園児のおやつ、ならびにイカ墨オジぃ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    ある保育園から、たこ焼き用のミックスとソース、紅生姜や小エビなどの注文がありました。たこ焼きがオカズってことはないから、おやつだろうなと思いながら納品すると、厨房がたこ焼き屋に(笑)

     

     

    「熱いうちにたべてやー。ふー、ふー」だそうで、何で関西弁なのかと言えば、「たこ焼きは関西っしょ」とのこと。ここの調理師はノリやすいのよ(笑)

     

     

    そして、たこ焼き屋の隣は駄菓子屋で、かき氷もございます。シロップの注文はイチゴ味だけだったので、メロン味とかはありません(笑)

     

     

    園児にお金の代わりにチケットを持たせて、それぞれに買い物させるシステム。

     

    これ、実は、たこ焼きもお菓子もかき氷も、園児の人数分しか材料の用意が無く、調理師が給食用のトレイにセットしたのと結果は同じなんです。そこに手間をかけてみましょうという考え。園児の喜ぶ様子が目に浮かびます。

     

     

    ところで、タコの注文が無かったが、どうなのか?

     

    考えてみれば、私は保育園にタコを納めたことが一度もありません。イカは八宝菜などに使うロールイカや、イカ墨汁に使う白イカを納めてるのに、何でタコはダメなのか。

     

    白イカで思い出すのは、別の保育園のイカ墨オジぃです。イカ墨汁に使う白イカは刺身で食べれるような上等なもの。魚屋(農連プラザ名嘉鮮魚店)のターボーがイカ墨やハラワタを取り出して、丁寧に洗ってくれます。

     

     

    これを最近、その保育園の料理長(イカ墨オジぃ)が「洗う必要は無い」と言い出しました。「おぉ、料理人の血が騒ぐのか」と思ったら大間違い。このオジぃは、ターボーや私が、イカ墨を横流ししてるのではないかと疑ってるんですよ。

     

    「あのね料理長。イカが漁師の網にかかった時に、おとなしく観念するやつもいれば、往生際の悪いやつもいますやん。墨が残ってるかどうかってそういうことですよ」

     

    といくら言っても、このオジぃは聞きません。まあ、何度か納品したらイカ墨の当たりやハズレを納得して、「やっぱり洗ってくれ」になると予想しておきます(笑)

     

    オジぃ料理長は口は悪いけど、園児達に人工的なイカ墨を食べさせたくないだけなんですよ。味も落ちるしね。

     

     

    さて、今日は土曜日なので、オジぃの保育園の調理師達はいつもより遅い出勤です。厨房にはオジぃがいて、ただ今検品中。

     

     

    オ「片栗粉」

     

    C「はい。片栗粉1キロ」

     

    オ「マヨネーズ」

     

    C「ヨネマースってば」

     

    オ「あ?」

     

    C「マースですよ。ヨネマース」

     

    オ「あっ、ヨネマース」

     

    マヨネーズをヨネマースとは絶対言わないのに、ヨネマースは必ずマヨネーズなのよね(笑)

     

    と、楽しい二人の時間を過ごしてます(^^)


    園長のお人柄

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      午後の配達で私が通う某保育園の入口です。傾斜があるため、二階の高さから一階に階段を降ります。

       

       

      私は玉ねぎ箱を3箱重ねて抱えているため、階段がまったく見えません。かと言って、何度も上がり降りするのは面倒なので、一段一段、慎重に階段を降ります。

       

       

      台風の大風が吹いた日、ここの(丸くてフクヨカな)園長とこんな話になりました。

       

      園「Cさん、お疲れさま」

       

      C「うぇ〜。風がキツくて、階段を滑り落ちるところだった」

       

      園「あら、私が受け止めてあげたのに」

       

      C「アハハ。そりゃあ、照れるなぁ。園長も風に飛ばされんように」

       

      園「フンッ!!。私が飛ばされるわけ無いでしょ!!」

       

      C「あっ、いや。世の中、何が起きるか・・」

       

      園「見てみろっ!!。これが飛ぶかぁ?」

       

       

      そして、納品が終わって、帰り際。

       

      C「園長。飛ばされないとは思いますけどね。一度転がり始めたら、誰かがそれをですね・・」

       

      園「うん、それは言える。って、早く帰れっ!!」 

       

       

      さらに翌日。

       

      C「あっ、園長。ご無事でなによりです」

       

      園「こいつぅ。ご無事でなによりって、覚えてろよっ!!」

       

      覚えてると何が起きるのか。ライザップでエドはるみみたいになるのかな(笑)


      ウチナーンチュに「場合分け」の概念は無いのか?

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        猛烈な勢力の台風8号は、明日の朝、沖縄本島に最接近し、その後、先島を直撃する見込みです。

         

         

        明日、保育園が休園になれば、給食用の食材は不用で、配達もありません。開園するのなら、今日のうちに仕入れを始めないと、明日の配達に間に合いません。

         

        この矛盾を解消するために、保育園とは「休園する場合、当日の給食メニューは翌日にスライドさせ、翌日配達する」と取り決めをしています。そして、翌日に配達を予定していた注文はキャンセルになります。

         

         

        この原則は各保育園の調理師に概ね周知されていますが、中にはそれが頭に入ってない調理師もいて、ある保育園では、

         

        調「明日が休園なら、明日の納品をキャンセルして、明後日からは通常通りでいいんじゃない?。ねっ、それが分かりやすいでしょ」

         

        C「それはつまり、明日の仕入れをしろと言ってんの?、すんなと言ってんの?」

         

        調「それは明日の朝にならないと分からないわよ」

         

        C「じゃあ、仕入れはいつするの?」

         

        調「あっ、そうか。じゃあ、どうする?」

         

         

        また、ある保育園では、

         

        調「もしもし、まだどうするか決まってないのよ」

         

        C「と、言いますと?」

         

        調「相手が自然の台風だから、どうなるかによって変わってくるでしょ」

         

        C「どうなるかって、来るか来ないかの2通りじゃない。台風が来て休園になったら、どの日の注文をキャンセルするかを今日中に決めて下さい。来ないなら予定通り」

         

        調「明日ではダメ?」

         

        C「いいけど、それだと明後日の注文はキャンセルになるよ」

         

        調「えっ?、どうして」

         

        C「台風が来たから保育園は休みます。だけど貴方達は翌日の仕入れをしなさいって言うの?。暴風雨なのに」

         

        調「あっ、そうか。じゃあ、どうする?」

         

         

        また、相棒のAは、

         

        A「あっ、Cさん。台風が来たらよ、市場に野菜が入らん訳よね。だから、明日の分も明後日の分も、今日仕入れておこ〜ね」

         

        C「足りない心配ばかりしてるようだけど、余る心配はしないの?。台風が来たら必ずキャンセルが出るよ」

         

        A「あっ、台風は逸れるってよ」

         

        C「ば〜か。台風が来たら野菜が足らないって言っといて、余るだろって言ったら台風は逸れるんかい。俺はこの6年間、台風が来るたびに同じことを言ってるんだけど、覚えてる?」

         

        A「アハハ、しょうらったかな」

         

         

        ウチナーンチュには「場合分け」という概念が希薄で、物事を都合よく解釈する傾向があります。

         

        今回の例だと、台風がやや逸れたと聞けば、もう台風は来ないと思いたい。だから、台風が来た時の相談が面倒くさくなるのよね。

         

        まあね。どんな状況でも園児に昼ご飯をは食べさせなくてはいけないので、何とかするしかなく、結局は何とかなるのよ。だけど、備えあれば憂いなし。少しは考えろと言いたいわ。

         

        これで台風が逸れたら、相棒Aなんか、私に向かって勝ち誇った顔をするんでしょうね。今からAのドヤ顔が目に浮かぶようでムカつくわぁ。


        今朝の配達

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          今朝の配達はこんなことでした。

           

           

          (1)その時は電話します

           

          園児数の多い保育園なのに、今朝の納品はいつもの半分もありません。

           

          C「ありゃ、今朝はこれだけ?。何か注文が漏れてない?」

           

          調「ウフフ」

           

          C「ん?。ウフフか」

           

          調「その時は電話します。ウフッ」

           

          C「プッ!!。どうってことないか(笑)」

           

          調「ウフフ(笑)」

           

           

          (2)はぁ〜、ナンギ

           

          牛乳屋のオヤジが厨房に牛乳を運んできました。

           

          牛「はぁ〜、ナンギ」

           

          C「はぁ?」

           

          牛「あっ!!」

           

          C「そんな10キロや20キロで・・」

           

          牛「もっ、もっとあるさ」

           

          C「ほぉ、ほんなら代わったろ」

           

          牛「あっ、いや、わっ、ワンは牛乳屋だからよ」

           

          C「まあ、そう言うな。はい、代わったろ」

           

          牛「そんなナンギでもなかったかな。うん」

           

          C「(笑)」

           

           

          (3)フィジュルー

           

          保育園によっては、麦茶やアイスコーヒーを用意してくれてまして、大変ありがたいことです。(全部で出されても困るが)

           

          調A「はい、Cさんのコーヒーに氷をいれてあげて。あっ、そんな入れたらフィジュルーなるさ」

           

          調B「Cさん、どお?」

           

          C「ヌルーでいい感じ」

           

          調B「ギャハハ、ヌルーね。じゃあ、もっと入れる?」

           

          C「あっ、いや、これでいいです(笑)」

           

           

          (4)でーじヒッツやさ

           

           最近、配達中のプレイリストに加えたのが、平良真里子さんの「風になる」。

           

          このアルバム。ナイチのヒット曲をウチナー風に編曲し、ウチナー歌手がウチナー風に歌うもの。ひょっとしたら、オリジナルを超えてるんじゃないかと。

           

           

          こちらで試聴できます。


          試聴では途中しか聴けませんが、イントロは当然に三線が鳴り、「ハッ、ハッ、ハッ、ィヤササ、アテ!!」でございます。


          平良さんは我如古より子さんのお弟子さんみたいだけど、お店でリクエストしたら歌ってくれるのかな(笑)


          「LINEって(プッ)」

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            ある保育園の厨房で、若い調理師とこんな話になりました。

             

            調「料理長が冷凍ブロッコリーの値段を聞いてました。虫がついてたことがあって」

             

            C「了解です。後でLINEしますって伝えといて」

             

            調「えっ?。LINEって(プッ)」

             

             

            おい、おい。なんやねん、その呆れたような(プッ)は。そうそう、最後の(プッ)。

             


            オヤジがLINE使こたらあかんのかいっ!!

             

            あんな。今やLINEユーザーは1億人に近いんやで。赤ん坊は使おうにも使えへんから、日本人のほとんどがLINEユーザーちゅうこっちゃ。使ってないとしたら、年寄りくらいのもんやで。

             

            あっ!。それが俺やって言うとんのかっ!!

             

             

            あんな。言うておくが、オジさんはSOFT BANKが携帯を始める前の、ボーダフォンの更に前の、J-フォンの時代からのlongアンドheavyユーザーやねん。もう20年以上も携帯を使ってて、iPhoneに変えてから既に10年や。

             

            どうやねん。

             

            「その長さがオジぃ」って、あのな。

             

             

            youtubeで見たことあるやろ。若い奴らがバスケとかスノボとかやってるところにオジぃがやって来て。最初はわざと下手なふりをするんや。それがやな。そいつはオジぃに変装したプロやねん。で、本気出したら皆んなが腰を抜かすと。

             

            あれを今やりたいわ。

             

            「じゃあ、やってみろ」って、こいつ。LINEのプロなんかおらんやろ。もうええから、あっちに行け。

             

             

            悔しいわぁ。

             

            携帯に電話もろても運転中は出れへんし。この間は、つい電話に出たところをパトカーに捕まってから(泣)。

             

            LINEだとメモはいらんし、記録は残るし、いいことずくめなのよね。まあ、若い(俺よりも「若い」ね)調理師に「LINEしましょ」とこっちからは言えんから、先方が希望すればやけどな。

             

            LINEが仕事に役立つと主張するところがオジぃね。はい、はい。

             

             

            まあ、俺も。少し前に某青果店のお父さん(数えで89)がスマホを買った時は、鼻で「フンッ」やったしな。

             

            まあ、しゃあないか。いや、やっぱり腹立つわぁ(笑)


            アレルギー対応商品6種

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              一昨日のこと。朝の配達が終わり、相棒のAが保育園から追加の注文をもらってきました。

               

               

              C「お〜い、これはいつの納品かな」

               

              A「しょこに書いてあるさ」

               

              C「あぁ、3月28日までね。って、おい、明日じゃん」

               

              A「しょうね」

               

              C「そっ、それはいくら何でも。それはいくら何でもご容赦くらさい」

               

              A「なんね(笑)」

               

              C「大田さん」

               

              A「えっ、誰だったかな」

               

              C「これはアレルギー対応商品で、仕入れに時間がかかるのよ。しかも6種類。それを明日までにって、それはいくら何でも。おい、ニュースくらい見ろよ」

               

              C「しょの言い方を気にいってるんらね(笑)」

               

              A「まあね(笑)」

               

               

              以降はズブズブと負の連鎖を始めた八百屋のタワゴトでございます。

               

              アレルギー対応食品の品揃えが充実しているのはスーパーなら大規模店、専門店なら住宅地にあるような小規模店です。そこらを周りながら、扱ったことが無い6種類の商品を、定常業務の合間に一日で探すのは至難のワザ。せめて、2、3日はいただきたいところです。

               

              相棒のAが持ち帰ったパッケージ写真は追加注文用にプリントしたものではなく、調理師がおそらく園長(もしくは栄養士)から渡された資料の一部でしょう。明日必要なのは6種類それぞれ1パックずつ。「28日までにサンプルを集めなさい」と指示されたんでしょうね。プリントには「パッケージをよく確認して買いなさい」とか(調理師向けの)注意書きがあるし。

               

              さて、それらを集めようとした調理師でしたが、そこらのスーパーにあるはずがなく、ズルズルと時間が過ぎ、いよいよ明日が納期って日になって私に注文したと。

               

              しかも、6種類の商品は某青果店以外の業者が扱っている商品で、その業者に「明日じゃ無理」と断られたんでしょう。そこで「Cなら、何とかするやろ」と。頼りにされてると言えば聞こえがいいけれど、それなら指示を受けた日に言いなさい。

               

              で、次回から誰が納品するのかと言えば、そりゃあ、断った業者。

               

               

              C「ふざけんなっ!!」

               

              A「いっ、いきなりなんね」

               

              C「いや、貴方じゃありませんからご安心くらさい。よ〜し、みとれよ」

               

              半日で集めました。5勝1敗。メーカーが製造していても、沖縄に入ってない商品が一つありました。

               

               

              先程お断りしたように、この話は事実ではなく、八百屋がどう受け止めたかって話。まあ、全部が誤解ってことも無いでしょうから、グレーね、グレー。

               

              そして後日、この保育園の調理師から「あっ、Cさん。この間の商品を何処で仕入れたか教えてくれない?。参考までに」と連絡があれば、グレーがぐっと濃くなるって話でした。

               

               

              昨日の投稿で、隣の八百屋のニイちゃんに「何かあったんですか?」と言われたのはこのことでした。隣のニイちゃんは、何かあった時には店先のニンニクに話しかけてるみたいです。ウチの相棒Aなら人参の皮。二人とも、さすがは八百屋です。

               

               

              さて、何に話しかけようか(笑)


              卒園式の焼き菓子

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                 

                保育園の厨房に私が届けた食材は、いったいどう料理されてるのか。

                 

                保育園にはこのようにサンプルが置かれてまして、園児が何を食べたかを父兄が(八百屋も)見れるようになっています。

                 

                 

                父兄なら「あら美味しそう」みたいなことでしょうが、八百屋にとっては一つ一つの食材を自分が仕入れて配達してますから、リンゴのカケラでさえ愛おしい(笑)。主菜や副菜は「ほうほう、あれがこうなったか」と。

                 

                 

                さて、各保育園では卒園式のシーズンを迎えてまして、やっと人間らしくなった園児達が去り、来月はカルガモの雛みたいな園児ばかりになります。

                 

                ある保育園の厨房では、こんな焼き菓子が完成しました。一枚一枚に卒園児の名前が入っていて、卒園式で園長が手渡すようです。



                小麦粉、無塩バター、アーモンドプードル、パウダーシュガーなど、はい、すべてワタクシが(笑)

                 

                園によりますが、私は毎朝、園児達の様子を見ています。お母さんと離れるのが悲しくていつも泣く子やら、先生の言うことに必ず「はいっ!!」と返事する優等生やら、八百屋のオヤジに「もうオレンジはいいから、明日からはメロンにしてちょうだい」と命令する子やら。

                 

                3年間で大きく育ったカルガモ達を見送る気持ちは父兄の気持ちと似ています。いつか、小学生、中学生になった園児が「あい、八百屋のオヤジやっしぇ〜」と覚えてくれていたら、なお嬉しい。

                 

                 

                ところで、さきほどの焼き菓子。左下の一枚だけ名前が入っていません。「あらどうしたの?」と思ったら、

                 

                 

                あっ、そうですか。いや、こりゃどうも。名前はヤスヒロだけど(笑)

                 

                甘々かと思ったら、適度で上品な甘さ。たいへん美味しゅうございました。これは園児達が(八百屋も)喜ぶはずねぇ。


                ホワイトデーの間一髪

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                   

                  昨日はホワイトデー。先月チョコをいただいた皆さんにお返しする、チョコの詰め合わせを買いました。

                   

                   

                  あっ、こんなに沢山のチョコを買ったのではなくてですね。写真は菓子屋の棚ね、棚。

                   

                   

                  昨日投稿したメルカリさんの保育園は調理師のレギュラー2名と応援1名の体制。バレンタインデーの週に休暇を取っていたメルカリさん以外の2人にチョコをお返しします。

                   

                  だが、ちょっと待て。それでは目の前にいる3人のうちの2人にチョコを渡すことになり、これは相当に「変なぁ」なりますね。そこで、大きな男である私は、メルカリさんにもチョコをあげることにしたのでした。

                   

                   

                  保育園に着くと厨房にはメルカリさんが一人だけ。おお、さすが大きな男には天も味方します。メルカリさんは静かにチョコを一つ貰って、残りの二つを預かってくれたらいいんです。

                   

                  C「一人だけ無いってのもナンだから持ってきた」

                   

                  メ「うわぁ、ありがとうございます。えっ、私はCさんに渡してなかった?」

                   

                  C「はぁ?、そう来るか。バレンタインデーの週はずっと休みだったじゃん」

                   

                  メ「そうだけど。後で渡して・・・、ないかぁ」

                   

                  C「まっ、来年はよろしく」

                   

                  さて、配達の帰り道。メルカリさんにもチョコを渡せて、自分の大きさに満足した私でしたが、突然、ある記憶が蘇ったのでした。

                   

                  後で貰ってました。アハハ。

                   

                   

                  笑いごとではありません。

                   

                  笑いごとではないものの、仮にですよ、私が二人にチョコを渡して、メルカリさんには渡さなかったとしますね。

                   

                  ひっ、ひえ〜!!。背筋が凍るじゃないですか。

                   

                  背筋が凍るものの、最悪の事態は免れました。とにかく、三人にチョコをお返ししたんです。

                   

                  今、私の中では、メルカリさんに申し訳ないって気持ちより、偶然とは言え、最悪の事態を間一髪で回避したことの安堵感のほうが上。いやぁ、良かった。

                   

                  良くないか(笑)


                  メルカリよ。メルカリっ!!

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                     

                    「ちょ、Cさんっ!!。どおっ!!」

                     

                     

                    「どおっ(笑)。いい赤だなぁ。可愛い、可愛い」

                     

                    「メルカリよ。メルカリっ!!」

                     

                    調理師さんが着用してるのは「保育士エプロン」。園児が喜ぶデザインです。彼女はよほど気に入ってるらしく、今日のお披露目相手は園長から八百屋まで(笑)

                     

                     

                    メルカリアプリのダウンロード数は国内6千万だそうで、スマホを使ってる人なら皆さんご存知のフリマサイト。ヤフオクなどの老舗サイトに登録者数では及ばないものの、アクティブユーザーの比率は高そうです。一日に出品される商品数は100万点とか。

                     

                    セシールなどの大手通販サイトと顧客の関係が1:nなのに対して、メルカリはn:n。6千万ユーザーが自分の得意とするカテゴリーで出品するので、ニッチな分野でも品揃えが豊富です。

                     

                     

                     

                    数日前のこと。彼女は自宅のソファかどこかで、ファッション誌の感覚でスマホを眺めつつ、突然、

                     

                    「これよ、これっ!!。絶対これっ!!」

                     

                    ってなって、このエプロンを力強くタップしたんでしょう。その様子が目に浮かびます(笑)

                     

                     

                    メルカリのヘビーユーザーは、例えば今の時期なら冬物衣料の中から「来年は着ない」と決めたものをメルカリに出品し、その売上で夏物を(メルカリで)買うそうです。

                     

                    それがさらに進化すると、例えば、引越しの概念が変わってきます。引越し費用を支払うくらいなら、家財道具の大半をメルカリで売り払い、転居先で(メルカリで)買い直す。それはもはや、引越す度にレオパレス。沖縄から本土に引越しする際(あるいはその逆)には、充分に検討の余地がありそうです。

                     

                     

                    「しゃ、写真を撮らせてもらっていいでしょうか?」

                     

                    「あら、いいわよ。どうぞどうぞ。首から下よ」

                     

                    「オケ、オケ。首から下ね」

                     

                    嘘をついてごめんなさい(笑)。一応、モザイクはかけておきました。

                     

                     

                    彼女は昨年の春からこの保育園に勤めてます。そして、私と初対面か2回目かで、

                     

                    「ねぇ、Cさんでしょ」

                     

                    この保育園に来る前から、私のブログの読者だそうで、「今度勤める保育園は、ひょっとしたら『沖縄の風景』に出てくる保育園ではなかろうか」と思ってたと。

                     

                    だから、写真を撮られた時に、こうなる覚悟はあったはずよね。たぶん(笑)


                    今週の保育園(2)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                       

                      (3)オムツタワー

                       

                      姪っ子の保育園とは別の保育園では、料理長(30代女性)が産休中。今週、無事に女の子が産まれたそうで、厨房でこんなモノが完成してました。オムツタワー!!

                       

                       

                      この保育園はウチのお客様の中でも園児数が最多。その上、近隣幼稚園の賄いも引き受けてるので、厨房は常に戦場です。

                       

                      その料理長は実に優れた人で、私が何かを説明すると、想定より一歩先の答えが返ってきます。そんな相手と打合せする時の爽快感ったら。

                       

                       

                      後任の料理長には若い調理師が抜擢されました。私はそのお嬢ちゃんが心配で心配で(笑)。何しろ、何を言っても返事は「はい」か「ウフフ」の二通り。どうなることかと思いました。

                       

                      C「あのね。よく聞いて」

                       

                      嬢「はい」

                       

                      C「仕入れで困った時は、こんなこと頼んで迷惑かなとか思わずに、いつでも、まず連絡して」

                       

                      嬢「はい」

                       

                      C「急な納品を他の業者さんに断られた時でもオッケー。普段、ウチが納めてない商品でも持ってくるから」

                       

                      嬢「はい」

                       

                      C「『どうしよう』なんて考えなくていいからね。どうするかはこっちで考えるから。わかった?」

                       

                      嬢「ウフフ」

                       

                       

                      ところが、このお嬢ちゃんが大変身したんですよ。他の調理師にテキパキと指示を出せるし、食材の注文はきちんと先を見通したもの。その働きぶりは料理長として充分ではないかと。

                       

                      これはひょっとして、頼りなさそうに見せかかけて周囲の協力を得ようとする、ウチナーイナグの戦略だったのかな。「わかった?」に答えた「ウフフ」は、「上手くいったわ、ウフフ」だったりして(笑)

                       

                       

                      料理長に就任して1ヶ月が過ぎ、先輩の出産祝いに皆でオムツタワーを作ろうとするなんて、余裕ができた証拠です。

                       

                      「iさんが帰ってこられるまで、なんとか頑張らないと」

                       

                      彼女を推した前料理長もそれを認めた園長も人を見る目があったってこと。一つ前の投稿に出てきた、員数合わせで保育士の出産をスケジュールしようとするボケ園長とは、問題解決へのアプローチがまるで違います。


                      まさに、雲泥の差。月とスッポン、大人と子供、提灯に釣鐘。ふん、ざまあみろってぇの。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM