くるち(黒木)とガジュマル

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先週の台風で松尾公園のガジュマルが倒れてしまいました。

     

     

    ガジュマルの根は四方に広がって大地をグリップしています。必要なのは深さよりも広さ。

     

     

    このガジュマルは歩道やコンクリート塀に囲まれているため、根が張れなかったようです。

     

     

    ガジュマルは発育が早く、市町村の天然記念物クラスの巨木で樹齢250年程度。

     

    そこで、私が独自に開発したガジュマルの樹齢推定法を公開しましょう。そのガジュマルを初めて見て、「うっわ〜!!」と大きく長く声が出たら200年。「うわっ!」と小さく短く声が出たら100年(笑)

     

    写真のガジュマルは樹齢50年にも満たない若木で、街路樹よりはやや大きい程度。残念ですが再生の手間はかけてもらえないでしょう。

     

     

    話は変わりまして、先日投稿した「くるちの杜100年プロジェクト」。発育の遅いくるちが僅か100年で三線の棹に使えるサイズに育つんでしょうか。一級品の三線には300年のくるちを使うそうですからね。

     

    これは、宮沢和史さんや平田大一さんが「300年では長すぎて現実味が無い」と考えて、あえて100年にしたもの。100年後には誰もこの世にいないんですから、いいアイデアだと思います(^^)

     

     

    こちらは座喜味城跡公園のくるちの杜。11年前に植樹されました。

     

     

    定期的に草取りをしてもらえるし、2年に1度の育樹祭には沢山の人が集まってくれます。破格の扱いを受ける11歳のくるちを松尾のガジュマルがブツブツ怒るので、「気持ちは分かるけど、ごめんね」と謝っておきました(^^)


    カニステル、カニステル(^^)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      保育園の横の公園に一本の木がありまして、

       

       

      柿のような果実が地面に落ち、枝にも残ってます。

       

       

      これはひょっとして、カニステルか?

       

       

      大変に不味いらしく、沖縄では「蟹ステル(蟹も喰わない)」とか、「金ステル(買うのは金を捨てるようなもの)」とか馬鹿にされてます。

       

      カニステルは沖縄の呼び名かと思ったらCanistelだそうで、ステル(捨てる)の意味はありませんでした。「Canisterみたいなもんか」と考えてみたものの、関係は謎です。

       

       

       

      沖縄が食料難の時代、ソテツの若芽まで食べたことは有名ですが、カニステルを食べたって話は聞きません。

       

      つまり、ソテツ>カニステルではないかと。

       

      相棒のAは実家の庭のカニステルを食べ、そのあまりの不味さに逆上し、その木を切り倒したと言うてました。困った男ですねぇ。こいつの理性は蟹以下だということがよく分かる話です(笑)

       

       

      果実の選別と追熟を間違えなければ美味しく食べれるらしく、ごく僅かながら流通してるようです。食べたことがある方は感想を聞かせて下さいね。

       

      あっ、やっぱりいいです(笑)


      蓮の葉はグソーヌウチュクイー

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        宜野湾の大山ターブックヮに湧き水の写真を撮りに来たらこんな花が咲いてました。

         

         

        田芋の花かと思いましたが、これはどう見ても蓮の花。田芋の花はこちらです。

         

         

        蓮の葉はウチナーグチでグソーヌウチュクイー。あの世の風呂敷です。今週は旧盆。ウークイにご先祖様にお渡しする土産を、風呂敷代わりに蓮の葉で包んでいたんですね。

         

        また、もうなんか(^^)。いいですねぇ(笑)

         

        あれやこれやと揃えた土産を、蓮の葉で包む。風呂敷を使うよりもチムを感じます。

         

         

        でもね。県産の蓮根って無いんですよ。自生してる蓮根を採ることはあるかもしれませんが、市場に流通することはありません。それが何故、大山の田芋畑で蓮の花が咲いているのか。

         

        蓮の花が咲いていたのは大山ターブックヮの西端で、宜野湾バイパスから入ってすぐの場所でした。

         

        田芋畑はターブックヮの東側。つまり、湧き水に近い傾斜地にあります。そこから緩やかに傾斜を下ると徐々に水はけが悪くなり、田芋の栽培には向かなくなるとのこと。

         

         

        その耕地を活用するために、自然食品を扱う「ハルラボ商店」という八百屋さんが、昨年から蓮根栽培を始めたそうです。ハルは畑。ラボはラボラトリーだと思います。

         

         

        ウチナームンの蓮根を流通させるためにも、大山ターブックヮの耕地縮小を食い止めるためにも、たいへんに意味のある取り組みだと思います。

         

        自然食品を色々と取り扱っている店のようなので、近々お邪魔したいと思います。蓮根を蓮の葉で包んでもらえると嬉しいけど、流石にそれはないか(^^)

         

         

        暑い日が続いてますので、大山ターブックヮの湧き水で涼んで下さい。

         

         

         


        読谷で花を探す(2)

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          キロロの森(私が命名笑)では、私が探してる花は見つからず、しょんぼりして座喜味グスクの入口に戻って来ました。あっ。老婆心ながらお断りしておきますと、あの「長い間」のキロロね。

           

          観光客時代、キロロの二人が読谷高校の卒業生と知り、「なるほどなぁ」と納得したものでした。彼女達の伸びやかな歌声と読谷の風景が重なったんですね。

           

           

          おっ、ぜんざい屋が改装されて綺麗になってます。お客さんが増えたんですね。おめでとうございます(笑)

           

           

          私が知らないこの建物は「ユンタンザミュージアム」。

           

           

          これはもしや、この場所にあった民俗資料館がリニューアルされたんですか?。あの小さくて古い、いや、味わい深い資料館の入場料は200円ほどではなかったかと。

           

          それが500円て(^^)。展示品が増えたんでしょうか?。

           

          もしかして、そば屋が店舗を新築して、同じそばにもかかわらず400円が600円みたいなことになってません?

           

          私は13時までに那覇に戻って広島カープを応援しなくてはいけないので、ミュージアムは次回、そのあたりを踏まえて拝見しましょう。だから、座喜味グスクにも入りません。

           

           

           

          読谷で花を探す私が、次に目を付けていたのはやちむんの里。

           

           

          驚いたわぁ。凄くオシャレな場所になってました。でも、その詳細は省略して、花を探しましょう。

           

          その花の木はあるんだよなぁ。

           

           

          今回の教訓を二つ。

           

          (1)遅いっ!!

           

          花が落ちた後に来るようではねぇ。きちんと調べて、タイミングを合わせて来なさい。はい。

           

          (2)横着すんなっ!!

           

          ヤンバルならば花は咲いていたはず。それを原チャリに乗って、読谷で何とかしようなんて、横着にもホドがあるでしょ。はい。

           

           

          仕方がないので那覇に戻って、カープの応援をしよう。と、思ったその時。咲いてたんですよ。二輪だけ。

           

           

          おお。落ちずに我慢してくれてたのか。その健気なところがいじゅの花。

           

          正直なところ、天の川を見に来たら、織姫と彦星しか見えなかったみたいな感じは否めませんが、この二輪の花が無ければ、ホント何しに来たのか分からないところでした。

           

          いや、ありがと〜。来年は遅れず、横着せずに来ます。

           

          ではまた、その時にね(^^)


          読谷で花を探す(1)

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            ユーバンタ浜で朝食を済ませた私は、この日の目的である、ある花を探すために読谷の内陸部へ向かったのでした。

             

            この立派な城壁はどこのグスクでしょう?

             

             

            「読谷にいるんなら座喜味グスクでしょ」って、簡単過ぎてすみません(^^)

             


            座喜味グスク周辺は座喜味城跡公園として整備され、グスクの外を歩けるようになっていました。元々、道があったのかもしれませんが、おそらく、世界遺産登録の前後に再整備されたのではないかと。

             

            ここの城壁を外から眺めるのは初めてです。いやぁ、やっぱり護佐丸は素晴らしい。

             

             

            グスク周辺の雑木林だった場所には芝生が張られ、まるでゴルフ場です。

             

             

            ちょっとやり過ぎな気がしなくもありませんが、広い空間がグスクを際立たせていました。

             

             

            さて私はこれから、グスクから見下ろすキロロの森(名前はテキトー笑)に分け入って、ある花を探します。

             

             

            「またCのやつが、おかしな場所へ入ろうとしてる」と御心配のムキもありましょうが、ご安心下さい。

             

            読谷村はこの森を公園に組み込み、森の中には木道まで造ってくれてました。この日、私が来ることを知っていたかのように(^^)

             

             

            城壁の周囲を内周とすれば、こちらは外周。このような石畳道(風)を下って行けば、森の入口に着きます。

             

             

            「登ってるやないの」って、だから、下った後に撮ったのよ(^^)

             

             

            森の中に続く木道です。いやぁ、なんかすみません(^^)

             

             

            森の中の植生は、まるでヤンバルでした。

             

             

            私が探している花はヤンバルで育ち、本島中南部の石灰岩地質では育ちません。ヤンバルと同じ地質の南限が読谷であろうと、私はスルドく推察し、この森に来ました。

             

             

            「あっ!!」

             

             

            みっ、みつけたけど、落花してペチャンコです。上を見上げると、この花の木はありました。ところが花は一輪も無し。

             

            てことは、この花が最後に落花したってことなの?。うわぁ。

             

            (続く)


            大石(森)公園のテッポウユリ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              昨日と今日は大石(森)公園のゆり祭り。

               

               

              開花の様子を見に来てみれば、

               

               

              ちょっと今年は不調でした。

               

              例年、公園入口の斜面はユリで埋め尽くされていますが、今年はこんな感じ。

               

               

              時期が早いとか遅いではなくて、今年は株数が少ないみたい。何があったのか。

               

              だからって、これは無いよなぁ(^^)

               

               

              前列右端の株と後列の大半が(笑)

               

              連休中、伊江島ではゆり祭りを開催中で、ユリが満開と聞いてます。伊江島まで行くのは大変だからって近所で済まそうとしたのが甘かった(^^)

               

               

              大石(森)公園で咲いてるユリはテッポウユリ。原産地は沖縄で、琉球百合とも呼ばれます。

               

              ところで、テッポウユリが鉄砲に見えますか?。どんな鉄砲?。強いて言えばラッパですよね。

               

              花の世話をされてる皆さん。な〜んもせずに花だけ見に来て、文句ばかりですみません。来年もよろしくお願い致します(^^)


              「人と動物の共生社会実現を目指す」の寝言は寝て言え

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                小池都知事が「犬猫の殺処分ゼロ」を達成したと発表しました。その上で「人と動物の共生社会実現を目指す」と(^^)

                 

                 

                何を言うてるんですかねぇ(^^)

                 

                 

                行政が引き取った犬猫のうち、性格や健康状態が良好で、里親が引き取っても大丈夫な個体がいますよね。運良く里親が見つかれば良いものの、見つからない場合は期限を切るなどして、それらの個体を殺処分してたんですよ。これまでは。

                 

                それをやめましたってこと。

                 

                「そんなの、あたりまえじゃないのっ!!」って、その通り。

                 

                 

                犬猫センターの収容能力を増やしたり、里親探しのために効果的な施策を実行したのかと言えばそうではなくて、大半の犬猫はボランティア団体が引き取って里親を探してるんです。

                 

                「じゃあ、行政は何をしたの?」って、その通り。

                 

                 

                一方、性格や健康状態に問題のある犬猫はどうなってるのか。

                 

                犬猫センターの職員が犬に噛みつかれながらも飼育を続けたとか、病気の猫が生涯を全うするまで看病したとかではなくて、それは殺処分を続けてるんです。

                 

                「じゃあ、殺処分ゼロじゃないじゃん」って、その通り。

                 

                 

                行政が為すべきは、犬猫センター持ち込まれる犬猫をゼロにすることなんですよ。

                 

                捨て犬や捨て猫を減らしたり、去勢を進めたり、ペットショップを指導したり、ブリーダーを育てたり、為すべきことが山のようにあるんです。

                 

                そこに問題意識のある人達は、小池都知事の記者会見を聞き、怒りのあまりワナワナと身を震わせたことでしょう。

                 

                 

                さて、犬猫センターの所長達は、里親が見つからないことを理由に、犬猫を殺処分することができなくなりました。これからは目の前にいるヨボヨボのオジぃ犬を見つめて、ため息をつくことになりそうです。どうするんでしょうね。都知事が宣言したからには、忖度するんでしょうね。

                 

                 

                手漕ぎのボートで漫湖を横断したと子供が自慢するのは微笑ましくて結構ですが、大人が自慢すると笑われます。

                 

                都知事は記者会見を開いてそれを自慢した上に、太平洋横断を目指すと言ったようなもの。

                 

                寝言は寝て言えですよねぇ。

                 

                「おやめなさい」と言える人が都庁にはいないんですかねぇ。でもまあ、沖縄県庁や那覇市役所にもいそうにないか。


                渡り鳥はどのように三角池へたどり着くのか

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  一つ前に投稿した豊見城市与根の三角池は野鳥の楽園でした。鳥との距離が近いので識別が容易で、これが漫湖だと双眼鏡が必要です。

                   

                  渡り鳥はシベリア周辺で繁殖して沖縄で越冬する「冬鳥」、春から夏にかけて沖縄で繁殖し東南アジアやオーストラリアへ渡る「夏鳥」、沖縄でトランジットする「旅鳥」に分かれます。そして、そのいずれもが三角池にやって来ます。

                   

                   

                  豆腐屋のヨシエさんは与根の人。さっそく報告しました。

                   

                  ヨ「へぇ〜、わざわざ与根まで来てくれた?」

                   

                  C「俺は那覇からやからな。わざわざシベリアから来たやつらよりレベルは低いで」

                   

                  ヨ「(笑)」

                   

                   

                  三角池の周囲はわずか500m。何千キロもの彼方から、よくまあこんな小さな池まで、迷わず飛んで来れるものだと感心します。

                   

                  では、2、3羽、識別してみましょう。

                   

                   

                  写真中央からやや右のこの鳥は、

                   

                   

                  冬鳥のハジビロガモ。

                   

                   

                  写真左端のこの鳥は、

                   

                   

                  旅鳥のアオアシシギ、もしくはコアオアシシギ。

                   

                   

                  この日はいませんでしたが、面白い鳥がいるようです。それがこちらのダイサギ。

                   

                   

                  オオダイザギとチュウダイサギの2種類がいて、姿カタチが瓜二つにもかかわらず、オオが「冬鳥」でチュウが「夏鳥」(^^)

                   

                  オオがシベリアからやっとの思いで三角池に到着したら既にチュウがいて、

                   

                  「なんや、早かったな。もう着いてたんかい」

                   

                  と声をかけたら、チュウがオーストラリアへ飛び立って、

                   

                  「おっ、おいっ!!。どこへ行くんやっ!!」

                   

                  ってなりませんかね。ならんか(笑)

                   

                   

                  さて、渡り鳥のナビゲーションシステムはどうなっているのか。バイオロギングなどの技術が発達し、渡り鳥の飛行ルートが解明されているようです。

                   

                  渡り鳥が地球の磁気を感じていることは広く知られていますね。鳥の脳は磁気情報を処理して、目に信号を送ります。すると、鳥の目には、進むべき方角の地(水)平線あたりが明るく見えると。

                   

                  驚くじゃないですか。

                   

                  人間の脳は鳥よりも高性能ですが、感覚器の性能が劣るため、方位を認識できないとのこと。認識できるとすれば第六感ってことになりますね。

                   

                  しかし、方位が分かっただけでは目的地にはたどり着けません。だから、渡り鳥はある程度の地図を記憶しているそうです。

                   

                  冬鳥の場合、シベリアからしばらく陸地を飛ぶと海(日本海)に出て、海を渡ると島(日本列島)があり、そこからは島伝いに南下すると記憶しているわけです。そして、沖縄本島に着いたら、記憶の中の風景を飛び、間違い無く与根の三角池に到着すると。

                   

                  驚くじゃないですか(笑)

                   

                   

                  三角池には熱心なバードウオッチャーが集まっています。今年初めて冬鳥が来たとか、珍しい鳥が来たとか、毎日ワクワクするんでしょうね。私はそこまで熱心にはなれそうもありませんが、今回、彼らの気持ちは理解できたと思います。


                  失敗の菜の花畑(^^)

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    豊見城市翁長で菜の花が満開になり、近くの保育園から園児達がやって来て歓声を上げたとニュースが伝えてました。

                     

                    61歳のオヤジも負けずに歓声を上げたいと思っていたら、偶然、その近くに仕事の用事ができました。これは行くしかありません。

                     

                     

                      

                    「ニュースで菜の花畑の詳しい場所までは伝えないでしょ?。豊見城市翁長だけで畑の場所が分かるの?」

                     

                    と不思議そうな顔をしていただきたい(笑)

                     

                     

                    それが分かるんだよなぁ。自画自賛で恐縮ですが、先日のヒスイカズラもこの日の菜の花畑も、場所を知らない私が最短ルートで到達しています。その能力を土地鑑(勘)と呼びます。

                     

                    私は以前、ジョン万次郎の足跡を追って翁長集落を歩いてるので、集落の全体図が頭にあり「おそらくあのあたりだろうな」と見当がついてたんです。

                     

                    私があちこちの集落をウロウロするのは、どうやら、各地で土地鑑を養おうとする行為のようです。もちろん、その時々で石畳や獅子や井戸などの目的物はあるものの「それを探しているだけではないな」と感じていたことがクリアになりました。今更ですが(笑)

                     

                     

                    さて、菜の花畑に到着し写真を撮っていると、顔も体格もポパイのブルートみたいなハルサーがやって来て、

                     

                    「え〜、何してるぅ」

                     

                    と嬉しそうにしています。

                     

                    ブルートにとって私の行為は「可愛いお嬢ちゃんを写真に撮ってもいい?」みたいなもの。

                     

                    そして、

                     

                    「こんな失敗した畑を写真に撮ってから(^^)」

                     

                    と、また嬉しそうです。

                     

                     

                    最初の写真で、菜の花畑の向こうにプレハブ風の建物が見えますね。あそこは昨年秋の豊見城市長選で(当選した)候補者の選挙本部だったそうです。そのため、選挙の告示前から投票日まで、建物の内外に煌々と照明が灯り、消えることが無かったと。

                     

                    電照"菜の花"はスクスクと成長し、狙っていた収穫(出荷)のタイミングから大きく外れてしまったと。

                     

                    だからブルートにとっては大失敗だったんです。

                     

                     

                    私が保育園に納品してる菜の花がこちら。

                     

                    20130301075055_0.jpg

                     

                    花を咲かせたということは、収穫(出荷)を諦めたということ。収穫(出荷)時期が外れてしまうと稼ぎにならず、何もしないほうがマシとのこと。花が落ちたら種を集めるそうです。

                     

                     

                    市長選挙が無かったら、菜の花は収穫されて当然花は咲かず、園児達やオヤジ(私)が歓声を上げることはありませんでした。

                     

                    私が「地域の人達が春の風景を楽しむことができたし、それがニュースにもなった」と慰めると、ブルートは「まあな」って顔でした。

                     

                    スマホのカメラでは上手く撮れませんでしたが、この菜の花畑周辺には無数の蝶や蜜蜂が集まっていて、その様子はまさに狂喜乱舞。ハルサーブルートの失敗を最も喜んだのは彼らだったと言えるでしょう。

                     

                     

                    場所は国道331号線(糸満街道)の翁長(北)信号を東に入った耕作地です。信号から100mほどで道が二つに分かれ、左に進むと右手に、右に進むと左手に満開の菜の花畑が見えます(^-^)/


                    国場の散歩(24)龍舌蘭(リュウゼツラン)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      読者のmersyさんからコメントがありまして、私の住んでる国場で龍舌蘭という花が咲いてるとのこと。ナイチの人に町内のニュースを知らせてもらえるなんて、妙な話ですね(笑)

                       

                      何しろ町内なので、場所はすぐに分かりました。

                       

                       

                      見たことも聞いたことも無い花です。龍の舌とは根元の葉っぱのことでしょう。しかし、どう見ても蘭の仲間には見えません。

                       

                       

                      メキシコ原産だそうで、日本では見られないと言うか、私の印象としては地球外生物の雰囲気です。

                       

                       

                      崖地のコンクリート製ポットに7、8株が並んでましたから、どなたかが植えたものでしょう。3株が開花し、そのうち1株は花が落ちてました。

                       

                      英語名はCentury plantで百年に一度咲く花。それほど開花が珍しいとことを意味しますが、正しくは数十年かけて成長し、最後に一度だけ開花するようです。

                       

                       

                      那覇市歴史博物館のライブラリーに、戦前に撮影された龍舌蘭の写真が数枚ありました。沖縄でも知る人ぞ知る花なのかもしれません。

                       

                       

                      龍舌蘭の場所は国場十字路から沖大方面に坂を上る途中のS字。この写真の左手の崖地です。車から降りなくてもよく見えます。

                       


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM