開店5分前のサンエー壷川店

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    こちらは、開店5分前のサンエー壷川店。



    朝の配達が順調な場合、私は開店10分前頃到着し、駐車場でノートを見ながら、その日の仕入れ順を決めたりしています。

    既にシャッターは上がり、ゴミ箱が並べられ、後は午前9時に自動ドアのスイッチを入れるだけ。ところが入口に立ってドアに顔をくっつける人がいるのよね。店内が明るくて、開店してるように見えるからね。


    私の永年にわたる観察結果から、オッさんとオバはんの動きに違いがあることが分かってきました。

    まずオッさんの場合は、開かないドアの前で、上を向いたまま一歩下がったり、前に出たりを繰り返します。自動ドアのセンサーが自分を認識してないと考えてるのね。それを二、三回繰り返したら、やっと時計を見て、恥ずかしそうに五歩くらい下がります。


    一方のオバはんは、センサーがどうやこうやとか細かいことは気にしないので、ドアの調子が悪いと見なします。悪いのは(自分ではなくて)ドア。

    両手両腕に力を入れてドアを開け店内に入ります。そしてカートに買物カゴを乗せ、茫然とする店員の視線にも気づかず、買物を始めるのでした。


    C「なんやねん、さっきのは」

    レジ「ああ、オバさんね。時々突破されるのよ。皆んなで相談して、開店まで施錠しておくことになった」

    つ〜ことで、他のサンエーは知りませんが、壷川店のドアはいくら力を入れようが開きません。

    大阪のオバはんなら「ちょっと、どないしたん?。開かへんよぉ〜」と言うでしょう。それは、どこまでも前に突き進む精神。

    さて、ウチナーのオバはんはどうでるか?

    観察を続けます。(^o^)/


    何を言うてるんですかねぇ(笑)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      (1)某保育園の回転鍋

      C「はい、カボチャ24キロね。頑張って!!」

      調「うへぇ〜。でも、ウチには回転鍋があるから大丈夫」



      C「はっはぁ〜、かき混ぜてくれるんや」

      調「ううん。かき混ぜるのは私」

      C「でも、勝手に回転するんでしょ?」

      調「ううん。回転させるのも私」

      C「・・・・」


      (2)一昨日のサンエー壷川店一番、二番レジ

      二番「私達二人とも明日はお休みだけど、がっかりしないでね。でも明後日は二人とも出勤だから」

      一番「アハハ、Cさん。明日の夜は眠れんなぁ」

      二番「そうよね。ワクワクしちゃって(笑)」

      一番「いやだぁ(笑)」


      (3)金城商事一の美女

      金「あっ、ちょっと聞いて。昨日、二十代の女の子に『私と同じ年くらいですかぁ?』って言われちゃって。ウフフ。娘が一緒だったから『今の聞いたでしょ。帰ったらお父さんに言うのよ』って言っといた」

      C「おっ、卵が少し下がったか」

      金「ねぇ、人の話を聞いてる?」


      (4)知念精肉店の三女

      C「はい、明後日の注文ね」

      三「え〜っと。はい、オッケーで〜す」

      C「おい」

      三「えっ?。なぁに?(笑)」

      C「今、見たふりして、ちゃんと見てないだろ」

      三「ギャハハ!!。どっ、どうして分かったの?。すご〜い。ねぇ、どうして分かったの?」


      (5)公設市場ゴボウ屋オバぁ

      ゴボウ屋に注文に行ったらオバぁがいません。まな板の上には切りかけのキンピラが。

      C「はっはぁ、オシッコに行ったか」

      と思って待ってると、なかなか帰って来ず。

      C「なんだよ、Bコースかよぉ。やれやれ」

      と待ってても帰って来ない。午後に出直すと、今度はいました。

      C「なんとも長いトイレやな」

      オ「病院行ってたのよ」

      C「キンピラ切りかけでね?」

      オ「最初はオシッコに行こうして立ったらさ、病院だったって思い出してから。アハハ」

      C「で、オシッコは」

      オ「だからオシッコ行ってから、病院行ったのよ」


      ただいま、私はサンエー壷川店の駐車場で、豆腐屋のヨシエさんにもらった厚あげ(切れ端)を食べながら休憩中。



      あんまり美味しくないかと思ったら、な〜んか、シミジミと美味しいわぁ。まだあったかいし。

      ふん、サンエーの一番、二番のヤツらめ「アハハ、来た来た」とか言いやがって。

      「そらぁ、来るやろな。仕事やのに。ったく」

      (^o^)/


      本島南部のワイトゥイ

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        何気なく本島南部の航空写真を眺めていて、あることに気づきました。



        細長い緑の丘陵地が左下(南西)から右上(北東)に向かって、幾重にも形成されています。まるで波のように。

        て言うか、これは波の跡じゃないのかな。

        本島南部は隆起珊瑚で、緑の丘陵地はかつてのリーフエッジです。そのリーフエッジは南西から流れてくる黒潮に逆らうように形成されました。そして、隆起を繰り返すたびに、新たなリーフエッジが南西方向にズレながら、幾重にも形成されたのではないでしょうか。

        うーむ。この仮説は正しい気がします。


        そこでですね。

        南に住んでる人が北へ移動しようとすると、少し歩いただけで丘陵地が立ちはだかり、そこを何度も乗り越える必要がありますね。人が歩くぶんには何とかなっても、荷車や馬車だと無理。

        そこで、交通の便を良くするために、昔の人が琉球石灰岩を割り取ってワイトゥイを開通させたのです。一日に10cm割り取れば3年後には100mのワイトゥイが開通します。


        てことは、このあたりはワイトゥイ密集地ってことじゃないですか。

        例えば、米須のワイトゥイ。





        こちらは、束里(つかざと)のワイトゥイ。






        これはえらいことになってきました。

        丘陵地を横断する道路を航空写真でチェックして、いかにもあやしい箇所にマークすれば、いったい幾つになるのやら。それを片っ端から見て歩く、(私的)南部ワイトゥイ選手権の開催が、たった今、決定しました。パチパチパチ。


        私はなんでこんなにワイトゥイにワクワクするのか、それを話せば長くなりますが、その選手権の結果発表の際、そのあたりを述べれば分かりやすいでしょう。

        「男の中の男」ではなくて、「ワイトゥイの中のワイトゥイ」はどこにあるのか。

        じゃ、さっそくマークを始めるか(笑)


        糸満市米須の馬場跡

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          米須の馬場跡に来ました。



          かつて、琉球競馬は沖縄中の集落で行われ、今でも各地に多くの馬場跡が残っています。スピードを競う現在の競馬とは異なるその形式については、梅崎晴光さんの名著「消えた琉球競馬」に詳しく、関心のある方には必読の書と言えるでしょう。


          米須の馬場跡は200mほどの長さとたっぷりとした道幅があり、今は集落の年中行事の場になっています。この道路は市道だそうですが、市道には市道の規格があり、こんな道幅はその規格を大きく外れるそうです。

          そこを米須の皆さんが、

          「普通の市道にされたら、綱引きがでけへんやないの。えっ、どうしてくれんのっ!!」

          と糸満市当局を説得し、異例の市道が完成したとのこと。いい話ですねぇ。


          馬場跡に面して、公民館にあたる「米須コミュニティセンター」があり、その庭に馬場跡の石碑がありました。



          「馬よっ!!(笑)」

          「なんでお前、座ってるか?」

          普通、こんな場所にいる馬は4本の足で大地を踏みしめ、キリッ!!っと前を向くもんでしょ(笑)

          ところがですね。初夏の沖縄で、日陰で休む馬を見ていると、これもアリかなと思えてくるから不思議です。集落の皆さんが楽しむ場ですから、馬だけキリッとされてもねぇ。

          ところで、馬はこんな風に座れんのか?(笑)


          那覇市久米の「くにんだなかみち」

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            「なんやねん」



            このドラゴンは、福州園のやや県庁寄りにいます。

            10年ほど前、交通量の多い市道が改修され、歩道がつきました。その際、その市道を「くにんだ(久米)なかみち」と命名し、入口に龍を置いたんです。

            真正面から見ると「なんやねん」ですが、横から見れば確かに龍。



            長さ300mほどの市道で、左側が歩道です。歩道のピラピラと白い部分は龍の胴体および尻尾だと思います。



            歩道には、このようなポールや、



            ベンチが置かれ、



            それぞれに龍が彫られています。




            そして、十字路には撫子(ナデシコ)や、



            水仙が描かれています。奥の建物は「四つ竹」久米店。



            以前投稿しましたが、久米の旗頭は撫子、水仙、サーフンユーチ、青龍刀の4本です。

            こちらが、サーフンユーチ。斧鉞(マサカリ)です。

            20120617053353_0.jpg

            久米の中央を貫く久米大通り(くにんだうふみち)。かつては通りの東西に大きな門がありました。東門が久米大門、西門が西武門。

            4本の旗頭は、東門地区の2本と西門地区の2本に分かれていて、それぞれの一番旗が戦旗(いくさばた)、二番旗が花旗と呼ばれています。東門の戦旗が青龍刀で花旗が撫子、西門の戦旗がサーフンユーチで花旗が水仙。

            もう1ヶ所の十字路に描かれているのが令将旗(ムーチャンチー)。



            先ほどのサーフンユーチの写真に、三角形の旗が写ってますね。あれです。


            さて、300m歩くと、こちらの端にも標識があり、



            そのてっぺんにはこんなものがありました。




            これは、中国の神話に登場する四神です。「玄武」「青龍」「朱雀」「白虎」は四方の守り神。戊辰戦争で会津藩が組織した玄武隊、青龍隊、朱雀隊、白虎隊が有名ですね。


            あっ、そうそう。歩道にこんなプレートが、私が数えたところ5枚ありました。



            「昔、久米村は風水によって龍脈を基本に作られた。」

            つまり、久米全体が龍ってこと。


            簡単ですが、以上です(笑)


            くにんだなかみちと言っても、区画整理をした後の市道をそう名付けただけですからね。単なる市道に歴史はありません。

            だから、ちょっと、まあ、投稿しててつまんないんですよね。


            沖縄の保育園で教育勅語

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              大阪の森友学園が話題になっていますが、沖縄にも教育勅語を園児に暗唱させる保育園があるんですねぇ。



              これは沖縄県祖国復帰42周年大会の写真で、主催者である日本会議のホームページに掲載されています。式次第に「体操演技と教育勅語奉唱」とありますので、ガセネタではありません。


              森友学園の事件について、私は国有地払い下げと小学校認可の手続きには興味がありますが、今は首相夫人が寄付したとかメールしたとかに話題が集中していて、少々不満です。

              保育園の園児に教育勅語を暗唱させることについて、私の感想はそれが経営者の方針ならば、そんな園もあるんやろなといったところです。胸に日の丸を縫い付けた園児の行く末が心配ではありますが、保護者が了解しているのなら、それは余計なお世話でしょう。


              上の写真の保育園の経営者は、他に複数の保育園を運営してまして、問題は、そこが某青果店のお客様であるということ。お父さんには、今日、知らせました。


              私はその保育園の調理師に、

              「厨房で調理してる時に、教育勅語が聞こえることがあるの?」

              と、聞きたくて聞きたくて(笑)

              しかし、余計な話をして某青果店の不利益になってはマズいので、それは自重しました。でもまあ、園児の様子をちょっと気にしておこうかなと思う今日この頃です(^o^)/


              沖縄は左側も右側も奥が深いので、教育勅語を暗唱させる保育園があったぐらいで、驚くほどのことはないのかもしれません。


              卒業式には傘に菓子(笑)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                先週、3月1日は県立高校の卒業式。ある高校では、こんなことになってました。



                花道で待っている父兄や後輩達が卒業生にお菓子をプレゼントします。キャンディのレイが一般的なようですが、そこは、色々と趣向を凝らすのですねぇ。

                写真の女の子は、お菓子を貼りつけた傘をプレゼントされました。こうすれば大きめの袋のお菓子が渡せますね。


                お菓子に埋もれて誰だか分からなくなってる子がいて、それでも手渡す人が後を絶ちません。手に持ち切れないお菓子がポロポロ地面に落ちますが、持ち切れないのですから拾えません(笑)

                一方で、お菓子が手に一つだけって子もいます。図らずも人気格差が表沙汰になってしまいましたが、そこは気の利くオバさんが、

                「はい、これ貰いなさい」

                などとお菓子を渡すので、そのうち恥ずかしくない程度には揃ってきます。


                進学、就職で本土に引っ越す卒業生は、これからの1ヶ月で新生活の支度を整えるわけですね。

                卒業、おめでとう!!


                与那原海岸の跡

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  私は沖縄本島の各地を歩き「昔沖縄」の跡を訪ねることが好きです。

                  例えば、軽便鉄道の枕木



                  「こんなものをわざわざ見に行ってどうすんの?」とお考えのムキもあるでしょうが、こうした痕跡を探して鉄道跡をくまなく歩くと、蒸気を吹き上げながら走る軽便鉄道の姿が、私の脳内で徐々に形成されるのです。

                  そのプロセスが楽しいのよ。


                  さて、こちらは平成初期の与那原海岸。砂浜が美しいアーチを描いてますね。



                  次に、現在の与那原海岸。



                  かつての海岸はコンクリートの運河になっていて、何も痕跡は残っていないと思っていました。


                  ところが最近、かつての海岸にあったフェンスの一部が残っていること知り、現場を訪ねました。



                  与那原町港区コミュニティセンターの裏に残っていたのは、ブロック塀に組み込まれた幅50センチほどのフェンスでした。おそらく、砂浜の最後部にあり、砂や波の侵入を防いでいたものだと思います。

                  ともかく、フェンスを撫で撫でしておきました。


                  そして、フェンスの裏には拝所がありました。龍宮への遥拝所。



                  埋め立て前は、この遥拝所から波の音が聞こえたことでしょう。


                  その場所から、海の方向を眺めました。



                  残念ながら私はまだ、かつての与那原海岸をイメージできません。

                  だけど、これも一つ一つの積み重ね。勝負はこれからよ。これから(笑)


                  サンエーの忘れ物注意ポスター

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    ここは、サンエー壺川店のトイレです。私は用事が終わりまして、手を洗ってます。



                    お忘れ物にご注意下さい!

                    カバン、携帯、財布、え〜っと

                    え〜っと



                    ミカン?

                    こちらは、私が作成した古波蔵のスナック「MIKAN」のポスターですが、



                    確かにミカン。

                    しかし、トイレにミカンは忘れませんよねぇ。八百屋的にはタマネギですが、タマネギも忘れません。


                    じゃあ、何か?

                    う〜む。

                    レジ袋や風呂敷包みにしては小さい。

                    小銭入れかもしれませんが、小銭なら左の財布に入っています。

                    沖縄的にはおにぎりか、もしくは

                    ゆし豆腐(笑)

                    携帯灰皿。女性ならコンパクトミラー、もしくは化粧ポーチ。

                    トイレでお化粧ですかぁ?。用事が終わるまでに終わらせましょうねぇ(笑)

                    まあ、巾着ですかねぇ。


                    私の硬い頭では「はぁ、はぁ、そうだったの」って答えは無く、

                    なんか、イライラする!!(笑)


                    ポスターには書けないけど、本当の忘れ物第1位は「流し忘れ」だそうで、ご注意のホド。

                    それから、居酒屋の忘れ物第1位は「記憶」ですってよ(笑)


                    南城市大里のムーチー鍋

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      こちらは南城市大里庁舎。



                      その庭にこんなものがありました。



                      大里と言えばムーチー(鬼餅)ゆかりの地。→沖縄に鬼はいるのか?

                      1999年に当時の大里村が村おこしで、ムーチーを作る巨大な鍋を作ったんです。



                      直径3.25メートル。重さ900キロ。まるで電波望遠鏡です。



                      この鍋で蒸し上げるムーチーは一度に約200キロ。約二千人に振舞うことができました。



                      一時はギネス登録を狙ったりしてたんですが、大里村は南城市となり、2009年を最後に巨大鍋は使われなくなりました。そして今は、去年完成した小屋の中で隠居生活中。

                      う〜む。

                      巨大鍋が復活する日は来るのか?

                      鍋は使ってこそ鍋という気もしますが、庁舎を訪れる人達に、大里がムーチー発祥の地だとPRしてるわけだから、これはこれでいいのか?


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM