国場のアパートとその住人

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    国場と仲井真の境界付近の写真です。

     

     

    国場川から国道507号線までの平地はかつての河原。そこから貯水タンクに向かう急斜面の途中に私のアパートがあります。両側の丘に挟まれて、大昔に土砂崩れでもあったかのような地形です。

     

     

    私のアパートは2階に3部屋があり、西側の部屋にオヤジが住み、東側の部屋にもオヤジ(私)が住んでます。真ん中の部屋は大家の物置で、二人のオヤジの緩衝帯になっています。西側のオヤジは夜の仕事で、ほとんど会いません。

     

    外階段は西側にあります。1階西側の部屋には数ヶ月前から誰かが住んでいますが、会ったことがありません。窓の内側にかけてある服は女性用。

     

    早朝、私が出勤する時に部屋の灯りが点いていることがありますが、外階段の下でバイクのスタンドを倒すと、その音に反応して灯りが消えます。きっと、誰とも関わりたくないんだろうなと思います。

     

     

    1階の残り2部屋は繋がっていて、去年の春までは大家の婆さんが住んでました。仕事から帰って来たら、私はバイクを押して、大家の部屋の前の小さな庭を通ります。婆さんはそれに気づくと、必ず話しかけてきました。

     

    気づかれずに庭を通り抜けたとしても、次の日に「何故昨日は知らん顔をしたのか」から始まるので話が長くなるだけでした(笑)

     

     

    去年の春に婆さんは施設に入り、今は親戚の若い男が住んでます。彼とも滅多に会いません。

     

    実に寒々とした人間関係のアパートですが、私にとっては快適そのもの。静かなホテルの一室にいるような気分です。

     

    これで波の音が聞こえた最高ですが、そんな音は聞こえません(笑)


    自宅アパートの様子

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      私が住んでる、オンボロながらも眺めだけは良いアパート(^-^)/

       

       

      写真左端。給水タンクが見える丘は南風原町の高津嘉山。飛び安里が滑空に成功した丘です。

       

      その直ぐ右の奥。地平線に見える高い丘は南城市玉城。糸数グスクがある丘です。

       

      写真中央やや右。黄色い看板がサンエー津嘉山シティ。その奥の低い丘は八重瀬町東風平。


      そして写真右端。なだらかな斜面は豊見城市で、その奥が糸満市武富です。

       

       

      私の部屋は南東向の角部屋で眺めが良く、したがって陽当たりも風通しも良く、最高のコスパです。ところが、他の部屋はいずれもイマイチ。

       

      これで同じ家賃なのは申し訳ない。にもかかわらず、私が越して来た時に、空き部屋はここだけでした。

       

      「はっはぁ、何かあるな」って思う人もいるでしょう(^^)

       

       

      沖縄にはその方面にスルドい人が多く、部屋の隅を指差して「あそこにいる」とか言うのよね(^^)。「言われたほうの身にもなれ」と言いたい。まだ言われてないけど(笑)

       

      とは言え、何かがいたとしても、私はその存在に同情的です。

       

      もし、この世に思いを残しているのなら、彼女の望みを真摯に聞いてあげたいし、思いの丈を語ることで、成仏できるかもしれません。

       

       

      「なんで、勝手に彼女やねん」とのご指摘もありましょうが、男はちょっとね。特にオッさんは駄目よ。

       

      最初は素直に相手の話を聞くものの、そのうちに「おまえ、それは違うやろ」とか言い出して喧嘩になるのがミエミエ(笑)

       

       

      今のところ、私の部屋に同居してるのは、どこかにいるはずのヤールーと、キッチンの折鶴蘭。「どこが蘭やねん」ではありますが、部屋に緑があるのはいいことです。


      断捨離、断捨離

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        普段は4時半起床のところ、今朝起きたら驚きの6時。3年ぶりくらいに寝過ごしました。もちろん仕事は遅刻ですが、毎週金曜日は配達量が少ないため、配達の出発時刻までには帳尻を合わせました。

         

        実は今夜から日曜日までナイチから来客がありまして、この1週間、私は部屋の片付けに忙殺されていました。ブログの更新が滞り、芹澤さんの本も読めない毎日(泣)

         

        昨夜、ようやく片付けが終わり、その安心感が私を深い眠りにつかせたのではないかと(笑)

         

        かなり思い切った断捨離を実行した結果、私の部屋は美しくなりました。ホテルは無理としても、小綺麗な民宿みたいにはなったでしょう。

         

        確かに、心がスーッとするわぁ(笑)

         

         

        では、私は空港へ向かいます。

         

        皆様、良い週末を。


        昨夜の満月と木星

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          昨夜の満月です。右下の雲の中に木星がいます。

           

           

          そして、今朝の満月。木星は左下にいます。

          昨夜から今朝にかけて、木星が満月に寄り添うように移動してたんです。

           

           

          地球から見て、太陽とは反対側に惑星があることを「衝(しょう)」と呼ぶそうです。木星が太陽の向こう側にある時、地球と木星は最も離れていて、衝の位置で最接近します。

           

          つまり、昨夜は木星観測には絶好のチャンスだったということ。双眼鏡があれば木星の模様や、衛星などが見えたそうです。

           

           

          それにしても木星のデカいこと。この球体に地球が1,400個入るそうです。

           

           

          木星はガスで形成されている惑星です。真円ではなく横長の楕円に見えるのは、自転の遠心力でガスが膨らんでいるため。気流やその温度差で表面に模様ができています。

           

          そして木星表面にある口内炎みたいな渦(右下部分)が大赤斑(だいせきはん)。台風と同じ原理で形成されるようで、気流と気流の間で渦巻いています。

           

           

          木星観測ではガリレオ(1564-1642)が有名ですね。望遠鏡を使って表面の模様を観察したり、衛星を発見したりしました。400年近く前のことで、彼が主張した地動説が認められていない時代です。

           

          先ほどの大赤斑が発見されたのは1664年のことでした。ガリレオが見落としたのではなく、ガリレオの没後の木星に大赤斑が発生したということ。350年前と言えば、薩摩藩の琉球侵攻のすぐ後です。以来この台風モドキは消滅することなく渦を巻き続けています。どんなメカニズムなのか、私にはまったく訳が分かりませんから「さすが」と言っておきましょう(笑)

           

           

          まあ、何でもかんでも説明できてしまうと、夜空を見上げて色々と想像することも少なくなるでしょうから、ボイジャーみたいな惑星探査機を飛ばしつつ、緩やかに謎が解明されるぐらいで丁度いい気がします。

           

          しかし、双眼鏡は用意しておくべきだったか。


          大家のオバぁが・・・

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル 

             

            階下に住んでる大家のオバぁがとうとうボケてしまいました。

             

            先月までは普通に会話できていたのに、この一ヵ月でおかしなことを言い始め、様子を見に来た息子が、施設に入れることを即決しました。

             

            一人暮らしのオバぁは、この一ヵ月、何を考えていたんでしょう。自分が壊れてゆく自覚はあったのか。




            例えば、買物に出かけたものの、自宅への帰り道がどうしても思い出せないって日を、私も経験するんでしょうけど、孤独でしょうねぇ。私の内面には誰も入ってこれませんものね。

             

             

            さて、どうするか(笑)

             

            どうするかって、これまで経験したことが無いほどの難問だな、これは。


            面倒くさぁ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              先週、久しぶりに散髪しました。私は散髪が嫌いで、できることなら一生やりたくないくらい。面倒くさいのよね。とは言え、周囲の人達に「こいつ鬱陶しいな」と思われるのは嫌なので、仕方なしに散髪屋へ。

              散髪の翌日は会う人会う人、例えば30人に会ったとすれば30人から「あら、スッキリしたわね」と言われました。皆さん口にしないだけで「こいつ鬱陶しいな」と思ってたってことね。

              あっ、そうそう。園児たちが「おお〜、カッコいい〜」と言うので、「君達もおじさんのようになりなさい」と言っておきました(笑)


              散髪屋のオジぃにジョキジョキやってもらいながら「白髪が増えたなぁ」と感じたので、白髪を目立たなくするリンスを買ってきて、ただいま試行中。



              5回目あたりから効果が現れるそうで、今夜がその5回目。さてどうなるか。

              上の写真はリンスを流す前の状態。5分以上は我慢して、その時間が長ければ長いほど効果があるとのこと。そこで私は夕食前にリンスして、食後に流すことにしました。ところが、それだとシャツを着れないから、食事中は上半身裸なのよね。いやぁ、ここが沖縄でなによりです。


              ところで、このリンス。使用をやめるとすぐに元に戻るそうで、元の木阿弥。だからこの先、ずっとこれを続けなくちゃいけないってことよね。

              面倒くさぁ。


              大家のオバぁの話

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                私の住むアパートは二階建て。一階の3分の2を大家で一人暮らしのオバぁが使っていて、貸室は一階に1室と二階に3室あります。



                アパートの東側が道路で、外階段がアパートの西側にあるため、帰宅した私はバイクを押しながら小さな庭を横切ることになります。

                大家の部屋のカーテンが開いていれば「いますよ」の意味。大家がいれば顔を出し、一言、二言、話したがるので、私はバイクをゆっくり押します。「優しいのね」と思われたかもしれませんが、さっさと通り過ぎても呼び止められるので、引き返す手間を省いてるってこと(笑)


                大家の話は、留守をした私への抗議が多く、

                「日曜日はずっと留守してたでしょ。ウチは恐くなって息子の家に行ったわよ」

                とか、

                「昨夜は遅かったわね。また、ウチを部屋に閉じ込めようとしてから」

                などというもの。

                高齢と腰痛で外出がままならず、外出するのは送迎付きのデイケアと週末に息子夫婦との買物。昼間は人気のないアパートに一人ですから、心細いのだと思います。「部屋に閉じ込めた」って言うのは、戸締りを厳重にしたくらいの意味でしょう。


                家賃の支払い日。私は家賃と通帳を持参しますが、2分で終わるところが15分はかかります。家賃の対象月、今日の日付、家賃の額などを一つ一つ確認しながら記入する上に、間々で生まり島(石垣)の思い出やら、早く亡くなった亭主への愚痴やらが入りますからね。

                やっと通帳記入が終わり、最後に捺印しますが、大家はいつも朱肉のフタを開け忘れ、印鑑をぶつけて私を笑わせてくれます。


                最近まで、大家の隣に同年代のオバぁが住んでいて、お互いが話し相手になっていましたが、このオバぁが施設に入るために部屋を出てしまいました。代わって入居したのが若い女性で、話し相手には不向き。それで私が、話しやすさ第一位に昇格したようです。


                ある日、カーテンが閉まっていたので素通りすると、後ろで物音がしました。振り返ると。



                いつもこいつにはギョッとさせられます。

                こいつって電気メーターですが、大家が顔を出す高さと同じところにあり、大きさも似てるのよね。

                「一度ギョッとしたら、次からは大丈夫でしょ」と思うかもしれませんが、ギョッとするものは仕方ないでしょ(笑)


                塩を盛ってみた(^^;

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  思うところがあり、自宅玄関の土間に塩を盛ってみました。



                  このところ夜中に目が覚めることが多く、眠りが浅いためか毎晩夢を見ます。またその夢が殺伐としてること。


                  沖縄では良くも悪くも霊の存在が話題になることが多く、その方面に明るい人達が沢山います。そのうちの一人を私の部屋に連れて来たら、きっと「あそこに一人と、向こうにも一人」とか教えてくれることでしょう。確かに私は、そこら中の井戸やらお墓やら御嶽やらをくまなく歩いているので、一人や二人は連れて帰ってる可能性はあるのです。

                  夜中に起こされてもかまいませんが、人を起こしておいていなくなるのはやめなさいと言いたい。それから、目覚ましが鳴る20分前ではなく、「まだ3時間は眠れる」あたりで起こしてくれるとありがたい。


                  本来、私は霊に対する恐怖心が少なく、部屋に霊が現れたら「何が不満なのか言ってみなさい」と相談に乗ってあげたいくらいです。ところが最近は、霊が存在するとすれば、それは自分の内なる精神を現実空間に投射したものではないかと考えるようになりました。だとすれば霊は自分自身なのですね。

                  塩を盛ってみたのは、霊を追い払うと言うよりは、気持ちを落ち着かせる効果があるのではないかということ。塩を盛るにもそれなりの手順と様式があるようですが、私の場合は自分が納得すればそれでよろしいのです。

                  まだ二、三日のことなので確証はありませんが、どうやら効果がありました。目が覚める回数が明らかに減り、昨夜は久しぶりに、実に心温まる夢を見ました。


                  冬の沖縄は日照時間が少なく、どんよりとした天気が続きます。ピカーンと晴れて青空が広がるってことが少ないので、そのあたりも関係してるのか、してないのか。

                  ただ単に、寒くなったからだったりして(笑)


                  大家のオバぁときいやま商店

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    私が住む坂の上のアパートは二階建て。一階に住む大家は80歳代のオバぁで、一人暮らしです。


                    石垣島の生まれと聞いて、きいやま商店を知ってるかと尋ねたら、実家が近所できいやまのオバぁと親しいとのこと。



                    もちろん、私が尋ねたのはこちらのきいやま商店です。

                    C「じゃあ、亮作(リョーサ)や将人(マスト)を知ってるの?」

                    オ「ああ、崎枝の孫でしょ。知ってるよ」

                    C「スミオオジぃは?」

                    オ「えっ?、貴方、どうしてそんなことまで知ってるの?」

                    話は噛み合っていませんが、楽しい会話です。


                    大家のオバぁはこのところ腰痛に悩まされていて、横になる時間が長くなってるようです。

                    私の携帯番号をメモして渡しておきました。また、オバぁの息子夫婦にも知らせておくようにと。

                    何かの役に立つことがあればと思いついたのですが、まあ、オバぁの喜ぶこと。

                    「本当はね。教えて欲しかったんだけど、言い出せなくってね。ありがとう。ありがとうね」

                    だからって、泣くなよぉ(笑)


                    こちらは、きいやま商店のセカンドアルバム。



                    このアルバムに収録されてる曲が「頑張れ!スミオおじぃ」。スミオおじぃは三人の叔父さんです。念のためね。


                    59歳なりました

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      今日は私の誕生日。59歳なりました。

                      LINEやメールのメッセージ、ありがとうございます。

                      さて、誕生日を祝いまして、アパートの屋上に上がりました。

                      私の部屋がある2階から階段がありまして、



                      そして、こう。



                      行き止まりってことは、むやみに屋上に上がってはいけないのですね。


                      大家のオバぁは足腰の衰えもあり、よほどの用事が無ければ2階には上がってきません。従いまして屋上は出入り自由です(笑)。

                      南風原町津嘉山の街並みと、背後は南城と八重瀬の丘陵地。



                      せっかくですので、パノラマ写真も撮りました。




                      「よしっ!!、頑張るぞっ!!」


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM