会は、ヘキ地5校が合同で開催した。

               

              (3)集合学習

               

              毎年6月の5日間、北国小、佐手小、奥小の3校が集まり、合同授業を行った。

               

              (4)交流学習

               

              年に1度、ヘキ地5校の児童を、辺土名小と奥間小にそれぞれ1日集め、交流学習を行なってた。つまり、中学校入学時のギャップ解消。

               

              (5)修学旅行

               

              毎年、北国小、佐手小、奥小の3校が合同で修学旅行を行なっている。修学旅行先は那覇(^^)

               

              いやぁ、充分じゃないでしょうか。この取り組みを続けて、学校を継続させることはできなかったんでしょうか。

               

               

              日本は教育熱心な国のようでいて、教育関連予算のGDP比は先進国で最低水準です。豊かな国でありながら、教育にお金をかけません。

               

              教育関連予算を増やすことはせず、コスト削減のために学校の統合を進めて、それを財源にしているということ。その結果、小学校の1クラスあたりの児童数は世界で1、2位を争うほど多くなりました。小さな学校を目指している世界のトレンドに逆行してるんですよ。

               

              市会議員から国会議員まで、選挙の際には教育重視を公約しますが、その公約はどのように実現されているんでしょう。

               

               

              那覇市の約5倍の面積の国頭村に中学が一校だけって少な過ぎませんか?。そもそも、ヘキ地5校にはも中学校が併設されていたんです。その全てを国頭中学校に統合したのは2004年のことでした。そして、いよいよ小学校の統合が始まったということ。

               

              小学校も中学校も無い集落に若い夫婦が住み着くとは思えませんから、国頭村の過疎化、高齢化は更に加速することになるでしょう。

               

               

              次回ヤンバルへ行く時には、ぐるっと一回りヘキ地5校訪ね、写真に残しておきたいと思います。

               

              (終わり)


              ヤンバルの小学校はどうなっているのか(2)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                北国小学校は国頭村の宜名真集落と辺戸集落の中間にあり、二つの集落を合わせた約200人(約100世帯)が校区の住民です。

                 

                休校前の今年度。児童の内訳は2年生から6年生が各1名。集落内の教員住宅で生活する3名の教師が複式学級を担任していました。

                 

                 

                以前投稿した島の入学式

                 

                 

                この年の船浮小学校(西表島)の新入生は一人だけで。写真は父兄を代表して、お父さんの池田卓さんが祝辞を述べているところです。北国小学校でもこんな風景が毎年、繰り返されていたことになります。

                 

                 

                北国小学校の児童達は付近の森に出かけ、ヤンバルクイナの鳴き声に近い周波数の音を出し、それに反応した鳴き声を聞き分けることで、ヤンバルクイナの生息数調査を続けてきました。

                 

                安須森(アシムイ)から日が昇り、東シナ海に日が沈む小学校。休校にするにはあまりにも惜しい立地です。

                 

                更に、教師と児童は1対1か1対2。児童の理解度を正しく把握できるので、落ちこぼれようがありません。望んでも叶わないような教育環境じゃないですか。

                 

                 

                また、北国小学校では、このような「学校便り」を毎月欠かさず発行していました。

                 

                 

                小学校のPTAは児童5名の保護者と教師で構成されていますが、「学校便り」は宜名真、辺戸の全ての世帯に配布されていました。129年も続いた小学校ですから、両集落のほとんどの住民がここの卒業生。行事予定をメモし、新任教師の顔と名前を覚えました。つまり、全世帯がPTA。

                 

                集落の人達は運動会などの学校行事に積極的に参加し、校長や教員は豊年祭などの集落行事に参加する。そこには小学校と集落全体で児童を見守る環境がありました。

                 

                 

                それがどうして20kmも先の小学校へ通うことになったのか。ここで投稿した内容を上回るメリットが無ければ、私は納得できません。

                 

                もっとも、北国小学校の児童や父兄が、人数が多い学校へ移ることを歓迎しているのなら、話は別です。余計な投稿ですみませんってことになりますね(^^)

                 

                (続く)


                ヤンバルの小学校はどうなっているのか(1)

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  那覇に住んでいる私の行動範囲は広く見ても名護周辺まで。そこから先のヤンバルへ出かけることは小旅行の感覚です。本島最北端の辺戸岬まで那覇から115km。沖縄自動車道を使って丁度2時間かかります。

                   

                   

                  国道58号線を北上し、宜名真トンネルの手前で旧道に入ると茅打バンタに出ます。

                   

                   

                   

                  そこを更に進むと大石林山の脇を抜けて辺戸岬に到着です。

                   

                   

                  茅打バンタから大石林山へ向かう途中。左手に坂を下った所に見える学校が北国小学校。

                   

                   

                  正門の奥に校舎があり、その背後に東シナ海が広がります。いかにも沖縄な立地にありながら、どうして北国小学校なんだろう。南国小学校にすればいいのにと思ってました(^^)

                   

                  最近、北国の読みが「きたくに」と知り、ピンとくることがありました。それはヤンバルの山中を縦断する大国林道。私はこれを「だいこく林道」と思ってまして、後に「おおくに林道」だと知りました。大宜味村から国頭村に至る林道なので「おおくに」です。

                   

                  そうすると「きたくに小学校」が北国頭を意味することに気づきます(たぶんね笑)。

                   

                   

                  1890年の創立で129年の歴史がある北国小学校の児童数は5名。この春から休校になり、10km南の佐手小学校と共に、20km南の辺土名小学校に統合されます。

                   

                  小学校が20km先って(^^)。父兄が順番に送迎するのか、スクールバスを運行するのか。いずれにしても、小学生が毎日40kmも車に揺られて大丈夫なんでしょうか。

                   

                   

                  国頭村には村立小学校が7校あり(辺土名、奥間、佐手、北国、奥、安田、安波)、辺土名小、奥間小は100人規模で、その他の5校の児童数は多くて10人程です。西海岸にある佐手小、北国小の2校が辺土名小に統合され、東海岸にある奥小、安田小、安波小の3校は残りました。

                   

                  東海岸から辺土名小に通うとすれば山越えになります。西海岸の2校よりも更に負担が増すことになるので、統合が難しいのでしょう。

                   

                   

                  さて、この春、1人の児童が北国小学校を卒業しました。

                   

                  「人数が少ないので、みんなが家族みたいで楽しい学校生活だった」

                   

                  そのお母さん。

                   

                  「ヤンバルクイナの調査や海ガメの産卵など、都会ではできないことを学んだ。人として大きく成長した」

                   

                   

                  でしょ〜。

                   

                  報道は休校になる小学校との別れを惜しむ内容で、もちろん心温まりはするものの、それで済ませていいのか?とも思います。

                   

                  (続く)



                  ひらひらさん


                  那覇のイッペーは終わってました(^^)。もしかして、ヤンバルは今が見頃かも。また来年ね。




                  Achiさん


                  月桃の開花はもう少し先になります。毎日私のブログを読んで、チェックするように(笑)


                  奥集落の猪垣(予習です)

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    先日、大宜味村の猪垣を訪ねたワタクシ。先人達の営みに感激した、その余韻も冷めやらぬ中、涼しいうちに本命の奥集落の猪垣に向かいたいと思います。

                     

                     

                    ヤンバルの西海岸は集落が続いているため、猪垣は大宜味村から国頭村にかけて、延々40km繋がっていました。一方、東海岸は集落が疎らなため、猪垣は各集落を囲むように築かれています。

                     

                    次の図が奥集落の猪垣。×印は猪垣を示し、丸いマークはビービー垣を示しています。

                     

                     

                    ビービー垣は、大宜味村ではハキンジョウと呼ばれてました。猪垣を抜けるための門です。

                     

                     

                    航空写真の上に、地形を意識しつつ猪垣の位置をプロットしてみました(黄色のマーク)。猪垣の長さは9km。写真の下が北です。


                     

                    もちろん、9kmの猪垣がすべて残っているわけではないので、狙い目は写真の左半分でしょう。

                     

                     

                    猪垣を訪ねた人達のブログなどを見たものの、探索ルートを紹介したものはありませんでした。

                     

                    例えば、こちらの皆さんは、フイジと示された標識から山に入り、

                     

                     

                    こんな坂を登り、

                     

                     

                    猪垣に到達したと。

                     

                     

                     

                    すると、「フイジ」って何?ってなりますね。楽しいわぁ(笑)

                     

                     

                    奥集落および周辺の地名を記した地図がありました。こちらは上が北。

                     

                     

                    見にくいでしょうが、地名が付いている場所に番号が振られています。素晴らしいです。岬、浜、尾根などに、これだけの名前が付いてるんです。

                     

                    かつては、山の尾根まで段々畑になっていて、今よりも広い範囲が奥集落の生活圏でした。場所を伝える際などに、名前が無いと不便だったんでしょう。

                     

                     

                    この地図は、地名のアイウエオ順に番号が振られているスグレモノ。「フイジ」の番号は355番で、山の名前でした。

                     

                    で、「フイジ」とはどういう場所なのかという解説がこんなに。もう、最高です(笑)

                     

                     

                    先程の航空写真に戻りまして、プロットした黄色いマークのうち一番上のマークが、偶然、「フイジ」の場所でした。そして、ハートマークまで車道が繋がっているようです。

                     

                    アハハ。もう着いたも同然じゃないですか。併せて、安須森を訪ねる時間もとれるかもしれません。

                     

                    よし、行くぞ。私は行く(笑)


                    飽きもせず、猪垣の話(^^)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      先日、大宜味村で見た猪垣には、色々なことを考えさせられました。

                       

                       

                      最初の疑問は「何故こんな山奥に築いたのか」。まあ、そんな疑問を持つこと自体、私は「猪垣の時代」を理解できていませんでしたね。

                       

                       

                      次の写真は昭和初期の大宜味村喜如嘉です。すべての山々に見事な段々畑。写真は集落南側斜面から北向きに撮ったようなので、猪垣は写真右端を手前から奥に続いてると思われます。

                       

                       

                      平地の少ない沖縄なので、これだけ畑を広げても、農民一人あたりの耕地面積は全国平均の半分以下だったようです。

                       

                      山奥に猪垣を築いたのではなく、山奥までが畑だったということ。狭い畑を二毛作で回して、なんとか食っていけました。

                       

                       

                      さて、このリュウキュウイノシシ。これで成獣ですから、ナイチの猪に比べると随分と小柄です。ところが、沖縄には天敵がいないので、どんどん繁殖します。

                       

                       

                      ヤンバルの山でよく見かけるイタジイ(スダジイ)はドングリの木で、そのドングリが猪の主食。大人しくそれを食べてれば良いものを、彼らは猪垣の向こうの世界を知ってしまったのですね。

                       

                      畑には、猪の大好物である甘藷、甘蕉、パイン、サトウキビなどがまとまって、しかもキチンと並んでるので、猪にとっては「ど〜ぞ食べて下さい」みたいなもの。そしてお腹が一杯になったら、家畜のメス豚に種付けすると(^^)

                       

                      猪はやりたい放題。猪垣の壊れた箇所を探したり、地面を掘ってトンネルを通したりして、なんとか猪垣の向こうへ行こうとしました。

                       

                       

                      さて、猪の侵入を許せば、せっかく育てた作物が根こそぎやられてしまいます。農民達は山の斜面に石を積み上げ、数十キロにも及ぶ猪垣を築きました。高温多湿の沖縄ですから、木の柵では2、3年で朽ちてしまいます。

                       

                      ところが、台風の通り道にあるのが沖縄。頑丈に見える猪垣でも簡単に流されてしまいます。そこで農民達は耕作面積に応じて、猪垣の補修責任を定めました。「はい、ここからここまでの50mは貴方んチの責任」と。猪垣が台風で流されてたとしても、それは台風のせいではなく、その場所を担当する農家の責任となりました。

                       

                       

                      集落ごとに監視隊を編成し、定期的に猪垣を巡回しました。そして、崩れた箇所があれば、その場所を担当する農家に補修を命じ、直ちに補修しなければ罰金を課しました。

                       

                       

                      その場にある石を積むだけならまだしも、足りない場合は海岸から石を運ぶことになります。男手の無い農家は、なけなしのお金を払って、補修をお願いするしかありませんでした。

                       

                       

                      こうした「ムラの掟」が相互補助や共同作業の本質であり、沖縄では「結まーる」。その言葉からは、優しく助け合い、共に生きる社会を連想しますが、本来は、そんなヌルい話ではなかったようです。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM