勝手にサマータイムやってます

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    猛暑が予想される東京オリンピック。自民党はマラソンの開始時刻を早めるだけのために、サマータイム導入の検討を始めたそうです。

     

    「それだけのために全国民を巻き込みますか?」と言いたい。いったい誰が言い出したのかと思えば森喜朗元首相だそうで、なるほどなぁと妙に納得しました。で、それを聞いた安倍首相が自民党に検討を指示したと。

     

     

    そもそも「何で日本でオリンピックやねん」ってところから私は疑問ですが、そこを譲っても、マラソンを早朝に始めればいいだけじゃないですか。

     

    森さんや安倍さんは、サマータイムを実施すると、涼しい夕方(例えば4時)に予定されてる競技がクソ暑い真昼(2時)になることに気づいてるのかな?。「いや、それは涼しくなってからやるんです」と言うのなら、マラソンを早朝に始めることと同じじゃん(笑)

     

    最初におかしなこと(オリンピックの開催ね)を決めてしまうと、次々とおかしなことを決めざるを得なくなる、典型的な例と言えるでしょう。

     

     

    次の世界地図で、青はサマータイム実施中の国(や州)で、黄色は実施したが、後に廃止した国。赤は未実施の国です。

     

     

    「あ〜ら、欧米はほとんど青じゃない。やっぱり先進国よね。じゃあ日本もやれば?」と思った人。それは勘違いというものです。

     

    サマータイムが問題ではなくて、まず、サマータイムに切り替える過程が問題なんです。

     

    例えば、サマータイム導入に対応するシステムの改修費用は、西暦2000年問題にかかった費用を軽く上回り、日本全体で数千億円(ひょっとしたら数兆円)はかかるでしょう。

     

    考えてもみて下さい。毎年、22時間の日と26時間の日が来るんですよ。現役のITエンジニアの皆さんは、それだけで頭が痛くなって、転職を検討するんじゃないのかな。

     

    だから、先進国がサマータイムだから日本もそうしようと言うのは、先進国が英語だから日本もそうしよう、ドルを使ってるから日本もそうしようと言ってるのと同じです。

     

     

    さて、話はコロッと変わります。

     

    私の勤務時間は午前5時半から、90分の昼休みを挟んで午後3時まで。某青果店は既にサマータイムを実施中です(^o^)/

     

    これが快適で、快適で(笑)

     

    午後3時なら、それからどこかへ出かけることができるし、お家で3時間ダラダラしててもまだ6時。日が高いうちに飲むビールの美味しいこと。夜更かしもせず、早寝早起きですから、きっと健康にも良いでしょう。

     

    某青果店はコンピュータシステムと縁を切っていて、「おい、まだ明るいのにもう帰るのか?」などと寝言を言う経営者もいません。そんな先進企業だけが、サマータイムへ移行できるんですよ(笑)


    憲法九条ならびに憲法十四条

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      日本国憲法九条と十四条です。

       

      第九条
      日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
      前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

       

      第十四条

      すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

       


      これを他国の憲法と見做して読めば、なんて素晴らしい国なのだと感動しそうです。その国がこの条文をどのように実現しているのかを知りたくなり、日本もこんな国になってほしいと願うでしょう。

       

       

      間も無く辺野古新基地の建設工事が本格化します。

       

      政府は北朝鮮や中国の脅威を念頭に、新基地が必要と言うてますが、それは憲法九条に背くものです。

       

       

      また、日米地位協定には「合衆国の軍法に服するすべての者に対して、また米軍基地内において、合衆国の法令のすべての刑事及び懲戒の裁判権を日本国において行使する権利を有する。」とあります。

       

      合衆国の軍法に服するすべての者に対する裁判権(殺人、傷害、レイプ、軍用機の墜落など)は合衆国にあるということ。米軍専用基地の7割が集中する沖縄は、日米地位協定の適用対象そのものなのです。

       

      次のグラフを見て下さい。青色が本土の、オレンジ色が沖縄の、米軍専用基地の面積です。ここには、日米地位協定に支配されている沖縄の実態が示されています。

       

       

      1972年の沖縄復帰までの間に、本土の米軍専用基地は撤去、もしくは沖縄への移転を完了し、以降、沖縄の基地負担はピクリとも動いていません。

       

      これを沖縄(県民)に対する差別でないと言うのなら、いったい何なのだと思います。憲法14条に背いた状態が、復帰以降、今も続いているということ。

       

       

      憲法に立ち返ることを忘れてしまって、何が国家かと、このグラフを見て、そう思います。


      「はいはい、ごめんごめん」

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        相手に謝罪しようとする時は、当然ですが、相手の怒りのレベルを推し量ることが大切です。

         

        相手の怒りのレベルが5の時、私がレベル8を想定した心からの謝罪をすれば「よく分かりました。そこまで言って下さるのなら、もう何も申し上げることはございません」と許してもらえることでしょう。相手が交際中の女性なら、喜びのあまり抱きついてもらえるかもしれません(笑)

         

        一方、相手の怒りのレベルが5なのに、私がレベル3を想定して謝罪をすれば、それは許してもらえません。仮に相手が「わかりました。今回のことは無かったことにしましょう」と言ってくれたとしたら、それは相手がオトナなだけ。不満はあれど許してくれたのです。

         

         

        さて、この国はどれほどのレベルで怒り、我が国はそれをどのレベルに想定しているのか。

         

         

        結果として、日本は韓国の怒りのレベルを上回る謝罪をしておらず、そうしない理由は韓国を軽く見ているからでしょう。つまり「はいはい、ごめんごめん」。

         

         

        米国、ロシア、中国は大陸国家であり核保有国。そうした大国に囲まれた、島国であり核を持たない韓国と日本。大国から本気で喧嘩を売られたら、反抗すらできない立場の両国が「もっと謝れ」、「何度も謝っただろ」などと言い争ってる場合なのかなと思いますね。

         

        周辺の大国が「韓国や日本にはうかつなことはできないな」と思わせるような、大人の振る舞いを望みたいところですが、なかなかそうはいきませんね。

         


        戦争ムードを煽ってどうするのか?

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          軍事演習のために米空母3隻が相次いで日本海に入るそうです。



          「戦争がしたいんかいっ!!」と言いたい。

          安倍首相は飼主の足元でキャンキャン吠えていますが、北朝鮮のミサイルは米国本土には届かず、日本には余裕で届きます。北朝鮮がヤケになってミサイルをぶっ放せば、被害を受けるのは日本国民なのです。にもかかわらず、安倍首相は何故吠えてるのか。

          米国国民が安全圏にいて、被害を受けるのは日本国民ならば、安倍首相の役回りは、ムキになってるトランプ大統領を「まあまあ」と落ちつかせることにありそうです。


          安倍首相があれほど強気なワケをトランプ大統領はどう考えているんでしょうね。

          「いやぁ、実はワシも不思議なんだよ。不思議なんだが、キャンキャン吠えてくれたほうが都合が良いから、そのままにしてるだけだ」

          と言うたりして。


          安倍首相は日本がボコボコにされた後、北朝鮮に何て言うんでしょう。

          「今日はこんぐらいにしといたろ」

          ですかね(苦笑)


          最高賞おめでとう

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            今日の記者会見で、黒石市長が最高賞内定の取り消しを撤回しましたが、その内容はグダグダで、見苦しいことこの上ないものでした。


            だけど、授与が決まったことは良かった。

            彼女の笑顔に全国の人達が魅了され、誰もが最高賞の授与を望んでいたでしょう。

            ほんとうにおめでとう。


            あ〜、もう田舎っ!!

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              青森県黒石市の夏祭りで、郷土芸能の手踊りを披露した中学生。



              偶然、撮影されたこの写真が、祭りの写真コンテストに応募され、最高賞に内定しました。ところが、この女の子は祭りの10日後に自殺してしまいます。学校内のいじめが原因でした。


              そして今月。写真コンテストの結果発表の直前になって、コンテストの責任者である黒石市観光協会の元会長が「祭りの写真としてふさわしくない」と異議を唱え、黒石市長がそれに同意したそうです。

              そして、最高賞の内定を受け入れていた遺族は、内定取消しに納得がいかず、撮影者の了解のもと、写真を公開したと。


              もちろん私は、報道内容以上のことは知りませんが、内定取消しに至る経緯が容易に想像できます。手に取るように。

              あ〜、もう田舎っ!!

              他に言葉がありませんよ。


              この件に関して、今日、黒石市長が記者会見するそうです。

              自らの軽率な判断を詫び、いじめ撲滅に向けた強い決意を表明すると思いますが、どうなるか。


              浜比嘉島の散歩(4) ウチナーンチュは何処から来たのか

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                4、5年前に「ウチナーンチュは何処から来たのか」をテーマに投稿したことがありました。

                2011.12.14 山下町第一洞穴遺跡
                2011.12.15 山下洞人のその後
                2011.12.16 何故、ウチナーグチは古い日本語みたいなのか?


                弥生時代から大和王朝時代にかけて、大和のある一団が琉球に来て稲作を始め、定住しましたが、この一団が、現在のウチナーンチュのルーツと考えられています。そして、それが事実なら、大和民族と琉球民族には同じ血が流れていることになります。

                その後、琉球民族は国を造り、長きに渡り独自の文化を醸成してきました。

                そして、島津藩による琉球侵攻と明治政府による琉球処分により、琉球は大和に組み込まれてしまいます。


                国連の人種差別撤廃委員会が日本政府に対して、琉球民族を先住民族として認めるように勧告を続けています。

                その勧告に対する衆議院議員宮崎政久の主張を聞きましたが、その内容のなんとも稚拙なこと。



                彼の理屈は「多くの日本人も沖縄県民も、琉球民族を先住民族とは思っていない(だから先住民族ではない)」というもの。

                これじゃあ近所のオバハンです。て言うか、それでは近所のオバハンに失礼です。

                「琉球民族は先住民族ではあるけれど、現在は自他共に日本国民と思っている」という命題は成り立つのですよ。

                琉球民族が先住民族であるか否かは、先住民族の定義に従い、これまでの琉球の歴史を振り返る必要があります。

                その議論を避け、こんなデリケートな問題を世間話のような根拠で決めつけるなんて。よくまあ沖縄の選挙区で立候補できたものだと思います。

                (続く)


                ほんと、よけいなお世話だけど

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  1月4日から始まった通常国会。



                  左手、参院沖縄選挙区のアイコーさんは昭和40年3月生まれの50歳。右手、参院比例区のじゅん子さんは昭和39年9月生まれの51歳。

                  お二人は同級生ってこと。

                  さすがは女優さん。着こなし、袖さばき、ポージング、サマになっていますよね。議員仲間の記念撮影で引っ張りだこだそうです。


                  よくまあ、隣に立ったな、アイコーは。


                  ほんと、よけいなお世話ですみません。


                  島尻安伊子が沖縄北方担当相?

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    「まったく理解できないし、極めて遺憾である。常識では考えられない。(#菅官房長官語で答える)」


                    先週の投稿で紹介した、想田和弘さん(映画監督、脚本家)のTwitter上での実験。

                    「#菅官房長官語で答える」

                    今週、月曜日の琉球新報「金口木舌」でも取り上げられていました。→こちらから


                    琉球新報に掲載されたことを知った想田さんは、

                    「菅官房長官語に、もっともイライラしているのは、沖縄県民かもしれませんね。」

                    とツイートしてました。

                    私は菅官房長官の言葉に、常にイライラしてますから、想田さんのツイートは実に爽快です。琉球新報の記者も同じ思いのはず。


                    ところが、世の中には、想田さんのツイートの何が面白いのかを、つまり、菅官房長官の言葉に何故イライラするのかを、理解できない人がいるようです。つまり、安倍首相の信者ってことでしょう。

                    その代表人物が島尻安伊子。それが、沖縄北方担当相?。

                    「よく意味がわからないというのが、素直なところだ。(#菅官房長官語で答える)」


                    「#菅官房長官語で答える」が爽快すぎる

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      想田和弘さん(映画監督、脚本家)のTwitterが実に楽しい。

                      主張が正論であり、反論に対する返答も鮮やか。頭の良い人は違うなぁと、いつも感心しています。


                      その想田さんが、Twitter上で実験中なのが、「#菅官房長官語で答える」。



                      どんな反論があろうが、

                      「そのようなことは断じてない」

                      「法令に則って粛々と進めるだけ」

                      「よく意味が分からないというのが率直なところだ」

                      「レッテル貼りはやめていただきたい」

                      などと、菅官房長官の発言を定型句として使えば、ほとんどの反論に返答できる(笑)

                      木で鼻を括ったような言葉を並べておけば、相手がイライラし、コミュニケーションがそこで遮断される(笑)

                      面白いように遮断される(笑)

                      議論にならず、なりようもない(笑)

                      「#菅官房長官語で答える」にはバリエーションがあり、回りくどく言うと安倍語になり、攻撃的に言うと橋下語になる(笑)

                      そして、実験の結果、菅語には何の意味も無く、コミュニケーションを遮断する機能だけを持つことが判明した(笑)


                      いやぁ、気分爽快だぁ。

                      今年一番かも(笑)。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      PR
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM