相棒Aのケガ(その補償問題)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    今日は慰霊の日。ほとんどの保育園が休園で、某青果店はお昼までには終わる仕事量です。

    そこらへんを相棒のAと相談したところ、昼までに全部終わらせるのは「しぇわしない」ので、昼ごはんを食べて昼寝をし、午後から片付けをして終わりにしようと言うので、了解しました。


    ところが、お昼前のこと。某青果店のお父さんとAが口喧嘩を始め、やがて怒鳴り合いになりました。どうやら、Aのケガの補償に関する意見の食い違いのようでした。

    それを見かねた孫が、私のところに来ました。

    孫「Cさん、何とかして下さいよぉ」

    C「俺は知らん」

    孫「そんなぁ。Aさんがバイクでコケたのは通勤の時だから、これって労災ですよね」

    C「そうだな」

    孫「すると、Aさんの出費は店が負担することになると思うんですけど」

    C「ほぉ、お前はいいやつだな。スタートはまずそっからだけど、まあ、ほっとけ」

    孫「えっ、どうしてですか?」

    C「そのあたりを何も分からん同士が喧嘩してるわけよ。それで目の前の一枚の請求書をどっちが支払うかで揉めてるんだろ?」

    孫「そうなんです」

    C「まず、Aの支出の総額がいくらになりそうかをAが知らんだろ。て言うか興味ないわけよ。その見通しがあって、健康保険の範囲がどこ、店が加入してる労災保険の範囲がどこ、どちらからも外れる支出のうちAが支払うつもりなのが何。そこまでをAが整理して、足らずをお父さんにお願いするのがスジやん。俺は断言できるけど、お父さんもAも保険証書を一行たりとも読んでないで。そんなことで、何で喧嘩になるのかが不思議やわ」

    孫「じゃあ、Cさんが仕切ってあげて下さいよ」

    C「いやだ」

    孫「えっ、何で?」

    C「ここで俺が首を突っ込んだら、今俺が言ったことを、全部俺がやることになるやん。あの二人はどっちが払うかで揉めてるように見えるけど、違うねん。保険証書なんかを読んで、整理するのが嫌やねん。どっちもがな。そこへノコノコ俺が行ってみろ」

    孫「そらそうですね」

    C「二人とも横着やねん。まあ、どんな結論でも二人が合意すれば、それはそれで決着するんやから、そんでええやん」

    孫「う〜ん」

    C「やらせとけってば」

    孫「わかりました」




    さて、昼ごはんを食べて昼寝をし、後片付けが済んだ午後2時過ぎ。

    C「おい、おニイちゃん。俺は帰るで」

    A「ハーッシ。ワンはまだらけど」

    C「そら、ご苦労やな」

    A「えっ、手伝わないの?」

    C「朝、相談したやん。俺はその通りに仕事をしたのに、お前はお父さんとイチャついとったやんか」

    A「あっ、Cさん。ちょうど良かったさ。そのことらけろよ・・」

    C「じゃあな。バイバイ」


    水曜朝の某青果店

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      昨日夕方のこと。相棒のAが「あっ、Cさん。明日は6時に来(こ)よ〜ね」と言うので、「そうしましょ」ってことになりました。

      水曜日は卸売市場が休みで、Aは店にいます。いつもは私一人でやってる配達の準備(農連市場の仕入れ、仕分け、積込み)を二人でやれるので、30分遅く出勤しようということ。


      ところがねぇ。これまで私がその言葉を間に受けて6時に出勤しようものならこのアンポンは、

      「あっ、バナナが足りんさ。Cさん、バナナ組合へ行って来(き)ょ〜ね」

      などと言い出すのよねぇ。そしたら私は7時までの1時間で、90分の仕事をせなあきまへんやん(泣)

      あのね。歩いて15分の距離を10分で行くのは走ればよろしい。じゃあ、走って15分を10分で行くにはどうすんの?

      私が死にもの狂いで配達の準備をしている頃、Aの車はとまりん前あたりを浦添方面に走行中。折れた右手でハンドルを固定し、ラジオを聴き、左手でタバコを吸ったり、コーヒーを飲んだり。そして、配達の準備が万端整った頃、店に帰って来ます。

      「ハーッシ、めんろうくしゃいね。バナナ3ケースで、うらしょえまれってよ」

      私はこいつの奇妙な日本語を理解できることさえ腹立たしい。「何でそれを昨日の夕方、気付きませんか?」と言いたい。


      そして、今朝のこと。何度も煮湯を飲まされている私は、用心して5時45分に出勤しました。もちろんAは6時です。

      Aは農連市場のネェネェに野菜を注文することがありまして、そのネェネェは某青果店まで台車で野菜を運び、お母さんから代金を受け取ります。

      本来は、これだけのことなのよ。

      ところが今朝。ネェネェに優しい男だと思われたいAは出勤前に野菜を受け取り、店まで運んで来ました。

      そして、「お金を払って来(き)ょ〜ね」とお母さんから代金を受け取り、ネェネェの店に向かったのです。

      入れ違いで集金に来たネェネェ。そしたらお母さんが「代金はAに渡してあるからね〜」と。

      ネェネェは代金を受け取らないまま自分の店に帰りまして、入れ違いで戻ってきたA。お母さんが代金を払ってないと聞き、再びトロトロとネェネェの店へ(泣)

      「え〜いっ!!。どいつもこいつも、ええかげんにせいっ!!」ちゅうの。


      さて、話は変わりまして、こちらは名護のアグーです。名護はアグーの里。愛きょうがあってなかなかよろしいと思いますね。



      ところが、女性の名護市議から「アグーのキンタマが見苦しい」と抗議があったそうです。その市議は「あんなキンタマは切り落としなさいっ!!。何でメスにしなかったのっ!!」と叫んでるそうですが、メスって貴女(笑)

      いやぁ、見苦しいとは言わないけど、それはちょっと恥ずかしいのとちゃいますかね。

      対応に苦慮した名護市でしたが、色々考えた末、植木屋に頼んでキンタマを植栽で隠してしまいました。



      辺野古への基地移設で緊張感が高まる名護市ですが、市議さんも市職員さんも優雅な仕事をしてはりますねぇ。


      配達に遅れたからって、命まで獲られるわけじゃなし。私も皆さんを見習ってユーユートゥ生きていくべきか、と思った水曜日の朝でした。


      相棒Aの復帰

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        先週月曜日に手術を受け、リハビリーに励んでいるはずの相棒Aが、今週から仕事に復帰しました。

        世の中はゴールデンウィークで、某青果店はヒマ。リハビリーに集中するには絶好のチャンスにもかかわらず、このアホは何で仕事をする気になったのか、不思議で仕方がありません。

        「仕事を休んで、皆んなに迷惑かけてるからよ」

        と言うてますが、迷惑かけられている私にとっては「それはお互い様。俺が怪我した時にはよろしく頼む」ってだけのこと。仕事をやってくれるより「後遺症が残らんように、ちゃんと治療せ〜よ」と言いたい。

        その上、仕事に出て来ても、こいつがまったくの役立たず。試しに笑わしてみると、

        「フォッ、フォッ、フォ。アイタタタ!!」

        と腕を押さえるのよね(笑)


        昨日は卸売市場に同行して、車中で久しぶりに話をしました。

        「単車でコケた時はよ。右腕が痛くて左腕だけで単車を起こしたわけよね。なかなか起きんさ。でからよ、チェーンが外れてから、それも左手だけで掛けたさ。ワンの単車のチェーンはいつもユルユルだから掛けやすいさ」

        「遅刻になるから、急いで店に行こうとしたらよ。右のハンドルがグラグラするわけさ。ハンドルが折れたかと思ったけろ、グラグラしてたのはワンの右腕だったわけよ。ハーッシ」

        相変わらず、何を言うてんのか(笑)


        写真は昨日のAと仲卸のニイちゃん。



        シメジを5箱出しておけと言っといたのにそれが出てなかったと、三角巾のAが怒っています。

        「出しておかなかったら、店まで届けさせると言ったさっ!!」

        と、厳重抗議中ですが、ニイちゃんは笑いながらAが黙るのを待っているようでした。


        相棒のA。離脱ス

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          相棒のAは今日から入院、明日は手術です。しばらくは仕事ができないので、昨日は店に来て何やらゴソゴソやってました。

          C「おい、4時半まで普通に仕事をするつもりじゃないだろな」

          A「えっ、しょうらけろ」

          C「俺はお前を宜野湾まで送ってから帰るんや。6時になってまうやん」

          A「あっ、じゃ、じゃあ帰ろうね」

          C「はいはい、早よ早よ」


          そして、宜野湾のAの自宅前。

          A「じゃあよ。迷惑かけるけろ。なるべく早く戻るから」

          C「そりゃ助かるが、無理して後遺症が残るようじゃあ一生モンだからな。仕事を辞めたあとは誰も心配してくれへんで」

          A「しょうらね」

          C「まずちゃんと治してから仕事や。労災やし、店の保険もあるから、給料よりもらえるんちゃうか(笑)」

          A「保険会社によ。『きゅうろうはいくらですか?』って聞かれても、恥ずかしくて言えんさ(笑)」

          C「そうそう。だから、店に義理立てはいらんで」

          A「しょうらね。じゃあ、お願いね」

          C「おう」

          A「今日はどうやって帰ろうかと思ってたけろ、オヤジも知らん顔だし。Cさんが送るって言ってくれて嬉しかったさ」

          C「ほ〜。お前、死にそうなことを言いだしたな(笑)」

          A「これでコーヒー買ってね」

          C「そりゃ、ありがとう。じゃあまたな」


          500円はAにしては「ふんぱちゅ」したほうです。宜野湾からの帰路、その500円でコーヒーを買うわけにはいかん気がしてきました。これはとっといて、ヤツが仕事に復帰したら「おう、これでコーヒーでも買えよ」と渡すことにしましょう。


          識名の大石(森)公園は次の週末がゆり祭り。ちゃんと咲いとるか、さっき見てきたら、オッケー、オッケー。







          地元の糸山ゆり子さんも出演されるようです。

          ゆりだけにな(笑)


          相棒Aの「我が世の春」

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            単車で転倒し、右肩、右腕を脱臼、骨折した相棒のAは、半日ほど店に出て来てます。車の運転はできるので、いればそれなりに役に立つはずでした。

            卸売市場への往復は、孫に運転させて自分は助手席。市場では「人参を取って来い」、「セロリを取って来い」と孫をアゴで使えます。つまり、座っていればコトが運ぶということ。

            これまでに無い待遇を実感し、「大丈夫ね?」と全ての人達が自分に優しい。Aにとってはまさに「我が世の春」。思わず顔がほころびます。


            今朝のこと。

            A「あっ、Cさん。Cさんが朝の配達で使ってる車が車検だわけよ。小禄の修理屋だから、配達の帰りに寄って代車で帰ればいいさ」

            C「はぁ?。お前、昨日行ったんだろ」

            A「行ったさ」

            C「ところが修理屋に話が通ってなくて代車も無し。そのまま帰って来ただろ」

            A「えっ?。よっ、よく知ってるね」

            C「で?。今日は話が通ってんのか?」

            A「あっ、しょれは・・」

            C「代車はあるんやろな」

            A「だっ、だ」

            C「車検証は見つかったんかいっ!!」

            A「・・・」

            C「面倒を人に押し付けるセリフが『帰りに寄って代車で帰ればいいさ』って、ええかげんにせ〜よ」

            A「じゃ、じゃあ、ワンが行くさ」

            C「あたりまえじゃっ!!」


            そして、今日のお昼前、Aが修理屋から帰って来ました。

            C「なんやお前。代車と違うやん」

            A「今日も話が通ってなかったわけさ」

            C「昨日空振りして、確かめもせずに行ったんか」

            A「・・・」

            C「優雅な仕事をしてはりますねぇ」

            A「車検は月末までだから、まだ大丈夫だわけよね」

            C「じゃあ、毎日通えばいいじゃん。2日通って1センチも進んでないんだから、月末までかかるやろ」


            嗚呼。

            事故以来、こんなヤツのために、毎日息つく暇もなく、ヘトヘトになるまで働いてる自分が情け無いわ。この投稿にオチはございません。ただ、ただ、ワタクシは情け無い。


            そこで、話は急展開しますが、南城市大里の保育園で、今月、二匹の子ヤギが生まれました(笑)

            その可愛い姿を投稿すべく写真を撮ろうとしますが、一向に子ヤギが言うことを聞かず、そうこうしてるうちに、琉球新報に載ってしまいました。→こちらから



            では、これから私はこの保育園へ向かい、子ヤギに癒されて参ります。

            皆様も良い週末を。


            相棒のA。単車で転倒ス

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              昨日の早朝、雨の浦添バイパスを宜野湾から那覇に走行中の単車が転倒し、運転していた相棒のA(63)が負傷しました。着ていたカッパが風でパタパターするので左手で抑えてたら、そこでタイヤがスリップしたと。Aはなんとか店まで来ましたが、右肩の痛みが退かず、病院で治療を受けることになりました。


              A「もしもし、Cさん。浦添の病院に来たらよ、コッシェチュしてたわけよね。コッシェチュ」

              C「あらあ、折れてたか」

              A「それでよ。ラッキュウもしててよ、入院しなさいって言うんらよね」

              C「わかった。午後に行くから、そこでじっとしとけ」

              A「あっ、店の車で来たからよ。ワンが店まで乗ってくさ」

              C「それで単車で宜野湾まで帰るのか?」

              A「あっ、しょうらった」

              C「左手だけで単車が走ったら驚くで。じゃあ、後でな」


              その一時間後。

              A「あっ、Cさん。やっぱりワンが店に行くから」

              C「じっとしとけって言ってるだろ。もう少ししたら孫と一緒に行って、車を回収するから」

              A「しっ、仕事がよ。明日の段取りとか」

              C「だからそれを後で聞くから。じゃあ、切るで」

              この男。何かに頭を支配されると、そのことしか考えられなくなります。今は、とにかく店に来たくて来たくて(笑)。



              そして午後3時。私は孫と一緒に浦添に向かい、車中で明日以降の仕事の分担を相談しました。

              C「おっ、Aさん。どうね」

              A「あっ、Cさん。駐車券がもらえるからね。窓口で」

              C「どうねって聞いてるだろ。このまま入院するのか?」

              A「今日は帰って、入院は日曜日からで、月曜日が手術。あっ、駐車券はよ・・・」

              C「あのな。事故の場所とか転んだ状況とかを聞きたいわけよ。それから仕事の相談。駐車券はその後」

              A「明日の野菜の注文はこれからするさ」

              C「えっ?。まだやってないの?」

              A「6時までは大丈夫。駐車券をもらわないと」

              C「おい、今度駐車券って言ったら右腕を捻るで」

              A「忘れたら困るから言ってるわけさ」

              C「とにかく、明日の野菜の注文をやってくれ。それから先は俺と孫でなんとかするから」

              A「なんとかなるの?」

              C「なる」

              A「じゃあ、ワンはクビらね」

              C「なんとかなったら困るんかいっ!!」

              A「いや、そうじゃなくてよ・・・」

              C「お前が退院するまではなんとかなるって言ってるの。だから早く治せ」

              A「フフフ、しょうね。怪我してワンもたいへんなったさ」

              C「たいへんなのは俺と孫だろ。お前なんか、ベッドに横になって看護婦とゆんたくするだけじゃん」

              A「しょ、しょ、」

              C「まあええから、おとなしくしとけ。じゃあまたな。駐車券は?」

              A「あっ、駐車券はよ。あしょこの窓口で・・・」


              病院からの帰り道。おもろまち駅近くのAが転んだ場所を通ったら、いかにも単車が転びそうな下り坂でした。

              慌てただろうと思います。大雨の中、情けなかっただろうとも思います。後ろから来る車にはねられなくて良かった。それにしても折れた腕でよく店まで来れたものです。


              孫がボソッと「年寄りの骨はなかなかつかんから」と。

              Aとたいして年の違わない私は、その言葉に多少、ムッとしたのでありました。


              笑わす男

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                (1)電話の用件

                A「もしもし」

                A「ああ、ほうれん草ね」

                A「ああそうね。今なんか、ワサワサしてるから後でまたかけるさ」

                A「はい、ろ〜も」



                C「ギャハハ!!。こいつよ(笑)」

                A「なんね」

                C「今、こっちからかけたんだろ?」

                A「そうらけろ」

                C「変だろっ!!(笑)」

                A「なんで?」

                C「ワサワサしてるって言っただけじゃん。それが用事ね?」

                A「そうさ」

                C「ほんなら、電話せなええやん」

                A「・・・・」

                C「・・・・」


                (2)返品のリンゴ

                A「Cさん、このリンゴ(の箱)は何でよけてあんのかな?」

                C「ああ、それは今日、キャンセルになったやつだけど、孫がそこに仮置きしたんだろ」

                A「あやうく、明日の配達に混ぜようしたさ」

                C「アハハ、それを俺が配達して、また持って帰ってきて『おい、何しとんねん』ってなるわな(笑)」

                A「気を利かせたつもりなのによ」

                C「いや、それは孫が配達先を消さなあかんねん」

                A「Cさん、いいこと言うさ」

                C「そりゃどうも(笑)」


                (3)隊長

                C「隊長っ!!。先に配達出ますけど」

                A「隊長ね(笑)」

                C「何か聞いておくことは」

                A「フォッ、フォッ、フォ。隊長ね(笑)」


                相棒のAは成長したか?

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  A「Cさん、S保育園の荷物はよ。なんでよけてあるわけ?」

                  C「チッ!、気付かれたか」

                  A「あんなしたら、積み忘れるさ」

                  C「なんでか。ちょっと考えてみなさいね」

                  A「なんね、ちょっとね。はっ!、今日は午後から配達だったね」

                  C「(笑)」

                  A「人に聞く前に、自分で考えなさいってことらね。はいはい」


                  その30分後のこと。

                  A「Cさん、O保育園のパクチョイは積んであるのかな」

                  C「・・・」



                  A「積んであるさ」

                  C「ほ〜。人に聞いて、今度は自分が答えたか」

                  A「フッフッフ」

                  C「ちょっとの間に成長したなぁ」

                  A「人間はしぇいちょ〜するからね」

                  C「(笑)」


                  そして、配達に出る時刻になりました。

                  C「Aさん。今朝はどっから行くの?」

                  A「S保育園さ。いつもそうさ」

                  C「張り切って行けよ」

                  A「なっ、なんねっ!!」


                  相棒Aとの会話

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    (1)店のトイレ

                    店のトイレに入ろうとしたら、相棒のAが出てきました。

                    C「あっ、これはこれはAさん。失礼いたしました」

                    A「ろ〜も、ろ〜も。お待たしぇしました。何回も、何回も」

                    C「はい。どうもありがとうございます(『何回も、何回も』って意味わからんけど、まあええわ)」


                    (2)店の冷蔵庫

                    店の冷蔵庫に入ろうとしたら、Aが出てきました。

                    C「あっ、Aさん。ちょっとお邪魔しますよ」

                    A「どうじょ、どうじょ。このロアはじろうでしゅよ」

                    C「へぇ、自動ドアですか。はい、横を失礼しますよ。で、閉まるのも自動ですか?」

                    A「あっ、じろうでしゅ」

                    C「そうですか。ありがとうございます」


                    (3)ジンがね〜らん

                    C「Aさん。『ジンがね〜らん』って言うよな」

                    A「フォッ、フォッ、フォ。言うさ」

                    C「ジンがね〜らんで、母ちゃんに貰おうしたら、母ちゃんもジンがね〜らんでから」

                    A「フォッ、フォッ、フォッ、フォ!!」

                    C「そんで、父ちゃんに頼んだら、父ちゃんもジンがね〜らんだわけ」

                    A「フォッ、フォッ、フォ。フォッ、フォッ、フォッ、フォ〜!!。しょっ、しょうね(笑)。わったー家(やー)みたいらね」

                    C「いやぁ、これほどウケていただけるとは。どうもありがとうございます」

                    A「いいえ、こちらこそ。またお願いしましゅ(笑)」


                    (4)人参の皮むき

                    C「Aさん。今日はヒマだから、人参の皮むき手伝おうか?」

                    A「そうね、助かるさぁ。じゃあ、10キロお願いしましゅ」

                    C「10キロね。楽勝じゃん」

                    A「あっ!!」

                    C「どした?」

                    A「20キロだった。しゅいましぇんね」

                    C「20キロね。了解」

                    A「あっ!!」

                    C「30キロか?」

                    A「よくわかるね」

                    C「途中経過はええから、最後に一回教えてくれるか?」

                    A「じゃあ、ちょっと待ってね」

                    C「まだあるんかいっ!!」


                    そろそろ朝の配達に出ようとしている7時前。那覇の東の空はまだこんなです。


                    えらっそうにするなってば(2) 相棒のA

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      A「Cさん、イチゴがよ。とっても高いわけよね」

                      C「いくら?」

                      A「20粒のパックが700円」

                      C「20粒ってことは大粒よね」

                      A「そりゃそうさ。普通は25粒だからね」

                      C「なんや偉そうに。注文が個数だから小粒のほうが安く済むな。じゃあ、25粒で10パック取って」

                      A「25粒を10パックね。ろ〜かい」



                      そして、その翌日。

                      A「Cさん。25粒のイチゴがよ。850円だわけさ」

                      C「なんで2割も高くなるわけ?」

                      A「粒数が多いからだろ」

                      C「粒の大きさが同じならな。大粒20個より小粒25個がなんで2割も高いのかって聞いてるのっ!!」

                      A「値段は毎日変わるさ」

                      C「ほ〜。昨日から今日の間に台風が来たり雪が降ったりしたのか?」

                      A「台風は来ないさ、冬だのに。沖縄に雪が降るの?」

                      C「あのな。700円で調理師から園長まで話が通してあんねん。何で2割も高くなったか説明がいるだろ」

                      A「わからんね」

                      C「あっ!!」

                      A「なっ、なんね」

                      C「お前、昨日の20粒、見てないだろ」

                      A「見てないけろ(笑)」

                      C「大粒って言ったじゃないかっ!!」

                      A「20粒が25粒になって値段が2割増しだから話は合うさ」

                      C「馬鹿なの?。250個の注文があって、大粒で250個より、小粒で250個のほうが安いだろ。だから小粒で仕入れようってなったんじゃないか」

                      A「何を言ってるか、わからんけろ(笑)」

                      C「・・・」


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM