仏壇通りの四車線化工事

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    先日、ツイッターにアップしたこの動画。「これがあの仏壇通り!?」と驚いたでしょ?

     

     

    撮影したのは、開南向き〜神里原向き〜与儀十字路向き〜再び神里原向き。

     

    仏壇屋は一軒だけになってしまい、もはや仏壇通りとは呼べなくなりました。

     

     

    四車線化工事は二ヶ所を残すのみとなっています。

     

    一つは与儀十字路の歩道橋です。こいつのスロープが仏壇通りの入口で、ゲートのように鎮座しています。

     

     

    周辺の土地に余裕が無い中、どうやってこのゲートを広げるのか。私には思いつかないので、答えが楽しみです。

     

    もう一ヶ所が照喜名製麺所。移転先の工場建設が終わらないらしく、移転反対の闘争小屋みたいになってます(笑)

     

     

    二年前のこと。この建物の外壁が崩れてしまい、仏壇通りが通行止になる事件がありました。

     

    照喜名の婆さんが言うには「台風の風で壁が崩れた」と。

     

    「それはちゃーうやろ」と言いたい。

     

    外壁が崩れた日に、たまたま近くを台風が通過しただけの話。濡れ衣を着せられた台風は「えっ、え〜!!」と叫んだことでしょう。

     

    あの難しい婆さんと長期間の移転交渉を続けてきた当局職員に、お疲れ様と言いたい。

     

     

    仏壇通りに面していた商店を取り壊すと、当然、二列目は横を向いてます。

     

     

    コザではこの横を向いた建物の壁にペイントし、コザ十字路絵巻を完成させました。仏壇通りの場合、二列目から先は宅地なので、上手く壁が揃いませんね。

     

    こちらは二列目が空き地。

     

     

    その奥にあった住宅が、仏壇通りから直接見えることになりました。う〜む。何かいきなりカーテンを開けられて、「キャッ!!」みたいになってますね。

     

    なってないか(笑)


    のうれん今昔

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      農連プラザ1階の空きスペースで写真展をやってます。期間は誰かがここに入居するまで(^^)

       

       

      沖縄タイムスから貰った写真のようですが、プリンターの性能が悪いのか、あまり画質は良くありません。

       

       

      (1)解体前の農連市場

       

      マルキン海産の屋上から仏壇通り方向

       

       

      知念精肉店前の通り。奥が神里原。

       

       

      惣菜通り。右手奥にトモコオバァのカマボコ店。

       

       

      農連プラザや権利者住宅が完成し、解体直前の農連市場。手前が仏壇通り。

       

       

       

      (2)新垣キクさん

       

      市場の最年長は95歳。

       

       

      農連プラザへ移ってしばらくの間、キクさんは店舗区画に入って野菜を売っていましたが、後に地面売りに移りました。家賃が高いのよ。

       

      そしてつい最近のこと。キクさんが市場の仲間に何やら愚痴ってました。そしたら仲間のオバァが「頑張るしかない。ねっ、頑張ろう」と。

       

      本当にそうなのか。キクさんは頑張ることが正しいのかと、つい思ってしまいました。

       

       

      (3)この美人は誰?

       

      タライに野菜を入れて運ぶ謎の美人。

       

       

      この人が誰かを知りたいんだけど、聞く人聞く人が「あっ、あれは私」と言うので、ラチがあきません(笑)

       

       

      (4)農連市場の全盛期

       

      仏壇通りから一本入って、食堂メモリーがあった通り。1962年。


       

      上の写真から市場に入った所。1964年。

       

       


      一つ一つが腹立たしい

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        牧志公設市場は解体され、ガレキを搬出中。

         

         

        そしてこちらは、仮設の公設市場。

         

         

        先週、ここでコロナウイルスの感染者が見つかり、全店舗が営業を停止しています。来週末頃に営業再開見込みとのこと。

         

         

        ところがねぇ。いくら消毒しても保菌者が来れば、また感染しますよね。そしたら再度、営業を停止して消毒するんでしょうか。

         

        本来「補償するから直ちに営業を停止しろ」と指示を出すのが行政の役目。それを「補償をしない代わりに営業停止を要請するにとどめる」などと、腰がひけたことを言うてるからおかしなことに(^^)

         

        彼らは国民(県民)のためにお金を使うのが嫌なんでしょう。コロナウイルスは拡散する一方です。

         

         

        農連プラザでも感染者が出るのは時間の問題だと私は思います。オバァ達の命にかかわる問題なのに、それでも行政は動かない。

         

        今朝、某青果店のお父さんとその話になりました。そしたらお父さんは「いやぁ。そこまでは蔓延しないから大丈夫」と(笑)

         

         

        話になりませんねぇ。私とお父さんが議論すべきは、万一、農連プラザが閉鎖になった時に仕入れ先をどうするか。「大丈夫」では済まないんですよ。

         

        ところが、困ってから考えるのがウチナーンチュの得意技。言い換えれば、困るまでは考えない。

         

        それだけでも腹立たしいのに、往々にしてなんとかなってしまうところが、余計に腹立たしい。

         

         

        沖縄は個人事業主が経営する零細企業が多く、事業主は補助金制度の研究に余念がありません。ところが、従業員への補助金については知らん顔。従業員のために動くのは面倒なんですよ。

         

        だから、従業員が制度を研究し、その手続きを事業主に求めることになりますね。素直にやってくれればいいようなものの、なかなかそうはしないから腹立たしい。


        農連市場跡地の様子

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          農連市場跡地に建設中の19階建分譲マンションと市営住宅。いずれも外装が終わり、作業は内装に移ったようです。

           

           

          湧田食品店前の路上から。左が分譲で右が市営。手前の格子風は駐車場です。

           

           

           

          次に開南本通り(仏壇通り)から。手前が市営で奥が分譲。

           

           

           

          信号のそばにあったパン屋はつい最近店を閉め、建物が取り壊されました。

           

          ありし日のル・ジョンヌ。24時間営業のパン屋でした。

           

           

           

          某青果店があった場所に来ました。神原中学校横の一方通行です。まるで屏風ですねぇ、これは。

           

           

           

          最後は与儀十字路の歩道橋から。そこにも見慣れない風景がありました。

           

           

           

          農連市場の建屋が古くなったから何とかして欲しいなんて、誰も頼んでいません。

           

          にもかかわらず、行政が動いたんですよ。頼んでもなかなか動かないことでは定評のある沖縄の行政が。

           

          簡単に言えば、行政が市場を潰して、跡地を開発業者に転売したんです。つまり地上げです。

           

           

          「都心の土地を有効活用したのだ」と言われれば、確かにそうかもしれません。

           

          ならば問いたいが、完売になった分譲マンションには人が住むんでしょうね。

           

          おもろまちの高層マンションのように、投機目的で買い占められ、窓に明かりが灯らないなんてことにはならないんでしょうね。

           

          もしそうだとすれば、いったい誰のために行政は動いたのか。何のための再開発だったのか。そこはきちんと説明してもらわないと。いい?


          さしみ屋の大漁旗

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            こちらは、農連プラザ名嘉鮮魚店の大漁旗。

             

             

            農連市場から農連プラザに移る際、店主のターボーは店を広くし、営業時間を伸ばし、従業員を雇いました。つまり、勝負に出たと。その時に同窓生から贈られた旗です。

             

            本来、大漁旗は漁の成功を祝うものですが、そのほかの祝い事にも用途が広がっていますね。ターボーは毎朝、大漁旗を見上げて「よし、頑張るぞっ!!」と。

             

             

            大漁旗の絵柄は数パターンに分類できるそうで、写真の旗で使われているのは日の出と富士と魚。この大胆な構図と派手な色使いが、不思議と心に響きます。私が見ても「よし、頑張るぞっ!!」と思いますからね。(え、思わないの?笑)

             

            そして、仲井真中学の同窓生達が選んだ言葉が、「祝 開店」ではなくて「祈 商売繁盛」。これがまたいいじゃないですか。

             

            つまり、大漁旗は贈る側の気持ちが伝わり、受ける側の気持ちが「よし、頑張るぞっ!!」ってなるものだと言えるでしょう。

             

             

            大漁旗の「励ます力」を見事に表現したのが、ドラマ「あまちゃん」の宮本信子さんでした。

             

             

            故郷を去る決心をした春子は、そのことを母親の夏に反対されてると思っていました。ところが夏は、列車が通る鉄橋を見上げる浜に出て、春子を見送っていたのですね。

             

            大漁旗を振り「ばんざーい!!」と叫ぶ夏ばっぱの姿に涙したあまちゃんファンは沢山いたのではないかと。

             

             

            こちらは、旧正月を祝う糸満の大漁旗。

             

             

            どうでしょう、この高揚感。漁に出る人と、見送る人。「頑張って」、「よし、頑張るぞ!!」と声が聞こえてくるようじゃないですか。

             


            農連プラザ感謝祭

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              開場2周年の農連プラザでは感謝祭を開催中。例えばタマゴ1パックが100円だそうで、皆さんが私に「買え買え」言いますが、今は結構です。

               

               

              期間中、抽選券を配布してまして、千円のお買い物で一枚がもらえます。

               

              もちろんこれは一般のお客さんに「また来てね」の企画。明日も明後日も来るに決まってる八百屋(私)に配っても意味がありません。

               

               

              ところが、見慣れた顔には天ぷらやらサーターアンダギーやら、何かを渡したくてウズウズしてるのが市場のオバァ達。抽選券は恰好のウサギムンとなり、代金とは関係ない枚数を手にして「これ、貰いなさい」と(笑)

               

               

              抽選会は明日と明後日。チラシには「7等 お菓子など」と書いてあるので、私は大量の「お菓子など」を手にすることになるでしょう。私はお菓子が苦手で、あれば食べますが、自分のために買うことはまずありません。

               

              保育園にあげれば喜ぶこと間違いなしだけど、100人も200人もいる園児には行き渡りません。まあ、仕方がないから、孫が沢山いる相棒のAに渡すかな(^^)

               

               

              市場に来られた方が、オバァ達と話が弾み、「これ、貰いなさい」となった時、決して遠慮してはいけません。少ししか買ってないのにとか、いつまた来れるかとか、その気持ちはわかります。ところがオバァ達は貴方の喜ぶ顔を見たい一心なのだから、そこは応えてあげないと。

               

              満面の笑みで、「キャー、本当ですかっ!!。ありがとうございますぅ」で、よろしくお願いします。オヤジも同じ(笑)


              工事現場の監督VS八百屋のオヤジ

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                私は農連プラザの西側道路を通行中。正面は市場跡地に建設中の高層マンションです。

                 

                 

                この道路は公道ですが、白線の内側は市場各店舗の荷物積み下ろし場所になってます。

                 

                 

                昨日お昼のこと。ここにコーンが並べられ、車2台分ほどのスペースが使えなくなっていました。近くにいた市場のオバハン達によれば、工事現場の人が置いたと。

                 

                常々、建設会社Kの「我がさえよければいい」というやり方に不満のあった私は、白ヘルのオヤジを探したのでした。

                 

                 

                C「あそこのコーンは貴方が置いたの?」

                 

                白「白線をはみ出して車を停められると、ダンプが通れないんですよ」

                 

                C「内側に停めなさいって言えばいいだろ」

                 

                白「気がついたら停まってることがありまして」

                 

                C「ほんなら、開南本通りからダンプを入れろよ」

                 

                白「それでは遠回りになるので・・・」

                 

                C「あのな。アンタ達がここを一方通行にしたんやろ。市場の車は毎回、開南交差点を迂回せなあかんねん。自分達のダンプだけは逆行させといて『それでは遠回りになるので』ってなんやねん」

                 

                白「そう言われましても」

                 

                C「許可証を見せて。コーンを置いた場所の道路使用許可証や」

                 

                白「いや、それは・・・」

                 

                C「許可証を見せるんか、コーンを運ぶんか」

                 

                白「・・・。わかりました。運びます」

                 

                 

                快勝した私を迎え入れた市場のオバハン達が、「よくやった」、「これでクンチグヮをつけなさい」と。差し出された袋には馬刺しが入ってました。普通なら天ぷらかお菓子のところで馬刺しって(^^)。

                 

                ワタクシ今夜はムラムラしてるかもしれないので、どなた様も近づかないようにお願い致します(笑)

                 

                クンチは根気。転じてスタミナです。


                ガーブーなのか、ガーブなのか

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  ひめゆり通りの四条橋から撮った雨上がりのガーブ川。

                   

                   

                  な〜んか、玉川上水みたいじゃないですか(笑)

                   

                  この川の名前はすっかりガーブ川で定着してしまいましたが、本来はガーブーガー。ブーと伸ばして正解です。

                   

                  読者のへそまがりさんはコメント欄でガーブーと正しく呼んでますから、ガーブ川と聞けば、ゴーヤーをゴーヤと呼ぶことに似た違和感があるでしょうね。私見ですが、ガーブーと伸ばすことをやめた要因は2つあると思ってます。

                   

                   

                  一つは、ガーブーガーをガーブ川と表記したことによります。ここで、ガーブーガーの発音をお聞き下さい。

                   

                  ガーブーガー

                   

                  この抑揚の無いフラットなイントネーションがウチナーグチの特徴です。トートーメーみたいな(^^)

                   

                  そこをガー川と、ブにアクセントを置き、ブーと伸ばすのをやめてしまったんです。スミ川やタ川と同じ。以前も投稿しましたが、チャタンやフテンマはフラットなイントネーションで正解。ところが今は、チャタンとかフンマと発音します。NHKのアナウンサーでさえ。

                   

                  二つ目は、ガーブ川に我部川と当て字したことによります。幸いこの名前は広まってませんが、場合によってはガブ川になるところでした(^^)

                   

                   

                  知床はアイヌ語でシリ・エトクだそうです。地面の・出っ張った先端。知床も悪くはないけど、シリ・エトクって素晴らしいじゃないですか。札幌はサッ・ポロ・ぺで、乾いた・大きな・川。川が省略されてしまいました。登別はヌプッ・ぺで、水の色の濃い・川。こちらは川が別に吸収されて意味が違ってます。

                   

                  多様性を認めない国って、つまらないってことなのよ。カタカナ表記にして、本来の発音で呼べば良かったのにねぇ。


                  農連市場は開場66年

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    早朝の農連プラザを神里原側から撮った一枚。

                     

                     

                    右手に農連プラザ。左手に再開発に伴う権利者住宅。中央奥の建物左手が分譲マンションで右手が市営住宅。権利者住宅前の二車線の道路は開南本通りに繋がります。また、その道路と農連プラザの間にある空き地は近々観光バスの待機場になる予定。

                     

                    しかし、あれですねぇ。私が市場に来た時でさえ、思いもよらなかった風景が今ここに。海外で生活しているとかで、農連市場が無くなったことを知らないウチナーンチュが、突然、ここに帰ってきたら驚くでしょうね。市場との関係が深かった人なら涙を流すかもしれません。

                     

                     

                    農連市場の開場が1953年ですから、今年で66年。開場の年に25歳だった人なら今年91歳。このあたりの年齢層が農連市場の1代目です。その人に当時5歳の子供がいたとすれば、今年71歳。この年齢層が2代目で現在の市場の主力メンバーです。

                     

                    だから、某青果店のお母さん(85)に「市場のトミさん」と言ってもピンとこないみたいですが、「ガッパイオバぁの娘」と言えば、すぐに分かります。今日、そのトミさんの店に彼女の孫が遊びに来てました。保育園の園児みたいなその孫が4代目。

                     

                     

                    戦前のガーブ川周辺はズブズブの湿地で人が住むどころか、畑にもならないような土地でした。戦後、そこに闇市が発生し、農連市場開場の頃は、この一帯が那覇一番の繁華街になったのですから驚きです。

                     

                    だから、トミさんの孫がオバぁになる頃には、農連プラザは取り壊されてるかもしれません。そして、そのオバぁがネットでこの写真を見つけて、在りし日の農連プラザを懐かしむと。すべからく順番だからね。いつまでも前の市場は良かったなどと嘆いても仕方がないわけよ。


                    ってことにしておくか(笑)、しておくか(泣)


                    今日の出来事

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      今日は敬老の日。朝方2時間ほど仕事をしてきました。

                       

                       

                      (1)ピロ黒糖の意味

                       

                      農連プラザの當山商事(菓子屋)で仕入れたピロ黒糖。保育園ではおやつに出すほか、散歩の際、一つずつ園児に持たせたりします。

                       

                       

                      甘いだけでな〜んの栄養も無い白砂糖と違って、黒糖はビタミンやミネラルの宝庫。特に純黒糖は、園児が鼻血を出すのではないかと心配になるほどの、ブドウ糖のかたまりです。

                       

                       

                      今朝、何気なくピロ黒糖のパッケージを眺めていたら、どこにも「ピロ」の文字が見当たりません。「つまり、ニックネームみたいなもんか」と思ったら菓子屋のオバハンが、

                       

                      「Cさん。ピローよぉ、ピロぉ」

                       

                      あっ、枕かっ!!。個別包装のカタチがね。そうなんや。知らなかったわぁ(^^)

                       

                       

                      (2)暇を持て余すコンニャク屋のオバハン

                       

                      朝4時に店を開けるコンニャク屋ですが、忙しいのは朝方だけ。そこを過ぎるとお昼の閉店時刻まで、店内には緩やかな時間が流れます。

                       

                      ユンタクの相手が誰か来ないものかと、コンニャク屋のオバハン(浜比嘉島産)が睨みつけるように店の外を見ていました。そこを通りかかってしまうのが八百屋のオヤジ(私)。

                       

                      「はいはい。人の顔だけ見て、真っ直ぐ行かないよっ!!」

                       

                      「真っ直ぐ行かないよ」は、「か」にアクセントを置きましょう。

                       

                       

                      仕方がないので、この夏、うるま市のエイサーまつりへ行った話をして、「うるま市のエイサーはレベルが高い」とか、「うるま市の皆さんはまつりの楽しみ方が上手」などと、オバハンを喜ばせました。

                       

                      そして、この動画。

                       

                       

                      ますます喜んだオバハンが手踊りを始めたので、そのまま踊らせておくことにして、私はユンタクを切り上げたのでした。

                       

                       

                      (3)今夜の集まり

                       

                      あかみねさんのブログ「ANEMONE HEAVEN」と私のブログには共通の読者がいて、中には「沖縄関係のブログで読んでいるのはこの二つ」というセンスの良い方がいます(^^)

                       

                      あかみねさんのブログは、彼女の沖縄生活が読者にビンビンと伝わってくることで好評ですが、一方で、彼女を特定できる情報は上手に避けてるわけよね。

                       

                      そんな中、昨年、作家の芹澤健介さんとの飲み会に彼女が参加してくれて、私が彼女の顔写真を暴露してしまいました。

                       

                      彼女は苦々しく思ったかもしれませんが、て言うか思ったのですが(^^)、二つのブログ共通の読者には歓迎されたようです(笑)

                       

                      今夜、そのあかみねさんのお宅で集まりがあり、私も声をかけてもらいました。初めて彼女の住所を知りましたが、まあ、見事なほどに私の配達先に囲まれてるじゃないですか。地図なんて要りません。あそこを入って、次を右。さすがに住所は秘密です(^^)

                       

                      あかみねさんは、彼女がもっと若かった頃に比べて生活に刺激が少なくなってきたと感じています。だから、そこはやっぱり自分から仕掛けないと。今夜の集まりはその一環らしいです。

                       

                      身に降りかかる火の粉をテキパキと捌く彼女の毎日は充分に刺激的と思いますが、彼女の意識はもっと高い所にあるんでしょう。

                       

                      では、ANEMONEの読者の皆さん。あかみねさんの旦那さんに会ってきましょうね。刺激的よねぇ(笑)


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM