空母に見えるかもしれないが、空母ではない

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    海上自衛隊の護衛艦「いずも」(2015年就役)です。昨年、同型の「かが」が就役しています。

     

     

    最大14機のヘリコプターを積載可能で、甲板にはヘリコプターの発着スポットが5ヶ所あります。主たる用途は対潜哨戒。

     

    これ、空母ですよね(笑)

     

     

    ところが、自衛隊では「ヘリコプター搭載護衛艦」と呼んでいます。

     

    こちらが、ヘリコプター搭載護衛艦「くらま」(退役済)。艦尾にヘリコプターの格納庫と発着スポットがあります。「いずも」がこの艦と同じカテゴリーとは言えないでしょう。

     

     

    「いずも」を空母と呼ばない理由は簡単です。海上自衛隊の戦艦は護衛艦と潜水艦の2種類しか無く、潜水艦ではないので護衛艦ってこと。

     

     

    さて、政府はその「いずも」に垂直離着陸が可能な戦闘機(F35C)を搭載しようとしています。

     

     

    これで、空母ですよね(笑)

     

    ところが、政府は「多用途運用護衛艦」と呼び、空母ではないと。つまり、常時、戦闘機を搭載してるのなら空母だが、必要に応じて戦闘機を搭載するのだから空母ではないと。

     

     

    以前、ある大臣が「このうちわは・・。うちわに見えるかもしれませんが、うちわではありません」と言って笑わせてくれましたね。そのロジックと同じです。

     

    私は、海上自衛隊の対潜哨戒機能は更に強化すべきと考えますが、それをどうして誤魔化そうとするのか。しかも、空母に戦闘機を搭載する、つまり専守防衛を逸脱する運用まで誤魔化そうとすることには、とうてい納得できません。

     

     

    いくら国内で詭弁を弄しても、他国は敵地攻撃を意図した空母と見做します。政府は他国の首脳に"うちわ"のロジックで、護衛艦だと説明してみればいい。その説明に納得する国家は一国たりとも無いでしょう。

     

    ほんとうに、すべてが「虚」。そうとしか言えない政府です。


    オスプレイの横田基地配備

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      今年10月から、東京都福生市の米軍横田基地にオスプレイ5機が配備されるとのこと。

      「もう他人事ではない」なんて、正直な人が沢山いますね。

       

       

      このtweetは、自分達の問題として考えようという意識がうかがえて大変結構ですが、それでも「他人事」と言うのは控えたほうが良いと思いますね。

       

       

      普天間飛行場に配備されたオスプレイは、名護とオーストラリアで、既に2機が墜落しています。胴体着陸したり、住宅地に物を落としたり、本当に事故の多い機体です。

       

      ナイチでも事故に対する不安は当然あるでしょうが、上のtweetの通り、問題は日米地位協定です。横田基地に配備されたオスプレイは、本土の上空(しかも低空)を、何時でも何処へでも飛べるんです。そして、万一墜落しても日本の警察は関与できません。

       

      東京で形成される世論は日本政府に強い影響を与えますから、どんどん問題提起していただきたいと思います。

       

       

      また、佐賀県は佐賀空港への(自衛隊の)オスプレイ配備を受け入れるそうで、民間機が発着する空港なのに、佐賀県知事は随分と思い切った決断をしたものだと驚きました。

       

      年間約2億円の赤字空港だそうですが、国が年間約5億円の発着料を支払うことで、黒字に転じるとのこと。佐賀県知事は「国の根幹に関わる国防政策に関しては基本的に協力する」と言ってるようですが、お金に転んだと言われないようにすればするほど、矛盾が生まれるもの。こちらも、問題意識を醸成する上で、大変ありがたいことです。

       

       

      それにしても、オスプレイが普天間飛行場に配備された際に、「抑止力として重要」とか「ヘリコプターよりずっと安全」とか、寝言を言ってた人達が随分と静かだけど、熟睡してんのか?。ほら、目を覚まして何とか言えよ。


      週刊現代記者と徳島市長

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        阿波踊りのトラブルは(徳島市長+徳島新聞)VS(徳島市観光協会+阿波おどり振興協会)の利権争いによるもの。そこは間違い無いようです。

         

        その利権争いを、権力VS庶民の構図で記事にしたのは週刊現代の小川匡則(まさのり)記者でした。新権力VS旧権力の構図でも記事にできたはずですが、記者の立場としては週刊現代が売れてナンボ。徳島市長を悪代官に、徳島新聞を越前屋に見立てたんでしょう。

         

         

        その悪代官が、阿波踊りの開催期間中にわざわざ上京し、ワイドショー(バイキング)に出演したと聞き、YouTubeで録画を見ました。


         

        いやぁ、痛快でした。市長の言い訳は片っ端から小川記者に論破され、「ぐうの音も出ない」とはまさにこのこと。また、週刊現代と同様にワイドショーも視聴率をとってナンボ。出演者に市長の味方はいませんでした。

         

        この市長はこうなると分かっていながら、どうしてノコノコ出かけて行ったのか、そこが不思議です。全国放送のこの番組を見た徳島市民はどんな気持ちだったのか。私なら「徳島の恥さらし」くらいには思ったでしょう。

         

         

        徳島市長の前職は四国放送の部長で、その四国放送は徳島新聞の子会社。私の経験では、例えば、子会社との会議を主催した際、私が係長なら、私の向かいには子会社の部長が、課長なら役員が座ってました。徳島新聞幹部の間で、市長は呼び捨てにされてる思いますよ。

         

        市長は「私が徳島新聞と組んで甘い汁を吸っているかのように言われてますが、もしそうだったら私は市長を辞めますよ」と安倍晋三みたいなことを言ってましたが、そんなのあたりまえじゃないですか。それを聞いて「おぉ、立派な覚悟だ」と市長を褒める人がいるのかな。



        阿波踊りの経済効果は100億円だそうで、そこにある利権に色々な組織が群がるんですね。徳島市観光協会や阿波おどり振興協会にも守りたい既得権益があるのでしょう。そこを改革すると言うのなら、徳島市長のやり方はあまりにも稚拙でした。自分で考えて決めないから、こんなことになるんですよ。


        勝手にサマータイムやってます

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          猛暑が予想される東京オリンピック。自民党はマラソンの開始時刻を早めるだけのために、サマータイム導入の検討を始めたそうです。

           

          「それだけのために全国民を巻き込みますか?」と言いたい。いったい誰が言い出したのかと思えば森喜朗元首相だそうで、なるほどなぁと妙に納得しました。で、それを聞いた安倍首相が自民党に検討を指示したと。

           

           

          そもそも「何で日本でオリンピックやねん」ってところから私は疑問ですが、そこを譲っても、マラソンを早朝に始めればいいだけじゃないですか。

           

          森さんや安倍さんは、サマータイムを実施すると、涼しい夕方(例えば4時)に予定されてる競技がクソ暑い真昼(2時)になることに気づいてるのかな?。「いや、それは涼しくなってからやるんです」と言うのなら、マラソンを早朝に始めることと同じじゃん(笑)

           

          最初におかしなこと(オリンピックの開催ね)を決めてしまうと、次々とおかしなことを決めざるを得なくなる、典型的な例と言えるでしょう。

           

           

          次の世界地図で、青はサマータイム実施中の国(や州)で、黄色は実施したが、後に廃止した国。赤は未実施の国です。

           

           

          「あ〜ら、欧米はほとんど青じゃない。やっぱり先進国よね。じゃあ日本もやれば?」と思った人。それは勘違いというものです。

           

          サマータイムが問題ではなくて、まず、サマータイムに切り替える過程が問題なんです。

           

          例えば、サマータイム導入に対応するシステムの改修費用は、西暦2000年問題にかかった費用を軽く上回り、日本全体で数千億円(ひょっとしたら数兆円)はかかるでしょう。

           

          考えてもみて下さい。毎年、22時間の日と26時間の日が来るんですよ。現役のITエンジニアの皆さんは、それだけで頭が痛くなって、転職を検討するんじゃないのかな。

           

          だから、先進国がサマータイムだから日本もそうしようと言うのは、先進国が英語だから日本もそうしよう、ドルを使ってるから日本もそうしようと言ってるのと同じです。

           

           

          さて、話はコロッと変わります。

           

          私の勤務時間は午前5時半から、90分の昼休みを挟んで午後3時まで。某青果店は既にサマータイムを実施中です(^o^)/

           

          これが快適で、快適で(笑)

           

          午後3時なら、それからどこかへ出かけることができるし、お家で3時間ダラダラしててもまだ6時。日が高いうちに飲むビールの美味しいこと。夜更かしもせず、早寝早起きですから、きっと健康にも良いでしょう。

           

          某青果店はコンピュータシステムと縁を切っていて、「おい、まだ明るいのにもう帰るのか?」などと寝言を言う経営者もいません。そんな先進企業だけが、サマータイムへ移行できるんですよ(笑)


          憲法九条ならびに憲法十四条

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル 

             

            日本国憲法九条と十四条です。

             

            第九条
            日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
            前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

             

            第十四条

            すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

             


            これを他国の憲法と見做して読めば、なんて素晴らしい国なのだと感動しそうです。その国がこの条文をどのように実現しているのかを知りたくなり、日本もこんな国になってほしいと願うでしょう。

             

             

            間も無く辺野古新基地の建設工事が本格化します。

             

            政府は北朝鮮や中国の脅威を念頭に、新基地が必要と言うてますが、それは憲法九条に背くものです。

             

             

            また、日米地位協定には「合衆国の軍法に服するすべての者に対して、また米軍基地内において、合衆国の法令のすべての刑事及び懲戒の裁判権を日本国において行使する権利を有する。」とあります。

             

            合衆国の軍法に服するすべての者に対する裁判権(殺人、傷害、レイプ、軍用機の墜落など)は合衆国にあるということ。米軍専用基地の7割が集中する沖縄は、日米地位協定の適用対象そのものなのです。

             

            次のグラフを見て下さい。青色が本土の、オレンジ色が沖縄の、米軍専用基地の面積です。ここには、日米地位協定に支配されている沖縄の実態が示されています。

             

             

            1972年の沖縄復帰までの間に、本土の米軍専用基地は撤去、もしくは沖縄への移転を完了し、以降、沖縄の基地負担はピクリとも動いていません。

             

            これを沖縄(県民)に対する差別でないと言うのなら、いったい何なのだと思います。憲法14条に背いた状態が、復帰以降、今も続いているということ。

             

             

            憲法に立ち返ることを忘れてしまって、何が国家かと、このグラフを見て、そう思います。


            「はいはい、ごめんごめん」

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              相手に謝罪しようとする時は、当然ですが、相手の怒りのレベルを推し量ることが大切です。

               

              相手の怒りのレベルが5の時、私がレベル8を想定した心からの謝罪をすれば「よく分かりました。そこまで言って下さるのなら、もう何も申し上げることはございません」と許してもらえることでしょう。相手が交際中の女性なら、喜びのあまり抱きついてもらえるかもしれません(笑)

               

              一方、相手の怒りのレベルが5なのに、私がレベル3を想定して謝罪をすれば、それは許してもらえません。仮に相手が「わかりました。今回のことは無かったことにしましょう」と言ってくれたとしたら、それは相手がオトナなだけ。不満はあれど許してくれたのです。

               

               

              さて、この国はどれほどのレベルで怒り、我が国はそれをどのレベルに想定しているのか。

               

               

              結果として、日本は韓国の怒りのレベルを上回る謝罪をしておらず、そうしない理由は韓国を軽く見ているからでしょう。つまり「はいはい、ごめんごめん」。

               

               

              米国、ロシア、中国は大陸国家であり核保有国。そうした大国に囲まれた、島国であり核を持たない韓国と日本。大国から本気で喧嘩を売られたら、反抗すらできない立場の両国が「もっと謝れ」、「何度も謝っただろ」などと言い争ってる場合なのかなと思いますね。

               

              周辺の大国が「韓国や日本にはうかつなことはできないな」と思わせるような、大人の振る舞いを望みたいところですが、なかなかそうはいきませんね。

               


              戦争ムードを煽ってどうするのか?

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                軍事演習のために米空母3隻が相次いで日本海に入るそうです。



                「戦争がしたいんかいっ!!」と言いたい。

                安倍首相は飼主の足元でキャンキャン吠えていますが、北朝鮮のミサイルは米国本土には届かず、日本には余裕で届きます。北朝鮮がヤケになってミサイルをぶっ放せば、被害を受けるのは日本国民なのです。にもかかわらず、安倍首相は何故吠えてるのか。

                米国国民が安全圏にいて、被害を受けるのは日本国民ならば、安倍首相の役回りは、ムキになってるトランプ大統領を「まあまあ」と落ちつかせることにありそうです。


                安倍首相があれほど強気なワケをトランプ大統領はどう考えているんでしょうね。

                「いやぁ、実はワシも不思議なんだよ。不思議なんだが、キャンキャン吠えてくれたほうが都合が良いから、そのままにしてるだけだ」

                と言うたりして。


                安倍首相は日本がボコボコにされた後、北朝鮮に何て言うんでしょう。

                「今日はこんぐらいにしといたろ」

                ですかね(苦笑)


                最高賞おめでとう

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  今日の記者会見で、黒石市長が最高賞内定の取り消しを撤回しましたが、その内容はグダグダで、見苦しいことこの上ないものでした。


                  だけど、授与が決まったことは良かった。

                  彼女の笑顔に全国の人達が魅了され、誰もが最高賞の授与を望んでいたでしょう。

                  ほんとうにおめでとう。


                  あ〜、もう田舎っ!!

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    青森県黒石市の夏祭りで、郷土芸能の手踊りを披露した中学生。



                    偶然、撮影されたこの写真が、祭りの写真コンテストに応募され、最高賞に内定しました。ところが、この女の子は祭りの10日後に自殺してしまいます。学校内のいじめが原因でした。


                    そして今月。写真コンテストの結果発表の直前になって、コンテストの責任者である黒石市観光協会の元会長が「祭りの写真としてふさわしくない」と異議を唱え、黒石市長がそれに同意したそうです。

                    そして、最高賞の内定を受け入れていた遺族は、内定取消しに納得がいかず、撮影者の了解のもと、写真を公開したと。


                    もちろん私は、報道内容以上のことは知りませんが、内定取消しに至る経緯が容易に想像できます。手に取るように。

                    あ〜、もう田舎っ!!

                    他に言葉がありませんよ。


                    この件に関して、今日、黒石市長が記者会見するそうです。

                    自らの軽率な判断を詫び、いじめ撲滅に向けた強い決意を表明すると思いますが、どうなるか。


                    浜比嘉島の散歩(4) ウチナーンチュは何処から来たのか

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      4、5年前に「ウチナーンチュは何処から来たのか」をテーマに投稿したことがありました。

                      2011.12.14 山下町第一洞穴遺跡
                      2011.12.15 山下洞人のその後
                      2011.12.16 何故、ウチナーグチは古い日本語みたいなのか?


                      弥生時代から大和王朝時代にかけて、大和のある一団が琉球に来て稲作を始め、定住しましたが、この一団が、現在のウチナーンチュのルーツと考えられています。そして、それが事実なら、大和民族と琉球民族には同じ血が流れていることになります。

                      その後、琉球民族は国を造り、長きに渡り独自の文化を醸成してきました。

                      そして、島津藩による琉球侵攻と明治政府による琉球処分により、琉球は大和に組み込まれてしまいます。


                      国連の人種差別撤廃委員会が日本政府に対して、琉球民族を先住民族として認めるように勧告を続けています。

                      その勧告に対する衆議院議員宮崎政久の主張を聞きましたが、その内容のなんとも稚拙なこと。



                      彼の理屈は「多くの日本人も沖縄県民も、琉球民族を先住民族とは思っていない(だから先住民族ではない)」というもの。

                      これじゃあ近所のオバハンです。て言うか、それでは近所のオバハンに失礼です。

                      「琉球民族は先住民族ではあるけれど、現在は自他共に日本国民と思っている」という命題は成り立つのですよ。

                      琉球民族が先住民族であるか否かは、先住民族の定義に従い、これまでの琉球の歴史を振り返る必要があります。

                      その議論を避け、こんなデリケートな問題を世間話のような根拠で決めつけるなんて。よくまあ沖縄の選挙区で立候補できたものだと思います。

                      (続く)


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM