恥ずかしくはないのか?(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    調理師のミスでうどん12キロをスーパーで仕入れるハメになったワタクシ。ミスをした本人は涼しい顔をして、本来なら彼女が負うべきペナルティを私が肩代わりする理不尽。まったくいいかげんにして欲しい。

     

     

    それからしばらく経ったある日のこと。今度は製麺所から連絡があり、製麺機が動かせなくなったので翌日注文の沖縄そば30キロが納品できないとのこと。

     

     

    「それは大変ですねぇ。承知しました」なんて言うわけないだろっ!!

     

    例えば、「他の製麺所にお願いして30キロを確保したから今回はそれで勘弁してくれないか」と言うのならまだしも、何の提案も無く「納品できません。ごめんなさい」で済むわけがないでしょ。恥ずかしくはないのか?

     

     

    そこへ相棒のAが現れました。

     

    A「機械が動かないなら仕方がないさ」

     

    C「ほ〜、立派なことを言うじゃないか」

     

    A「できないことを言ってもムラらね」

     

    C「保育園2ヶ所で30キロ。2ヶ所ともお前が配達してる所だからね。明日の朝はそう言いなさいよ(笑)」

     

    A「えっ?」

     

    C「えっ?じゃないだろ。許してもらえるはずがないから、鍋のお湯が沸騰するまでの間にそばを買ってこないとな」

     

    A「しょっ、しょれはムリらけろ」

     

    C「じゃあどーすんだよ」

     

    そこに製麺所から連絡が入り、その日の納品先スーパーと調整して30キロ確保したとのこと。

     

    A「どっ、どうらった?」

     

    C「あかんな」

     

    A「えっ?」

     

    C「仕方ないだろ。機械が動かんのに」

     

    A「じゃあよ。じゃあ、明日ワンはよ・・」

     

    C「大丈夫。必死でやればなんとかなるってば(笑)」

     

     

    相手の立場を考えれば決して口にできないようなことを、何も考えずに口にできるこの風潮。なんとかなりませんかね。

     

    「相手の立場で考える」は小学校で学んだはず。それを忘れた大人の多いこと。


    恥ずかしくはないのか?(1)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      以前、ある保育園からうどん12キロを追加注文したいと連絡がありました。納品は翌日(笑)

       

      この保育園はうどんを他の業者から仕入れていて、私が納めたことはありません。

       

      調理師が注文を忘れたんでしょう。それを今日になって気付き、あわてて業者に連絡したものの当然に断られ、それで私に連絡してきたわけです。それがもう、見え見え。

       

       

      は受注生産で、二日前に注文を締め切るのでもう無理。と言うことは、私はスーパーを回って、400gのうどんを30パック買うことになります。所要時間90分でしょうか。

       

      しかしね。考えてごらんなさい。ミスをしたのは調理師でしょ?。ミスをしたのならば相応のペナルティを受けてあたりまえ。自分でスーパーへ買いに行きなさいよ。それを何の罪も無い私になすりつけようとするなんて、恥ずかしくはないのか?

       

      それで調理師には次のように言いました。

       

      (1)今回だけは引き受ける

      (2)簡単に見離すような業者は変えなさい

       

      (続く)


      部外者だけど言わせてもらいます

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        またもやこの話題で恐縮です。

         

        集合住宅(9階建て)前面の道路をコンクリートブロックと鎖で封鎖したのは、この集合住宅の自治会でした。

         

         

        来客用にも配達用にもまったく駐車スペースが無いので、緊急車両用の駐車スペースには常に車が停まっています。

         

        そんな危険な状況を自ら生み出し、放置している自治会の貼り紙がこれ。

         

         

        これでは無責任の極み。

         

        救急車が止まれず困った。つまり、場合によっては住民の命に関わる事態を招いておきながら「お願いします」で終わりにはできません。問題は解決してないでしょ?

         

         

        仮に、火事が発生しコンクリートブロックや鎖が消火や救助の妨げになったとしたら、場合によっては住民が自治会に損害賠償を求めることになるでしょう。

         

        コンクリートブロックを置かなければ責任が生じないところをあえて置いたのですから、自治会は集合住宅の管理会社、オーナー会社を招集し、弁護士同席のもとで責任の範囲とその所在を明らかにしておくべきだと思います。

         

         

        話は変わりますが、集合住宅の住民が自治会に加入する義務はありません。当然のことなのに、それでは自治会は困るわけです。

         

        例えば、月に一度、自治会が集合住宅の清掃をするとしますね。自治会に加入している住民は参加の義務があり欠席すると罰金を支払うことになります。ところが自治会に加入していない住民は参加の義務は無いし罰金を支払うこともありません。

         

        このことを自治会加入者が許しません。不公平であると。そう言われてしまうと、自治会は未加入者に圧力をかけて加入を迫るしかないんですよ。

         

        自治会から執拗な勧誘を受けて精神的な苦痛を感じたとして住民が自治会長を訴え勝訴した例があります。て言うか勝訴するのが当然で、自治会長は7、8万円程度の賠償金を支払うことになるようです。

         

         

        自治会って何でしょうね。それを自治会自身が理解できていないと、冒頭のコンクリートブロックのように、住民にとってマイナスにしかならないことを平気でやるんですよ。

         

        この集合住宅に関して言えば自治会は無いほうがマシです。住民は自治会に加入する必要は無いし、自治会費を支払う必要もありません。


        以上、部外者なんですけど言わせてもらいました。


        よくそれで仕事がまわってるね(^^)

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          医師と相談して、今日でリハビリを終えることにしました。

           

           

          いつものように待合室で座っていると看護婦がそばに来て、

           

          看「診断書はどうされますか?」

           

          C「どうされますかって?」

           

          看「保険会社に提出するかどうかはCさんがお決めになることですから」

           

          C「え〜?。保険会社が私の治療費を支払っていることはご存知ですよね」

           

          看「はい」

           

          C「保険会社に診断書を渡さないと治療費が出せないじゃない(笑)」

           

          看「そう言われましても、事務の者が保険会社からそのように言われましたので」

           

          C「あぁ、事務には頭の悪いのが一人いるなぁ。彼女が電話を受けたんだ」

           

          看「さぁ、それはどうでしょう」

           

          C「貴女は看護婦なんだから、理解できてないことを私に話してはダメでしょ」

           

          看「だから、それは事務の者が・・」

           

          C「そうなるよね。で、事務は『保険会社が』って言うんだよ。それじゃあ仕事とは言えないよ」

           

          看「では、診断書は請求されないということで」

           

          C「え〜(笑)」

           

           

          病院を出て保険会社に電話しました。

           

          保「診断書は当然必要です」

           

          C「だよね。じゃあ私に何を決めさせろって言ったの?」

           

          保「あ〜、それは警察じゃないですかね。警察から診断書を求められた場合、Cさんが病院に診断書を求めることになります」

           

          C「なるほど。でもそれは保険会社とは関係無いじゃない」

           

          保「関係無いんですけど、一応、病院にも知っておいてもらおうってことです」

           

          C「そんなことしちゃあ駄目だよぉ。相手は頭が悪いんだから。大切なことは飛ばして、どうでもいいことに反応するんだよ」

           

          保「えっ?」

           

          C「保険会社なんだからさ。相手のレベルを探りながら話しなさいよ」

           

          保「はい。では、次回からは必要なことだけを伝えます」

           

          C「頭が悪いことに気づかなくてごめんねって謝っといて」

           

          保「Cさん(笑)」

           

           


          コロナの影響

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            人口10万人あたりのコロナ感染者数で全国トップを独走する沖縄県。県知事は不要不急の外出を控えるように訴え、GOTOの観光客はマスクを付けずに街を歩くという不思議な事が起きています。

             

            保育園では半数以上の園児が休んでいて、私の仕入れも配達もそれに見合った量に減ってます。熱中症もコロナも心配がある中、仕事の量が減るのは本当にありがたいことです。

             

             

            そんな中、追い詰められているのは保育園の料理長達です。何しろ、園児が何人来るのか当日にならないと分からないんですよ。もちろん、父兄から前日までに連絡はあるでしょうが、当日の朝「今日は休ませます」と言われれば了解するしかありませんからね。

             

            その結果、余った食材は日々増え続け、冷蔵庫は一杯です。

             

             

            ある料理長とこんな話になりました。

             

            料「何人分作ればいいのか分からないって本当に厳しいのよ」

             

            C「仕入れが済んでる翌日分の注文はキャンセルできないんだけど、他の園に回せるものもあるから、ダメ元で連絡してみて。明後日分以降はキャンセルオッケーにしてるからね」

             

            料「ありがとう。助かるわぁ」

             

            C「こういう時は料理長のウデの違いが出るんだよなぁ」

             

            料「ちょっと、何言ってるの?」

             

            C「いや、何事も無かったかのように涼しい顔の人もいれば、『大丈夫?』みたいな人もいるってこと」

             

            料「え〜っ。どうせウチはダメでしょ?」

             

            C「いや、ここは頑張ってるほうじゃない?」

             

            料「えっ、本当?」

             

            と、励ますわけね(笑)

             

             

            業者ごときが料理長を評価するなんておこがましいことではありますが、あえて言わせていただくと「どうしよう、どうしよう」って顔をしてるようでは上手くいきません。本気で解決しようとしてる人は必死で考えるので、「どうしよう」なんて言ってる暇は無いんですよ。

             


            治療完了か?(^^)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              オカマを掘られて早半月。週2回のリハビリで首のストレッチと加温を続けています。

               

               

              ストレッチは様子を見ながら負荷を増やしていますが、負荷をかければかけるほど気持ちが良く、療法士には「チビチビ増やさずにドーンと増やさんかい」と言いたい。

               

              診断書を見てないけど「加療二週間を要す」と書いてある気がするのよね。するとそろそろ完治の時期。オカマを掘ったオバハンの保険を使ってる身としては、そろそろかなぁと思います。

               

               

              リハビリを終えて受付で、

               

              C「今日で終わろうと思います」

               

              受A「あっ、今日で?。はい。そうですか」

               

              C「何で不思議そうな顔をしてんの?」

               

              受A「あっ、いえ。リハビリですから『もういい』と思われるのなら、いつ終わっていただいても結構です」

               

              C「あっ、そうなの。じゃあ帰るよ」

               

              受A「あっ!。ちょっとおかけになってお待ち下さい」

               

              (5分後)

               

              受B「C様〜」

               

              C「はい」

               

              受B「あの、えっと。今日で終わりにされるんですか?」

               

              C「はい。彼女にそう言ったよ」

               

              受B「ではもう一度来院いただいて、先生の診察を受けていただけますか?」

               

              C「いいですよ。この人が『いつ終わってもいい』って言ったのは何だったの?」

               

              受B「あっ、いえ、そうはいきません。もう一度お越し下さい」

               

               

              医師でもなく看護師でもない事務員が「いつ終わってもいい」などと何故言ったのかそれを質そうとしたら、そいつは用事を思い出したようなそぶりで何処かへ行ったんですよ。

               

              彼女は自分の責任や他の職員との役割分担について、まったく理解できていないし、理解しようともしていない。そうでなければ、あんな言い方になりませんからね。

               

              なんとなく漂ってるだけで報酬をいただけるなんて、うらやましい限りだなぁ。それにしても何であんなにオドオドしてるんだろ(笑)


              保育園の休園、その後(2)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                 

                (1)生意気な八百屋

                 

                調「注文の変更をたくさんファックスしましたけど、見てもらえました?」 

                 

                C「見たよ。『見たら返事しろ』と書いてあったから、ファックスを返した」 

                 

                調「お手数をおかけしちゃって」

                 

                C「返事を貰えって事務に言われたの?」 

                 

                調「ごめんなさい。あれは私が・・」 

                 

                C「ほ〜、やるじゃん(笑)」 

                 

                調「えっ?」 

                 

                C「重要なファックスの時はそうしないと。他の園も見習えばいいと思うわ」

                 

                調「やったぁ。いいんだぁ。Cさんに初めて褒めてもらえたんじゃないかな」

                 

                C「(^^)」

                 

                 

                 

                (2)連休前のキャンセル

                 

                調「コロナでバタバタしてるから注文のキャンセルが多いでしょ?」

                 

                C「他の園に振替できたり、追加の注文が入ればいいけどね」

                 

                調「それができなかったらどうするの?」

                 

                C「あのね。ヨーグルトが余ったとか、笹がきごぼうが余ったとかで、時々渡してるでしょ」

                 

                調「あっ、あれがそうかぁ」

                 

                C「ここは配達順が最後だから有利なのよね。あれはワイロだからそのつもりで頼むよ」

                 

                調「えっ?」

                 

                C「贈収賄なわけよ。つまり調理師と業者の癒着ね」

                 

                調「やば〜い(笑)。つ〜か、いきなりキャンセルしたら、タダで回って来るかもしれないってこと?」

                 

                C「(^^)」

                 

                 

                (3)衝撃の事実か?

                 

                調「各自お弁当のはずが、那覇市から給食を提供するように通達があって」

                 

                C「知ってる」

                 

                調「だから、園児10人分とか20人分の配達になっちゃって申し訳ないですけど、来週もお願いします」

                 

                C「もちろん。他の園も同じだから」

                 

                調「あぁ、良かった」

                 

                C「それにしてもお母さん達は弁当を作りたがらないなぁ。ウチで子供の面倒みるより、弁当作るほうが楽でしょ?」

                 

                調「でも、運動会のお弁当がマックとか見るとね」

                 

                C「え〜っ!!。もしかして作ろうにも作れないのか」

                 

                調「さぁ」

                 

                C「(^^)」

                 

                 

                弁当を作りたがらない母親が那覇市役所に抗議の電話をして、それに市当局が耐えきれなくなって、特別保育の園児の昼食を弁当から給食に方針変更しました。


                自宅待機できるはずだった調理師達は出勤を余儀なくされ、ついでに八百屋も配達すると。

                 

                「Stay homeとちゃーうんかい」

                 

                圧力に屈した市当局が情け無いわぁ。「弁当を作りなさい」って母親を説得しろよ。

                 

                て言うか、ウチナーの子供達の将来は大丈夫なのか?


                命がけの仕事

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  こちらは某スーパーのレジ。飛沫感染防止のためにビニールシートを張りました。

                   

                   

                  C「レジの仕事も命がけやなぁ」

                   

                  レ「そうなんです」

                   

                  C「時間給を3倍にしてもらえよ」

                   

                  レ「本当にね。でも、特別手当を1万円もらえるらしいです。やったぁ」

                   

                  C「安っすい女やなぁ(笑)」

                   

                  レ「アハハ。自分でもそう思いますけど、嬉しいです」

                   

                   

                  あるスーパーでは、客のオバハンがレジ担当に向かって「計算をする前に手を洗いなさい」と言うたらしいです。

                   

                  「自分の顔を洗ってきなさい」と言いたい。

                   

                  先日、コロナウイルスに感染した保育士に向かって「自覚が足りない」と発言したアナウンサーがいましたが、あいつとこのオバハンは同類と言えるでしょう。

                   

                  保育士もレジ担当もリスクを覚悟の上で仕事をしてるんですよ。彼女達のおかげで仕事ができて、買物ができるんじゃないですか。

                   

                   

                  今週、浦添市が保育園の休園を決めました。沖縄県内では初めて。

                   

                  飲みに行くなと言うより飲み屋を閉めたほうが効果が上がる理屈で、浦添市民からも支持されてるようです。

                   

                  浦添市長のSNSに噛み付いたオヤジがいました。「保育園が休園になったら、夫婦のどちらかが仕事をやめることになる。これから市長室へ行くから相談させてくれ」と(笑)

                   

                  浦添市長は「そのようなケースは保育園で預かっていただけるようにお願いしてあります。市長室にいらっしゃるのなら、一緒に保育園へ行きましょう」と返答しました。

                   

                  説明はよく聞きなさいって話。ヤラセの感はあるものの、浦添市長はカブをあげました。

                   

                   

                  那覇市が後に続くようだと、私は休職もしくは退職することになるかもしれません。大変困ったことにはなりますが、やはり、那覇市も休園にするべきだと思います。

                   

                  状況に応じて力を入れるのではなく、最初に力を入れて状況に応じて緩める。人の命がかかってますからね。


                  今日のお仕事

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                     

                    (1)待たされた理由

                     

                    C「もしもし、注文をお願いします」

                     

                    仕「あっ、少々お待ち下さい」

                     

                    C「・・・」

                     

                    仕「長らくお待たせしました」

                     

                    C「今、なんで待たされたの?」

                     

                    仕「えっ?。あっ、すみません。ペンとメモを・・・」

                     

                    C「・・・」

                     

                    仕「すっ、すみません。今度からは、あの、すみません」

                     

                     

                     

                    (2)詐欺じゃないか

                     

                    仕「もしもし、価格はキロ千円ですよ」

                     

                    C「7.5キロの注文をキロ9百円で受けただろ?。それで買いに行かせたらキロ千円って何やねん」

                     

                    仕「だから、注文を受けた従業員が間違えたんじゃないですか?」

                     

                    C「ふざけんなよ」

                     

                    仕「えっ?」

                     

                    C「ウチのアニキに恥をかかせるなよ。丁度のお金を持たせてんのに」

                     

                    仕「えっ、アニキって、もしかしてAさんですか?」

                     

                    C「そうやん」

                     

                    仕「プッ!!。あ〜良かった。一瞬、叱られそうでヤベーと思ったぁ(笑)」

                     

                     

                    (3)辞める理由

                     

                    金一「Cさん。私、今月末で退職することになりました」

                     

                    C「えっ、それでどうすんの?」

                     

                    金一「ホテルへ戻ろうかと。私は元々ホテルだったんですよ。JALとかテラスとか。パリのJALでも働きました」

                     

                    C「考えてみれば、私はハイスペックな女だったと」

                     

                    金一「そう」

                     

                    C「それがいつまで卵や小麦粉を売ってるんだと」

                     

                    金一「そ〜!!」

                     

                    C「(笑)」

                     

                     

                     

                    (4)早退の条件


                    C「今日はお昼から病院へ行くんだろ?」


                    A「足の裏の皮が剥けて、大変してるわけさ」


                    C「さっきお父さんやお母さんが根掘り葉掘り聞いてたのはその話か?」


                    A「そうなんらよね」


                    C「お前の足の裏が好きなのかな」

                     

                    A「だからね」

                     

                    C「あっ、そう簡単には早退させへんでってことか」

                     

                    A「フォッ、フォッ、フォッ。だはず」

                     

                    C「くだらね〜」


                    失業するところだったか(^^)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      まるで思いつきのように、政府が要請した臨時休校。幸い、保育園は対象外になったものの、もし休園になっていたら私は仕事を失うところでした(^^)

                       

                      某青果店のお父さんが、

                       

                      「ちょうどいい機会だからゆっくり休みなさい。給料は支払うから」

                       

                      などと、決して言いませんからね(笑)

                       

                       

                      さて、政府から臨時休校を丸投げされたのは、地方自治体の首長でした。どんな反応を見せるのか、彼らの力量を測る良い機会になりました。

                       

                      渡名喜村は小中学校ともに、休校しないことを決めました。

                       

                      島の人口は320人で、もちろん感染者はいません。そこで暮らす23人の小中学生を感染から守るために大切なことは、子供達を島から出さないことでしょう。

                       

                      休校中に生徒が沖縄本島に渡ってしまうと、感染したり、菌を島に持ち帰ることになりかねません。

                       

                      島はゆりかごですねぇ。

                       

                       

                      全国各地から「休校にはするものの、学校は開放する」、「希望者には給食を提供する」など、気持ちの良いニュースが聞こえています。

                       

                      仕事を休めない父兄にとっても、某青果店のような納品業者にとっても嬉しい話です。

                       

                      コロナウイルスと関係ありませんが、三食が約束されていない子供だっていますから、その配慮もあったようです。

                       

                       

                       

                      さて、昨日の記者会見。安倍首相は記者からの質問を5つほどに制限し、40分ほどで会見を終わらせました。また、その質問も、あらかじめ用意されていたように見えました。

                       

                       

                      記者の一人(江川紹子らしい)が「まだ質問があります」と声をあげても、逃げるように会見会場を去った安倍首相。

                       

                      今に始まったことではありませんが、最も覚悟の決まらない男が首相をやってる。そのことを再認識した記者会見でした。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM