保育園の厨房で楽しいゆんたく

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    保育園の調理師が、翌日や翌々日のメニューを頭に入れてるかと言えば、まったくそんなことはありません。当日の調理に手一杯で、午後のおやつが終わったあたりで、やっと「さて、明日のメニューは何だったかな」って感じ。

    そこで「あっ!!」ってなるのよね。

    だから15時頃から17時半頃までの間、私のスマホには、あれが足りないこれが足りないと電話やLINEが入ります。それが17時なら、私はお家でシャワーを済ませ、ビールを飲んでる時間です。

    私はね、朝5時半から働いているのだよ。2時間も3時間も後から働き始めておきながら、自分が帰る頃までCさんが働いてるわけがないでしょ。

    「少しは考えてみなさい」と言いたい。

    とは言うものの、電話でできるものは手配し、できないものは朝になって配達までの時間でなんとかします。



    さて、ある保育園の調理師はAさんとBさん。女性二人の仲良しコンビです(プラス補助が一人)。その保育園は午後の配達なので、私が納品する食材は翌日分です。

    今年4月のこと。外部の栄養士に委託していたメニューの作成を、栄養士の資格を持つAさんが担当することになりました。

    C「Aさんは栄養士の資格を持ってたのね。さっすがぁ」

    A「えへへ、まあね」

    C「で、『私がメニューを決める以上、もうCには大きな顔はさせない』って豪語したらしいじゃない」

    A「え〜っ!?。あぁ、Bさんか。だからそれは、ちょっと、そうじゃなくて」

    園長「あらCさん、いらっしゃい。どうしたの?」

    C「あっ、園長。Aさんがね。今月からメニューを決めることになったと。必要なものは隅から隅までバッシーとわかると。これまでは他の人が作ったメニューだったから何かと発注が漏れて、そしたらCに頼まなあかんと。頼む時には多少は下手に出とこうかと。ほんならCが大きな顔して持ってくると。これから私がメニューを決める以上、Cにはそんな顔は絶対させないと。まあ、そんなとこ」

    園長「あ〜ら、失礼ね。それでCさんが怒ってたのね」

    C「園長ぉ、何を言うてるんですか。私はもう、嬉しいばっかりで。これまでず〜っとこの日が来ないものかと、待ちわびてたんですよ。嬉しいわぁ」

    園長「あ〜、そうよね。本当にそうだ。Aさんにメニューをお願いして良かった。じゃあAさんもCさんも、よろしくね」

    A「アッ、アハアハアハ(笑)」

    C「ちょっと。ああは言ったけど」

    A「ありがと〜」

    C「さっき、検品しながらジャガイモや人参を見て『あ〜、明日はカレーかぁ』って言っただろ」

    A「あっ、言ったな(笑)」

    C「自分が決める以上は、隅から隅までバッシーっと」

    A「分かっとらんな(笑)」

    C「(笑)」


    明日の朝、うどんを20キロねぇ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      保育園が仕入先に注文を出す場合、避けるべきは注文漏れです。これが保育園によってバラツクのよね。ほとんど漏れない保育園があれば、頻繁に漏れる保育園もある。

      栄養士が決めたメニューには、食材ごとに園児一人あたりの分量が記載されています。その分量に園児数を掛ければ発注量が求まり、それを発注書に記入する。この手順はどこの保育園も同じです。

      ところが漏らす保育園は、いつまでたっても漏らすのよね。これはもう、調理師の人柄としか言いようがありません。


      さて、今朝のこと。注文を漏らすタイプの保育園から、うどんの追加注文がありました。明朝20キロ。

      「お客さぁん。無茶を言うてはあきまへんでぇ」

      と言いたくもなります。


      某青果店はうどんを照喜名製麺所から仕入れますが、あそこのうどんは受注生産です。明日出荷するうどんは昨日のうちにうどん粉を準備し、今日はガッチャンガッチャンとまさに製造中。

      そんなタイミングで「明日の朝、20キロなんとかなりまへんか?」と頼んだところで、照喜名オバぁに鼻で笑われるだけです。


      だから、こうなります。



      600gのうどんを34パック、私は今日のうちに買いまくるのですが、いったい何ヶ所のスーパーでレジに並ばなあかんのか。


      とは言え、調理師の言うことは何でも聞くのが私のモットーですから、それはそんでええんです。ところが今回は、な〜んか腹立たしい。と言うのは、その保育園は某青果店から麺類を仕入れてないのよね。

      だからね。

      調理師がうどんの注文を忘れてて、慌てていつもの製麺所に注文したけど断られ、それが私に回ってきたと。もう、それがミエミエで。

      あぁあぁ、知らんでぇ〜。うどんをスーパーで買ったら高くつくでぇ〜。園長に「何でうどんがこんなに高いのっ!!」って怒られるでぇ〜。と、色々な展開を想像して、私は気持ちを落ち着けたのでした。


      ところが、念のため計算してみると、スーパーのうどんが照喜名のうどんより安いやないの。あっちゃ〜。

      それを原価にして売値をつけたら、園長が「あら、今回のうどんは安いじゃない。次からはココに注文しなさいね」と言い出しかねません。

      さすがにそれは困るので、先ほど、某青果店のお父さんと密談し、売値は照喜名のうどんと同じにしようってことで話がまとまりました。

      差額は私の手数料ですよ。昨日のうちに注文してくれてたら、照喜名製麺所に電話するだけでおしまい。明日の早朝、照喜名ニィニィが配達してくれて、集金までしてくれる。


      嗚呼。私の今日の労働は、はたして世の中のタメになるのかな?。と言いたい。

      じゃあ、ブツブツ言い終わったことだし、スーパー回りを始めるか。はぁ、やれやれ。


      解消しない待機児童

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        那覇市の待機児童数は世田谷区、岡山市に次いで、全国ワースト3位だそうです。沖縄県は東京都に次いでワースト2位。

        私の顧客で昨年新設の保育園がありまして、初年度はガラガラでした。今年の4月は園児が定員一杯までガツーンと増え、納入量も増えるかなと覚悟していましたが、やや増えたかなという程度。

        実は、那覇市の認可保育園(90ヶ所)のうち50ヶ所が定員割れの状態で、701人の余裕があるそうです。一方、待機児童数は640人。

        足りてるじゃないですか。


        こんなイラストがありました。

        我が子を保育園に入れたいのに既に定員一杯で、途方に暮れるお母さん。ところがこのイラストは実態とは違いますね。保育園のキャパシティには余裕があるんですよ。


        保育園に余裕がありながら、待機児童が解消できない理由について、那覇市は地域のアンマッチと保育士不足を上げているようですが、そんな事情は全国どこの自治体でも同じでしょう。

        まず、保育園の定員を増やすことが重要なのは確かで、そこは那覇市も待機児童数を上回る定員を確保しました。それがどうして全国ワースト3位なの?

        問題はそこなんですよ。


        那覇市は面積が小さく人口が密集していますから、郊外の自治体に比べて地域のアンマッチは少ないはず。では、足りない保育士は何人なのか。那覇市はそれを把握していないようです。

        問題解決のためには、有効と思われる順に対策を講じることになりますが、ある時点からは網羅的な対策ではなく、しらみ潰しを行うべく戦略を転換することが普通です。

        どうやら那覇市はそこに踏み込んでない。つまり、670人の園児一人一人の事情を把握し、一人ずつ解消していくということができていないのですよ。

        なぁ〜んだ。簡単に言えば「横着すんな」ってことじゃないですか。


        鬼調理師への逆襲(笑)

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          某保育園の鬼調理師は今日も絶好調。私が朝の配達が終わって明日の段取りをしているとLINEが来て、

          「ごめんなさい。キュウリ1キロ、すぐに持って来て!!」

          キュウリを切ろうとしたらキュウリが無かったのね。そりゃあ大変だ(笑)。キュウリを届けて店に戻ったら、またLINEが来て、

          「おそれいりますが、昼の配達の時でいいので、ホットケーキミックスと粉チーズと天ぷら粉をお願いします。すみませんm(_ _)m」


          何をどうすれば、そんなに注文が漏れるのか、ひょっとしたら彼女は一生このままなのかもしれません。以降、彼女をT調理師(推定40)と呼びます。

          数年前、T調理師の息子さんがやってる部活でバーベキューが企画され、私は知念精肉店の全面支援の下、バーベキューセットの手配から食材調達まで請け負ったことがありました。

          知念を儲けさすつもりが、お母さんが上等なお肉を奮発してくれたので、おそらく知念はチャラ。一方、T調理師は他の父兄からお肉が美味しいと絶賛され、大きな顔ができたのでした。

          その数ヶ月後、T調理師は諸般の事情で今の保育園に移ることになりましたが、園長に某青果店を推してくれたので、ウチは新規顧客を獲得することができました。

          このように、私とT調理師は長期的には良好な信頼関係にありますが、日々の仕事では、私は彼女の単なるパシリです。でもまあ、園児に食事を提供することがお互いの役目ですから、私は言われた通りにするほかありません。


          さて、昼休みが終わり、私はT調理師の保育園に向かいました。

          C「『昼の配達の時でいいので』って何なん?。あたりまえだろ」

          T「あっ、そんなつもりじゃなかったんだけど」

          C「丁寧に言おうとしたのよね」

          T「そうそう、そうなのよぉ。ありがとうございます」

          園長「あっ、Cさん。ちょと相談なんだけど」

          C「はい、何でしょ」

          園「すぐ近くの保育園でCさんの話になってね。園長が是非、連絡が欲しいって言うんだけど、どう?」

          C「それはありがとうございます。ありがたいんですけど、私の相棒が戻るまではカツカツで」

          園「あっ、そうかぁ、そうよね」

          C「下半期スタートでしたらなんとかなるかもですけど、ちょとまだ見通しが」

          園「わかった。仕方ないわね。そこの業者さんが何も聞いてくれなくて、何かあると調理師がスーパーに走ってるんだって」

          C「あぁ、そういうことなんですね。あっ!!、Tさんを行かせますか?」

          園「えっ、どういうこと?」

          C「つまり、そこの業者に言うことを聞かせればいいんでしょ?」

          園「アハハ、わかった。そういうことね(笑)」

          T「ちょとCさん。何言ってるのよ」

          園「一ヶ月もあればいいかな」

          C「そりゃあ、充分かと」

          T「ひど〜い」

          C「もしくは、先方の優しい調理師に来ていただいて、Tさんを教育してもらうか(笑)」

          園「あっ、Cさんはそっちがいいかもね(笑)」

          T「勝手に話を進めないで下さいよぉ」

          C「申し訳ありません。残念そうにしてたとお伝え下さい」

          園「わかったわ。ちゃんと言っとく」


          こちらは、私が住むアパート前に咲く名も無き花。



          毎年、この時期に花を咲かせるので、地下の根っこは生き延びているんですね。

          この電柱は、ゴミの日のゴミ置場になっているため、私は花を避けてゴミ袋をそっと置くことにしています。

          おお、今日の投稿はなかなか美しく終わったか?(笑)


          某保育園の鬼調理師

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            相棒のAがいなくなった月曜日。午前中の仕事がやっと終わった頃、某保育園の調理師からLINEがありました。



            この保育園は午後一番の配達先で、私は13時に店を出ます。ところが今の私は昼休み(11:30〜13:00)。

            「ふ・ざ・け・ん・なっ!!」ちゅうねん。

            こいつは、

            「昼休みに仕入れして、昼ご飯は配達の後で食べなさい。休憩はしなくていいです」

            と、言うとるわけですわ。この私に。

            これは鬼。人の姿をした鬼女です。



            私の返信に、そのあたりの怒りが込められていることを感じていただきたい。


            そして、昼休みが終わる10分前。店に戻ったら、読者の西谷さんが差し入れを手に、私を待ってくれてるじゃないですか。相棒Aの離脱で苦戦中の私を励ましてやろうと。

            クーーッ!!。これは神。人の姿をした神男です。

            西谷さん。バタバタで申し訳なかったけど、本当にありがとうございました。


            さて、神の出現により私の怒りはやや収まり、できるところはなんとかしたろうかって気持ちになりました。

            まず欲しいのは米だはず。途中でAプライスに寄って、ついでにドレッシングも。マヨドレは湧田にあるから、先にもらっとくか。と考えていたら調理師からLINEがありました。

            「お米は今日でお願いします」

            ふん。分かっとるっちゅうねん。

            そんで、ふく薬局のマスクとみつわ産業の検食袋は明日。


            10分遅れで保育園に着きました。

            C「ちょっと、そこの貴女」

            調「はっ、はい」

            C「園児のお昼を配膳して、やれやれ終わったか。左手で右肩を揉みながら、え〜っと、昼からは何だっけ?。あっ、お米が無いっ!!」

            調「アハハ、正解!!」

            C「その、一つ終わってからでないと次を考えられない思考回路は、何とかなりませんか?」

            調「ごめんなさい。これからは朝一でチェックします」

            C「そのセリフは何度も聞いた気がします。今日は特別に園長先生から年長組に『相手の立場で考える』って話をしてもらいますから、貴女も一番前で聞いておきなさい」

            調「はい、わかりました(笑)」

            C「では私はヤギの保育園に向かいますので、これで」

            調「あっ、入口をお開けします」

            C「はい、どうも。あっ、それからもう一つ。LINEで送ったメッセージが既読になったからと言って、それで会話が終わりではありません。スマホをカバンに入れるのは返信の後にして下さい」

            調「うっ(笑)」


            別れ話がこじれたか?

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              ある保育園の厨房で。



              調理師「あらぁ、牛乳頼んじまったかぁ。もう牛乳は持って来ないでっ」

              C「ずっとね?」

              調「ううん、明日だけ」

              C「それがなんで、部屋に来た男を追い払うみたいな言い方になるの?」

              調「アハハ。『もうここには来ないで』みたいな?(笑)」

              C「じゃあ明日の牛乳はキャンセルね。明後日は本数が書いてないよ」

              調「それはまだいい」

              C「プッ、大丈夫ね?。そりゃあ明後日の牛乳はまだいいやろな(笑)」

              保育士「なあに、なあに?。別れ話がこじれてんの?」

              調「そうなの(笑)」

              C「あのな。今の話は、今日の牛乳はいらなかったのに頼んじゃったの。だから明日のはキャンセルね。明後日のはまだいいの。だろ?」

              保「それがどうして『もう来ないで』なの?」

              C「お〜、分かってくれてるねぇ」

              園長「Cさん、どうかしたの?」

              C「いや、ちょっとコミュニケーションをとりにくい調理師がいまして(笑)」

              調「え〜〜!!。言い方がちょっと変だっただけなのに」

              園「間違いが無いようにお願いね」

              C「ありゃ。園長、どうかしました?」

              園「どうして?」

              C「いや、いつものハジけた感じが・・・」

              調、保「アハハ。わかるぅ〜!!」

              園「そうなの。園長2年目ともなると、もっと"らしく"しなさいとか色々言われたりして・・」

              C「園長としての威厳を・・」

              園「そうそう」

              C「じゃあ、ありがとうございました。皆さん、また明日」

              園、調、保「お疲れ様〜」


              そんで、明後日の牛乳は何本やねん。ちゅ〜ねん。


              絶対に許せん!!

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                この昼食を園児に食べさせてた園長!!



                絶対に許せん!!

                園長だけじゃないっ!!

                言われた通りに盛り付けした調理師、園児と一緒に食べた保育士、気付かなかった保護者。

                いったい、何をやっとるんだっ!!

                それからそこのお前、納品業者!!

                「気付くはず」とは言わん。「気付く」だろっ!!

                どいつもこいつも見て見ぬふりかいっ!!


                興奮したので、深呼吸、深呼吸。

                ある保育園の料理長Eさんは60代の女性です。久米島産の美人ですが、この人がまさに正義感のカタマリ。前に勤めていた保育園で、厨房に入ろうとした園長を入口で仁王立ちして阻止したことがあるそうで、それがいかにもって感じの人です。

                C「Eさん、姫路の馬鹿たれがっ!!」

                E「だっからよっ!!。考えられんねっ!!」

                C「姫路の保育園にEさんがいればねぇ」

                E「アハハ、まかせてちょうだい!!」

                C「今頃、園長はボコボコにされて『もうしません』って泣いてるやろな」

                E「Cさん、ニュースを聞いて私を思い浮かべたでしょ(笑)」

                C「おおあたり。悪いのは園長だけじゃないよねぇ」

                E「ウチは大丈夫よ。安心してっ!!」


                Eさんに言われるまでもなく、ウチのお客様は安心です。タマネギ箱で運ぶ商品のずっしりとした重さが、昨日、今日とまったく苦になりません。


                新規顧客をどうしゅるか

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  来月開園する保育園から仕事の引き合いがあり、今日の午後、保育園の運営会社と打ち合わせの予定です。

                  小禄地区の配達ルート上にあり、小規模な保育園なので私は乗り気ですが、某青果店のお父さんは難色を示しています。経営者としては、当然、大規模な保育園が望ましいってことですね。ところが、大規模な保育園を顧客に加えることには私が難色を示すので「どうしゅるか」(笑)

                  アマゾンを顧客にしたクロネコがえらいことになってますが、規模は違えど理屈は同じ。リソースも無いのに仕事を増やしても、既存の顧客に迷惑をかけるだけです。結局、お父さんが折れ、特に問題がなければ先ほどの小規模保育園と契約の見込みとなりました。


                  さて、今日の打ち合わせの見通しですが、私には心配があります。相手はナイチの会社で、自ら保育園を経営するのではなく、保育園への業務支援を生業としています。そして、今回の契約を、契約書ではなく某青果店に誓約書を提出させることで締結する意向のようです。

                  今日の打ち合わせは、その誓約書の内容確認なのですが、どうも「使ってあげる」感が匂います。もしそうならば、この話は無くなり、その結果はお父さんを喜ばせることになるでしょう。


                  乙が甲にサービスを提供し、甲は乙にその対価を支払います。その場合、乙は甲を「お客様」と呼びはしますが、立場はジャストイーブンです。お客様にペコペコする人はその反動で仕入先に偉そうにしますね。私はお客様にペコペコする気はサラサラ無く、一方で、仕入先に偉そうにする気もありません。私の経験則によれば、そのほうが仕事が上手くいきます。


                  私は保育園の厨房に食材を届けることだけが仕事とは考えておらず、保育園の園児達にメニュー通りの食事を提供することが仕事と考えています。

                  注文された食材を厨房に届けることが私の仕事なら、仮に調理師が注文を間違えて食材が足りなくなっても、それは私の責任ではありません。ところが、それでは園児の食事が揃わないのですよ。であれば、厨房を離れることができない調理師に代わって、不足の食材を私が調達してくるのは当然です。



                  つまり、私と調理師は向き合っているのではなく、共に園児を向いているということ。そこを理解できる調理師なら信頼関係が築けるし、「私が客なんだから、貴方がなんとかしなさいよ」と言われれば、そうはなりません。


                  さて、私はどんな誓約を求められるのか。甲が乙に誓約を求めるのなら、乙も甲に誓約を求めることになりますね。

                  「注文された食材はすべて間違い無く揃えます」と誓約しろと言うのなら、「注文を間違えて食材が足らなくなっても、自分達で何とかします」と誓約いただきたい。

                  そんなことでは上手くいかないってことです。


                  園児のひとこと

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    (1)女の子

                    「ねぇねぇおじさん。明日はカレーにしてちょうだい」


                    「ユカはマスクをしてますが、風邪はひいてません。じゃあどうしてマスクをしてるんでしょ〜か」


                    「ミカはオレンジが嫌いって言ったのに、どうして持って来たの?」


                    「おじさん。ミサキは昨日、おうちでソバ食べたの。でも大好きだから食べてもいいよ」


                    「メイは箱の上で寝てしまいました。箱を運びたいのなら、メイと一緒に運んで下さい。グ〜〜」


                    「あっ!!。今日はおヒゲがないっ!!」


                    「おじさん。いつもお野菜とか運んでくれてありがとう」





                    (2)男の子

                    「エ〜、オジィ〜。ギャハハ!!」


                    「エ〜、なんだよぉ。やるのかよぉ」


                    「お〜、やったぁイチゴだぁ」


                    「あっ、リンゴだ!!。アポ〜ぺェ〜ン。ギャハハ!!」


                    「小さい箱、あったらちょうだい。ねぇ、無いの?」


                    「おじさん、これ捕まえた。なんねこれ」


                    「アガッ!!」


                    「アッガ〜〜ァ(泣)」


                    グチ、グチ、愚痴、グチ

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      某青果店は11ヶ所の保育園に食材や雑貨を納めていますが、時々、注文漏れがあります。

                      例えば、トマトソース、トマトペースト、マッシュルーム缶、粉チーズなどが注文書に記載されていれば、メニューは明らかにスパゲティ。ところが麺の記載がありません。

                      それを配達前日までに気付けば、もちろん保育園に問い合わせますが、当日の朝気付いた場合は調理師が出勤前なので連絡がとれません。そんな時は受注履歴を見て、必要であろう量の麺を仕入れて配達します。

                      調理師のミスをカバーしたことになるので喜んでもらえますね。ところがですね。確かに喜んでもらえますが、一般論として、客の意識は違うところにあるのですよ。

                      つまり、

                      「この注文書を見ればスパゲティに決まってるじゃない。麺の注文が無いことに気付いて当然よね」

                      というもの。

                      ウチの客がそうだと言ってるのではなく、客の意識はそんなところにあると思っておいたほうが良いということですね。


                      私の場合、注文漏れに気づくのは3割程度だと思いますが、それでは顧客満足度は「並」です。何故か。

                      「はい、美味しそうなソースができました。さあ、麺を茹でましょう」と思ったら麺が無い!!」

                      調理師にとっては一見ピンチですが、私に電話すれば、なんとか昼食に間に合うように麺が届くんです。だから、注文を漏らしても調理師にリスクは無いということ。

                      その時、

                      「Cさん。お願い。助けてっ!!」

                      とでも言っていただければですね。

                      「任せなさい。用件を聞くまでもなくオッケー!!」

                      と言いたくもなります。

                      ところが、それで当たり前。もしくは、某青果店の売り上げになるんだから、Cは喜ぶだろうと思われてるフシがあるのよね。


                      相棒のAとこんな話になりました。

                      A「Cさん。ウチの客はよ。店にしゅごく大きな倉庫があってよ。しょこに何でもあると思っているのかな」

                      C「思っとるな。どんな商品でもな、ボタンを押せば出てくるわけよ」

                      A「してから、ワンやCさんはよ。店で暇して、ボ〜〜っとしてると思ってるはずね」

                      C「そうだろうな」

                      A「どうしゅるかね」

                      C「だから店に大きな倉庫を建てて、俺らはボ〜〜っとしとけばいいじゃん」

                      A「配達はどうね」

                      C「佐川かクロネコに頼めばいいじゃん」

                      A「しょんなことしたら大赤字さぁ〜ね」

                      C「アホやな。車は買わんでいい。ガソリン代はいらん。保険代もいらん」

                      A「したら、クビになるさ(笑)」

                      C「ええやん。グチを言わんで済むじゃん」

                      A「ハーッシ。さて、仕事でもしゅるかな」

                      C「(笑)」


                      注文漏れの5割に気付くようになれば状況は一変し、客は某青果店から離れようにも離られなくなるんですけどねぇ。

                      いい方法があるんだけど、それにはお金がかかるのよねぇ。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM