西表島の仙人は自由だったのか?

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    砂守勝巳さんの写真集「漂う島とまる水」に載ってるオジぃは砂川恵勇さん。

     

     

     

    もう亡くなったと聞いてますが、西表島の船浮集落から西に向かって船で30分ほどの網取湾ウダラ浜で、自給自足の生活をしていた人です。

     

    廃材で建てた小屋に住み、小屋の側には湧き水がありました。食料は猪、大ウナギ、自家菜園の野菜、自生のパパイア、魚や貝など。猪や大ウナギを売ったお金で、調味料、酒、タバコなどを揃えていたとのこと。

     

    那覇市ほどの広さの無人地帯があって、その真ん中に一人で暮らしている感覚。不便さの代償に得られたものは「自由」。

     

    でも、「本当に自由だったのか?」とは思います。

     

     

    恵勇オジぃのような人は、西表島に常に2、3人はいるようです。外離島のフリチンオジぃはテレビで紹介されたことで人気者になり、島に観光客が押し寄せたため、島の地主に追い出されてしまいました。今はどうか知りませんが、崎山集落跡にもオジぃが一人で住んでました。全員がオジぃ(笑)

     

    船浮集落の池田米蔵さんは、島の動物の生態に気をつけていて、イリオモテヤマネコがエサ場にしていた浜で、その姿が見えなくなると「あら、どうしたかな?」と思う人。だから同じように(笑)オジぃ達のことも気になって、定期的に船で巡回し、様子を見ていたそうです。頼まれた訳ではないのに。

     

    恵勇オジぃにとって、米蔵さんは一回り年下の「友達」。恵勇オジぃが獲った大ウナギは米蔵さんが買い取っていました。

     

    子供の背丈ほどもある大ウナギは、本物(?)のウナギに比べるとかなり味が落ちると聞いています。それを買い取って米蔵さんはどうしていたのか。米蔵さんに会う機会があれば聞いてみたいと思いますが、私の予想では、恵勇オジぃに現金を渡すための口実だったのではないかと。

     

    米蔵さんは、船浮の自宅に恵勇オジぃを招くこともあったそうです。それを恵勇オジぃに言わせれば「友達だから」。米蔵さんも恵勇オジぃを友達と思っていたでしょうが、それよりは、たまには腹一杯食べさせて、布団に寝かせてやろうという気持ちだったのだと思います。

     

     

    恵勇さんの話が続きます。恵勇さんが住んだ浜から、山を越えて西表島の南岸に出たところが鹿川浜。道路終点の南風見田の浜から海岸を歩いて来れるので、大学の探検部みたいな人達がキャンプをします。長距離の海岸線を歩くのは大変と思いますが、ハブのいるジャングルを歩くよりは安全だし、道に迷うことがありません。そして、恵勇さんは探検部の人達と話をしたいがために、鹿川浜に向かうのでした。

     

    うまく探検部と会えたら、酔っ払った恵勇オジぃは家に帰れません。また、浜に誰もいなかったら翌日まで待とうとします。そんな事情で、恵勇オジぃは鹿川浜に別宅(?)を建てました。そして、探検部に相手にしてもらえず「シッシッ」とされた時は、そこに引きこもりました(笑)

     

     

    恵勇オジぃは仙人とかターザンとか呼ばれていたそうですが、多分、そんな人ではなく、そこら辺の普通のオジぃなんですよ。

     

    米蔵さんの好意を受け入れたり、人恋しくなって山を越えたりする人が「俺は自由だ」と言うのは、少し違う気がします。「自由でいいですね」と言われるから、「そうだ」と返しただけのことかもしれません。

     

     

    私が、西表島西部の崎山、網取、鹿川の集落跡に興味を持つきっかけになったのは、パーシャクラブのデビューアルバムに収録された崎山節でした。

     

    三つの兄弟集落は、琉球王府が波照間島の住民の一部を強制移住させたもの。

     

    「せめて島を見たいと思い山に登ると、そこに懐かしい生まれ故郷が見える。同時に、自分と島を隔てる海によって、決して島には戻れないのだということを気づかされてしまう。悲しくて、涙がどんどん流れて止まらず、せっかく山に登ってきたのに、涙で島が見えなくなってしまう」

     

    この悲しい唄に、新良幸人の声と三線がピタッと合うんです。そして、つらい境遇にありながらも、生まれてきた名曲達。

     

    崎山節・崎山ゆんた・ミナトーマ 

     

    そこに立つことが私の長年の夢で、言わば憧憬の地。まあ、そんなことがあり、この地域の情報は気をつけて集めてる訳です。それで、昨日、今日とまるで見てきたかのような話を投稿しています(^-^)/


    島の入学式

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      竹富町立船浮小学校の入学式です。

       

       

      今年度の新入生は1人。写真は保護者代表(池田卓さん)が挨拶をしているところです。

       

      この写真は池田卓さんのInstagram(こちらから)から拝借したもので、彼が既婚であることや子供がいることを、初めて知りました。

       

       

       

      このブログの読者ならご存知の方も(訪ねた方も)多いと思いますが、船浮集落は西表島西部のこんな所にあります。

       

       

      右上のブルーのピンが白浜集落。道路はここまでで、船浮へはそこから船で渡ります。海とジャングルに囲まれた人口約40人の小さな集落です。これより西に集落はありません。

       

       

      卓さんのお父さん(池田米蔵さん)は、沖縄の雑誌やテレビに度々登場する有名人。本業は渡船の船長ですが、漁師のように海を知り、猟師のように山を知る、スーパーマンのような方です。

       

      米蔵さんは、例えば、イリオモテヤマネコの縄張り、エサ場などを熟知しいるので、テレビのロケ班は米蔵さんに同行してもらって山中にテントを張ります。そして、深夜までじーっと待っていれば、「あっ!!。来たっ!!」と。

       

      卓さんのお母さんは、船浮公民館の館長で元小学校教師。船浮小学校に赴任したことが縁で、米蔵さんと結婚されました。何しろ、西表島各地の小学校教師を歴任されているので、彼女を知らない島民はおらず、島内における知名度は卓さんより断然上だそうです。

       

       

      米蔵さん夫妻は、船浮集落を継続させることを第一に考えて暮らしてこられましたが、すでに米蔵さんは70歳となり、後継者が必要な時期を迎えています。そこで十年程前、既に人気のあった卓さんでしたが、生活の拠点を船浮に移すことにしたのです。

       

      卓さんがプロデュースする船浮音祭り(今年で12年目)は、毎年5百人を超える観客が集まる大きなイベントになりました。

       

      ざっとこんな背景があって、冒頭の入学式に戻ります。この子のおかげで、船浮小中学校は、向こう9年間安泰です。卓さんは芸能活動に加えて、集落を(伝統文化も)継続させる役割を担うことになりましたが、何とか頑張っていただきたい。

       

       

      ところで、西表島のジャングルにはイリオモテヤマネコより大型のヤマネコが生息していると言われていて、目撃者が沢山います。また、島のマングローブでワニが見つかったという話もあります。

       

      西表島に棲息したワニ

      西表島に生息する猛獣「ヤマピカリャー」(1)

      西表島に生息する猛獣「ヤマピカリャー」(2)

       

      私の研究(笑)によれば、ワニがいたのは間違いなく、大ヤマネコがいるかいないかは半々という結論でした。ところが、米蔵さんが若い頃に大ヤマネコを目撃し、今でも探していることを知り、コロっと結論が変わりました。大ヤマネコの生息可能性は80%(笑)

       

      大ヤマネコが生息し子孫を残すには西表島は狭すぎるというのが識者の見方のようですが、それは理屈ですからね。仮に大ヤマネコが発見されたら、その後で新たな理屈が成立するだけのことです。

       

       

      私は観光客時代に西表島に一度渡りましたが、船浮に行ったことはないし、米蔵さんにお会いしたこともありません。まあ、そこをこのように予習しておいてですね。米蔵さんの民宿に泊まる夜を迎えたら、あれこれ聞きまくり、米蔵さんを寝かさない所存であります(笑)

       

      先日、沖縄トヨタの販売店でミニライブがあり、初めて卓さんの歌を生で聴きました。ライブの後に写真撮影の時間がありまして、卓さんに「お父さんもいかがですか?」と声をかけられて、軽くムカついたのが私です(笑)

       

      まあ、卓さんから見れば、私は米蔵さんと同じ世代でしょうから、ムカつくほうが悪いよねぇ。ハイ。


      「珊瑚に優しい日焼け止め」はどうなる?

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        ハワイの海に流出する日焼け止めの量は、毎年4〜6千トンにも及ぶそうで、その成分の一部が珊瑚の白化を招く一因とされています。

         

        そうした状況の中、先月、ハワイ州で日焼け止め規制法が成立し、2021年以降、珊瑚に有害な成分を含む日焼け止めの販売が禁止されることになりました。市販されているほとんどの製品がこれに該当します。

         

         

        この規制法は「珊瑚を守る」というハワイ州の強い意思表示。こんなに爽快な気分になったニュースは久しぶりです。

         

         

        規制法の施行後は「珊瑚に優しい日焼け止め」が人の肌を充分に保護できるのか、珊瑚の白化に歯止めがかかるのかといった、規制法の検証にステージが移ります。

         

        規制法による成果が得られれば、世界各国が追従するでしょうし、量産による価格の低下が見込めます。課題が見つかれば改善の機会となるし、万一、まったく成果が得られなかったとしても、それはそれで新たな知見になります。

         

        ハワイ州による今回の意思表示は、日焼け止めに限らず、珊瑚を守る様々な活動に良い影響をもたらすことでしょう。

         

         

        さて、同じ悩みを抱えているはずの沖縄県は、ハワイ州のニュースを聞いてどう動くのか、もしくは動かないのか。

         

        「珊瑚に優しい日焼け止め」の開発や普及に取り組むウチナーンチュがいます。呉屋由希乃(ごやゆきの)さん。

         

         

        昨年、作家の芹澤健介さんとお会いした際、栄町市場で開いた飲み会に彼女が参加し、初めてお会いしました。

         

         

         

        今年、再び芹澤さんとお会いした際、NHK国際放送の番組制作のために、翌日、慶良間に渡ると言われてました。そして昨日、その番組がオンエアされたと連絡があり、さっそく拝見したところです。

         

        https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/greatgear/2018232/


        「great gear」という番組。19分20秒あたりから始まるスペシャルリポートで「珊瑚に優しい日焼け止め」を特集しています。番組が追うのは、もちろん呉屋さんです。

         

         

        番組では、座間味村長やダイビングショップの経営者らが好意的なコメントをしてくれて、呉屋さんの事業は一見順調であるかのように見えますが、実際のところは、一軒一軒を訪ねて、地道にコツコツと製品の説明をして歩く段階のようです。

         

        州をあげての取り組みと、彼女が地道にコツコツでは、事業環境に天と地ほどの違いがありますね。その中で、製品の普及に取り組む呉屋さんと、番組を通じて彼女を応援する芹澤さん。どうにか上手くいって欲しいと思います。

         

         

        話は逸れますが、芹澤さんの新著「コンビニ外国人」が好調です。

         

         

        様々なメディアに書評が掲載され、私が読んだ範囲では全てが「大好評」。芹澤さんの周辺では、彼を「先生」と呼ぶ動きが活発です(笑)。私など、今のところは相手にしてもらえてますが、やがて芹澤先生に「え〜っと、誰だったかな?」と言われそうで心配です。しかし、こんな心配ならナンボでも心配したいわ(笑)。

         

         

        話を呉屋さんに戻します。新しい市場を開拓した先駆者は先行者利益(ファースト・ムーバーズ・アドバンテージ)が得られるはず。呉屋さんの事業が実を結び、「珊瑚に優しい日焼け止め」がバンバン売れ始めたとして、彼女はそのアドバンテージを得られるんでしょうか。後発の大手企業に「いいとこ取り」をされはしまいかと心配です。

         

        そんなことを考え始めると、色々と心配になってきますが、そのうちの一つは芹澤さんの番組により解消しました。

         

        呉屋さんは何しろ美人なんですよ。昨年お会いした時に、美人であるがゆえに冷たい(第一)印象を受けたことを思い出しました。例えば、しょうもないことを言おうものなら、フンと横を向かれそうな感じ(笑)

         

        ところが、芹澤さんの番組で、彼女のウチナー訛りが炸裂してましたね(笑)。もし彼女が「私の日本語(アクセント)は美しい」と思っているのなら、「まったくその通りだから、自信を持って話しなさい」と言ってあげたい(笑)。彼女の容姿と親しみやすい沖縄訛りとのギャップは、沖縄で商売する上で、きっと有利に働いてると思います。

         


        先駆者として活動する呉屋さんと、応援する芹澤さん。私としても、何某かのお役に立ちたいと、今日のブログに投稿しました。

         

        読者の皆さん。呉屋さんの「珊瑚に優しい日焼け止め」をどうかよろしくお願い致します。芹澤先生の「コンビニ外国人」も。m(_ _)m

         


        浜比嘉島の歩き方

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          先日、豊年祭にお邪魔した浜比嘉島です。

           

          浜比嘉島の豊年祭(1)
          浜比嘉島の豊年祭(2)
          浜比嘉島の豊年祭(3)

           

           

          約20年前に浜比嘉大橋が開通し、島は沖縄本島と陸続きになりました。

           

          架橋による功罪は、車に例えれば分かりやすいでしょう。車は人を殺したり怪我をさせたりするし、排気ガスは人の健康を害するし、とんでもない量の化石燃料を使うし、まったくロクでもないシロモノです。しかし、車にはそんな短所を圧倒するだけの利便性があるので、今日も無数の車がそこら中を走っているわけです。

           

           

          浜比嘉大橋の開通により、島に救急車が入れるようになりました。通勤、通学、買い物が大変便利になりました。橋は島の人達の悲願だったと言って良いでしょう。

           

          ところがですね。島のオジぃに、

           

          「橋が架かるまで確かに不便はあったが、島の人達は助け合いながら、穏やかに暮らしていた。浜比嘉はゆりかごのような島だった」

           

          などと言われてしまうと、心の底から「そうだろうなぁ」と思うわけです。

           

           

          また、先日の豊年祭で、祭りを仕切っていた(中年の)ニィニィがいました。次の動画で大きな掛け声をあげてる、青いハッピ、青いハチマキの人です。

           

           

          私は活気のあるお祭りに感心しましたが、コンニャク屋のオバハンによれば、以前はこんなもんじゃなかったと。

           

          「アレ(ニィニィのことね)が若い頃は今の何倍も人が集まって、もっともっと盛り上がったさ。アレはそれを知ってるから、こんなお祭りが残念で仕方がないのよ。大きな声を出してるのは、チキショーって気持ちもあるはずよ」

           

          私は再び、「そうだろうなぁ」と思うのでした。

           

           

          浜比嘉島大橋の開通は、島に典型的なストロー現象をもたらしました。若い島民は子供を連れて島を出て、島には高齢者が残りました。

           

          高齢者が他界しても、島の家に若い家族は帰ってきません。そのため、集落には空き家や空き地が目立ちます。橋が無くてもその傾向はあったのでしょうが、橋の開通により、間違い無くその傾向が一気に加速しました。10年後、20年後、「浜比嘉は無人島になるんじゃないのか?」と、真面目に心配している島のオジぃもいます。

           

           

          しかしねぇ。部外者の私がこんな投稿をするのは余計なお世話なんですよ。

           

          橋の開通により、多くの観光客が島を訪ねるようになりました。観光客は島の狭い道路を渋滞させるし、排気ガスを撒き散らすし、事故は起こすし、ゴミは捨てるし、酔っ払って喧嘩はするし、ロクなもんじゃありません。島外との往来が増えたので、それまで施錠の習慣が無かった島の人達が、家に鍵をかけるようになりました。その責任の一端は私にもあるのですよ。

           

           

          コンニャク屋のオバハンが「旧正月にまたいらっしゃい。シルミチューの柵が外されて、洞窟の中に入れるから」と言ってくれました。

           

           

          シルミチューは島の聖地。そりゃあ行ってみたい。

           

          私には島のことを学び、島の暮らしを知ろうとする姿勢はあるつもりです。ご迷惑と知りつつも、そのことで多少は免罪していただけるのではないかと。言い訳のようなことですが、そう思って島を歩くことにしています。


          浜比嘉島の豊年祭(3)

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル 

             

            比嘉集落の豊年祭は前半の綱引きが終わり、20時半からウスデークと4ヶ所の神家で奉納舞踊が行われる予定です。ところが、翌日の朝が早い私が浜比嘉島に留まれるのは21時が限度。綱引きが1時間遅れだし、やや諦め気味でアジマァに座ってました。

             

            ついさっき、綱引きのガーエーで、トランス状態となったアジマァは人気が無くなり静かなものです。フクギの巨木と子供達。後ろの二人は、さきほど東の立方を務めた兄弟です。その右手で、特設舞台を組み立て中。

             

             

            私の近くに子供達が集まりました。ジュースを飲みたい手前の男の子(2歳)に、悪ガキ達が「ジャンケンに勝ってから、飲みなさい」と(笑)

             

             

            「最初はグー。何歳ね?」で手前の男の子が二本の指を立てたら、悪ガキがグー(笑)。なかなか勝たせてもらえません。

             

             

            20時半が過ぎ、21時を過ぎても祭りは始まりませんでした。古民家が多い比嘉集落では、ウチの中が見えてしまいます。どのウチも、このインターバルで家族が食事中。皆さん今夜は眠らない覚悟なので、予定が1、2時間遅れたところでどうってことは無いんでしょう。

             

             

            石塀に挟まれたスージとその先の灯り。

             

             

            集落の暗闇に懐かしさを感じるのは、私が子供の頃によく見た風景だからかもしれません。

             

            こちらは吉本家の入口。

             

             

            比嘉集落を代表する古民家でしたが、7、8年前に焼失しました。建物が新築され、貸別荘になっているようです。大変オシャレで結構ですが、この時の私の気分としては明る過ぎです。

             


            では、那覇に戻ります。

             

             

            静まり返る比嘉集落。やがてあのアジマァに再び沢山の人達が集まり、豊年祭が深夜まで続くはず。

             

            サラリーマン時代には、電話一本で翌日を休みにできたのに、まったく不自由になりました。と、後ろ髪を引かれつつ帰るところが、それはそれでいいような(笑)


            浜比嘉島の豊年祭(2)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              道ジュネー直前の比嘉(東)の立方です。二人とも本当は怖いので、神輿を担いでもらって高さに慣れます。

               

               

               

              道ジュネーが終わり、綱引きのガーエーが始まりました。アジマァを挟んで、東西の立方が向かい合います。て言うか、落ちないように手すりにしがみつきます(笑)

               

               

              「ハー、イヤ」の掛け声で、アジマァの雰囲気が盛り上がったところで、

               

               

              東西から綱が現れました。これから男綱を女綱に貫通させ、頭貫棒(かぬちぼう)で二本の綱を結合します。

               

               

               

              やっと豊年祭の雰囲気になったと喜んでいたら、突然、私の前に現れたのは農連プラザのコンニャク屋のオバハンでした。いやぁ、沖縄は狭い。

               

              オバハンは私を見つけるなり、その両手で私の両手を包み込み、上下に振りました。

               

              オ「ハー、驚いたさ。こんな遠くまでわざわざありがとうね」

               

              C「へぇ、浜比嘉の人だったの?」

               

              オ「そうよ。こっちは初めて?」

               

              C「島には何度も来てるけど、豊年祭は初めて。いやぁ、楽しいな」

               

              オ「貴方は東(アガリ)の綱を引きなさいよっ!!」

               

              C「へっ?」

               

              オ「いつも東が負けるのよ。頑張りなさいよ。じゃあね」

               

              コンニャク屋のオバハンが喜んでくれてなによりでしたが、綱引きに加わるつもりは無かったんだよな。とはいえ、オバハンが見てるので、仕方なく、東の後ろのほうに立ちました。

               

               

               

              綱引きが始まるまでの間、前後の人達と話をして、私は東の負けを確信しました。

               

              「『あっ、これは負けた』と思ったら、すぐに綱を離しなさいよ。離さないと転ぶからね」

               

              みたいな、言わば敗戦処理の話ばかり。いかに強く綱を引くかなんて話はまったくありません。

               

               

              いよいよ東西の決戦が始まりまして、あっと言う間に、やっぱり東が負けました。

               

              始まって3秒くらいで、東の全員が「あっ、これは負けた」と思い、一斉に綱から手を離したんです。シュルシュル〜と西側に逃げる綱。

               

              だからね。東はもはや勝ち負けにはこだわってなくて、一斉に手を離すことで、西を転ばそうとしてるんですよ(笑)

               

              東はホテルが建ってる丘で行き止まり。ところが西は橋に向かって、いくらでも土地があります。かつてのアジマァは集落の中央にありましたが、今では東西が1:2くらいの面積比率になっていて、その戦力格差は補いようがありません。

               

              だから、東は綱引きを「いかに相手を転ばすか」というゲームに変えてしまったのか?(笑)

               

              (続く)

               


              浜比嘉島の豊年祭(1)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                浜比嘉島の豊年祭に出かけました。

                 

                島には、西側の浜と東側の比嘉、2つの集落があります。浜と比嘉で浜比嘉島。豊年祭は同日開催なので、どちらかの集落を選ぶことになりますが、名前の格式(?)で比嘉集落に向かいました。

                 

                 

                祭りの開始時刻が迫っていますが、その雰囲気がまったくありません。ウチナータイムではありますが、要は誰のための祭りかということ。集落の人達が自分達の間合いでコトを運ぶことが自然で、見物客に文句を言われる筋合いは無いでしょう。

                 

                見物客(観光客)を意識しない行事を私は好きです。例えば、国際通りや競技場のエイサー大会と各集落の道ジュネーと、どちらが好きかと問われれば、もちろん後者。極論すれば、ヤンバルクイナを動物園で見るのと、国頭村の林道で見るのと、どちらが好きかと問われてるようなものです。

                 

                 

                比嘉集落の豊年祭は前半が綱引きで、後半はウスデーク(女性の円陣踊り)。やっと、(綱引きの)ガーエーの準備が整ったようです。

                 

                 

                二人の男の子は比嘉(東)の立方です。彼らは綱の上で見得を切ったりはせず、神輿から振り落とされないように、しっかり手すりにつかまっていることが役目です(笑)

                 

                比嘉(西)の立方は女の子。それぞれの地区を道ジュネーして、比嘉集落のアジマァで向かい合います。

                 

                 

                そのアジマァには水が撒かれ、いよいよ決戦の雰囲気が盛り上がってきました。

                 

                 

                (続く)


                那覇港の珊瑚礁

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  那覇港の珊瑚礁と言われてもピンときませんが、空港発着時に確かに見えますね。

                   

                  次の航空写真は那覇新港ならびに泊港です。

                   

                   

                  泊大橋などから見える防波堤は「那覇一文字」。伊奈武瀬(イナンセ)から渡船が出ています。

                   

                  防波堤外側の珊瑚礁は北が自謝加瀬(ジジャカセ)で南が干ノ瀬(カンノセ)。いずれの珊瑚も元気で、那覇のダイビングスポットになっています。

                   

                   

                  イナンセ、ジジャカセ、カンノセ。いい名前ですねぇ(笑)

                   

                  珊瑚礁に名前が付いていて、しかも沖縄の呼び名。それを聞いただけでジーンとくる私は変わってるのかもしれません。

                   

                  防波堤が無かった時代、二つの珊瑚礁は防波堤の役目を果たしていました。泊が良港と呼ばれた一つの要因と言えるでしょう。沿岸漁業の漁場であり、泊港を出入りする舟の目印にもなりました。二つの珊瑚礁はより生活に近い所にあり、当然に、名前が必要だったということ。

                   

                  今、私の脳内はローゼル川田さんの水彩画の世界です(笑)

                   

                  20130408125946_0.jpg

                   

                   

                  私は防波堤に渡ったことが無いので、他サイトから写真を2枚お借りしました。

                   

                  那覇一文字は全長3.3キロ。

                   

                   

                  360度の青い海は絶景だそうですが、落ちてしまうと、這い上がるのは難しいとのこと。落ちるのなら、渡船乗降場の近くがおススメです(笑)

                   

                   

                  渡船は往復で1,500円。「なんだ、それなら行ってみるか」の料金ではありますが、釣り客しか乗らないため、防波堤到着は朝で、お迎えは夕方。いくら珊瑚礁の名前にジーンとこようが、絶景だろうが、釣りをしない人が行く所ではなさそうです。もちろん、日陰はありません(笑)


                  亀瀬(カーミージー)の歩き方

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                     

                    浦添の空寿崎(くうじゅざき)へ行ってきました。2、3年前に行こうとしたものの、西海岸道路の工事で入れませんでした。

                     

                    空寿崎の先端は亀に似た形をしていて、亀瀬(カーミージー)と呼ばれています。twitterに載せた動画はこちらから。

                     

                     

                     

                    今年開通した西海岸道路(浦添区間)は西洲から宜野湾バイパスまでの間、つまりキャンプキンザーの海岸線を通る道路です。

                     

                    西海岸道路は、2つの区画に分かれています。南側の臨港道路浦添線は歩道があり人も歩けます。北側の浦添北道路(牧港大橋)は自動車専用で人は歩けません。

                     

                     

                    浦添北道路から見たカーミージー。今や、浦添市の自然海岸はここだけです。

                     

                     

                    では、カーミージーまでの道順を紹介しましょう。

                     

                    那覇方面から臨港道路浦添線を北上すると、浦添北道路に入る直前に信号があるので、そこを右折します。右折した直後の左手に小さな駐車場があるので、そこに車を停めましょう。カーミージーを訪れる人のために仮設トイレがあります。


                    宜野湾方面からは浦添北道路の牧港大橋を渡って最初の信号を左折です。


                     

                    駐車場から浦添北道路に沿って北へ歩きます。

                     

                     

                    突き当たり左手に、浦添北道路を横切るためのトンネルがあります。

                     

                     

                    トンネルを抜けると、カーミージーが見えてきます。

                     

                     

                    フェンスの間を歩きます。

                     

                     

                    カーミージーの北側には小さなビーチがあります。バーベキューをしたり、水着姿をみせつけたい方はこちら。

                     

                     

                    南側はリーフで、シュノーケリングでプカプカしたい方はこちら。

                     

                     


                    では、カーミージーに向かう小道を進みましょう。

                     

                     

                    小道の先に森の入口があります。ここを登りましょう。

                     

                     

                    登りましょう。

                     

                     

                    森を抜けて、亀の背中に出ました。

                     

                     

                    こちらが亀の頭。

                     

                     

                    開放感溢れる景色が広がります。この日は曇りで海の色がイマイチなのが残念です。

                     

                    那覇方面を眺めると、キャンプキンザー沖に広大なリーフが見えます。

                     

                     

                    沖縄の行政はこのリーフを埋め立てようとしています。まったく何をしたいのかわかりませんが、とにかく土砂をぶちまけることは決めたようです。

                     

                    埋め立て後もカーミージーは残りますが、広大なリーフは那覇新港や西洲のような埋め立て地となり、今とはまったく違う景色になるでしょう。そうなる前に是非、カーミージーを訪ねてみて下さい。できれば、天気の良い日に。

                     

                    では、終わります。


                    慶座絶壁(ギーザバンタ)の海

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル 


                      ここは八重瀬町安里の慶座絶壁



                      この絶壁を私は勝手に「魔王」と呼んでます。その魔王の下に向かって遊歩道があり、海岸に下りることができます。その遊歩道とは別に、海に下りる古い道があると聞いていて、この日その道を探しました。


                      駐車場から東へ、つまりゴルフコース方向へ延びる小径に入ります。



                      右手は絶壁なので、転落に気をつけながら崖下を眺めましょう。



                      この海岸に下りたいわけよね。私は。



                      ゴルフコースに沿って、突き当たりの茂みまで進みます。



                      するとこんな場所に出ます



                      階段を下ります。



                      階段が終わった場所で振り返りました。



                      この岩の割れ目が何に見えるかについて、私が思いつくのは一つだけですが、他に何かありますかね (^^;


                      海岸はもう目の前。急坂を下りました。帰りはロープをつかみながら上ることになります。



                      駐車場から海岸まで10分もかかりません。海岸東側。



                      西側。



                      あの崖の上から下りて来ました。



                      那覇空港に南側から着陸する航空機は、沖縄本島の南部を迂回するルートをとり、右の窓から岩だらけの海岸を眺めることができますね。


                      その海岸をオヤジがウロウロしてたら、誰もが不思議に思うでしょう。実は私も何をしてるのかよく分かりません(笑)


                      こんな「青の洞門」みたいな所でしばらく座って、崖の上に戻りました。



                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << November 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM