那覇港の珊瑚礁

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    那覇港の珊瑚礁と言われてもピンときませんが、空港発着時に確かに見えますね。

     

    次の航空写真は那覇新港ならびに泊港です。

     

     

    泊大橋などから見える防波堤は「那覇一文字」。伊奈武瀬(イナンセ)から渡船が出ています。

     

    防波堤外側の珊瑚礁は北が自謝加瀬(ジジャカセ)で南が干ノ瀬(カンノセ)。いずれの珊瑚も元気で、那覇のダイビングスポットになっています。

     

     

    イナンセ、ジジャカセ、カンノセ。いい名前ですねぇ(笑)

     

    珊瑚礁に名前が付いていて、しかも沖縄の呼び名。それを聞いただけでジーンとくる私は変わってるのかもしれません。

     

    防波堤が無かった時代、二つの珊瑚礁は防波堤の役目を果たしていました。泊が良港と呼ばれた一つの要因と言えるでしょう。沿岸漁業の漁場であり、泊港を出入りする舟の目印にもなりました。二つの珊瑚礁はより生活に近い所にあり、当然に、名前が必要だったということ。

     

    今、私の脳内はローゼル川田さんの水彩画の世界です(笑)

     

    20130408125946_0.jpg

     

     

    私は防波堤に渡ったことが無いので、他サイトから写真を2枚お借りしました。

     

    那覇一文字は全長3.3キロ。

     

     

    360度の青い海は絶景だそうですが、落ちてしまうと、這い上がるのは難しいとのこと。落ちるのなら、渡船乗降場の近くがおススメです(笑)

     

     

    渡船は往復で1,500円。「なんだ、それなら行ってみるか」の料金ではありますが、釣り客しか乗らないため、防波堤到着は朝で、お迎えは夕方。いくら珊瑚礁の名前にジーンとこようが、絶景だろうが、釣りをしない人が行く所ではなさそうです。もちろん、日陰はありません(笑)


    亀瀬(カーミージー)の歩き方

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      浦添の空寿崎(くうじゅざき)へ行ってきました。2、3年前に行こうとしたものの、西海岸道路の工事で入れませんでした。

       

      空寿崎の先端は亀に似た形をしていて、亀瀬(カーミージー)と呼ばれています。twitterに載せた動画はこちらから。

       

       

       

      今年開通した西海岸道路(浦添区間)は西洲から宜野湾バイパスまでの間、つまりキャンプキンザーの海岸線を通る道路です。

       

      西海岸道路は、2つの区画に分かれています。南側の臨港道路浦添線は歩道があり人も歩けます。北側の浦添北道路(牧港大橋)は自動車専用で人は歩けません。

       

       

      浦添北道路から見たカーミージー。今や、浦添市の自然海岸はここだけです。

       

       

      では、カーミージーまでの道順を紹介しましょう。

       

      那覇方面から臨港道路浦添線を北上すると、浦添北道路に入る直前に信号があるので、そこを右折します。右折した直後の左手に小さな駐車場があるので、そこに車を停めましょう。カーミージーを訪れる人のために仮設トイレがあります。


      宜野湾方面からは浦添北道路の牧港大橋を渡って最初の信号を左折です。


       

      駐車場から浦添北道路に沿って北へ歩きます。

       

       

      突き当たり左手に、浦添北道路を横切るためのトンネルがあります。

       

       

      トンネルを抜けると、カーミージーが見えてきます。

       

       

      フェンスの間を歩きます。

       

       

      カーミージーの北側には小さなビーチがあります。バーベキューをしたり、水着姿をみせつけたい方はこちら。

       

       

      南側はリーフで、シュノーケリングでプカプカしたい方はこちら。

       

       


      では、カーミージーに向かう小道を進みましょう。

       

       

      小道の先に森の入口があります。ここを登りましょう。

       

       

      登りましょう。

       

       

      森を抜けて、亀の背中に出ました。

       

       

      こちらが亀の頭。

       

       

      開放感溢れる景色が広がります。この日は曇りで海の色がイマイチなのが残念です。

       

      那覇方面を眺めると、キャンプキンザー沖に広大なリーフが見えます。

       

       

      沖縄の行政はこのリーフを埋め立てようとしています。まったく何をしたいのかわかりませんが、とにかく土砂をぶちまけることは決めたようです。

       

      埋め立て後もカーミージーは残りますが、広大なリーフは那覇新港や西洲のような埋め立て地となり、今とはまったく違う景色になるでしょう。そうなる前に是非、カーミージーを訪ねてみて下さい。できれば、天気の良い日に。

       

      では、終わります。


      慶座絶壁(ギーザバンタ)の海

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 


        ここは八重瀬町安里の慶座絶壁



        この絶壁を私は勝手に「魔王」と呼んでます。その魔王の下に向かって遊歩道があり、海岸に下りることができます。その遊歩道とは別に、海に下りる古い道があると聞いていて、この日その道を探しました。


        駐車場から東へ、つまりゴルフコース方向へ延びる小径に入ります。



        右手は絶壁なので、転落に気をつけながら崖下を眺めましょう。



        この海岸に下りたいわけよね。私は。



        ゴルフコースに沿って、突き当たりの茂みまで進みます。



        するとこんな場所に出ます



        階段を下ります。



        階段が終わった場所で振り返りました。



        この岩の割れ目が何に見えるかについて、私が思いつくのは一つだけですが、他に何かありますかね (^^;


        海岸はもう目の前。急坂を下りました。帰りはロープをつかみながら上ることになります。



        駐車場から海岸まで10分もかかりません。海岸東側。



        西側。



        あの崖の上から下りて来ました。



        那覇空港に南側から着陸する航空機は、沖縄本島の南部を迂回するルートをとり、右の窓から岩だらけの海岸を眺めることができますね。


        その海岸をオヤジがウロウロしてたら、誰もが不思議に思うでしょう。実は私も何をしてるのかよく分かりません(笑)


        こんな「青の洞門」みたいな所でしばらく座って、崖の上に戻りました。



        備瀬のワルミが立ち入り禁止になりました

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          備瀬のワルミ(ワリーバンタ)が今月から立ち入り禁止になってしまいました。



          訪問者のゴミの投げ捨てや違法駐車に業を煮やした地元の皆さんが、止むを得ず決めたとのこと。

          (映像はこちらから)

          そもそも、地元の皆さんは「備瀬の風景を楽しんで下さい」という立場。その気持ちが失せるほどの出来事が毎日のようにあったということ。私にも残念な気持ちはありますが「これまで辛抱して下さってありがとうございました」と言うべきでしょう。

          立ち入り禁止、大賛成です。


          昨年、北海道美瑛町の哲学の木が倒されてしまいましたが、同じようなことが、全国各地にありそうです。

          哲学の木はかなりの老木で、遅かれ早かれ寿命を迎えるはずだったそうです。訪問者の行為が持ち主の背中を押し、木を倒してしまったということ。

          幸い、備瀬のワルミは今もそこにあり、百年、二百年で崩れることはないでしょう。誰も訪れることがない静かな空間があってもいいじゃないですか。


          本部町は立ち入り禁止を解除できる方策を検討中とのこと。もしも、入場料を徴収し、それをワルミの保全にあてると言うのなら、それはやめてほしい。入場料を支払えばそこに立つ権利を得られのですから、地元の皆さんに対する感謝の気持ちは失われるでしょう。


          沖縄は何もかも見せ過ぎなんですよ。観光客も大切ですが、守るべき空間は守るのが当然で、そのような空間が各地にあることが沖縄の証しなのだと、私は思います。


          波照間島「ニシ浜」

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            波照間島遠征中のひよこさんがニシ浜の写真を送ってくれました。




            ♪───O(≧∇≦)O────♪


            いやぁ、言葉になりませんねぇ。

            ひよこさん、ありがとうございます。


            ニシ浜は漢字で書くと北浜ですから、水平線の島影は西表島。かつて、マラリアから逃れるために、波照間の島民は西表島に渡り、新しい村をつくりました。

            民謡「崎山節」を和(意)訳するとこんな感じ。

            せめて島を見たいと思い、山に登ると、そこに懐かしい故郷が見える

            同時に、自分と島を隔てる海によって、決して島には戻れないのだということを気づかされてしまう

            悲しくて、涙がどんどん出てきて止まらず、せっかく島を見るために山に登ってきたのに、涙で見えなくなってしまう



            今、私の目の前に新良幸人が現れ「何か一曲唄いましょうね」と言われたら、私は迷いに迷った上で、この曲をリクエストするでしょう。

            物悲しくも美しい八重山民謡の旋律、三線の音色、幸人の声。その感動を体験したい方は、パーシャクラブの1stアルバムをお買い求め下さい。最後のところにこの曲が収録されています。


            波照間で楽しそうに遊ぶひよこのおっさんを思い浮かべ、ワタクシ、少しイラっとしております。そこでわざとシンミリする投稿をしてみた大雨の朝でした。

            波照間は晴れてるし(笑)


            渡名喜島で起きた事件

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              那覇の北西60キロの東シナ海に浮かぶ渡名喜島。空港は無く、那覇と久米島を往復するフェリーが途中で立ち寄ったり立ち寄らなかったりします。



              集落は一つで、その人口は約400人。島で唯一の学校、渡名喜村立幼小中学校には約30人の生徒が通っています。集落全域が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているので「商業資本が入っていない竹富島」と考えれば、島の風景がイメージできそうです。



              渡名喜村は全国で2番目に人口が少ない自治体だそうです。農連市場で働いている人の数がそんなところですから、シマのサイズを実感できます。


              去年、この島で汚職事件がありました。村の教育長(56)が島の施設の建設工事で、島出身者(67)が社長を務める那覇の工務店に便宜を図り、30万円の賄賂を受け取ったというもの。教育長も社長も既に逮捕されています。それぞれ、きちんと罪を償っていただきたい。

              ところで、教育長は本当にその30万円が欲しかったんでしょうか。次の給料日まで待てば手に入る額なのにねぇ。信用と仕事を失うリスクを考えれば、私なら3千万円でもお断りです(3億ならヤルかも)。


              島の選挙(村長選や村議選)を考えてみましょう。村の有権者は候補者の生い立ちから人となりまで熟知しているので「アレならいい」とか「アレは駄目」とか正しい判断ができそうです。都会の選挙のように、候補者の公約を信用して一票を投じるなんてアヤフヤなことにはなりません。

              であれば、村長にはそのポジションに相応しい人が選ばれ、村の教育長には村民の賛同が得られる人が指名されるのではないかと思えます。大事な子供達の教育責任者ですからね。

              そこのところはどうなのか。農連市場で渡名喜島出身のオバぁに聞いてみました。

              「アレはそんなことをする子じゃないから、何かの事情があるはずよ」

              素晴らしい(笑)。私はこのオバぁを信用しているので、その評価を疑いません。


              社長が67歳で教育長が56歳。島で二人はどんな関係にあったのか。その工務店は私の自宅のすぐ近くですので、さっそく仕事の帰りに寄り道して、

              「お〜い。えらいことやがなぁ。たいへんやなぁ」

              と声をかけてみました。

              ウソです(笑)


              国の法律や自治体の条例とシマのルールが異なることは普通にあるでしょう。それをどのように折り合いをつけているのか。

              この事件の判決を聞いて、オバぁの言う「何かの事情」を知りたいと思います。


              海抜50センチと150メートル

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                与那原町板良敷の海岸。海抜50センチです。



                こちらは島添大里グスクの物見台。海抜150メートルです。



                昨日と今日のナカユクイで撮りました。

                今日は大晦日(トゥシヌユルー)。皆様、良いお年を (^o^)/


                (おまけ)沖縄よしもと



                チッチキチー



                ひびき「ははぁ、金に物言わしてんねや」

                こだま「金は物言えへんやろ〜。金が物言うたら、銀行やかましいてしゃあないがなぁ。『なんや、えらいこの銀行さわがしいでんなぁ』『すんまへんなぁ、金が物言うてまんねやわぁ』」


                久高島の散歩(5) 尚徳王とクンチャサ

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  尚徳(1441-1469)は第一尚氏王統最後の王です。参拝に訪れた久高島でノロのクンチャサと出会い、彼女を寵愛しました。

                  尚徳王とクンチャサが暮らした家が、こちらの大里家。案内板などはありません。



                  久高島で最も古い家屋と言われていますが、人が住んでいるかのように、きちんと手入れがされています。


                  竹富島のクマヤ、宮古島のマムヤなど、沖縄の島々には「絶世の美女」がいて、国王や按司、役人らを虜にしました。言ってしまえば現地妻ってことですが、その伝承は概ね彼女達に好意的です。

                  尚徳王が自ら兵を率いて喜界島を制圧した後、首里ではなく久高島に帰ってきたとか、久高島でクンチャサとイチャイチャしている間に、首里でクーデターが勃発し、側近の金丸が尚円王となったなどの伝承は、それほどまでにクンチャサが魅力的だったのだと聞こえます。


                  西原の内間御殿に住んでいた金丸は、首里へ続く豆腐小坂(トーフグヮービラ)を登っていました。

                  金丸の心境は、

                  「お父さんの尚泰久王は立派な方だったのに、息子の尚徳王はなんであんなにボンクラなんだろう。今日はどんな風に意見してやろうかな。やる事なす事が不満であり心配だ」

                  というもの。

                  金丸がブツブツ言いながら登った豆腐小坂は、やがて御意見坂(グイチンビラ)と呼ばれるようになりました。私はこの話に、金丸によるクーデターの本質があると思っています。


                  こちらは尚徳王の御陵蹟(墓の跡)です。

                  20130307162417_0.jpg

                  28歳でこの世を去った尚徳王は、識名の丘の上で何を思うのか。御陵蹟から慶良間がよく見えますが、久高は見えません。

                  (終わり)


                  久高島の散歩(4) 島の所有者

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    久高島は全てがムラの土地で、個人の所有地はありません。 先祖代々、島に暮らす人やその配偶者には、ムラから土地が無償で貸与されてきました。

                    新たに、久高島での生活を望む人は、まず、島で3年暮らすことを求められます。その後、ムラが(島民と)認めれば土地が貸与され、そこに家を建てることができるということ。

                    沖縄本島でも、ヤマトでも、明治初期までは個人が所有する土地は無く、それが認められたのは地租改正以降のことです。つまり、久高島が特異なのではなく、元のままということ。


                    土地の売買がありえないのですから、観光資本が久高島の土地を買収し、ホテルを建てることはできません。久高島が観光地化されず、昔の集落の佇まいを残している理由はそこにあります。



                    30年ほど前、ある観光資本が久高島の3/4にあたる土地を買収し、長寿村を建設する計画があったそうです。久高島の人達は当然それを拒みました。そして、二度とそんなことにならないよう、久高島土地憲章を制定し、ムラの土地利用制度を明文化したのです。

                    沖縄県など開発好きの行政も、これでは手が出せませんね。


                    ところで、家族が様々な理由で島を離れる時、その家族が利用していた土地はムラに返却されます。また、建物の所有権はムラに移り、利用価値があれば利用し、無ければ取り壊します。

                    過疎化が進む久高島ですが、ムラの土地利用制度により、建物や土地が放置されることが無く、廃屋や荒地といった過疎地特有の風景が残りません。そのことがまた、島の風景を上質にしているのです。


                    島の利用に関する自己選択権がムラにあるんですね。素晴らしい。沖縄にこんな島があるとは知りませんでした。

                    (まだ続く)


                    久高島の散歩(2) 島の集落

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      自転車を返し、歩いて集落に入りました。

                      島の郵便局



                      ナカミチ



                      赤瓦



                      白瓦



                      フクギ



                      ガジュマルブランコ



                      自分で腕枕(笑)




                      このブログのタイトルは「沖縄の風景」ですが、その割に、このような写真が少なめ。

                      そこで、今更ながら並べてみました(笑)

                      (続く)


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM