コザの散歩(2) コザ十字路絵巻(その1)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    一昨年、コザ十字路に完成した壁画「コザ十字路絵巻」。その全長は160mもあります。



    国道330号線の拡張工事により、銀天街最前列の店舗が剥ぎ取られ、その奥の建物の壁面が剥き出しになりました。しかし、無茶苦茶しますねぇ。そんなことしたら、銀天街が商店街に見えなくなってしまいます。


    ところが、そこを逆手にとったデザイナーが現れ、国道の拡張でツラが揃った壁に絵を描こうと思いついたんですよ。そのデザイナーの呼びかけに、東京の壁絵職人(ウォールアーティスト?)が応えました。

    素晴らしい。これは素晴らしいとしか言いようがありません。

    壁画プランは沖縄市に提案され、事業化が決まりました。デザイナーと壁絵職人の指揮の下、銀天街の若手から通りがかりの学生まで、多くの人達がこのアートプロジェクトに参画しました。


    それではさっそく、壁画を拝見しましょう。



    ガストの看板がオシャレです。「これはちょっと外しましょうね」などと言わないのがいいところ。

    左手には万国津梁の鐘。

    「琉球国は南海の勝地にして、三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車となし、日域を以て唇歯となす。此の二の中間に在りて湧出する蓬莱島なり。舟楫を以て万国の津梁となす」

    鐘に刻まれた銘文が海洋国家「レキオ・グランデ(大琉球国)」の気概を示しています。沖縄県知事ならびに県庁幹部職員は、県庁応接室の屏風の前に立ち、毎朝これを唱和いただきたい。

    何でコザで万国津梁なのかについては、鐘の製作を命じた尚泰久王が、即位前に越来王子として越来グスクで暮らしていたことによります。まあ、ちょっとアレな気もしますが、若き日の泰久王は越来の地で、誇り高き琉球国王としての素養を醸成し、後に立派な鐘を作りましたということか?。


    このコザ十字路絵巻は琉球王朝の時代から現在に至るコザの歴史が学べるようになっています。尚泰久王は百十踏揚のお父さんですから、160mある壁画の右半分には護佐丸や阿麻和利、踏揚を背負った大城賢勇などが登場します。

    ある程度、沖縄の歴史を知っている人は壁画鑑賞の楽しみが倍増し、何のことやら分からない人には、歴史の勉強を促す仕掛け。一つ一つに解説はありませんから、そこは自分で調べなさいってことよね。パチパチパチ。


    おっ、危うく次に行くところでしたが、右手には鳥に乗る飛び安里。人類で初めて空を飛んだ男です。南風原の偉人として、常々、南風原町役場が自慢してますが、どうして彼がコザに?

    飛び安里の伝承にはいくつかあり、その一つは飛び安里が花火師であったとするもの。その花火師は越来に住み、そこから泡瀬の岩壁や南風原の高津嘉山に出向いてフライトしたんですね。あれまあ、それじゃあ南風原の偉人はウルトラマンだけになってしまいますが、どうするんだ南風原町役場。

    (続く)


    コザの散歩(1) コザ十字路

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      ここはコザ十字路。ここを起点に那覇まで続く国道330号線と、那覇から沖縄本島の東海岸を名護まで北上する国道229号線が交わる十字路で、昔も今も交通の要所です。



      この十字路をコザ十字路と呼ぶ理由は「ここがコザだから」と言うほかありません。

      1957年の米軍作成地図を見ましょう。



      軍道24号線と軍道13号線は現在の国道330号線と国道329号線。両者が交差するコザ十字路の北西にkozaの表記があります。

      終戦時期、嘉間良を中心に、室川、越来、安慶田に広がっていた収容所を米軍はキャンプ・コザと呼びました。そして、1956年に誕生したコザ市にその名前が継承されたのです。


      コザ十字路にあった本町通りと、



      十字路市場。



      両者が合併し、1978年に誕生した銀天街は、米軍向けの飲食店や衣料品店、また、地元住民の台所として最盛期を迎えました。

      主として白人が集まる胡屋十字路に対して、コザ十字路は黒人の街でした。胡屋のロックとコザのソウル。二つの十字路は共に賑わいましたが、当時「十字路」と言えばコザ十字路を意味したようです。すなわち、ここがコザの中のコザ。


      ところが、最盛期に120店を超えていた銀天街振興組合の加盟店は40店足らずにまで減少し、2014年に組合は解散してしまいました。

      組合の解散は加盟店が減少したことだけが理由ではなく、加盟店が組合費を払えなくなったことによります。銀天街の名前は今も残っていますが、その実態(つまり組合)は既にありません。


      銀天街繁栄の象徴だったアーケード。



      劣化が進み、部材が地面に落下するようになりました。アーケードを撤去するには約2千万円かかるそうで、住民が沖縄市に撤去を要請しています。

      沖縄市はアーケードを撤去する責任はそれを建設した組合にあると主張しているようですが、その組合は既に無いのですから、責任の所在を明らかにしたところで何の解決にもなりません。住民の安全を誰が守るかと言えば、それは行政でしょう。て言うか、商業的に衰退していくコザに対して、常に無策だった責任を行政は取らないと。

      私の印象としては、銀天街を復活させるとか、活性化するとか、そのような議論をする時期は既に過ぎていると思えました。

      (続く)


      公道マリオカート(マリカー)はどうなるか?

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        最近目につくこの一団。



        ここはモノレール牧志駅の高架下。背後から写真を撮ると、それがサイドミラーで見えたらしく、中国人グループの全員が一斉に振り向きました。

        「オッさん、なに勝手に撮ってんだよぉ」と絡まれたら嫌なので、日中友好の笑顔で軽く頷いてあげると、全員が大いに喜び、親指を立てて「イェ〜イ」とか言うてました。中国語でも「イェ〜イ」(笑)

        彼らはその「イェ〜イ」も撮って欲しかったらしく、無反応の私にがっかりした様子で、国際通りに向かって走り去ったのでした。


        マリカーってこんな商売です。

        利用者は3千円ほどの料金で50ccのカートを借り、ガイドの後ろをカルガモのように1時間ほど走ります。コースは、これまでの目撃場所から推定すると、国際通り→壷川→古波蔵→ひめゆり通り→モノレール牧志駅→国際通り。マリオやルイージ、ピーチなどの衣装代、ガソリン代は料金に含まれてます。


        しかしですよ。沖縄で軽自動車を24時間レンタルしたら3千円。ところが、このカート(「わ」ナンバー)は原付のくせに1時間3千円です。料金格差は24倍!!。衣装代やガソリン代なんてタダ同然ですから、ぼったくりじゃないですか。それなのに大人気。

        アトラクションなのよね、つまり。

        地面スレスレを集団で走る爽快感や、道ゆく人達が驚いたり写真を撮ってくれることによる恍惚感。原付なのでシートベルトは不要で、四輪なのでヘルメットも不要です。それら総合した気持ちの良さへの対価が3千円ってこと。


        マリカー業者は儲かってるでしょうね。50万円ほどのカートを10台ほど買えばすぐに商売を始めることができます。原付ですから駐車場は不要で、税金などの維持費、ガソリン代はタダ同然。それで料金はレンタカーの24倍。

        直感ですが、レンタカー業者の利益率を10%とすれば、マリカーは50%を超えるでしょう。いやぁ、笑いが止まりませんてば(笑)。


        しかし、私見を述べるとすれば、これは、いつまでも続く商売とは言えない気がします。

        つまり、法的に原付と四輪車の「いいとこ取り」をしてること。任天堂のキャラクターを無償で利用していること。今はいいけど、車道に溢れるようなことになれば、やはり迷惑なこと。

        今年、任天堂がマリカー業者に対して、キャラクターの使用を禁じる内容の訴訟を起こしました。いや、まったくごもっとも。任天堂の勝訴なら、マリカー商売はたちまち下火になると思いますが、さて、どうなるか。


        中城村新垣集落の散歩(6) マージグヮーイシ、トーマミチ

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          (5)マージグヮーイシ

          ナカミチの一本上の道から見える巨岩はマージグヮイシ。新垣集落のランドマークと言えそうです。



          う〜む。あそこに登りたい(笑)。太平洋と東シナ海の両方が見えるのか、見えないのか。


          (6)新垣区民運動場

          集落の南東角にあります。子供達が転げ落ちるように崖を下ったボージャーグヮミチのすぐ近く。



          南洋杉が一本。風をまともに受ける崖っ淵にありながら、しなやかで倒れない。こんな人間にならなあきまへん。


          (7)トーマミチ

          新垣の子供達が泥だらけになって学校に通ったボージャーグヮミチ。そこから少し南に下がれば北上原です。そこに北上原が道を造りました。崖下の当間集落に繋がるトーマミチ。



          ボージャーグヮミチが草を刈っただけの言わば自然道なのに対してトーマミチは驚きの石畳舗装。後に急坂部分に階段までつきました。

          これでは勝負になりません。原始vs文明。開南本通vs沖縄自動車道。

          新垣の子供はトーマミチを通りたい。やしが、あそこは北上原の道。

          「とっ、通っていいの?」

          と悩んだかどうかは知りませんが、今やトーマミチも廃道寸前で、崖を降りるのも登るのも車かバスです。


          (8)護佐丸バス

          中城村営護佐丸バスの新垣バス停です。



          崖下の中城モールや中城村役場、崖上の普天間リウボウ、琉大、サンエーなどを巡回します。時計回りが久場回り線、反時計回りが伊集回り線。事前に回数券の購入が必要で、料金は大人200円、小学生50円です。




          (終わり)


          中城村新垣集落の散歩(5) アラカチガーラ、ヒージャーヌトゥ

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            (1)アラカチガーラ

            新垣集落の西側を流れるアラカチガーラ。



            いい風景なんですけどねぇ。何故、行政は川という川をコンクリートで塗り固めないと気が済まないのか、まったく意味がわかりませんよ。

            この川は二級河川の普天間川ですが、新垣集落内ではアラカチガーラ。川は新垣の最も低い場所を流れてまして、振り向けば小高い山があり、その山の斜面に集落が形成されています。そして山の名前は当然にアラカチヤマ。

            いやぁ、いいですねぇ、この「なんか文句あんのか」みたいなネーミング(笑)


            (2)ヒージャーヌトゥ

            アラカチガーラから斜面を登った先。新垣集落の西口あたりに、ヒージャーヌトゥと呼ばれている場所があります。

            集落のはずれで、そこまで平坦だった道が急な下り坂になる場所は、良い景色が得られます。

            ヒージャーヌトゥから眺めた宜野湾方面。市街地のビルが見え、その奥が普天間飛行場です。



            この下を先ほどのアラカチガーラが左から右へ流れています。宜野湾の丘をどうやって越えるのかと思ったら、北中城インター付近から普天間宮の裏手を迂回して、北谷のアラハビーチあたりの東シナ海へ流れこむようです。

            ヒージャーヌトゥは、集落を出て行く人を見送る場所でもあります。徴兵され戦地に向かう若者は、この場所で見送りを受けました。新垣集落の最寄り駅(?)は軽便鉄道大山駅です。

            同じ場所から眺めた南上原方面。奥に薄っすらと知念半島が見えます。



            ここに立つと、新垣集落が崖の上の、更に高い場所にあることがよく分かります。

            例えば、ペリーの旗立て岩。(地元の呼び名はターチャーイシ)



            この岩は沖縄自動車道からよく見えます。那覇方面に走ると、中城パーキングエリアの手前の左手、思いがけず高い位置に、この巨岩があります。


            (3)ハンタ道

            ヒージャーヌトゥから新垣集落のナカミチを歩くとハンタ道に出ます。



            先月はここを下から登って来て、更に、次の坂道を登りました。ユムトゥビラ。



            坂の名前には何かの由来があるはずですが、ユムトゥは辞書にありません。それが、坂上のお宅の屋号が栄元(ユムトゥ)さんって(笑)。そんなん分かりませんてば。


            (4)綱曳き場

            ナカミチは綱曳きの会場になります。



            う〜む。綱曳き発祥の地。



            発祥の地って、それは沖縄の?。日本の?。まさか世界の?。

            え〜、新垣の?

            なんね?(笑)

            (続く)


            中城村新垣集落の散歩(4) 新垣集落のノロ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              ウィキペディアの「ノロ」のページに掲載されているこの写真。



              このブログでも何度か使わせてもらってます。写真のノロは比嘉カマトさん。中城村の新垣、泊、添石、伊舎堂の祭祀を担当していました。


              そして、この写真を撮ったのは、人間国宝の鎌倉芳太郎さん。1927年(昭和2年)の撮影だそうです。

              芳太郎さんは紅型の復興で知られていますが、取り壊し寸前の先代首里城を救出した人でもあります。そのため、芳太郎さんに対する尚家の信頼は絶大で、あの伊波普猷でさえ取材が難しかった中城御殿に、芳太郎さんはフリーパスで出入りができたそうです。


              一方、カマトさんは代々ヨキヤノロと呼ばれたノロの家系にあり、先ほどの4集落の祭祀を担当すると共に、琉球国王の世子、すなわち中城王子への祈願を担当していました。

              つまり、芳太郎さんはたまたま出会ったノロを撮ったのではなく、カマトさんとは会うべくして会ったということ。


              これは私の想像ですが、写真を撮った場所は中城御殿の敷地で、カマトさんは写真を撮らせるために正装し、芳太郎さんの前に立ったのではないでしょうか。カマトさんの表情や姿勢が、私にはそのように見えてしまいます。


              余談になりますが、芳太郎さんは中城御殿を写真に撮り、スケッチし、記録を取り続けました。取材ノートは80冊を超え、その内容は解剖学を思わせるような、緻密で正確なものだったそうです。

              中城御殿は復興が決まっていますが、その際、芳太郎さんのノートは充分に活用されるはずで、ノートに従って復興されると言っても良いかもしれません。

              首里城を守り、紅型を復興させ、没後もなお、中城御殿の復興に貢献する芳太郎さんは、ウチナーンチュにとって恩人と呼んでも差支えないでしょう。沖縄に移り住んだナイチャーってところだけ同じの私にとって、芳太郎さんは神です、神。

              (続く)


              中城村新垣集落の散歩(2) ボージャーグヮミチ(坊主小道)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                新垣集落の西側から、一旦、集落を通り抜け、東側に来ました。

                ここはボージャーグヮ(坊主小)。



                中城湾の眺めが良い場所です。



                そこから崖下に降りる道があります。ボージャーグヮミチ。



                崖下の屋宜集落には国民学校(現在の中城小学校)があり、新垣集落の子供達はここを下って学校に向かいました。

                急坂をススキを掴みながら下りましたが、雨の日は何度も転倒し、学校に着く頃には泥だらけだったそうです。

                「アイッ、ノーリー。泥だらけだねぇ。お家で着替えて来たらどうね?」などと新任の先生に言われたら、子供は泣くしかありません(笑)


                ボージャーグヮミチのある崖地を少し北側から撮りました。



                オッさんの私は登るのも降りるのもイヤですが、子供達はニコニコしながら平気で登り降りしたんじゃないかと思います。

                今は、中城小学校の分校が崖の上にありまして、崖を降りる子供はいません。使われなくなったボージャーグヮミチは、崖下まで繋がってないかもしれません。

                (続く)


                中城村新垣集落の散歩(1) バーケービラ(奪い合いの坂)

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  こちらは、沖縄自動車道の中城パーキングエリアのやや南にある歩道橋。



                  先月、ハンタ道を歩き、中城村の新垣集落を通りました。その時に、この集落にはもう一度来るべしと決めまして、今、私はここに。

                  この歩道橋の名前が石畳橋。



                  歩道橋の取付きを見ますと、



                  おお、いかにも「かつては石畳道でした」みたいですが、これは歩道橋と一緒に造った道で、石畳道があったのは、その脇のこの場所です。



                  これはもはや、けもの道。て言うか、けものも嫌がるかもしれません。


                  ここは新垣集落の西端。隣の北上原集落との境界付近です。二つの集落はこのあたりの土地の領有権をめぐって対立関係にあり、この坂道をバーケービラ(奪い合いの坂)と呼びました。

                  とは言え、双方を行き来する道を歩きやすくすることに異論は無く、二つの集落は共同でそこに石畳を敷いたのでした。

                  沖縄自動車道の建設により、バーケービラは跡形も無くなりまして、その代わりに歩道橋に石畳橋と名付けたということ。


                  新垣集落の東側は断崖絶壁です。その断崖に沿って、集落を南北に通過するのがハンタ道。そして西側がバーケービラ。

                  つまり、新垣集落に通じる道は、車はおろか、荷車も通れなかったということ。物を運ぶのは馬の背中か、もしくは人の背中でした。

                  う〜む。これはまさに陸の孤島。

                  しかし、沖縄自体が沖縄島。「その一部を陸の孤島と呼んでいいものか?」とチラッと思わなくもありませんが、まあ、とにかく新垣集落は不便な場所だったってことです。

                  (続く)


                  豊見城城址はどうなっとるのか

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    とよみ大橋から見た豊見城城址です。



                    北に国場川、東に饒波川、西に崖地。もう「グスクを築いてちょうだい」と訴えてるかのような地形です。今やグスクの跡形もありませんが、この地形を眺めるだけでも、グスクの風格を感じさせてくれます。


                    豊見城グスクは三山時代の南山王、汪応祖(おうおうそ)が15世紀に築城したと言われています。中山との国境の川である国場川を挟んで、首里城と対峙するグスクでした。

                    豊見城グスクの城壁はこのように築かれていたようです。



                    立派なグスクだったようですね。広い敷地と三層の城壁。城門は北に西原門と南に南風原門。

                    次の写真は最も内側の城壁に設けられていた門(豊見瀬門?)だそうです。




                    これらの城壁や城門は、戦後、昭和30年代まで、かなりの部分が残っていたそうです。60年ほど前ですから、今、80代、90代の方は、豊見城グスクの実物を見たことがあり、記憶にも残っているはず。

                    ところがねぇ。鹿児島の企業が土地を買収し、ここを公園にしてしまったのですよ。豊見城城址公園。その際、城壁や城門は綺麗さっぱり取り除かれてしまいました。

                    「グスクを残して公園にしろよっ!!」

                    と、言いたい。


                    そして、最近になって、その企業が土地を手放すことになり、沖縄県が買い戻し、今年の3月に空手会館が完成しました。

                    かつての南風原門跡を入ると、



                    真っ白な空手会館が見えてきます。



                    空手会館全体を写真に撮ることが難しいので、模型を見ましょう。



                    本館には空手道場と研修施設が併設され、左手の建物が展示室。さらに左手の瓦屋根は特別道場だそうです。


                    まあね。琉球王国は空手の発祥国ですから、これはこれでいいんですが、グスクを復興させてよねぇ。

                    幸いと言っていいのかどうか。空手会館の敷地は広大な城址のほんの一部です。

                    グスクを見たことがある人が健康なうちに復興させないと、わけがわからんくなるんですけどねぇ。

                    あんまり、時間が無いんですよねぇ。


                    空手会館の建設を県民が本当に望んでいたのかとか、ハコモノだったら何でも良かったんじゃないのかとか、そんなことは一切言いません。

                    言いませんから、グスクをなんとかしてちょうだい。m(_ _)m


                    本島南部のワイトゥイ

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      何気なく本島南部の航空写真を眺めていて、あることに気づきました。



                      細長い緑の丘陵地が左下(南西)から右上(北東)に向かって、幾重にも形成されています。まるで波のように。

                      て言うか、これは波の跡じゃないのかな。

                      本島南部は隆起珊瑚で、緑の丘陵地はかつてのリーフエッジです。そのリーフエッジは南西から流れてくる黒潮に逆らうように形成されました。そして、隆起を繰り返すたびに、新たなリーフエッジが南西方向にズレながら、幾重にも形成されたのではないでしょうか。

                      うーむ。この仮説は正しい気がします。


                      そこでですね。

                      南に住んでる人が北へ移動しようとすると、少し歩いただけで丘陵地が立ちはだかり、そこを何度も乗り越える必要がありますね。人が歩くぶんには何とかなっても、荷車や馬車だと無理。

                      そこで、交通の便を良くするために、昔の人が琉球石灰岩を割り取ってワイトゥイを開通させたのです。一日に10cm割り取れば3年後には100mのワイトゥイが開通します。


                      てことは、このあたりはワイトゥイ密集地ってことじゃないですか。

                      例えば、米須のワイトゥイ。





                      こちらは、束里(つかざと)のワイトゥイ。






                      これはえらいことになってきました。

                      丘陵地を横断する道路を航空写真でチェックして、いかにもあやしい箇所にマークすれば、いったい幾つになるのやら。それを片っ端から見て歩く、(私的)南部ワイトゥイ選手権の開催が、たった今、決定しました。パチパチパチ。


                      私はなんでこんなにワイトゥイにワクワクするのか、それを話せば長くなりますが、その選手権の結果発表の際、そのあたりを述べれば分かりやすいでしょう。

                      「男の中の男」ではなくて、「ワイトゥイの中のワイトゥイ」はどこにあるのか。

                      じゃ、さっそくマークを始めるか(笑)


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM