スナック「MIKAN」でアンルイス

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    こちらは古波蔵のスナック「MIKAN」



    本当はもっと明るいけど「こんなとこ入ったら何されるかわからへんで」みたいな感じに撮れて満足です。

    かつてはすぐ近くに住んでいた私ですが、二度の引越しでどんどん「MIKAN」から遠ざかり、今では女の子が私を見て驚きます。てことは当然ボトルもなく、琉球王朝一本に6千円だか7千円だかを投じるか否かで悩みます。

    「おっ、そうや」

    つい最近、元同僚の山口君が奥さんと一緒に沖縄旅行に来て、わざわざ「MIKAN」で飲んでくれたと聞きました。私はその時のボトルが流れるまでに山口君は来ないと見なし、それを勝手に飲むことにしたのでした。


    私は普通の人達とは生活時間がズレてるので、誰もいないスナックに来て、客が集まる頃には帰ることになります。これはカラオケ練習のチャンスと言えましょう。

    昨日の昼間のこと。金城商事の女の子が、

    「Cさん、私。飲みに行ってアンルイスを歌いまくったらベロベロになって、記憶が無くなっちゃったんですよぉ。その日以来、お酒は飲んでませんっ!!」

    と、どうでもいいようなことを言ってたのを思い出し、私も試してみることに。

    →アンルイス「Woman」



    ところがこれが89点。



    「MIKAN」のカラオケで90点以下は「この曲は歌わないほうがいいんじゃない?」のレベル。これじゃあベロベロになれんやん、と思ったら、

    「Cさん、やったぁ。おめでとう!!」

    金曜日に89点で歌うと琉球王朝一本プレゼントなのでした。(^_^)v


    私の「Woman」はイマイチでしたが、女の子によれば「絶対にやめておくべき曲」が少なくとも2曲あると。

    一曲目は「さとうきび畑」

    名曲ですが、これが11番まであるのよね。周囲が大人しく聴いてるのは2番くらいまで。5番くらいになると誰も聴いておらず「そろそろやめれば?」みたいな雰囲気が漂います。そして、次に予約を入れてる客がイライラしてきます。

    「へぇ、最後まで歌う人がいるの?」と女の子に聞いたら、「いる」と(笑)

    二曲目は「ミルクムナリ」。

    エイサーの定番曲で、この曲を知らないウチナーンチュはいないでしょう。ところが、この曲は歌と言うより口説(クドゥチ)。それなりの技術が無いとお話になりません。

    私にはどちらも歌う勇気はありませんが、バシッとキメてくれるのなら、「ミルクムナリ」は聴いてみたいと思います。→日出克「ミルクムナリ」

    「ミルクムナリ」を知らないナイチの皆様。いつ終わるかわからないような曲ですが、日出克が片足を上げ始めたら中盤。歩くように両足を上げ始めたら終盤です(笑)


    つーことで山口君。貴方の琉球王朝はもう無いけど、新品が一本残ってるので、6月10日までに沖縄に来たら、それを飲んでちょうだいね。


    与儀のパンク修理屋

    0
      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      農連市場の近くを通る国道330号線の、与儀十字路から古波蔵十字路までを与儀本通りと呼びます。

      その通り沿いにあるのが、こちらのパンク修理屋。夕陽に映えるたたずまいが素敵です。




      沖縄の道路は灼熱地獄。ある日突然、車のハンドルがガクガク揺れ始めます。タイヤの接地面が道路の熱で変形するのですねぇ。恐ろしいことです。加えて、強い陽射しがタイヤの側面を劣化させるため、いとも簡単にパンクしてしまいます。

      某青果店では目先の出費を抑えることが「良し」とされているので、交換するタイヤは常に中古。その寿命は1、2年です。

      そんなことで、頻繁に修理屋の客となる私は、オヤジとすっかり仲良くなりました(笑)


      修理屋の店内は新旧のタイヤで埋め尽くされています。そこにオヤジが休憩する椅子がありまして、私はそこに座って、オヤジがくれた缶コーヒーを飲んでます。



      で、オヤジは私のバイクの前輪を交換中。


      このところ前輪のタイヤがまったく地面をグリップしなくなりました。曲がりたい方向の反対側にフニャ〜となる感じです。

      オヤジが「新品は5千円。中古なら2千円だよぅ。」と言うので、目先の出費を抑えることを「良し」とする私は、迷わず2千円を選択したのでした。


      オ「バルブも取り替えたほうがいいよぅ。」

      C「じゃあ、サービスしておきなさい。」

      オ「車と違って、バイクのタイヤ交換は手間がかかるんだよぅ。」

      C「あっ、工賃ね。サービスしておきなさい。」

      オ「まあ、Cさんはよく来てくれるから、それでいいよぅ。」

      C「しょ〜ゆ〜こと(笑)」

      そのうち後輪もダメになるでしょうが、それまでに、店の車のタイヤを何度か交換するでしょうから、儲けるのはそっちでお願いします。


      タイヤ交換が済んだ私のバイクは、古波蔵十字路へ向かう坂道を気持ち良く下り、キュッキュッとタイヤを鳴らして、国場方面に走り去ったのでありました。


      漫湖さくらまつり

      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

        今週末は漫湖さくらまつり。桜の様子はどうかと、寄り道してみると、



        お〜!!

        いい感じに咲いています。

        漫湖公園で毎年開催されるさくらまつり。それほど広い公園ではありませんが、湖岸にあることで開放感があり、湖面から吹く風が気持ちの良い場所です。

        ベンチでゆんたくしたり、ウォーキングしたり、気持ちの良い場所には人が集まります。


        あら、なんだこれは?



        「那覇美らさくらまつり」って。

        へっ、名前を変えたんですか。


        こんなことじゃないかと、想像しました。

        役人A「課長。今年の漫湖さくらまつりですが。」

        課長「なんね。」

        役人A「この名前はいかがなものかと。」

        課長「なんで?」

        役人A「漫湖って言葉がね。ナイチではとても口に出せない言葉だってご存知ですよね。」

        課長「フォッ、フォッ、フォッ。そうらね。」

        役人A「この際、名前を変えてはいかがなものかと。」

        課長「なるほろ。何かいい名前があるね。」

        役人A「『那覇美らさくらまつり』でどうです。」

        課長「おおっ!!。中核都市那覇にふさわしいね。ろーかい、ろーかい。しょれでいこうね。」


        私はNHKの「ちゅらさん」も、本部の「美ら海水族館」も、いいネーミングだと思いますよ。しかし、こうなんでもかんでも美ら美ら言われると、うんざりしてきます。

        日本全国に「ふれあい広場」が何万ヶ所あるのか知りませんが、その没個性な名前を聞くと、

        「見ず知らずの人とふれあいたくはありませんね。」

        と言いたくなります。

        今もちょうどそんな感じ。


        「漫湖さくらまつり」でいいじゃないですか。


        NO PERKING??

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          ちょと古いですが、米国テレビドラマ「FRIENDS(1994-2004)」は私のお気に入りです。



          レンタルで3回は見てると思います。

          上の写真は、セントラルパークの近くにあるコーヒショップ「CENTRAL PERK」。



          コーヒーを抽出するパーコレーター(percolator)をセントラルパーク(Central park)にかけてるんですね。



          なにかトボけたネーミングがドラマの雰囲気に合ってます。


          このコーヒショップは実在するらしく、観光スポットになってるようです。



          8年前に、ニューヨークに出張したことがありましたが、ここでコーヒーを飲めばよかった。


          さて、いつものように与儀のスージをバイクで走っていると、こんなものが。



          「NO PRKING」

          さて、この言葉。何にかけてるのか。

          パーコレーターではないはずね〜(笑)。


          ミゼットがスージを走る。か?

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            農連市場から国場の自宅への帰り道、私は与儀のスージをバイクで走ります(与儀小の裏手から、サンエー与儀店に抜ける道)。

            与儀集落を真っ直ぐに抜けるんだから近道だし、信号を三つ四つ省略できます。

            また、対向車がほとんど無いから、与儀の街並みを眺めながら走れます。そして、「一本隣りのスージは、どこに出るんやろ。」と探検することも、また楽しい。

            朝は通りませんよ。道は暗いし、バイクの音が迷惑でしょうからね。


            ある日の午後、いつものように、与儀のスージを走っていると、こんな車が停まってました。



            ダイハツ「ミゼット」です。お懐かしい。

            与儀の居酒屋「昭和村」が所有してるようです。まさに、昭和の車。



            調べてみると、ミゼットの販売開始は昭和32年(私が生まれた年)で、販売終了が昭和47年(沖縄返還の年)だそうです。

            てことは、このミゼット君。どんなに若くたって41歳。いまだに現役なんてたいしたものです。


            予備タイヤのような、小さくて細いタイヤが三つ。小回りがききそうだから、狭いスージをトコトコ走るには向いてますよね。

            那覇に幹線道路が無く、スージだけの街だとしたら、ミゼット君は大活躍してるでしょう。

            だけど現実的には、ミゼット君は幹線道路も走らざるをえないわけです。

            幹線道路を走るミゼットは最悪です。パワーは無いし、乗り心地は悪いし、スピードを出すと転倒の恐れさえあります。


            「だったら、デコボコのスージを走ると、ますます乗り心地が悪いじゃないの。」

            と思われた貴女。わかってませんね。乗り心地は良くなるんですよ。


            竹富島の集落めぐりのツアーに参加して、貴女の目の前には、トヨタの最高級車「レクサス」と、



            「ミゼット君」が(笑)。

            さて、貴女はどちらの助手席に座りたいと思うか。


            レクサスですか。

            あっち行って下さいねぇ。


            与儀市場通りの山城医院

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              先日の投稿で、与儀、樋川の空撮写真(1950年代)を掲載しました。

              南から北にまっすぐに、ひめゆり通りが延びています。通りを挟んで、左右の黒い部分が農業試験場。写真右下の角にある大きな建物は校舎で、現在の与儀小学校です。

              20130303203415_0.jpg

              その校舎の位置、つまり楚辺交差点から左(つまり、西)へ向かう坂道を少し登った最初の角が、与儀市場通りの入口です。

              そこを拡大した写真がこちらです。

              20130303203540_0.jpg

              この記事にkeiharuさんから、次のコメントをいただきました。

              一番最後の写真は確かにシケンジョーマチグワァーの南側です。手前の路地の確認はできませんが写真右下にはハイカラ湯なる銭湯があり、マチグワァー入り口の右角の平屋は食堂兼惣菜屋、通り中央の左手は山城医院だと思いす。


              つまり、楚辺交差点の角に、はいから湯があったのですが、今、そこには「ヴィラはいから」という名のマンションが建っています。

              20130314165722_0.jpg

              そして、そこから城岳へ向かう坂道を「はいから湯通り」と呼びます。

              20130314165659_0.jpg

              はいから湯の存在感ですね。名を残しています。


              そして、山城医院ですが、keiharuさんのコメントによれば、与儀市場通りの左側、手前から4軒目の正方形の建物のようです。

              その場所には、今も山城医院が健在でした。

              20130314100551_0.jpg

              看板の奥を覗き込むと、

              「ほ〜〜〜!!」

              何でこんな、うまいこといくんでしょう。あるじゃないですか。その建物が。

              20130314100641_0.jpg

              今もこの建物で診察が行われているのなら、病気でなくても入ってみたいくらいです。

              ところが、写真を見ていただければわかるように、現在の山城医院は奥に移っていまして、この赤瓦の建物は民家として使われていました。


              なお、keiharuさんのコメントにある、通り入口の食堂兼惣菜屋ですが、今は駐車場になっています。


              何なんですかね、この極めて安上がりのタノシミ。

              この記事、続編ありです。


              与儀、樋川の空撮(1950年代)

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                1950年代。与儀、樋川周辺の空撮写真です。

                20130303203415_0.jpg

                写真の中央を貫通してる道路はひめゆり通り。古波蔵上空から、壺屋、安里方面、つまり、南から北を眺めています。

                ひめゆり通りの両側に広がるスペース(黒い部分)は、農業試験場の跡地。試験場は新川(現在の那覇バス車庫)へ移転済みで、那覇市が跡地利用を考えている時期ですね。


                試験場跡地の左端に、新築の農連市場が見えます。ガーブ川の対岸部分は建設前のようです。

                20130303203441_0.jpg

                今度は写真の右端。小さな丘がありまして、現在は知事公舎が建っています。

                20130303203501_0.jpg


                試験場跡地には、農連市場から知事公舎にかけて、西から順に、神原小学校、神原中学校、ひめゆり通りを越えて、与儀公園、市民会館、県立図書館、市立図書館が建設されました。


                写真中央のこの部分が、与儀十字路です。

                20130303203521_0.jpg

                その手前、つまり、写真の一番下を、左右に通る道路は、楚辺交差点から城岳へ抜ける坂道です。

                てことは、この部分が、与儀市場通り(シケンジョマチグヮー)の入口ってことになります。

                20130303203540_0.jpg


                与儀市場通りで、写真と現在の建物を照合してみたいけど、解像度がイマイチなので、難しいでしょうね。


                与儀市場通りでワープする

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  二つ前の記事で、少しだけ紹介した与儀市場通り。かつての賑わいは無く、市場と呼ぶには、ちょっと寂しい気がします。

                  20130224204449_0.jpg

                  その中で、頑張っているのお店を紹介します。

                  まず、宮里てんぷら店。

                  20130225195128_0.jpg

                  てんぷらの価格はすべて30円です。これは、スーパーの惣菜コーナーの半値以下でしょう。

                  20130226195135_0.jpg

                  次に、漢方薬の開南薬局と、お隣は奥間青果。

                  20130225195042_0.jpg

                  開南薬局は開南交差点に、奥間青果は大平通り商店街に支店があり、いずれも繁盛しています。

                  特に奥間青果の大平通り店は、開南界隈で、最もお客さんが多い八百屋さんです。品揃えと価格が魅力です。


                  さて、私の朝の配達は9時過ぎまでかかりますが、すべてが順調にいけば、9時前に終わることがあります。

                  仮に、開南薬局の前を8時50分に通過したとします。直進すると開南本通りに出ますが、9時までバスレーンが設定されているので、農連市場方向へは走れません。

                  かといって、朝の忙しい時間、10分もボーッと待つのは嫌です。

                  そこで私は、ワープするのです。


                  まず、開南薬局前の電柱を目印に、スージへ入ります。入射角がうまくとれないと曲がれません。

                  20130224204510_0.jpg

                  うまく入れました。

                  20130224205016_0.jpg

                  電柱との距離感はこんな感じです。

                  20130224204531_0.jpg

                  そのスージを抜けると、駐車場があり、やや視界が開けます。

                  次は、駐車場脇のスージへ入ります。

                  20130224204601_0.jpg

                  ここは、緑のトンネルと呼ばれています。もっとも、そう呼んでいるのは私だけですがね。

                  20130224204621_0.jpg

                  そこを抜けて、やや走ると、パン屋ル・ジョンヌ前の信号に出て、ここを渡れば農連市場です。

                  20130224204708_0.jpg

                  これを、ワープと呼ばずして、何と呼ぶのでしょう。


                  那覇の道路は幹線とスージで成り立っていて、支線っちゅうものがありません。支線があるのは、基地の返還地か埋め立て地ですね。

                  スージを挟んでビッシリと住宅が並んでいますが、そこの住民が車で外出するには、当然、このスージを走ります。

                  だから、「こんな狭い道に車で入っちゃって。」は間違いってもんで、普通に車が通る道なんですねぇ。


                  与儀市場通りの旅館街

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    農連市場に近い与儀十字路。ここは常に渋滞していますから。抜け道を通りましょう。

                    いつものこの道は与儀市場通り。由緒正しい通りですから、抜け道と呼ぶのは失礼でしたね。

                    20130224204449_0.jpg

                    ここを抜けると開南本通りに出るので、与儀十字路をスルーできます。

                    ところが、朝9時までの間、開南本通りはバスレーンとなっています。実質、一方通行なので右折せざるを得ず、その先は与儀十字路なのでありゃありゃです。

                    そうなると、与儀市場通りから更に細いスージに入り込む必要があります。


                    そのスージに、前々から気になっている建物があります。

                    黄色い看板の旅館「有◯」。その奥には赤い看板の旅館「萬◯」。さらに奥にスナック「◯」

                    20130226113831_0.jpg

                    なにか、近寄り難い雰囲気なので、「次のスージ小(グヮー)を通りましょうね。」と思ったら、またしても旅館「新◯」と、お向かいにはスナック「タ◯ン」が。

                    20130225195209_0.jpg

                    「すみませーん。道を間違えちゃったみたいで、エヘヘ。」と隣のスージ小に逃げ込むと、旅館「た◯」と居酒屋「再◯」。

                    20130225195300_0.jpg

                    この旅館街。どんな方が利用されているんでしょうか。浴衣姿で下駄をカランカランって雰囲気ではありません。じゃらんや楽天で予約できるものなんでしょうか。


                    そのあたり、私の親しいウチナーンチュに事情通がいますから、さっそく聞いてみましょう。

                    C「Aさん。」

                    A「なんね。」

                    C「与儀市場通りの旅館ね。あれは・・・。」

                    A「ああ、あれね。オジぃとオバぁがイチャイチャするところだはず。」

                    C「やっぱりそうか。Aさんは、孫が3人もいて、立派なオジぃだけど、どうね。」

                    A「フォッ、フォッ、フォ。」

                    C「なにか、まんざらでもなさそうだけど。」

                    A「フォッ、フォッ、フォ・・・。フォ。さーて、昼休みも終わったね。」

                    C「おーい、いくらオジぃでも。それは、お〜い。たのむわ〜。」


                    パトカーを止めた男、し〜げ〜

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      最近聞いた笑える話です。


                      ある日の深夜、古波蔵の某スナック「MIKAN」から、完全に出来上がった親父が出て来ました。

                      __.JPG

                      それを見送るMIKANのお姉さん。

                      階段で転びそうになる親父を、お姉さんがなんとか下まで降ろし、二人は古波蔵大通りに出ました。

                      「し〜げ〜(仮)、今日はありがとう。また来てね。」とお姉さん。

                      「お〜〜〜っけ〜、エヘヘ。また来ちゃうからね〜!!」とし〜げ〜。

                      この親父をタクシーに突っ込めば、お姉さんの今夜の仕事は終わりです。


                      そこへ壺川方面からパトカーがやってきました。これが、どういう訳か、し〜げ〜にはタクシーに見えるんですね。

                      「ぅお〜い!!」と手を挙げるし〜げ〜。

                      「ちょっと、何やってんのよ。あれはパトカーでしょ。」

                      「ぅお〜〜〜〜い!!」

                      すると、そのパトカーは二人の前で停まったそうです。


                      「どうしました?」と警官。

                      「もう、し〜げ〜、これはパトカーだってば。」とお姉さん。


                      その時です。し〜げ〜はパトカーのドアを激しく叩きはじめ、

                      「なぁ〜にやってるぅ、は〜やく開けろ〜い!!」

                      うんざりする警官と、腹をかかえて笑うお姉さん。


                      パトカーが走り去った古波蔵大通りには、し〜げ〜の怒った声だけが響き渡っていたそうです。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM