コロナウィルスの状況

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    5月1日以降、沖縄県のコロナウィルス新規感染者数は0。ゴールデンウィーク期間中の感染者がこれから顕在化するかもしれませんが、一応、落ち着いています。

     

     

     

    (1)沖縄県庁の様子

     

    沖縄県庁の職員はコロナウィルスに関係する医療従事者に対して、毎日決まった時間に拍手をするんですって(^^)

     

     

    医療の現場で防護服や医療用マスクは足りているのか。勤務時間の超過は許容範囲内にあるのか。いわれのない差別や偏見は起きていないのか。

     

    県庁はきちんと役割を果たした上で、拍手をしてるんでしょうか?

     

    医療従事者から「拍手はいいから、マスクをよこせ」と声が上がっても拍手は続けるんでしょうか?


    わざわざ面倒なことをしますねぇ。

     

     

    (2)那覇市役所の様子

     

    先日、那覇市は10万円の給付開始が6月末から7月になる見通しだと投稿しました。

     

    そこで、少しでも早く給付を受けたいと考えた多くの市民が、マイナンバーカードの申請に詰めかけているそうです。ところが、マイナンバーカードを手にすることができるのは2ヶ月先だそうで(^^)

     

    どうですか。「市民の思うようには決してさせない」と、そのポリシーを貫く那覇市役所(笑)

     

    「沖縄の時間はゆっくり流れる」

     

    それを体感したい観光客の皆様は那覇市役所へお越し下さいませ。

     

     

    (3)休業補償

     

    連休中、那覇はシャッター街になりました。

     

    多くの店舗が休業してくれたおかげで、人の往来が減り、コロナの感染者数を抑制することができました。店主の皆様には、心から感謝申し上げたい。

     

    一方、何の補償も無い状況で、よく休業を決心できたものだとも思います。

     

    私が店主なら、行政に損害賠償請求の訴訟を起こすか、そこに勝機が無いのなら営業を続けるだろうと思います。

     

    やむを得ず営業を続ける店舗に嫌がらせをする市民がいるそうですが、クソですねぇ。この紙を貼った人の正義とは、どんなものなんでしょう。

     


    休業できなかった空港のショップ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      ゴールデンウィークではありますが、沖縄は休業中です。

       

       

      4月7日に7都道府県に、14日には全国に緊急事態が宣言されました。それでも那覇空港国内線ターミナルのショップ(レストラン、売店等)は全店営業してたんですよ。驚きますねぇ。

       

       

      沖縄県の感染者数が急増していた時期で、感染を恐れたショップが休業を申し入れましたが、那覇空港ビルディングがそれを認めなかったんです。

       

       

      ショップは営業を続けるしかありませんでした。休業を強行すると、来年度の契約を更新してもらえない可能性がありますからね。

       

       

      空港施設は公共サービスですから、空港が閉鎖されない限り、ショップは営業しなくてはいけません。だから、台風の暴風雨の中でも店を開けます。

       

      しかしね。台風とコロナは違うでしょ?。優先するべきはショップで働く従業員のステイホームで、そのための緊急事態宣言じゃないですか。

       

      それからもう一つ。沖縄県知事が頭を下げて来島自粛を訴えてる側で、空港の全ショップが観光客に「めんそーれ」では困るんですよ。

       

       

      そんな中、琉球新報がこんな記事を書きました。

       

       「感染怖い、休めない」那覇空港の店員悲鳴 ビル運営会社が認めず 

       

      そしたらその翌日、那覇空港ビルディングは急遽、全ショップの休業を認めたんです。

       

       

      琉球新報の記事を読んだ県庁幹部が、那覇空港ビルディングにショップの休業を指示したんでしょう。

       

      那覇空港ビルディングの社長ポストは県庁幹部の天下り先ですから、前例主義にこだわる彼らでも、県庁の言うことには従うんですよ。

       

      琉球新報の記者はナイスでした。それから、県庁幹部も一応ナイスだったけど、次からは記事になる前に動きましょうね。遅いよぉ。


      泉崎りうぼうの閉店

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        泉崎りうぼうが昨日で閉店しました。

         

        りうぼうは他のスーパーに比べて、やや上等な品揃え。この店を(仕入れで)頻繁に使うわけではありませんでしたが、他のスーパーに無い商品が置いてあるので、重宝はしてました。

         

         

        りうぼうは一昨年、自社の食品館としては最大となる古島マルシェを開店し、小規模店の古波蔵りうぼうを閉めました。そして今回の泉崎りうぼうの閉店と、店舗の集約を進めています。

         

        かねひでは小規模店をセブンイレブンに置き換える方針ですから、沖縄のスーパーは大規模店(AEONライカム、AEON那覇、サンエー&PARCO CITY、サンエーメインプレイスなど)を中心に、中規模店を要所に配置するフォーメーションになりそうです。

         

         

        スーパーの拡大に伴い、マチグヮーや地域の商店街が淘汰された時代が終わり、今はスーパー各社が経営効率化の名の下に小規模店の閉鎖を進めています。

         

        大(中)規模店の開店競争を続けるスーパー各社が「最後に勝つのは私だ」と思い込んでいる様子が不思議で、「最後はどうなるんだ?」と心配になります。

         

         

        AEONライカムでさえ、観光客の買物が売上の2割程度だそうですから、各スーパーの売上を支えているのは沖縄県民の家計。コップ一杯の水を奪い合う戦いが続いています。

         

        そろそろ、行政による大規模店の出店規制が必要だと私は思いますが、街づくりのビジョンが無いのが沖縄の行政です。例えば、普天間飛行場跡地の活用法として、これまでに聞いた話は、F1サーキット場とか、ディズニーランドとか(笑)

         

        何のビジョンも無ければ、マンション、ホテル、運動公園、大規模商業施設、まだ使える公共施設の移転など、飛行場の面積に到達するまで足し算を続けることになるでしょう。

         

        行政は「それは仕方がない」と言うかもしれません。わざわざ埋め立てた土地を、あるいは「返せ、返せ」と訴えた基地の跡地を、空き地にしておくことはできませんからね。「あーでもない、こーでもない」のところへ大規模商業施設が「店を出したい」と言えば、「ど〜ぞ、ど〜ぞ」になります。

         

         

        このままでは必ずどこかのスーパーが破綻するんですよ。そして、破綻に至る過程で中規模店を閉鎖し、買物ができない町が生まれると。「古波蔵にはスーパーが一軒もないじゃないかっ!!」と言いたい。

         

        これは本土の各地で何度も繰り返されていることで、沖縄でもマチグヮーや商店街が消えて、近所で買物ができなくなった経験をしています。

         

        だからやっぱり、そろそろ行政がブレーキをかけるべきではないのか?。という結論になりますね。普天間飛行場は明確な用途が決まるまで、原っぱにしておけばいいじゃないですか。元々、自分達の土地なんだから。

         


        泉崎りうぼうが閉まっただけで「どんだけ語るのか」とお思いでしょうが、それはきっかけね、きっかけ(^^)


        お金の使い道が公約になるのか

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          那覇市長選挙が近づき、候補者によるビラの投函が始まっています。

           

           

          この候補者のスローガンは「那覇市をパワーアップ」で、公約が「子供医療費の無料化」、「介護・福祉の充実」、「交通弱者のための無料公共交通」。

           

          公約はお金の使い道ばかりで、おそらくそこは他の候補者も同じでしょう。市の予算を一定とすれば、公約実現のためには、既存のサービスをやめることになります。

           

          言い換えれば、既存のサービスをやめれば、公約は実現できるってこと。そこには、公約実現のための努力と言うか、工夫が伺えません。

           

          言うておきますが「支出の無駄を省きます」みたいなことは、公約とは関係無しにやって下さいね。任期中、徹底的に無駄は省いて、次の選挙では、誰も迂闊に口にできないくらいにして下さい。それで普通なんですから。

           

          「公約実現のために無駄を省きました」なんて、筋が違うってものです。

           

           

          つまり、どの候補者にも「稼ぐ」という視点が無いんですよ。つまり税収アップ。例えば、観光客がたまたま増えても、利益は外資やナイチの資本に吸い上げられ、那覇市が得られるものは雇用だけ。所得税収は増えるでしょうが、それだけでは「稼ぎ」になりません。

           

          例えば那覇軍港は、現状、奥武山公園のイベント臨時駐車場です。私はあの広大な敷地を活用するプランを聞いたことがありません。簡単に返還されないと言うのなら、返還後の活用法くらいは示したらどうですか。用途を思いつかないから「返還せよ」とも言わないように、私からは見えます。

           

           

          こんなことを引き合いに出したくはありませんが、琉球王国は日本や中国から補助金をもらうことなく、逆に貢いでました。それで国家を運営し、薩摩藩まで養ってたじゃないですか。アジアの総合商社として稼いでたんですよ。

           

          結局、沖縄の政治家の努力とは国から予算をいただくためのもの。予算を増やしてもらうために基地に賛成してみたり、反対してみたり、どちらが有利か悩んでみたり。

           

           

          こんな話で、何故、那覇市がパワーアップするのか、私にはさっぱり分かりませんてば。「時代の波に乗り遅れるな」って何?。

           

          あっ、そうそう。この候補者の所属政党はSPEEDのエリコちゃんに国会議員が務まると思ってるみたいなので、那覇市長はアムロちゃんに頼んでみたらどうですか?。お金の稼ぎ方を彼女から学べば良いでしょう。


          玉城デニーVS佐喜眞淳

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            沖縄県知事選挙候補者は自由党衆議院議員の玉城デニー氏と宜野湾市長の佐喜眞淳氏の両氏に絞られたようです。

             

             

            佐喜眞氏は既に立候補を表明済み。玉城氏は、立候補の意志はあるものの、自由党の小沢代表から「選挙に勝てる体制が整うかどうか、慎重に見極めろ」と助言されたこともあって、表明には至っていません。

             

             

            沖縄選出の国会議員としては、参議院に糸数慶子氏や伊波洋一氏がいますが、お二人とも仲井眞元知事に挑んだ県知事選あたりが勢いのピークだったように思えます。仮に今回の県知事選に出馬しても、勝機は少ないでしょう。その点、玉城氏なら、支援体制が整いさえすれば充分な勝機があり、小沢さんの助言は的を得たものと言えます。

             

            翁長さんは自分の健康状態を鑑み、万一に備えて後継者を(内々にでも)指名しておくべきだったと、先日このブログに投稿しました。その後、翁長さんが生前に、後継者の一人として玉城氏を推す旨の発言をし、その音源が残っていることが報じられ、今は「それがホンマなら音源を聞かせろ」って話になってゴタゴタ中。

             

             

            玉城氏は名護市、沖縄市、うるま市など、米軍基地に関係が深い選挙区から、圧倒的な支持を受けて選出されていて、一方の佐喜眞氏は宜野湾市長。基地問題の当事者同士でもあり、選挙は激戦になるでしょう。もちろん私は、玉城氏が立候補すれば、彼に投票します。

             

             

            佐喜眞氏は面構えが良く、安定した政治が期待できる雰囲気を持ってますね。宜野湾市長に就任以降、(敵ながら)市長選で彼に勝てる気がせず、将来は国会議員か県知事になるだろうと思ってました。

             

            ところが佐喜眞氏は、例えば、園児の胸に日の丸を縫い付け、ステージで教育勅語を暗唱させるようなイベントに出席するなど、日本会議との関係を強めており、我那覇真子や手登根安則などのネトウヨともお友達。

             

            佐喜眞氏の政治的な信条が彼らと一致するのか(だとすれば驚くが)、単に利用しているだけなのかは知りませんが、いずれにせよ、彼が知事に就任すれば、安倍政権にベッタリの県政になるでしょう。

             

             

            今は、玉城氏の支援体制が整うことを祈るばかりです。だから話は元に戻って、翁長さんは後継者に関して、無責任なことをしたと思うのよねぇ。


            翁長知事の死去

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              翁長知事が昨日の午後、お亡くなりになりました。

               

               

              2014年11月の県知事選で、翁長知事は仲井真前知事に10万票の大差をつけ、圧倒的な勝利をおさめました。更に、翌月の総選挙では、オール沖縄の候補者が沖縄選挙区で全勝しました。

               

              今思えば、辺野古の新基地建設に反対する機運は、あの年の暮れに最高潮を迎えたように思えます。以降、翁長知事がその民意を汲んだ政治ができたかと言えば、私は大いに不満です。

               

               

              最後に不満をもう一つ言えば、翁長知事の死去により、県知事選は来月に早まりますが、後継者がいません。

               

              翁長知事は今年4月に膵がんの切除手術を行い、その後、なんとか県政に復帰しましたが、健康不安は明らかでした。

               

              結局、翁長知事は正式な出馬表明をしていません。県知事選を戦えるのか、再選後の任期が務まるのか、自問自答されていたのでしょう。

               

              でもね。遅いんですよ、意思決定が。

               


              佐喜眞宜野湾市長と互角に戦える候補をあえて挙げれば糸数慶子さんでしょうが、今の状況で革新政党の候補者はスジが悪い気がします。城間那覇市長を推す声もあるようですが、彼女ではまったく勝負にならないでしょう。

               

              いずれにせよ、候補者が残りわずか1ヶ月でゼロから戦う知事選となり、その事態を招いた責任は翁長知事にあると言わざるを得ません。

               

              グズグズと意思決定の先延ばしを繰り返し、やっと決断したかと思えば、時間をかけた割には戦略が無く、プランBも無い。そんな4年間でした。最後まで。

               

               

              翁長知事の県政に対する私の評価ですから、人の死を悼む気持ちとは切り離してお読みいただければ嬉しいです。


              台風7号の「どうしゅるか」

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                 

                昨日(月曜日)の未明。台風7号が沖縄本島の西を通り過ぎました。

                 

                 

                予報によれば、日曜日の夜のうちに台風は抜け、いつもの月曜日を迎えるはずでした。ところが台風の速度がグッと遅くなり、時速15キロに。

                 

                遅っ!!。人が走る速さじゃないですか。これで保育園が休園する可能性が出てきました。

                 

                日曜日の夜8時頃から雨風が強くなり、警報も出ました。警報解除の見込みは月曜日の正午。それなら保育園は休園でしょう。

                 

                 

                保育園が休園を決めるルールは、開園時刻に路線バスが走ってるか否かによります。これを誰が決めたのかは知りませんが、どうなんでしょ?。路線バスで通園してる園児もいるでしょうが、警報中に園児をバスに乗せますか?

                 

                日曜日の夜、バスは既に運行を止めていて、運行再開時刻は月曜日の朝5時に決めると。

                 

                嗚呼。かくして私は、明日の仕事があるのか無いのか分からないまま眠ることに(泣)

                 

                 

                はい、朝5時になりました。さっそくバス会社のサイトを見ると「午前8時から運行開始」。これがまた微妙な時間です。

                 

                だんだん腹が立ってきましたが、これで、休園するか否は各保育園の園長の判断に委ねられました。

                 

                 

                5時半に某青果店に出勤すると、相棒のAが寄って来て、

                 

                A「ど、どうしゅるの?」

                 

                C「さあな」

                 

                A「さあなじゃ決まらんさ」

                 

                C「えっ?。俺は園長じゃないんやで」

                 

                A「じゃあ、どうしゅるの?」

                 

                C「いつもの段取りで仕事して、配達は30分遅らせよう。商品を冷蔵室から出すのは配達に出る直前な」

                 

                A「えっ?。遅くなってもいいの?」

                 

                C「お前、絞めたろか」

                 

                 

                そして、午前8時。配達に出る時点でこのようになりました。

                 

                休園  1

                開園を遅らせる  4

                通常通り  4

                保留  1(後に、午後開園)

                 

                だからね。「とにかく園を開く」の園長もいれば、「とにかく園児の安全」の園長もいるわけよ。開けても閉めても、どっちでもええから「早よ決めれ」と言いたい。


                ギリギリに休園(開園)を決めて、私達や園児の親に「それから段取りしなさい」では遅いんですよ。お姉ちゃんと妹が通う保育園が別々のお母さんなんて、気が狂いそうになったんじゃないのかな。

                 

                つ〜か。園長に決めさせると結論が遅れるしバラつくから、行政が指示しなさい。

                 

                例えば、

                 

                「前日の夜9時の時点で、警報解除の見込みが開園時刻より後ならば休園」

                 

                これでいいじゃないですか。

                 


                そうすると「月曜日の朝、晴れてても休むのかよ」とか言われそうですが、親子が休みで晴れてんのなら、公園で遊びなさい。警報中に登園させて子供に怪我をさせるのとどちらが良いかって話でしょ。

                 

                それをバス会社は何とか走らせようとするし、園長は何とか開けようとするし。相棒のAは訳が分からんことを言うし。ふん。


                あ〜ぁ、やっぱり投稿しとくか

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                   

                  スルーするつもりだったけど、やっぱり投稿しておくかぁ。

                   

                  観光客と路上けんか 国場衆院議員 飲酒し移動中に

                  (4月30日琉球新報)

                  28日に自民党沖縄県連会長に就任した国場幸之助衆院議員(45)が29日未明、那覇市の繁華街の路上で観光客の男性ともみ合いとなり、足の骨を折るなどの重傷を負った。2人に面識はなく、国場氏は酒に酔っていた。

                  観光客男性はかすり傷などの軽傷。那覇署がいきさつなどを調べている。国場氏は29日夜、後援会事務所を通じて「日頃から支援いただいている皆さまには心配をおかけして申し訳ございません」などとする謝罪文を発表した。

                  那覇署によると、29日午前2時19分、目撃者から通報があった。同署によると双方から被害届は出されていない。国場氏は謝罪文で「警察が双方から事情を聴き、事件性はないということで両成敗ということで互いに納得して終わりました」とした。

                  県警関係者らは、国場氏が当時一緒にいた女性と何らかの原因で口論となり、仲裁に入った観光客男性ともみ合いになったとみている。国場氏は謝罪文で「知人と知り合いの店へ移動中、通行人ともみ合いとなり、転倒した際に右足首を負傷した。双方酔ったせいか小競り合いになってしまったことを反省している」とした。

                  後援会事務所は本紙の取材に対して、現時点で会見などを開く予定はないとした。また、詳しいいきさつについて本紙が国場氏に直接連絡したが、29日時点で連絡は取れていない。

                  国場氏は2000年の県議選で初当選。12年の衆院選に初当選した。17年10月の衆院選沖縄1区で落選したが、比例九州ブロックで復活当選。現在3期目で党副幹事長。28日の県連大会で最年少の会長になった。

                   

                   

                  国場議員トラブル、沖縄県連がおわび

                  (5月1日読売新聞)

                  自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆院議員(45)(比例九州ブロック)が観光客の男性と口論となった問題で、県連は1日、「到底看過できるものではない。ご迷惑とご心配をおかけしたことを、心よりおわび申し上げます」とするコメントを発表した。

                  国場議員は4月29日未明、那覇市内の路上で観光客と口論になり、もみ合いになって足首を骨折した。男性は軽傷とみられるという。県連は「二度とこのようなことがないよう、(国場議員に)厳重に注意を促した」としている。
                   

                   

                  国場幸之助衆院議員、書類送検へ 傷害容疑、観光客男性も

                  (5月6日琉球新報)

                  自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆院議員(45)が、那覇市の路上で酒に酔った状態で観光客男性とトラブルとなって重傷を負った件で、那覇署が国場氏と男性の2人を、傷害容疑で身柄不拘束のまま書類送検する方針であることが5日、捜査関係者への取材で分かった。
                  国場氏は4月29日未明、那覇市の繁華街で観光客の男性ともみ合いになり、足の骨を折るなどの重傷を負った。観光客男性はかすり傷などの軽傷だった。両者から那覇署へ被害届は出されていなかった。
                  国場氏は発表した謝罪文で「警察が双方から事情を聴き、事件性はないということで両成敗ということで互いに納得して終わりました」としていたが、那覇署は事件送致に踏み切った。
                  国場氏は4月28日に県連会長に就任。トラブルで県連から厳重注意を受けた。

                   

                   

                   

                  自らの非は非として認め、それを詫びるのが大人の姿。最初の記事にある謝罪を謝罪と言うのなら、まるで子供じゃないですか。まして、選挙で選ばれた代議士ならば、一般人よりも大きな社会的責任を負っているのですよ。

                   

                  「酔っ払ってすみません」で終わらせるつもりが、自らが会長を務める自民党沖縄県連の部下達に厳重注意され、沖縄県警には書類送検され、どうしていいのかも分からずアワアワ、アワアワ。

                   

                  まったく情け無い。

                   

                   

                  「人を幸せにする仕事  それが政治だ」

                   

                  大人の立ち居振る舞いも分からんガキのくせに、笑わせんなっ!!


                  元々アカン人だということを酒が暴く

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                     

                    日本テレビの系列局が無い沖縄で、TOKIOが出演する「ザ!鉄腕!DASH!!」は遅れて放送されたり、放送されなかったりします。

                     

                    あまりテレビを観ない私が鉄腕DASHを観ようとするのは、番組内容と共に、TOKIOのメンバーの人柄が好きだから。山口達也君の事件はショックでした。いったい何をやってるんですかねぇ。

                     

                     

                    謝罪会見でTOKIOへの復帰を口にした山口君に対して、リーダーの城島茂君が「ありえない」と発言しましたね。責任を取れないリーダー達が蔓延する中、実に清々しい気持ちになりました。

                     

                    部下の不始末に「はめられたという意見もある」「福田に人権は無いのか」などと最低の反応をした麻生太郎大臣に対して、城島君は男を上げました。将来、山口君がTOKIOに復帰することがあるとすれば、城島君のこの発言のおかげと言えるでしょう。

                     

                     

                    さて、ある美容室の張り紙がネットで話題になってます。

                     

                     

                    酒が人をアカンようにするのではなく

                    その人が元々アカン人だということを酒が暴く

                     

                    素晴らしい(笑)


                    山口達也君や福田淳一君はこの美容室に来て、髪の毛だけではなく頭の中もシャンプーしてもらうべきでしょう。

                     

                     

                    などと思っていたら、昨日の未明、那覇市松山のネオン街で、酔っ払った衆議院議員の国場幸之助君が観光客と喧嘩になり、顔面打撲の上、転んで足首を骨折したとのこと。双方とも被害届けを出してないらしく、不思議です。

                     

                    この人達にもシャンプーが必要ですねぇ。美容室が忙しくなりそうです。


                    一線はこえてないのか(笑)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      神戸市議との不倫疑惑を報じられた今井絵理子参議院議員。



                      独身の女性ですから、当然恋愛もするし、その相手が運悪く妻帯者ってこともあるでしょう。ところが、発覚後の対応が馬鹿丸出し過ぎます。

                      彼女がブログに投稿した文章の一部です。

                      最近になって市議から交際の申し込みがありました。私も好意を抱いていたのは事実ですが、市議の結婚生活が長く破たんし、現在離婚調停をしているとはいえ、法律上はまだ妻帯者なので“一線を越えてはいけない”と思い、「きちんとけじめをつけてから考えましょう」と申し上げました。そして、今日までこの約束を守ってもらっています。

                      市議と同じホテルに宿泊し、パジャマ姿まで写真に撮られながらも、「きちんとけじめをつけている」、「一線を越えてはいない」と言える脳内メカニズムはいったいどうなっているんでしょ。

                      彼女のブログには、彼女を応援するコメントだけが寄せられ、彼女をたしなめるコメントはありませんでした。一方、彼女のツイッターは非難の嵐。

                      ブログのコメントは彼女か秘書が、せっせと消したんでしょう。その結果、たしなめてくれる人がただの一人もいない女性になってしまいました。


                      そして、彼女のツイッターには、こんなリプライがありました。

                      今井絵理子と神戸の自民党の人のいう「一線を超えてない」の一線ってなんやろな? 「ゴムはめてます」とか「前からだけです」とかそんな話かな。

                      いやぁ、これいいわぁ。彼女のブログの文章と、ちょうどいいバランスと言えるでしょう。


                      ところで、今井絵理子議員には事実婚の男性がいましたが、生活のすれ違いが原因で、昨年末に別れたそうです。

                      その男性の母親が、最近まで農連市場で働いていたんですが、今はいません。今度会うことがあれば「良かったねぇ」と声をかけるつもりです。


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM