奥集落の猪垣(予習です)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先日、大宜味村の猪垣を訪ねたワタクシ。先人達の営みに感激した、その余韻も冷めやらぬ中、涼しいうちに本命の奥集落の猪垣に向かいたいと思います。

     

     

    ヤンバルの西海岸は集落が続いているため、猪垣は大宜味村から国頭村にかけて、延々40km繋がっていました。一方、東海岸は集落が疎らなため、猪垣は各集落を囲むように築かれています。

     

    次の図が奥集落の猪垣。×印は猪垣を示し、丸いマークはビービー垣を示しています。

     

     

    ビービー垣は、大宜味村ではハキンジョウと呼ばれてました。猪垣を抜けるための門です。

     

     

    航空写真の上に、地形を意識しつつ猪垣の位置をプロットしてみました(黄色のマーク)。猪垣の長さは9km。写真の下が北です。


     

    もちろん、9kmの猪垣がすべて残っているわけではないので、狙い目は写真の左半分でしょう。

     

     

    猪垣を訪ねた人達のブログなどを見たものの、探索ルートを紹介したものはありませんでした。

     

    例えば、こちらの皆さんは、フイジと示された標識から山に入り、

     

     

    こんな坂を登り、

     

     

    猪垣に到達したと。

     

     

     

    すると、「フイジ」って何?ってなりますね。楽しいわぁ(笑)

     

     

    奥集落および周辺の地名を記した地図がありました。こちらは上が北。

     

     

    見にくいでしょうが、地名が付いている場所に番号が振られています。素晴らしいです。岬、浜、尾根などに、これだけの名前が付いてるんです。

     

    かつては、山の尾根まで段々畑になっていて、今よりも広い範囲が奥集落の生活圏でした。場所を伝える際などに、名前が無いと不便だったんでしょう。

     

     

    この地図は、地名のアイウエオ順に番号が振られているスグレモノ。「フイジ」の番号は355番で、山の名前でした。

     

    で、「フイジ」とはどういう場所なのかという解説がこんなに。もう、最高です(笑)

     

     

    先程の航空写真に戻りまして、プロットした黄色いマークのうち一番上のマークが、偶然、「フイジ」の場所でした。そして、ハートマークまで車道が繋がっているようです。

     

    アハハ。もう着いたも同然じゃないですか。併せて、安須森を訪ねる時間もとれるかもしれません。

     

    よし、行くぞ。私は行く(笑)


    飽きもせず、猪垣の話(^^)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      先日、大宜味村で見た猪垣には、色々なことを考えさせられました。

       

       

      最初の疑問は「何故こんな山奥に築いたのか」。まあ、そんな疑問を持つこと自体、私は「猪垣の時代」を理解できていませんでしたね。

       

       

      次の写真は昭和初期の大宜味村喜如嘉です。すべての山々に見事な段々畑。写真は集落南側斜面から北向きに撮ったようなので、猪垣は写真右端を手前から奥に続いてると思われます。

       

       

      平地の少ない沖縄なので、これだけ畑を広げても、農民一人あたりの耕地面積は全国平均の半分以下だったようです。

       

      山奥に猪垣を築いたのではなく、山奥までが畑だったということ。狭い畑を二毛作で回して、なんとか食っていけました。

       

       

      さて、このリュウキュウイノシシ。これで成獣ですから、ナイチの猪に比べると随分と小柄です。ところが、沖縄には天敵がいないので、どんどん繁殖します。

       

       

      ヤンバルの山でよく見かけるイタジイ(スダジイ)はドングリの木で、そのドングリが猪の主食。大人しくそれを食べてれば良いものを、彼らは猪垣の向こうの世界を知ってしまったのですね。

       

      畑には、猪の大好物である甘藷、甘蕉、パイン、サトウキビなどがまとまって、しかもキチンと並んでるので、猪にとっては「ど〜ぞ食べて下さい」みたいなもの。そしてお腹が一杯になったら、家畜のメス豚に種付けすると(^^)

       

      猪はやりたい放題。猪垣の壊れた箇所を探したり、地面を掘ってトンネルを通したりして、なんとか猪垣の向こうへ行こうとしました。

       

       

      さて、猪の侵入を許せば、せっかく育てた作物が根こそぎやられてしまいます。農民達は山の斜面に石を積み上げ、数十キロにも及ぶ猪垣を築きました。高温多湿の沖縄ですから、木の柵では2、3年で朽ちてしまいます。

       

      ところが、台風の通り道にあるのが沖縄。頑丈に見える猪垣でも簡単に流されてしまいます。そこで農民達は耕作面積に応じて、猪垣の補修責任を定めました。「はい、ここからここまでの50mは貴方んチの責任」と。猪垣が台風で流されてたとしても、それは台風のせいではなく、その場所を担当する農家の責任となりました。

       

       

      集落ごとに監視隊を編成し、定期的に猪垣を巡回しました。そして、崩れた箇所があれば、その場所を担当する農家に補修を命じ、直ちに補修しなければ罰金を課しました。

       

       

      その場にある石を積むだけならまだしも、足りない場合は海岸から石を運ぶことになります。男手の無い農家は、なけなしのお金を払って、補修をお願いするしかありませんでした。

       

       

      こうした「ムラの掟」が相互補助や共同作業の本質であり、沖縄では「結まーる」。その言葉からは、優しく助け合い、共に生きる社会を連想しますが、本来は、そんなヌルい話ではなかったようです。


      今帰仁の散歩

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        国頭村から屋我地島を抜けて今帰仁へ戻ってきました。 

         

        ワルミ海峡はいつもながらのワルミブルー。

         

         

        船が通ったら、真上から白波を撮ろうとするものの船は来ず(^^)。

         


        運天森園地展望台に着きました。運天集落の裏山にあり、古宇利大橋からも、対岸の崖上に東屋が見えてます。

         

         

        今度は船が来ました(^o^)/

         

        運天港から、伊平屋村の船が2往復、伊是名村の船が2往復。つまり、日に8回、ここをフェリーが通ります。写真は伊平屋村の船。

         

        せっかくですから、動画でどうぞ。

         

         

        伊平屋村の船と伊是名村の船は、ほぼ同じ大きさの新鋭フェリー。一方の船が故障したり定期点検を受ける時は、もう一方の船が、2つの島へ1往復ずつ運行します。互いがホットスタンバイしてますから、予備の船が要りません。

         

         

        こちらは今帰仁村闘牛場。これはいいわぁ。こじんまりしている会場だけに、牛の息づかいまで聞こえそうです。

         

         

        牛の入場ゲート。この時点で既に戦闘モードに入っているそうです。ツラい仕事だぁ。

         

         

         

        今帰仁の赤墓ビーチと、

         

         

        長浜ビーチ。隣同士の美しい自然海岸です。

         

         

        赤墓ビーチの周辺は確かにお墓が多いのですが、だからと言ってビーチの名前にしなくても(^^)

         

        赤墓は琉球王府から与えられた御拝領墓。この地の偉人が葬られているので、ビーチの名前に使いたかったようです。赤墓(サダハマ)と表記されることがありますが、サダハマは佐田浜で、赤墓ビーチの別名です。

         

        昨年の紅白で初めて見たTW ICEという韓国のアイドルグループが、ここでMVを撮影をしています。気候が良く、美しい映像になっているので、是非。2分10秒あたりから。

         



        ヤンバルの桜は一分咲き。各地の桜まつりは今月末からです。



        茅打ちバンタ、大石林山からの眺め

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          茅打ちバンタ展望台からの眺めです。




          高い所から眺める海は圧倒的です。この世のものとは思えないほどの水に囲まれて、沖縄はよく浮かんでるものだと、マジで思います(笑)



          こちらは茅打ちバンタから見た戻る道



          百年ほど前に、地元の皆さんがワイトゥイを通し、馬車が通れるようになりました。海岸の宜名真集落から上がって来る村道(馬車道から、後に車道)はその時に開通したもの。


          てことは、それ以前の戻る道へ上がる旧道(人道)があったはず。4、5年前のこと。その忘れ去られていた旧道を、国頭村の村史編集委員の皆さんが、生い茂った草木の下で見つけてくれたんです。その名がイラフ道。


          しかし、今になってそれを思いついても、私はその場所も知りませんので、これは出直すしかないでしょう。



          こちらは茅打ちバンタのすぐ近くにある、大石林山の悟空岩。地面に露出した石灰岩が雨に侵食された造形です。



          この岩の背後に回ると、辺戸岬から与論島、視界が良ければ沖永良部島まで見渡せるテラスがあります。Twitterに動画を投稿しましたので、こちらからどうぞ。




          次の写真は、大石林山から見上げる安須森(アシムイ)。斎場御嶽が観光客を相手に疲れ気味の中、御嶽の最高峰と言えるかもしれません。



          あっちもこっちも行けませんので、今回は登山口を確認しておきました。



          次は大石林山のガジュマル。樹齢はともかく、カサの広さは本島最大だそうで、スマホのカメラには到底収まらず、動画を撮りました。

           


          次回はイラフ道と安須森。きちんと下調べをして、また来ます。


          大宜味村津波集落の散歩

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            大宜味村には17の字(アザ)がありまして、その区割りが笑えます(^^)

             

             

            この鰻の寝床のような区割りは、猪垣の改修分担表になってるんですよ。猪垣の改修は重労働なので、各字が平等に分担しなさいってこと。もちろん今、猪垣は使われてませんから、その名残りです。

             

             

            ヤンバル西海岸を北上し、名護市を抜けると大宜味村の入口にこんな橋が架かっています。津波(ツハ)の平南橋(へなんばし)。橋の親柱が花笠を被っているのが特徴です。

             

             

            ヤンバル西海岸は入江と岬が交互に現れ、そこをクネクネ走るのが楽しいのに、北部国道事務所は曲がったことが大嫌いなので、入江には橋を架け、岬をトンネルでぶち抜き、真っ直ぐ、真っ直ぐ走らそうとします。

             

             

            国道58号線沿いの津波集落に寄りました。

             

             

            コンクリート塀が多く、少々素っ気ない感じもありますが、そこにフクギがあるだけで、沖縄の正しい集落の風景になります。

             

            津波をツナミと読むと「昔、津波に襲われた」みたいな話になりがちですが、読みはツハ。「今、開いてます」の津波信一さんのツハ。そのツハに漢字を当てて津波。だからツナミとは関係ありません。

             

             

            話がややこしくなりますが、津波(ツハ)周辺は津波(ツナミ)に狙われやすい場所です。

             

            太平洋側から沖縄本島に到達した津波(ツナミ)は、本島南端の喜屋武岬で加速しつつ本島西海岸を北上します。それが本部半島に到達し、二度目のスイングバイを経て津波(ツハ)に到達します。

             

            1960年のチリ地震の際、上記のルートで津波(ツナミ)に襲われ、湾の最深部にある屋我地大橋が流され、真喜屋小学校が全壊しました。(赤マークが津波集落)

             

             

            先程の平南橋が架かっている入江は平地が広く、住みやすい環境に見えますが、中央を川が流れ、両脇を山に挟まれているのですから、津波には弱い地形と言えます。かつての平南は一つの字でしたが、津波(ツナミ)の被害が絶えず住民の転出が続いたため、百年ほど前、津波(ツハ)と合併することになりました。

             

             

            津波集落に戻ります。

             

            津波公民館前に、なんとも味わい深い理容店がありました。島津理容館。せっかくだから散髪してもらおうかと思ったら、この日はお休みでした。

             

             

            理容館の看板の下に、子供が一人(笑)

             

             

            沖縄各地の集落を歩いていると、いるんですよ。こんな風に腰掛けて、ニコニコしてる子供が。「暇なんか?」と言いたくなりますが、ニコニコしてるんだから、暇でもないんでしょう(笑)

             

             

            津波は組踊「花売りの縁」の舞台です。

             

             

            首里の下級士族森川の子は士族としての生活が成り立たなくなったため、妻の乙樽と幼い鶴松を残し、仕事を求めてヤンバルに向かいます。

             

            12年の月日が流れ、夫が津波村で暮らしてることを聞いた乙樽は鶴松を連れて、夫を捜す旅に出ることに。ようやく津波村にたどり着くも既に夫はおらず、老いた薪木取りの話を頼りに、塩屋湾の田港村に向かいます。

             

            田港村に着き、夫を捜し始めた母子が、花売りから梅の花を買おうとした時・・・。

             

             

            平南橋の花笠は「花売りの縁」を意識したのかもしれません。北部国道事務所から「いや、違う」と言われたらごめんなさい(^^)


            今日の出来事

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              (1)金城商事のシモン君

               

               

              シ「Cさん、お久しぶりです」

               

              C「おぉ、シモン。ネパールへ帰ってたの?」

               

              シ「そうです。1ヶ月間」

               

              C「で、どうやった?」

               

              シ「えっ、何がですか」

               

              C「彼女を日本に連れて来るお許しは出たの?」

               

              シ「どっ、どうしてそれを知ってるんですか」

               

              C「あのな。沖縄では一人に話すことと、皆んなに話すこと。これは同じことなんやで。それで?」

               

              シ「エヘヘ。連れて来ます」

               

              C「あんないい所から、わざわざ日本にねぇ。このままネパールで暮らそうかなって思わなかった?」

               

              シ「思いました」

               

              C「そやろな。でも、日本で成功するって決めたんだもんな」

               

              シ「そうです。僕、頑張ります」

               

               

              (2)某保育園の調理師

               

              C「こっくり煮って知ってる?」

               

              調「あっ、聞いたことある。えっ?、何だったけ。でも、聞いたことある」

               

              C「これや」

               

               

              調「あっ、これがこっくり煮かぁ」

               

              C「使えない調理師やな」

               

              調「え〜(笑)。調理法は知ってましたよ。こっくり煮と繋がらなかっただけです」

               

              C「こっくり煮ってどういう意味か知りたかったのに」

               

              調「あっ、そうかぁ。でも、こんなのですよ、こんなの(笑)」

               

              C「(^^)」

               

               

              (3)転がる宮古島市長

               

              ハーバービューホテルの坂道を、丸い体型の宮古島市長が転がってました。

               

              政府は来年度から、沖縄県を通さずに、直接、沖縄の市町村に支給する交付金を新設するそうで、宮古島市長がムキになって県民投票に反対してる理由がよく分かりました。(→琉球新報) 

               

              一括交付金を補完するための交付金だそうです。ところが、沖縄県に支給される来年度の一括交付金は約10%の削減だそうで、それが回って来るだけのこと。宮古島市長には首相官邸の笑い声が聞こえないんでしょうか。

               

              政府は辺野古3区に直接、振興費を交付すると約束しておきながら、名護市長が保守系に代わったとたんに知らん顔です。辺野古3区の役目が終わったってこと。保守系市長達は、政府に舐められていることに気づくべきでしょう。

               

              で、宮古島市長は何処へ転がっていくんでしょうね。


              沖縄に寄り添う

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                天皇誕生日記者会見。「沖縄に寄り添う」とは、こういうことですね。

                 

                 

                 

                沖縄の苦労、皆で考えて・・・

                白梅学徒隊の4ヶ月(7)天皇の沖縄訪問

                小桜の塔と海鳴りの像(1)小桜の塔


                セブンイレブンの沖縄進出

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  早ければ来年の夏に、沖縄でセブンイレブンが開業するようです。

                   

                   

                  既に、浦添市港川(西海岸道路近く)で食品加工工場の建設が始まっていて、うるま市塩屋(製糖工場近く)でスイーツ工場の敷地を取得済とのこと。

                   

                   

                  沖縄に進出済のファミリーマートはりうぼうと、ローソンはサンエーと仲が良いので、セブンイレブンはかねひでと組むようです。かねひではセブンイレブン100店舗の運用を決めており、スーパーかねひでの大型化(集約化)により生まれた小規模店舗の跡地に開店する方針とのこと。

                   

                  一年前の数字ですが、県内コンビニの店舗数はファミリーマートが321店舗で、ローソンが218店舗。セブンイレブンは開業後の5年で250店舗を予定しているそうです。

                   

                  道路を挟んでファミリーマートとローソンが睨み合うことは今もありますが、今後は十字路に3店舗みたいなことになりそうです。

                   

                   

                  これだけコンビニが多い沖縄に、さらにコンビニを増やして大丈夫なのかと思いますよね。これは私の生活圏での印象に過ぎませんが、3社が競い合う展開になるまで、各社の店舗は増え続ける気がします。

                   

                  ウチナーンチュはコンビニが好きなんですよ。好きと言うより、生活スタイルに合っているのかもしれません。潰れた弁当屋なら知ってますが、潰れたコンビニは見かけません。

                   

                   

                  私はまったくコンビニを使うことが無く、使うとすれば電気代の支払いか、ATMくらいです。だって商品の値段が高いじゃないですか。

                   

                  飲み物なんかは、スーパーより2、3割は高いでしょ。以前はコンビニで缶コーヒーを買うことがありましたが、今はスーパーで買った紙パック(1ℓ)のコーヒーを水筒に入れてます。

                   

                   

                  そこで疑問に思うのは、ウチナーンチュがわざわざ値段の高いコンビニを使う理由です。県民所得が少ないのに。

                   

                  私がよく通る与儀の市道では、ローソンとファミリーマートが向かい合っていますが、そのちょと先に行けば、サンエーとかねひでが向かい合っていて、その先にはりうぼうもあります。コンビニに入る理由が無いのよね。

                   

                   

                  もっとも、値段が高いからコンビニは使わないという私の理屈は、「それなら、スーパーで高い惣菜を買わずに自分で作りなさい」と言われてしまうと、返す言葉がありません。

                   

                  だからね。さきほど「コンビニはウチナーンチュの生活スタイルに合う」と言いましたが、コンビニが楽しいってこともあるんだと思います。自分が欲しいもの(だけ)が揃っていて便利だし、20円、30円の価格差は問題にならないってこと。

                   

                  特にセブンイレブンはプライベートブランドが充実してるので、今からワクワクしてるウチナーンチュも多いはず。


                   


                  だから、3社で1,000店舗あたりまでは、各社順調に店舗数を増やすのではないかと。そこから先は、やはりセブンイレブンがジリジリ伸びるんでしょうかね。

                   

                  なお、現在のところ離島に進出してるのはファミリーマートだけで、ローソンは本島にしかありません。

                   

                  ファミリーマートやローソンは「セブンイレブンが沖縄でそこそこ店舗を増やしたら、台湾とか、香港とか、あっちのほうへ行ってくれないかな」と思ってるかもしれません。


                  今日のお言葉

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    (1)スーパー入口のロープ

                     

                     

                     

                    「ロープね?。これは『行き止まりですよ〜』の意味だわけ。右の手すりは右の階段の左の手すりで、左の手すりは左の階段の右の手すりさぁね。真ん中の階段の奥がヒンプングヮーシーしてるわけ。じゃあ真ん中の階段はいらんじゃんって、だからね」

                     

                     

                    (2)今、開いてます

                     

                     

                    「ウチナーンチュは台風に慣れてるからね。注意報や警報でも、オジぃが平気で犬の散歩に出たりするさ。でも、ユニオンが閉まるのは、ハッ〜サ、も〜、デ〜ジ。警報の上だわけ。だから、先週の24号は凄かったけど、25号は普通よ、普通。言ってることわかる?」

                     

                     

                    (3)ニィニィの名前

                     

                     

                    母「隣の八百屋のニィニィは何ていうの?。お隣なのにいつまでもニィニィって呼べないさ。コージ君っていうの?。コージ君・・・。言いにくいさ。あっ、コーちゃんね。コーちゃん、コーちゃん」

                     

                    C「つーことで、貴方は今日からコーちゃんになりました。呼ばれたら返事をするように」

                     

                    コ「はいっ!!。わかりましたっ!!」

                     

                     

                    (4)同じ人

                     

                     

                    「アンパンマンせんべいを160枚ってことは、2枚のパックが160個ってことよ。だから5袋じゃあ足りないわ。分かるでしょ?」

                     

                    「アンパンマンせんべいを160枚ってことは、せんべいの一枚一枚が160枚ってこと。だから10袋じゃあ多いのよ。分かるでしょ?」


                    星座アプリ「Star Walk」

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      沖縄は島だから星がよく見えるだろうと思ってるナイチの人がいたら、それは大間違い。那覇の夜空は東京や大阪と同じです。

                       

                      まあそこで、那覇でも見える星くらいは、何て星座の何て星かを知っておこうと、星座のアプリを使い始めました。「Star Walk」。

                       

                       

                      このアプリの機能をまだ充分には理解できていませんが、なかなかのシロモノです。

                       

                      自分が見てる方向や高度にスマホを向けると、自分の視界の星座を表示できます。

                       

                       

                       

                      それは当然として、そこをたまたま人工衛星が通過すれば表示してくれるし、流星群の発生も知らせてくれます。

                       

                      そして、(私としては)感動的な機能がありました。それはスマホのカメラと連動して、実写映像をリンクしてくれるもの。上の写真の下半分にマンションの灯りが見えますね。それが実写映像。星が格段に見つけやすくなりました。

                       

                       

                      私が子供の頃、広島県呉市の夜空で代表的な星座は確認できました。そして、山一つ越えた母の実家からは、天の川がまるでオーロラのように見えました。夜は懐中電灯が無いと道も歩けないような田舎でしたからね。冗談では無く、夜道の視界は目を開けても閉めても同じでした(笑)

                       

                      沖縄でその環境が得られるのは、ヤンバルか離島でしょう。海中道路から先の離島でもオッケー。そのためにも、那覇の夜空である程度の土地勘と言うか星座感を身につけておかないと。

                       

                      観察用の望遠鏡があれば最高ですが、素人の星座観察程度なら双眼鏡のほうがむしろ便利とのこと。

                       

                      うーむ。双眼鏡が欲しくなってきたやないの(笑)


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM