新春のチブヤ(壺屋)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    皆様、明けましておめでとうございます。

     

    今年も「沖縄の風景」をよろしくお願い致します。

     

     

    さて、こちらは壺屋のビンジュルグヮ。

     

     

    那覇市民の初詣は波上宮か奥武山の沖宮ですが、熊野権現みたいな神様より、地元の神様のほうが何かと力になってくれるのではないかと。

     

    そう考えて、今年は壺屋の御嶽に来て、昨年の様々な出来事を感謝したり、新年の抱負を聞いてもらったりしました。

     

     

    せっかくですから、久しぶりに壺屋を散歩してみましょう。

     

    壺屋陶芸センターのシーサーは壺屋の西側入口にいます。

     

     

    壺屋には南ヌ窯(フェーヌカマ)と東ヌ窯(アガリヌカマ)の二つの窯がありますが、いずれも引退していて、今は文化財として管理されています。

     

    こちらが南ヌ窯。

     

     

    壺屋焼物博物館のすぐ隣にあり、酒甕や水甕、厨子甕などを焼く荒焼窯でした。

     

     

     

    琉球王朝時代の1682年に、湧田、知花、宝口の窯が壺屋に統合されました。いしまち通りはその時以来のメインストリート。

     

     

    かつてはこの通りを、粘土や焼物を積んだ荷車が往来していました。石垣に巻き付いた蔓が名前の由来です。

     

     

     

    こちらは旧新垣家住宅と東ヌ窯。

     

     

    東ヌ窯は酒器や皿、鉢などを焼く上焼窯でした。新垣家住宅は窯主の住居であり、陶工の作業場でもありました。

     

     

    場所はやちむん通りの東入口付近。下の写真の右端にひめゆり通りが見えてます。

     

     

    やちむん通りは東行きの一方通行。ひめゆり通りに出てしまうと、引き返すのが大変です。

     

    やちむん通り沿いの駐車場に車を置いて、歩いて回って下さい。やちむん通りといしまち通りを往路と復路に利用して、ぐるっと効率良く回りましょう。


    国際通りのハピナハが閉館しました

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      2年前、沖縄三越跡にオープンしたハピナハ が先月末で閉館しました。



      地権者との契約上、三越跡は先月末まで建物を存続させることが決まっており、ハピナハはそれまでの期間限定でオープンしました。ですから、この度の閉館は当初からの予定通りです。


      ところが、予定通りになりそうにないのが、今後の再開発です。

      2年前の見通しは、地権者との契約完了(つまり先月末)を期に商業施設の建設に着手し、沖縄吉本などハピナハのテナントは、再開発後の施設でリスタートするというものでした。

      ところが、ハピナハの業績がまったくダメダメで、今は再開発の見通しすら立っていません。つまり、三越跡は当面空き家のままということ。

      三越跡の向かいはてんぶす那覇。てんぶすはウチナーグチでヘソを意味します。文字通り国際通りのヘソに大きな空き家ができてしまい、困ったことになりました。

      吉本興業は沖縄吉本を立ち上げたり、沖縄国際映画祭を開催したり、どういう訳か沖縄には採算度外視で投資する会社なので、今後、何らかの動きがあるかもしれません。


      一時は、沖縄にUSJを誘致するだの、ディズニーのホテルが建つだの、無責任な話が横行しました。

      もう、いいかげんにしませんか?

      青い海や青い空があるとは言うものの、沖縄は正真正銘、日本のど田舎です。私は、イオンライカムのような大規模商業施設が沖縄で成立するなんて、不思議で仕方がありません。

      「いや、観光客が増えてるから」

      おっしゃる通りですが、ライカムを訪れる買物客のうち観光客が占める割合は見込みも実績も約2割。ライカムに観光客が溢れかえってるとお考えでしょうが、決してそんなことにはなっていません。つまり、ライカムの主たる顧客は沖縄県民なんです。

      ウチナーンチュが突然、大阪のお笑いに目覚めますか?。TDLやUSJの入場料を知ってますか?。ウチナーンチュの所得がいきなり上がりますか?。


      那覇軍港の浦添移設に伴い、広大な米軍基地が返還され、さらに埋め立てまでして、とんでもない面積の平地が得られます。そこに、ライカムに負けないくらいの商業施設が建設されるそうです。

      まったくどうかしてますよ。「冷静になりなさい」と言いたい。

      いずれ三越跡の再開発も着手されると思いますが、そろそろバブリーな幻想は捨てて、真に沖縄の利益になる開発を進めて欲しいものだと思います。

      ところが、そうはならんのよね。これが。


      高良レコード新装開店

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        国際通りの高良"クワッチー"レコードが新装開店し、上等なりました。



        前の店舗は、建物が見えないほどのパネルやポスターが貼られていましたが、



        それがですね。おお〜。



        とんでもなくスッキリしました。


        観光客だった頃の私にとって、高良レコードは宝の山でした。

        アマゾンでパーシャクラブを買い、中古販売サイトで喜屋武マリー&メドューサを買い、次々に欲しいものを手に入れましたが、それは「欲しいもの」が分かっているからできるのですよ。



        高良レコードに入り、棚を見渡せば知らないものばかり。「おっ、この唄者がこんなCDを出してたのか。ほっ、欲しい」ってなり、どれを買おうか悩んだものです。

        沢山の商品を俯瞰し、そこから選ぶ楽しみは通信販売では得られませんね。本屋に行くヨロコビもそこにあると言えるでしょう。


        さて、建物がスッキリした高良レコードですが、中の人達は同じです。今頃は、何も無い壁面に色々なものを貼りたくて、ウズウズしているのではないでしょうか。数年後には元の店舗と変わらなくなり、「ありゃ。新装開店したと聞いたけど、なんも変わってないじゃん」と言われることでしょう。

        なことはないか(笑)


        公設市場南隣りの「ふくろうの楽園」

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          バイクのウインカーが球切れしたらしく、右折が危険になりました。さっそく農連市場の津波古バイク屋に向かい「修理しなさい」と言ったら、

          津「あー、ダメダメ。今、と〜っても忙しいわけさ」

          C「ほ〜、よう言うたな。美人が通りかかったら用も無いのに呼びとめて」

          津「あら、見てた?(笑)」

          C「なんとかして、ゆんたくに持ち込もうとするだろ」

          津「Cさん、聞いてっ!!。だんだん相手にしてもらえなくなってきた。どうしよう(笑)」

          C「で、俺は客だけど」

          津「仕方ないなぁ、球切れね?」


          話は変わりまして、公設市場南隣りの琉銀2階に「ふくろうの楽園」がオープンしました。




          入園料880円を支払い、琉銀の2階に上がると、そこはジャングルで、ふくろうが飛び、アルマジロが走る癒しの空間になっとると。

          正直なところ、まったく興味ありませんでしたが、ゴボウ屋に行ったついでに様子を見てきました。

          そしたら、入口に立ってた女の子があまりにも可愛らしかったので、おじさんは愛想笑いをしつつ、チラシを一枚もらったのでありました。


          C「ほれっ」

          津「なっ、なんね」

          C「ふくろうやんか。若い女の子とお話ができるから行ってこい」

          津「えっ、いやぁ、ちょっと」

          C「ほれっ」



          津「えっ、可愛いさぁ。ちょっと覗いてみる?」

          C「(笑)」


          牧志の散歩(6) 希望ヶ丘公園からの眺望

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            桜坂劇場前の希望ヶ丘公園が整備され、上等なってます。

            せっかくですから、新しい遊歩道を歩いて展望台(?)に上がってみました。



            一面の屋根は公設市場界隈です。平和通りや市場本通りが左右に通ってるはずですがよくわかりません。右手が国際通り方面、左手が農連市場方面です。

            正面に見えるグレーの高層マンションのあたりが浮島通りで、その背後が松尾の丘。


            希望ヶ丘と松尾の丘は、そもそも、ガーブ川流域(湿地帯)の両岸でした。つまり、私は川の東岸から西岸を眺めているってこと。

            ガチャガチャした屋根を視界から消し去り、広い湿地帯をイメージします。その中ほどを左から右にゆるやかに流れるガーブ川。

            マーチュー(松尾)の丘は、その名の通りかつての松林。川の向こう岸に小高い丘と松林をイメージします。


            おお、戦前の景色が見えてきました。

            私には見える。


            と、言いたいところですか、見えへんっちゅうの。

            しかしですね。

            そうでも思わんことには、「ほ〜、屋根が沢山見えますなぁ」としか、言いようがありませんよ、この景色。


            沖映通りのスージ(2) 張献功の墓

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              JALシティを背に、沖映通り方向へ戻ります。



              戻ります。



              戻ります。



              月並みですが、今、私は何処に(笑)

              郊外の集落を歩くことが好きな私ですが、那覇もなかなかやります。


              そして、



              更に、



              もう、何が何やら(笑)

              ニューパラダイス通りと国際通りに挟まれた、隙間のような空間に私はいます。


              そして、



              お墓の前に出ました。



              このあたりに、陶工張献功(ちょうけんこう)の墓所があるはずなんですが、この日は見つかりませんでした。

              投稿のタイトルに偽りあり(笑)

              見つからなかったのでまた来ますが、そのプロセスが好きなので、楽しみを残したとも言えます。


              この展開で、こんなことを言うのもナンですが、あと4、5年も経てば、このあたりはこうなります。

              右手前がむつみ橋交差点。二つのビルの隙間から緑が見えますが、あそこに私がいます。


              さて、そろそろ、沖映通りに出るみたいです。



              あと少し。




              出ました。右手奥がむつみ橋交差点です。



              青い服の女性と彼女を取り囲む数名は、那覇まちまーいの皆さん。

              私は参加したことがありませんし、今後も多分参加することは無いでしょう。

              ガイドさんに向かって、

              「何言うとんねん」とか、

              いかにも、言いそうですからねぇ。こいつ(私)。

              (終わり)


              沖映通りのスージ(1) ティーラガー

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                こちらは那覇のジュンク堂です。



                ここから沖映通りを歩けば、国際通りのむつみ橋交差点に出ますが、この日はその間のスージをクネクネと歩いてみました。


                ちょっとその前に。

                ジュンク堂の横を流れるガーブ川。与儀公園から農連市場を抜けた後、暗渠となって姿を消しますが、ここで現れます。



                農連市場の海抜は5mほど。ジュンク堂付近は昔の海岸ですから海抜0mです。5mの標高差を約2kmかけて、ガーブ川はゆるやか〜に流れています。


                最初の写真の左端にクリニーング店の看板が写っていますが、そこからスージに入りました。



                木造の古い民家があり、その横を抜けます。閑静な住宅街と呼ぶべきか。分岐したスージはこんな感じ。




                バーがありました。



                スージにお兄さんが立っていますが、あの左手にドミトリーがあり、バーとオーナーが同じみたいです。

                泊まってる人が飲む、飲んだ人が泊まる。どちらもいけますね。


                そのドミトリーのリビングにコタツが出てまして、数人の宿泊客が足を突っ込んで寝転がっていました。一週間とか一ヶ月、そこで暮らしているかのような雰囲気です。

                写真を撮れる雰囲気ではなかったので、他サイトからお借りしました。



                後ろの女性の位置に私はいます。

                ドミトリーとバーの料金はこちら。



                確かに、雰囲気は太陽と呼ぶよりは月。根拠はありませんが、オーナーはナイチの方かと思いました。


                さて、ニューパラダイス通りに出ました。

                見慣れない建物があるなと思ったら、これはトイレ。つまり、公衆便所です。



                案内板までありまして、



                男子トイレと女子トイレ。中央に多目的トイレ。

                なるほど、よくわかりました(笑)

                トイレの横にはベンチがありまして、



                電灯がぶら下がっていたので、夜、ここで本を読むのかと思ったら、電球はありませんでした。つまり、オブジェ。

                一括交付金の匂いがしますね。


                JALシティ方向にニューパラダイス通りを少し歩いて、ここを左折します。



                再び、スージに入りました。



                奥の駐車場の脇にある井戸はティーラガー。



                照屋をウチナー読みするとティーラ。井戸の名の由来は「照屋さんちの井戸」かもしれません。


                井戸の奥へスージは続きます。



                続きます。



                JALシティの裏に出て、前半は終わりです。



                (続く)


                ハーバービューの散歩

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  ハーバービューと聞けば、泉崎のハーバービューホテルや、旭町から県庁南口を経て那覇高校前に抜けるハーバービュー通りを連想します。

                  いずれも、在沖米国人の会員制社交クラブ「ハーバービュークラブ」が名前の由来です。沖縄の鹿鳴館。

                  復帰前まで「ハーバービュー」と呼ばれた街がありました。それは県庁と那覇高校に挟まれた場所で、当時は上泉町、現在は松尾一丁目にあたります。旅館や飲食店が軒を並べていたようです。

                  今朝はそこをウロウロしました。


                  戦前からあったレンガ塀。弾痕が残る塀として、少し有名です。



                  民宿「コバルト荘」は復帰の年に開業しました。こちらも少し有名。



                  塀に挟まれたスージ。





                  県庁のすぐそばに、こんな場所があるんですね。ここまでの写真は離島で撮ったと言っても信じてもらえそうです。


                  石塀の奥に県庁。



                  沖縄風民家。の奥にチュラ琉球。



                  石垣の上の民家に続く階段。




                  私は、ハーバービュー通りから国際通りに向かってウロウロと歩いています。住宅地を抜け、街の雰囲気が変わりました。





                  手相500円。店内にてやってます。






                  おまけ(笑)




                  私の年代以上のウチナーンチュはご存知でしょうが、復帰前のハーバービューは売春地帯で、最盛期には2〜300人のネェネェ達が立ちん坊をしていました。

                  声をかけられて、

                  「あっ、いや、けっこうです」

                  などと言おうものなら、物陰から現れたニィニィに、

                  「なんやとぉ、われぇ!!」(ウチナーグチに変換して下さい)

                  と怒鳴られたそうです。

                  もちろん今は、そんなネェネェもニィニィもいません。


                  沖縄三越跡の様子(2015.07.11)

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    今朝の沖縄三越跡です。



                    そして、今年3月の投稿写真。



                    簡単な間違い探し。那覇タワーがありません。


                    以前、ご自宅から那覇タワーが見える読者の方から、

                    「ネットで覆われて見えないだろうが、那覇タワーは今年の1月頃に解体済み。」

                    と教えていただきました。

                    つまり、今年3月に二枚目の写真を撮った時、既に那覇タワーは無く、最近になって工事用ネットが取り外されたわけです。


                    う〜ん。淋しいやないの。


                    私が沖縄に通い始めたのは2002年のこと。那覇タワーには強い印象を受けました。

                    「ほ〜、あれが那覇タワーか。」

                    「展望室が回転レストランなのか。」

                    「回転しながら、上がったり下がったりするのかな。」

                    などと、眺めたものです。

                    当時、レストランが営業していたかどうかは不明ですが、もし営業していたのなら、一度は上がってみれば良かった。


                    これはウチナーンチュに聞いた話ですが、回転するのは展望室ではなく、展望室の床だったそうです。つまり、展望室はジッとしていて、床と一緒に客が回ると(笑)。なんとも、せわしないレストランだったんですね。

                    食事に来たオバハンが(オッサンでも可)、窓際にポーチを置いたりすると、

                    「あ〜れ〜!!、私のポーチがあっちに行っちゃうわ〜!!」

                    って、私のポーチに言わせれば、あっちに行ったのはオバハンのほう。

                    「あ〜、戻ってきた、戻ってきた。」

                    って、戻ってきたのはオバハンなのでした。

                    みたいなことがありました(知らんけど)。


                    私が初めて見た那覇タワーは、既に、どことなく場末感があり、国際通りのシンボルと言うより、路地裏から眺めたほうが似合う気がしました。

                    神里原や安里など、意外な場所から那覇タワーが見えました。そして、何やら視線を感じるなと思ったら、那覇タワーがこっちを見ていることもありました。


                    本土復帰、海洋博と、沖縄が迎えたバブル景気の象徴とも言える建築物でしたね。

                    解体時に、セレモニーみたいなことがあったのか、無かったのか。ひっそりといなくなった感じがあります。


                    桜坂のハイアット、来週開業

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      桜坂の「ハイアット リージェンシー 那覇」が、来週(7月2日)開業です。

                      18階建で、高さ67メートル。まあ、デカイこと。

                      神里原通りから。



                      国際通りから。



                      桜坂中通りに面したエントランス。



                      裏に回って、桜坂劇場前から。



                      浮島通りから。




                      建設中は違和感バリバリでしたが、毎日見ているうちに、慣らされてしまう自分が情けない。

                      今後、農連市場、水上店舗、公設市場など、周辺の開発が進みますから、街の側が変化して、やがて、この巨大なホテルが持つ違和感は消えてしまうことでしょう。

                      ハイアットを悪者扱いしていますが、私の不満は、無秩序な開発を進める行政に向けられたもの。ハイアットは、建設中の予想に比べれば、周囲の景観に配慮していると言えそうです。


                      観光客、年間一千万人はたいへん結構ですが、那覇はすっかり、沖縄本島各地や離島へのトランジットです。

                      観光地としては、国際通り、首里城、識名園で終わり。やがて、那覇に滞在する旅のスタイルが想像できなくなるでしょう。


                      ここ数年、おきなわスローツアーや、那覇まちまーいなど、那覇を熟知したガイドによるツアーが人気です。

                      観光客はもちろん、ウチナーンチュの参加が多く「那覇にこんな場所があったのか」「これを機会に那覇をもっと知りたい」などと、いい感じです。

                      こうした取り組みが、那覇の開発ピッチに追いつくことができるのか。そして、那覇の景観を守ろうとする機運が形成されるのか。


                      30年後、

                      「2010年代に那覇に住んでたナイチャーがいて、『沖縄の風景』ってブログに投稿してたのね。その人は死んじゃったみたいだけど、ブログは残ってるの。それを読むと懐かしくなっちゃって。あの頃の那覇は、『那覇』って雰囲気があったのよね〜。」

                      などと言われて、ありがたくはあれど、嬉しくはありませんね。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM