さもなくば・・・

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    かつて私は、某ベンチャー企業で企業法務やコンプライアンスを担当しており、数多くの取引先と契約を締結しました。契約条項に漏れや不備があると、後々困ったことになるので、細心の注意をはらったものでした。

     

    例えば、支払い期日を指定する場合、併せて、期日に遅れた場合の処置を相手に約束させることが大切です。「遅延損害金を支払う」とかですね。

     

    ところが、代金の支払いが滞るような相手に遅延損害金を課したところで、ほとんど効果はありません。

     

    「いや、すみません。必ず払います。必ず。はい」

     

    「困りましたねぇ。来週中には何とかして下さいよ」

     

    などと、ほとんど意味の無い会話を繰り返すことになり、一向に債権は回収できません。

     

    そこを、「代金を支払い期日までに現金で支払う。さもなくば、手形で支払う」と定めれば、取引先は何としてでも不渡りは避けようとしますから、早い時期に債権を回収できます。

     

    つまり、相手にとって「耐えがたい苦痛」を伴う約束でなければ、なかなか守ってもらえないということ。だから、約束する際には「さもなくば」を定めることが大切なのです。

     

     

    長くなりましたが、何でこんな話になったかと言いますとこのニュース。

     

     

    先週、米軍のF15戦闘機が海に墜落した事故を受け、県副知事が沖縄担当大使と沖縄防衛局長に抗議しました。

     

    副知事「米軍機については昨年1年間だけでも不時着・炎上、部品落下、緊急着陸など約30件もの事故が発生し、抜本的な見直しを求めているにもかかわらず、このような事故を起こしたことに強い憤りを禁じ得ない」

     

    沖縄担当大使「我々としても地域に不安を与えることがあってはならない。我が国における米軍機の運用について安全面に最大限配慮するよう求めている」

     

    副知事は事故の再発防止を求め、沖縄担当大使や沖縄防衛局長は努力すると答えてます。しかし、これでは「さもなくば」どころか、何を約束したのかさえよく分かりません。

     

    沖縄県にせよ、国にせよ、事故の再発防止を県民に約束する立場にありながら、いったい何をしてるのか。

     

    それは両者が「さもなくば」、つまり「耐えがたい苦痛」を意識する状況に無いからでしょう。だからこんな世間話のような会話が成り立つってことです。


    「ウーマンラッシュアワー」の漫才

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      吉本の漫才コンビ「ウーマンラッシュアワー」のネタが話題になってます。(→こちらから)

       

       

       沖縄の基地、原発、北朝鮮、災害復興などを風刺した上で、「本当の危機は、原発問題よりも、基地問題よりも、国民の意識の低さ」と訴える内容のネタ。

       

      まったくの正論で、私は彼らの言ってることには大賛成。「米軍基地を沖縄だけに集中させるのではなく全国で負担せよ」あるいは「基地問題に無関心ではいけない」と主張されて反対する理由はありません。

       

       

      ところが、(真偽は不明ながら)そのネタを聴いたウチナーンチュが涙を流して喜んだと聞けば、そのウチナーンチュはナイーブ過ぎると思いますよ。


      ネタですからね。ウケたら続けるでしょうし、ウケなければやめるでしょう。関係筋から圧力を受けたり、テレビから干されたとしてもこのテのネタを続けると言うのなら話は別ですが、彼らが漫才を職業とするからには、それでは本末転倒というもの。

       


      漫才のネタとしては楽しめても、「彼らは沖縄の味方なんだ」とか、「沖縄の救世主になるかもしれない」などと言われると、「それは違うだろ」と言いたくなります。

       

      ウーマンラッシュアワーの二人が、何がウケるか(ウケないか)をよく分かっていることは間違いなく、そこは偉いなぁと思います。


      そして、そう思ったところで私は終わり。それ以上はありません。


      米軍ヘリの墜落

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        昨日の夕方、東村高江の牧草地に米軍ヘリが墜落、炎上しました。牧場主の自宅から200mの場所だそうです。



        安倍首相がテレビでこんなことを言うてました。

        「あってはならないことです。政府は北部訓練場の返還など、沖縄の基地負担軽減に努めてきましたし、これからもそう致します。今回の事故については米軍に厳重抗議し、事故原因の徹底究明と再発防止策の実施を求めます」

        相変わらずスカスカなことを言いますねぇ。

        米軍の立場で言えば、高江にヘリパッド(6ヶ所)が必要だから建設させ、北部訓練場の北半分は不要だから返還しただけのこと。安倍さんはそれを「かしこまりました」と言っただけで、彼の手柄なんかじゃありません。それをよくまあ「過去最大規模の返還」などと自慢できたものです。

        北部訓練場に分散していたヘリパッドが集中した高江住民にとっては、基地負担軽減どころか、生命の危険が増したのです。そこに米軍ヘリが墜落した事態にありながら、まだそんなことを言いますか?

        高江の住民にとって事故原因の究明なんてことはどうでもよくて、有効な再発防止策はヘリパッドの閉鎖しか無いのです。て言うか事故原因はヘリパッドを建設した日本政府じゃないですか。


        次に、小野寺防衛相。

        「いや、あれは墜落じゃありません。ヘリが故障して緊急着陸したら燃えたっていうことなので、墜落ではありません。いずれにせよ、米軍に厳重抗議し、事故原因の徹底究明と再発防止策の実施を求めます」

        彼にとって、真っ先に口にすべきことがこれなんですね。墜落であろうがなかろうが、高江住民の安全を脅かしたことに変わりはありません。




        ところで、米軍に厳重抗議し、事故原因の徹底究明と再発防止策の実施を求めるべく米軍へ出向いたのは沖縄防衛局長でした。

        きっと、こんな会話になってると思いますよ。

        沖「こんちは〜、抗議に来ましたぁ」

        米「ああ、本国への報告に忙しいから、今はちょっと無理」

        沖「えっ?。それはちょっと」

        米「書面があるんでしょ。そこへ置いといて」

        沖「わかりました。じゃあ、よろしくお願いしま〜す」

        とにかく、物事を決めるのは常に米軍で、沖縄防衛局は(日本政府も)それに逆らいません。そして、延々と時間をかけて、県民(国民)への伝え方を考えるのです。

        沖縄県選出(比例だけど)の自民党国会議員(候補者)は選挙で忙しく、この件で考えてることがあるとすれば、選挙への影響ですかね。特に沖縄3区で立候補してるオバさんは頭を抱えていることでしょう。

        対米追従を県民(国民)の生命より優先させる国家なんて、呆れるしかありませんね。


        「弾はまだ残っとるがよ。一発残っとるがよ」

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          「仁義なき戦い」は私の故郷広島県呉市を舞台にした任侠映画です。



          凶弾に倒れた坂井鉄也の告別式に、菅原文太演じる広能昌三が現れるシーン。

          「鉄っちゃん。こんなぁ、こがなことして貰うて満足か?。満足じゃなかろう?。わしもおんなじじゃ」

          内ポケットから拳銃を取りだし、香炉や供養の花を吹き飛ばす昌三。

          静まり返った式場で、喪主の山守組長が口を開きます。

          「広能、おどれは腹くくった上でやっとるんかっ!!」

          そこでこの名セリフが。

          「山守さん、弾はまだ残っとるがよ。一発残っとるがよ」

          その言葉に山守組長は黙り込むしかありませんでした。


          先の県知事選で沖縄を訪れた故菅原文太さんは、この広島弁のセリフを使って沖縄を応援するスピーチをしてくれました。場所はセルラースタジアム那覇。

          「仁義なき戦い」を観たウチナーンチュは少ないかもしれませんが、それでも菅原文太さんのセリフは確かにウチナーンチュの心に響きました。


          沖縄が手にした拳銃に弾は残っているのか、いないのか。






          頼むわぁ、ほんま。


          おいおい、落ちんなよ

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            駐車場で車に乗ったら、空からブーンという音が聞こえてきました。ブーンと言えば蝿の羽音ですが、それを大きく低くした音です。ハアハアあいつかと空を見上げました。



            拡大しますと。



            農連市場上空を飛んでるこの蝿は、飛行機でもありヘリコプターでもあります。回転翼が上を向いてるようですから、今はヘリコプターってこと。



            おいおい落ちんなよ。

            そんなとこで、何を眺めとんねん。

            飛行機になって、さっさと普天間に帰りなさい。


            飛行機でもありヘリコプターでもあるなんて、そんな「いいとこ取り」は往々にして「悪いとこ取り」になるものです。蝿が好きな人も嫌いな人も、上の写真をよく見て下さい。大きな特徴が二つあります。

            一つ目は、回転翼がヘリコプターとしては小さ過ぎ、飛行機としては大き過ぎるということ。二つ目は固定翼が戦闘機並みに小さいということ。

            回転翼が小さいので、ヘリコプターほどの揚力が得られず、こいつは高性能のエンジンをぶん回し、回転数を上げることで揚力を得ています。そのため、ヘリコプターのようなパタパタと回転翼が風を切る音がしません。つまり、私が聞いてる大きく低い音はエンジン音なのです。

            では、回転翼を前に向けて、飛行機として飛ぶ時はどうか。今度は回転翼(プロペラ)が大き過ぎて、前方からの空気抵抗で揚力が落ちます。そして、それに負けないように、またもやエンジンをぶん回します。

            普通の飛行機やヘリコプターは、エンジンが止まったとしても制御ができます。つまり、飛行機はグライダーのように飛べるし、ヘリコプターは飛行機ほどではないにせよ、その大きな回転翼のおかげで、ある程度の制御ができるのです。ところがこいつはどちらも苦手で、エンジンが故障したらたいへん困ったことになります。


            先日、カヌチャの近くの海にこいつが落ちまして、在沖米軍のトップがパイロットの腕を褒めましたね。

            あれは、この扱いにくい蝿をよくあそこまで飛ばしたと褒めたんです。そして、他のパイロットに「君たちもしっかり訓練しなさいね」と言ったため、ますますこいつが沖縄上空をブンブン飛ぶことに。

            「そんな面倒なものは、ハナから作んな」と言いたいわ。


            「だいじょうぶさぁ〜沖縄」とは言えない

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              イスラム国によるテロが、一昨日の夜、北谷町美浜で起きるとデマが流れ、それがSNSで拡散したため、ちょっとした騒ぎになりました。


              テロが起きていれば、情報を拡散した人達は被害を食い止めたことになったんでしょうが、問題はその情報源です。ネットで得られるような情報に悪乗りし、むやみに拡散することはやめろと言いたい。

              デマを拡散した人達はその反響の大きさに驚き、ツイートを削除したり、アカウントそのものを消したりして、証拠隠滅に必死なようですが、そんなことなら最初からじっとしとれって話です。


              米軍基地が集中する沖縄は、テロリストから見れば米国の飛び地のようなもの。9.11の後、深刻な風評被害を受けました。

              その頃の沖縄は官民あげてこんなキャンペーンをやってましたね。



              私はちょうど沖縄に通い始めた頃でしたから「言われんでも行くわっ!!」と思ってました。ところが、改めてこのステッカーを見ると当時とは受け止め方が随分違います。

              何が大丈夫なのか、当時も今も、その根拠を示すことは誰もできないでしょう。つまり大丈夫とは言えないってこと。テロが起きると言う嘘も、起きないと言う嘘も、罪の重さは同じです。


              当時はテロの標的になるとすれば米軍で、沖縄はその巻き添えを食った立場でしたが今は違います。平和安全法制の成立、南スーダンなどのPKOとそれに伴う駆け付け警護など、今や日本がテロの標的になる要素は充分にあります。

              四方を海に囲まれた沖縄はテロリストの浸入が容易で、テロにうってつけの施設が沢山できました。沖縄はますます「だいじょうぶさぁ〜」などとは言えなくなっています。

              今回のデマが拡散したことは、沖縄県民がテロに対するリアリティを少なからず持っていると言って良いかもしれません。


              オスプレイの墜落

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                昨夜、名護市安部の海岸にオスプレイが墜落しました。



                翁長知事は「厳重に抗議する」などと、いつもと同じようなことを言うてますが、この人は本当に心の底から怒っているのかな。

                さっそく上京し、政府に抗議するそうですが、涙を流して机を叩け、安倍首相の胸ぐらをつかめと言いたい。


                トランプ大統領の誕生と沖縄

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  「より悪くないほうを選ばざるを得ない」と言われた米国大統領選挙はトランプ氏が勝利しました。



                  これまでトランプ氏は、同盟国における米軍駐留費の負担増を求めると訴えてきました。

                  他の同盟国に比べて過分の駐留費を負担している日本は「これ以上、いくら欲しいんだ」と言いたくもなるでしょうが、トランプ氏の真意がお金の問題ではなく、駐留そのものをやめたいのであれば、話が変わってきます。


                  仮に、在日米軍が全面撤退し、グァムやハワイに移るとすれば、日本は自衛隊を増強し、在日米軍が抜けた穴を補うことになりますね。

                  その時、米軍基地機能の74%相当を沖縄に配置するでしょうか。

                  本土の三沢、横須賀、厚木、横田、岩国、佐世保の各米軍基地が無人になった状況で、嘉手納を維持し、普天間を辺野古に那覇軍港を浦添に、それぞれ移すでしょうか。

                  そうはいかないと思います。

                  かくして、日本の防衛力は適正に配置され、沖縄の基地負担はグッと削減されることになりますね。

                  楽しいじゃないですか


                  日本人はこの国をどう守るのか、本当に血を流して戦うのか、国としての方針を真剣に考えることになりますね。

                  また、これまでは米軍基地に反対しておれば良かった沖縄は、米軍撤退後、どうやって経済的な自立を果たせばいいのかを真剣に考えることになります。

                  ますます、楽しいじゃないですか。

                  トランプ氏には、官僚や軍事産業からの圧力に負けず、しっかりやっていただきたいものです。


                  通販生活の「沖縄差別、まっぴら御免」

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    季刊誌の「通販生活」。



                    今年の参院選直前に発行した夏号で、

                    「自民党支持の読者の皆さん、今回ばかりは野党に一票、考えていただけませんか」

                    と訴えました。



                    その記事に多くの批判が寄せられたそうです。主な批判と通販生活の返答(一部省略)が、

                    *ここから*

                    (1)買い物雑誌は商品の情報だけで、政治的な主張はのせるべきではない。

                    「買物カタログに政治を持ち込むな」というご意見は「音楽に政治を持ち込むな」と同じ意見になるのかなと思いました。
                    「お金儲けだけ考えて、政治の話には口をつぐむ企業」にはなりたくないと小社は考えています。
                    企業の理念と行動をありのまま読者の皆さまにお見せしたいと考えています。

                    (2)政治的記事をのせるのなら両論併記型でのせるべきだ。

                    「対立する異論を理解し合う形式」の一つと考えて実行してきました。これからも実行していきます。
                    しかし、憲法学者の約9割が違憲としたほどの「安倍内閣の集団的自衛権の行使容認に関する決め方」は両論併記以前の問題と考えた次第です。

                    (3)通販生活は左翼雑誌になったのか。

                    戦争、まっぴら御免。
                    原発、まっぴら御免。
                    言論圧力、まっぴら御免。
                    沖縄差別、まっぴら御免。

                    通販生活の政治的主張は、ざっとこんなところですが、こんな「まっぴら」を左翼だとおっしゃるなら、左翼でけっこうです。

                    「良質の商品を買いたいだけなのに、政治信条の違いで買えなくなるのが残念」と今後の購読を中止された方には、心からおわびいたします。永年のお買い物、本当にありがとうございました。

                    *ここまで*


                    通販生活、かっこいいわぁ (^o^)/

                    批判って結局のところ「通販雑誌ごときが何を言うとんねん、ちょっと意見してやればビビるやろ」ってことよね(笑)

                    ところが、通販生活の反戦、反原発の姿勢は筋金入りだったのですねぇ。

                    「永年のお買い物、本当にありがとうございました」

                    普通はこれが言えなくて悔しい思いをするんですが、痛快としか言いようがありません。


                    勝手な決めつけで申し訳ないけど、批判した人達は「もう買わない」と言いながら、買う時には買う。一方、「通販生活よく言った」と感激した人はますます買う。

                    よって、通販生活の売上は伸びるでしょうねぇ。あはは。


                    それを言われるとなぁ

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      「普天間飛行場の辺野古移設に反対するより、本土で基地を受け入れろと訴えなさい」

                      「沖縄戦でウチナーンチュがどれだけ悲惨な目にあったかを学ぶより、本土から沖縄に来た日本兵が何をしたかを学びなさい」

                      いずれも「貴方がナイチャーなら」の言葉が頭につきます。

                      これがまったくその通り。多少は反論したい気持ちはあるものの、反論と言えるほどのロジックが私にはありません。

                      う〜む。

                      まあ、もう少し考えてみるか。



                      投稿にはまったく関係無い、今朝の写真。



                      農連市場の魚屋の婆さんが、アイスコーヒーとサーターアンダギーをくれました。

                      ここ1ヶ月。熱中症予防で、水分補給と休憩を心掛けているワタクシ。

                      朝の仕入れで忙しい時間ではありますが、3分休憩して、どちらも美味しくいただいたのでありました。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM