琉球バスのブログ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    琉球バス交通のホームページに琉球バスのブログがリンクされていたので開けてみました。



    一昨年9月の開設ですが、投稿は「始めました」の一件だけで、以降の更新は無し。

    投稿が無いのに、書き込まれたコメントが既に80件で「お客様苦情申立てセンター」みたいになっています。


    コメントの内容は、乗車拒否された、運転が荒い、言葉使いがなってないなどの、いかにもありそうな苦情の他に、IC型定期券やOKICA、釣り銭に関するトラブルなど。

    なかには、運転手の実名を挙げたり、運転手が料金の千円札をポケットに入れたとか、「琉球バスは不倫の温床」というものまで・・・。

    一つ一つのコメントの真偽は横におくとしても、路線バスに関する苦情が一通り網羅されているように見えました。


    私はかつて、古波蔵から空港までの通勤に113系統(具志川〜空港線)を使っていましたが、琉球バスには良い印象しかありません。

    私は毎日同じ時刻のバスに乗りましたが、運転手は4人のローテーション。往復で2日乗れば全員と顔を合わせることになります。そのうち、バスのナンバープレートを見ただけで、運転手が誰だか分かるようになりました。

    どの運転手も運転は丁寧で、接客態度も良好。お年寄りの乗り降りには積極的に手助けをしていました。そして、朝夕ラッシュ時の定時運行に努める姿は感動的ですらありました。

    ブログのコメント欄とは、随分違う印象です。


    そのギャップが生じた理由を考えてみました。

    113系統は具志川を出て、沖縄南ICから那覇ICまで高速道路を走ります。那覇ICからは国場、古波蔵を通り那覇バスターミナルへ向かい、開南は経由しません。そして、空港が終点。

    距離が長い割には走りやすい路線で、運転手に人気があるのです。この路線を担当する運転手は、できることならずっと走りたいと考えるので、お客様アンケートなどに悪口を書かれないように注意します(想像ですが)。

    また、空港線は観光客を含めて利用者数が多く、言わば会社の看板路線です。担当する運転手には、具志川営業所のエース級が投入されていたのでしょう。




    一方、一般にバスの運転手は売手市場で、常に募集案内が掲載されています。大型二種免許を持っていれば「多少のことには目をつむって」みたいな空気があります。そんな運転手がブログのコメント欄を賑わせているのではないかと思います。


    ところで、琉球バスのブログはどうなるのか。

    一ブロガーの立場で言わせていただくと、あれだけ否定的なコメントを並べられると、再開は難しいでしょう。

    会社の公式ブログなので、お客様から寄せられたコメントには丁寧に回答し、きちんと対応するべきですが、それを分かっていても、できることとできないことがあります。

    私の前職で、会社のIRを担当していた同僚が、たった一枚のプレスリリースにも神経をすり減らし、頭をかきむしりながら、度々徹夜をしてました。

    その意味で、琉球バスのブログ開設は安易であったと言わざるを得ません。今のままでは、自ら会社の評価を落としめているようなものです。


    沖縄県は交通渋滞緩和のために、しきりに路線バスの利用を呼びかけていますが、テレビでCMを流したり、ポスターを貼ったりする前に、琉球バスのブログのコメント欄を熟読してはいかがでしょう。

    全てのコメントにきちんと対策を考えて、バス会社に適切な指導を行えないようでは、なかなか路線バスの利用者は増えないと思いますね。


    東陽バス730車の勇姿

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      暦の上ではシルバーウィークですが、某青果店は日曜日以外休みません(笑)。

      保育園はすべてお休みですから、仕入れも配達も無し。つまり、私には仕事が無い。

      仕事が無いのに、何とか仕事をしようとするのは「余計なこと」をやってるに過ぎず、それはお店のためにも世の中のためにもなりません。


      10時過ぎに仕事をやめて帰りました。5時間も余計なことをやってしまい、たいへん申し訳ない。

      10時半に自宅で、朝食のような昼食のようなものを食べ、ビールのレギュラー缶を一本飲むと、たちまち気絶。なんて扱いやすい男なんでしょう(笑)。


      で、意識が回復したのが14時頃。夕方まで時間があります。

      マップのブックマークを眺め、

      「よし、行くぞ!!」

      と思った先が東陽バスの馬天営業所。このバスに会いに来ました。



      東陽バス191系統、南城市佐敷の馬天営業所から浦添市城間までを往復しています。


      このバスの登録年月日は、1978年7月29日。沖縄の道路が左側通行に変わった730(ななさんまる)の前日です。

      左側通行になると、運転席は右に、乗車口は左に変わりますよね。沖縄の各バス会社は合計千台を超える新車をど〜んと買い揃え、7月30日を迎えたのです。その千台のうち、このバスと沖縄バスの1台が今も現役です。

      730から40年近く、このバスは沖縄の道を走り続けてきました。走行距離は百万キロをとっくに超え、地球を何周どころか、月への2往復目の帰路だとか。

      オジぃとなった今は馬天営業所で予備車として待機し、日曜日だけ運行しています。


      今日は祝日のため運行したとのことで、運転手さんが終業の点検中でした。



      C「運転のしやすいバスですか?」

      運転手「いやぁ〜、それはちょっと。」

      C「パワーが無い。」

      運「そうだねぇ。エアコンがやっと効いてるからなんとかね。」

      このバスの運行ルートを思い浮かべてみて、上間交差点から那覇ICに向かう、あの坂道を登ることに気付きました。



      C「あの坂を登るんだから、まだまだいけますね。」

      運「まあ、そうだねぇ。」

      運転手さんの言葉の端々に「できることなら、こいつには乗りたくない。」という気持ちが(笑)。

      C「沖縄で一番人気のあるバスだから。」

      運「みんな写真を撮ってくれるから、そこは嬉しいねぇ。だけどねぇ。」

      C「(笑)」




      このバスは6、7年前に、日野自動車と東陽バス整備部門が、完全オーバーホールしています。あと10年くらいは余裕で走れるでしょう。




      ところで私は、広島県呉市で戸籍に登録されて57年が経ちました。いまだに現役で日曜日以外は毎日働いております。

      これもまた、立派なものだと言えましょう(笑)。


      今日の那覇バスターミナル

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        那覇バスターミナルが、こんなになっちゃいました。



        建物やバスのホームは全部無くなり、更地になりました。使われている南側ホームの屋根は仮設です。

        左手の大石はフェンスが張られて、一応、無事。

        「お〜い、その岩にぶつけんなよ〜!!」


        「あ〜あ(泣)」


        那覇バスターミナルが一時閉鎖って

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          旭橋駅周辺の再開発に伴い、那覇バスターミナルが一時閉鎖になるそうです。

          バスターミナル南側のバス停は残りますが、それ以外のバス停は県庁前や上泉など、周辺バス停に分散されるとのこと。

          いやぁ、不便になりますね。

          で、いつまで閉鎖なの?って思ったら、2018年3月末までですって。

          えっ、3年も閉鎖って、長過ぎでしょ。

          で、3年も何してんの?

          と思ったら、こうすると。



          えっ、え〜〜〜〜っ!!

          一時閉鎖じゃなくて、閉鎖じゃん。

          那覇市「いえ。新しいビル(11階建て)の1階がバスターミナルになります。」

          何言ってるの。それはバスターミナル機能が継承されるって話でしょ。

          私が貴方が、ウチナーンチュが沖縄ファンが、みんなが知ってる那覇バスターミナルは閉鎖ってことじゃん。

          で、いつから閉鎖かと言えば、来月6日から。

          え〜〜〜〜っ!!

          聞いてないし。

          那「言ってないし。」


          ちょ、ちょっと待て。那覇バスターミナルがあと一ヶ月足らずで閉鎖ってことよね。

          こっ、こうしてはいられない。

          仕事の後、現場に急行し、先ほどの予想図に近いアングルに立ちました。



          仲島の大石はどうなる。



          先ほどの予想図をよく見ると、大石が残ってるような、残ってないような。

          おい、残せよ。絶対残せ!!。


          この風景が無くなるって。



          農連市場に似た、那覇の風景でした。右手の新型バスに比べて、奥の東陽バスが背景に似合うこと。


          よっ、よし。バスターミナルの2階に行ってみるか。



          食堂「みつ」。頑張っとるな。



          で、裏手は。



          定期券売り場は。



          南側乗場はしばらく残るわけよね。



          この表示板。ちゃんと動いたところを見たことないし。



          おっ、89系統、来たか。




          この風景が無くなるって。




          えっ、え〜〜〜〜っ!!


          沖縄ナンバーの車を一列に並べると・・・

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            車社会の沖縄。

            沖縄ナンバーの自動車登録台数は974,072台。

            これは平成23年の統計なので、現在は100万台を超えているかもしれません。

            沖縄県の人口は約140万人。これは0歳から百歳以上までの人数ですから、自動車を運転できる人数に置き直すと、まさに、一人一台の計算になります。


            さて、100万台の自動車にお集まりいただき、沖縄本島最南端の喜屋武岬から、きちんと縦に並んでいただきましょう。

            ひょっとして、本島最北端の辺戸岬まで到達できるのか?


            自動車と言っても、大型バスから軽自動車まで、サイズは色々。

            仮に、全部がトヨタプリウスだったとしましょう。



            プリウスの全長は4.48メートルです。

            4.48メートル×100万台
            =4,480,000メートル

            つまり、約4,480キロメートルです。


            えっ!?

            那覇から名護まで約70キロですから、喜屋武岬から辺戸岬って、150キロくらいでしょうか。

            それが4,480キロメートルって、あなた(笑)。


            そこで、スマホのナビゲーションを使って調べてみると・・・



            那覇市国場から北海道の宗谷岬までが3,600キロメートル。

            てことは、100万台を並べると、日本を飛び出し、樺太に上陸して880キロの地点まで繋がってしまうんです。


            ど、どうする?


            那覇空港到着便

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              瀬長島上空で最終着陸態勢に入った航空機。



              あと数分で那覇空港に到着です。

              機体の外へ出た時に感じる、亜熱帯特有のムッとした空気。

              空港ビルを出て見上げる青い空、白い雲。

              路面に反射する白い太陽光。道路脇には椰子の木。

              モノレール、タクシー、バス、レンタカー。何に乗ってもワクワクする(笑)。

              「はっ、早く沖縄そばが食べたい!!。」

              沖縄好きな方なら、

              「あぁ、あそこに私が乗っていたらなぁ。」

              と思いますよね。


              まったく話が変わって恐縮ですが、この航空機は、私の真上を通過したのでした。



              ググッと拡大すると。



              機体番号JA8942。

              この番号がわかると航空会社(JAL)、機種(Boeing777-300)、就航した年(1998年)などがわかります。

              国内最大の旅客機で、主として羽田ー那覇線を飛んでいるようです。


              ソチオリンピック・パラリンピックの特別塗装機「真央ちゃんジェット」。



              まるで、天女ですねぇ。

              しかし、これを見た真央ちゃんの心境はどうだったのか。

              オリンピック直前。がんばれ!ニッポン!

              プレッシャーを感じますよ。普通は。

              それはともかく、再びググッとやると、



              この機体だったんですね。


              それよりずっと前、この機種はスタージェットの呼び名で、機体ごとに星の名前が付けられていました。

              JA8942のニックネームは「Spica」でした。乙女座の一等星です。



              それなら、私はこの機体に何度も乗っています。機内に入る時、いつもチェックしてましたからね。


              次回、JALで沖縄へお越しの方。

              機体番号をチラッ見て下さい。この機体かもしれませんからね。


              撮影場所は、豊崎海浜公園でした。(^_^)v


              ちょっと、何してんのよ

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                沖縄のスージ。古い地図を眺めると、それはマスクメロンの模様のようです。

                そこへ幹線道路を真っ直ぐに通すと、スージはブチブチと断線してしまいますよね。そんな事情があって、沖縄の幹線道路には無数のスージが合流しているわけです。

                それぞれのスージに信号を設置するわけにはいかず、スージ10本のうち1本には信号があり、残る9本には無いって事態となりました。

                ですから、幹線道路を走行中には、どのスージから車が出て来ても対応できるよう、常に注意が必要です。


                さて、私は農連市場東口のスージから開南本通り(つまり、仏壇通り)を横切り、与儀市場通りに抜けようとしています。

                ところが、開南本通りはいつも渋滞していて、すぐ先にある与儀交差点の信号待ちの車が、ズラッと並んでいるのですね。

                だから、こうなります。



                ちょっと、つかざん君。何してんのよ。通れないから下がりなさい。貴方は交差点の真ん中で停まってんのよ。

                あ〜あ。世の中には気の利かない人がいるもんです。

                チラッとバックミラーで、後ろにバックできるかどうか見たくせに。そしたら後ろには車がいたもんだから、前ばっかり見ちゃって。

                知らんぷりかいっ!!

                まあエエわ。信号が変わるまで、そうしていなさい。


                一方、このような状況で、後ろの車がスージの5メートル程手前で停まり、つかざん君のような車が、後ろにバックできるようにしてくれることがあります。

                状況が見えてるんですね。

                世の中には気の利く人がいるもんです(笑)。


                それにひきかえ、つかざん君。貴方はプロドライバーなんでしょ。

                あっ、信号が青になったのね。はい、行って行って。


                ウチナーンチュの運転マナー

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  関西人の運転マナーが悪いことには定評がありますが、ウチナーンチュも決して負けていません。観光で沖縄を訪れた方は、運転中に何度もヒャッとした経験があるはず。

                  ただし、両者の間には微妙な違いがあります。

                  関西ではイライラしやすい人を「イラチ」と呼びますが、「イラチ」の気質が運転に表れている気がします。つまり、運転が荒い。

                  一方、ウチナーンチュはボーッとしてる感じ。運転に集中できないようで、予想外の動きをします。

                  ウチナーンチュ歴60年の相棒Aでさえ、「も〜、毎日、アチくてアチくて。」と言うくらいですから、集中力が衰える夏場の運転には、特に注意が必要と言えるでしょう。


                  ワタクシ。ウチナーンチュの皆様に対して「曲がる時にはウインカーを出しなさい。」と言いたい。

                  さらに、「ウインカーを出したのなら、そっちに曲がりなさい。」とも言いたい。


                  ある日私は、交差点で右折しようとして、対向車が通過するのを待っていました。すると、ウインカーを出していない対向車が左折するではありませんか。

                  この場合は、「なんやっ、曲がるんかいっ!!」で終わりです。事故にはなりませんからね。

                  ところが、ウインカーを左に出しながら直進されるとビビります(笑)。

                  私はその車の後を追って右折するつもりですから、私の車はすでに対向車線上にあります。

                  それを直進されたら、あなた(笑)。

                  その上、「だー、何してるぅ!!」と私に怒鳴ったりします。

                  「こっちのセリフや!!ボケッ!!」

                  と言い返す私に正義がありますよねぇ(笑)。


                  さらに別の日。私が右折、対向車が左折で、双方ともウインカーを出していました。そして、その交差点は片側2車線でした。

                  対向車は左折して走行車線に入り、私は右折して追い越し車線に入れば、2台の車は同時に曲がることができるはず。

                  が、しかし、対向車は左折した後、追い越し車線に入ろうとするんですよ。ハンドルが回らないのかもしれませんね。珍しい車です。

                  一応、「俺が曲がれんやないかいっ!!」とイラっとしてみました。

                  とは言え、ぶつかりたくはないので、仕方なく一旦停止して、対向車の後を走りました。

                  そしたらあなた。その車は、直ちに走行車線に車線変更するじゃありませんか。ウインカーは、さっきから出したままです。

                  「へっ!!。まだ左折中だったってこと?。」

                  「ハンドルが回らないにもホドがあるっ!!」


                  え〜。

                  iPhoneで投稿している都合上、チャッチャと交差点の絵が書けないことを、ご了解下さい。

                  この投稿の意味がわからない場合、近くの紙に交差点の絵を書き、「はぁはぁ、そういうことね。」と納得下さいね。

                  すみません。


                  足を開いてバイクに乗る人達

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    信号待ちで停車中、私の前にはバイクがいます。

                    停車中ですから両足を地面に着けていますね。ところが、走りだしても両足を開いたままの人がいて、沖縄ではその割合が高い気がします。

                    特に、女性全般とおじさん。

                    どういうつもりなんでしょう。足が地面に着かないように、足に力を入れたままのはず。疲れるでしょ。

                    私には利点が思いつきません。

                    航空機は離陸した後、両脚を機体に格納しますよね。脚を出したまま飛行したら、空気抵抗を受けて不安定になりますからね。

                    同じことじゃないですか。


                    私の知人で、この開脚走行が好きなおじさんがいますので、さっそく聞いてみましょう。

                    C「ちょっとキミキミ。」

                    A「なんね。」

                    C「ど〜いうつもりなのか説明しなさい。」

                    A「安定するさ。もし転びそうになっても、足が着けば安心さぁね。」

                    C「バカじゃないの。足を広げたほうが安定するんなら、ステップはいらんやん。それに、転びそうになったら素直に転ばないと。足で踏ん張るなんて、骨が折れちゃうよ。」

                    A「しょれは振り子だわけ。振り子、わかる?。振り子。」

                    C「やじろべえだろ。」

                    A「あっ、しょうらった。やじろべえ、やじろべえ。」


                    つまり、バイクが転ぶと思ってるんですよ。

                    バイクは乗ってる人が余計なことをしない限り転びません。両足をステップに乗せ、太ももの部分でガソリンタンクをグリップし、上半身は前傾姿勢。

                    自分の身体をバイクと一体化すればするほど、バイクは安定します。


                    先ほど、開脚走行を好みのは女性全般とおじさんと言いました。では、お兄ちゃん達はどうなのか。足はステップに置きますが、両膝を広げてエリマキトカゲのように走ります。

                    何がいいのやら。不思議ですよねぇ。


                    ゆいゆい号が不調のようです

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      那覇市内観光周遊バス「ゆいゆい号」が不調です。



                      那覇バスターミナルを始発とし、開南バス停から開南本通り(仏壇通り)を通過しますので、毎日、目に入ります。

                      無人で走っていることもしばしばで、多くて7〜8人というところ。

                      那覇市が見込んでいた利用者数は一便あたり12人とのことなので、見込みの半分程度の利用率に思えます。


                      那覇空港に到着した観光客は、団体は貸切バスを、個人客はレンタカーを使います。車の運転を避けたい個人客はタクシーか観光バスを使うでしょう。

                      じゃあ、ゆいゆい号のターゲット層は誰ってことになりますね。


                      ゆいゆい号の利点は、那覇市の主要観光スポットを網羅していることと、料金が安い(一日券660円)ということ。

                      沖縄観光初心者が、いきなり路線バスを使うことは無いでしょうから、リピーターで費用を安くしたい人が使うかもしれません。

                      だけど、リピーターは識名園、首里城などには向かわず、もっとピンポイントで、市場や、古い街並みを歩こうとしますよね。

                      ど〜考えても、ターゲットが見えない。

                      那覇市は利用率が低い原因をPR不足と考えているようですが、PRするターゲットが定まらないのでは、その効果はイマイチってことになりそうです。


                      那覇市がゆいゆい号のスポンサーを続ける期間は平成26年まで。以降、事業は、継続するか否かも含めて、那覇バスに継承されます。

                      それまでに、どこまで顧客開拓ができるのか。

                      事業開始から1年で、ゆいゆい号は難しい局面を迎えています。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM