今日の会話

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

     

    (1)山羊を飼いたい調理師

     

    「私、大きくならない山羊だったら飼いたい!!」

     

     

    (2)山田孝之からLINEが届いた

     

     

     

    (3)どう呼ばれようが返事をする男

     

    C「おい、サンラー」

     

    A「なんね」

     

    C「いったいお前は誰やねん(笑)」

     

     

    (4)客に一万円札を出された農連のオバァ

     

    「私は両替屋じゃないよっ!!」

     

     

    (5)イオンのニーセー

     

    C「はぁ、またバターが無い。バター売場なのにバターだけが無い」

     

    兄「バターはちょっと不安定なんですよ」

     

    C「バター屋を甘やかしたらあかんで。逆らうようなら『ほぉ、イオンの言うことが聞かれへんのやな』って言え」

     

    兄「それはちょっと。チーズならあるんですけどね」

     

    C「えっ?。それを早よ言えよ」

     

    兄「えっ?。チーズでいいんですか?」

     

    C「嘘やがな」

     

    兄「はいはい。すみませんでした」


    老いるということ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      某青果店のお父さんは90歳。お母さんは86歳。

       

      毎朝4時には店に出て、私や相棒Aの出勤を待ちます。私達に指示を出すわけでもなく、済ませるべき仕事があるわけでもない。

       

      二人にとって青果店の空間はサロン。私達の動きを目と耳で追って、それに反応する毎日です。

       

       

      お父さんは同じことを何度も言うようになりました。毎回反応するわけにはいかないので、なんとか上手く受け流します。相棒のAはそのテクニックが抜群なのよ(笑)

       

      お母さんは一日中お父さんと一緒にいるから、何度も同じ話を聞かされてかわいそう。と言いたいところだけど心配はいりません。お母さんは聞いた話を片っ端から忘れるんですよ

       

       

      ある日の夜、お父さんがお母さんに始めた話はその日だけでも3度目。話したことを忘れてるお父さんの話を、聞いたことを忘れてるお母さんが聞く。

       

      こっ、怖い(^^)

       

      怖いけど、これは私が老いに対して感じてる怖さと同じ種類の怖さ。人ごとではないのよ。

       

       

      読者の皆さん。私が昨日と同じ内容を投稿するようなら、お手数ですがコメント欄にその旨記入下さい。よろしくお願い致します。


      そうしてくれないと、昨日の投稿を忘れてる読者だけが残っちゃうよ。怖いんだけど(^^)

       


      おい。いつまでも若いと思うなよ。すぐだよ、もう本当にすぐなんだから(笑)


      今日のゆんたく

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

         

        (1)7つの海な男

         

        C「Aさん」

         

        A「なんね」

         

        C「あんたなんか世界中の病原菌に感染してるから、コロナ菌はすぐに食べられてしまうな」

         

        A「フフフ。しょうかもね」

         

        C「アフリカから南米から」

         

        A「フォッ、フォッ、フォ」

         

        C「ちゃんと検査したら『こりゃあえらいことになってますなぁ』ってなるんちゃうか?」

         

        A「フォーッ、フォッ、フォッ、フォ」

         

         

        (2)浜比嘉島産のオバハン

         

        浜「12年に1度だかね。ウフアシビには絶対に来なさいよ」

         

        C「3日3晩ならホテルを予約しないとな」

         

        浜「何言ってる。ウチに泊まればいいさぁ。誰もいないから部屋は空いてるよ」

         

        C「えっ?(笑)」

         

        浜「あら(笑)」

         

         

         

        (3)オカマのオバハン

         

        オ「あのー。病院へ行かれるんですか?」

         

        C「行くよ」

         

        オ「事故の日にはそんなこと言われてませんでしたよね?」

         

        C「それで?」

         

        オ「いえ。おっしゃることが変わってるから」

         

        C「貴女ね。どの口がそんなこと(笑)。行くなって言ってんの?」

         

        オ「あっ、そうじゃないです」

         

        C「じゃあ行くね」

         

        オ「・・・」

         

         

        (4)私の義母が鹿児島産

         

        長女「お父さん。沖縄は遠いな(^^)」

         

        C「おう。鹿児島にいるんだった?」

         

        長女「そう」

         

        C「それで、沖縄が見えへんと(笑)」

         

        長女「アハハ。そう」

         

        C「仕入れ先の開拓は上手くいってんの?」

         

        長女「お祖母ちゃんが使ってた味噌が大阪で売ってないから私が仕入れることにした」

         

        C「ほ〜、そりゃあお祖母ちゃんが喜ぶな。三十路ともなるとなかなかやるじゃん(笑)」

         

        長女「はいはい」

         

        C「沖縄にもな。高い山から九州が見えると思ってる人がいるから安心しろ」

         

        長女「わかった(^^)」

         


        今日の農連プラザ

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

           

          (1)コンニャク屋のオバハン(浜比嘉島比嘉集落産) 

           

          「今年はほらコロナでハーリーも豊年祭も中止になったけど。来年は12年に一度の「ウフアシビ」だから。これは絶対に来なさいよ。分かった?」 

           

           

          (2)相棒のA (久米島産)

           

          「ワンと母ちゃんはよ、二階と一階で別々に寝るわけさ。夫婦らけろ、夫婦じゃないみたいらね。でもよ、飲んで遅くなるとワンを疑うわけさ。一緒に寝てくれないのに。フォッ、フォッ、フォ」 

           

           

          (3)保育園の調理師(国頭村浜集落産)

           

           「えっ、浜にきてくれたの?。えっ、この写真はどうなってるの?。こっちが公民館で向こうが海?。ちょっと待って。あっ!!、ウチの前だっ!!。アハハ。どうしよう、ウチの前だ!!(笑)」 

           

           

           

          (4)農連プラザのオジィ(産地不明)

           

          「タハハ。箱のマギーさぬ(笑)」

           

           

          (5)金城商事のシモン君(ネパール産)

           

          「マッシュルームスライス缶と稲荷の皮ですねお客様。明日のお昼に引き取りですねお客様。承知しましたお客様。えっ、何で笑うんですか?。あっ、お客様」

           

           

          (おまけ)辺土名ビーチ(イチャンダ)

           


          今日の会話

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

             

            (1)返品された大根

             

             

            調「大根がスカスカでした。返品させてもらえますか?」

             

            C「あちゃー、これは酷いな。酷いけど、ありゃ?」

             

            調「どうしたんですか?」

             

            C「今週は大根の注文が無かったから、これは連休前に納めた大根だね」

             

            調「えっ?」

             

            C「えっ?」

             

            調「ごっ、ごめんなさい」 

             

            C「色々と謎なんだけど、ちょっと恥ずかしいかな?」

             

            調「ちょっとじゃないですよね。すみません(^^)」

             

             

            (2)ゆいレール

             

             

            C「Aさん」

             

            A「なんね」

             

            C「ゆいレールには乗った?」

             

            A「まだらけろ」

             

            C「乗らない男だな。モノレールがホームに着いたらドアが開くから。そしたら、乗っていいからね」

             

            A「フォッ、フォッ、フォ。しょうね」

             

             

            (3)からしなおにぎり

             

             

            惣「いつもありがとう」

             

            C「ど〜しても食べたいわけじゃないんだよな」

             

            惣「えっ?」

             

            C「ここを通ろうとすると、つい財布から130円出して握ってるわけよね(笑)」

             

            惣「いいねぇ。習慣なってるさ」

             

            C「じゃあまた明日の朝ね」

             

             

            (4)返品された理由

             

            C「お兄ちゃん」

             

            A「なんね」

             

            C「大根がスカスカで返品されたけど、俺が上手いこと話しておいたから」

             

            A「しょうね」

             

            C「何て話したか聞けよっ!!」

             

            A「上手くいったんらよね」

             

            C「ウチナーンチュ(^^)。結果を知ったら過程はどうでもいいんかい」

             

            A「じゃあ、もういいの?」


            今日の農連プラザ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

               

              (1)菓子屋で

               

              菓「禁煙は続いてる?」

               

              C「コンニャク屋の婆さんに邪魔されながらも、明日で一ヶ月」

               

              菓「え〜。あのオバさんはそんなことしないでしょ?(笑)」

               

              C「婆さんがガムをくれたわけよ。タバコを吸いたくなったら、これを噛みなさいって」

               

               

              菓「優しいさぁ」

               

              C「それが刺激の強いガムでね。俺は穏やかな気持ちでいたいのに、その刺激がタバコを吸いたい気持ちを呼び起こすわけよぉ」

               

              菓「ぷっ!!」

               

              C「それを婆さんに言うたら『じゃあ、返しなさいよっ!!』って怒るから、子供の喧嘩みたいになってる(笑)」

               

              菓「じゃあ、ガムはどうするの?」

               

              C「禁煙した人がいたら、Cさんからガムを貰いなさいって言っといて」

               

              菓「わかった(笑)」

               

               

              (2)モヤシ屋で

               

              モヤシ屋で仕入れた量り売りのモヤシ。

               

               

              最近は、製造年月日や成分表示のある、つまりパックされたモヤシを注文する保育園が増え、モヤシの仕入れ先が2ヶ所になりました。

               

              そしてこの日の私は、パックのモヤシ3キロを、間違えて量り売りに注文してしまったのよね。

               

              3キロのモヤシは既に袋に入れられて、台の上に置かれているはず。それをバラしてモヤシの山へ戻せと言うのは、大変心苦しい。

               

               

              私は、3キロのモヤシ以外の代金をカゴに入れ、お釣りを取り、領収書を書き、そろそろキャンセルをお願いしようとしてたら、モヤシ屋のトモコさんが電話を取りました。

               

              「もう、ダメよ、ダメ。今日はモヤシが無いの。1キロも無いんだから、仕方がないでしょ。はい、じゃあね」

               

               

              そこで、すかさず私が3キロのキャンセルを申し出ると、

               

              「えっ?。3キロ返してくれるの?。ありがと〜。嬉しいわ。本当に貰っていいのね。助かるわぁ」

               

              迷惑をかけた私が喜ばれるという。ありがたや〜。


              何もかもがこうなるといいのにねぇ。


              今日の出来事

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                 

                (1)園児の心配事

                 

                園「ねぇねぇ、おじさん」

                 

                C「おっ、どした?」

                 

                園「オオカミに追いかけられたらどうすればいい?」

                 

                C「それは考えなくてもいいかな」

                 

                園「どうして?」

                 

                C「どうせ食べられちゃうから」

                 

                園「えっ、ウエ〜ン」

                 

                 

                ご安心下さい。最初に思いついたのがこれってこと。某青果店のエンドユーザー様にそんな失礼なことは致しません(笑)

                 

                で、プランBは。

                 

                 

                C「オオカミさんに、海の色は?って聞いてみて」

                 

                園「えっ?。海の色?」

                 

                C「あっ、お〜〜!!」

                 

                園「ギャハハ!!」

                 

                C「じゃあ、空の色は?」

                 

                園「あお〜〜!!」

                 

                C「またいつか」

                 

                園「あお〜〜!!。ギャハハ!!」

                 

                 

                すみません。パクリました。

                 

                YouTubeに元ネタがあったので、時間のある方はどうぞ。2016年の美ら海エアフェスタ。


                 


                 

                (2)そこらのオジィじゃ話にならんな

                 

                こちらは農連プラザのトミさん。

                 

                 

                今朝、オジィがやって来て、トミさんに何やら抗議してました。人差し指を立て、トミさんに向かって腕を振る振る(^^)

                 

                一方のトミさんはヨソを向いて何かをポリポリ食べてましたが、面倒くさそうにオジィに顔を向け、「なんでぇ?」と。

                 

                その一言で静かになるオジィ(笑)

                 

                長年、市場で商売を続けてきたトミさんと、そこらのオジィでは肝(チム)の座りが違います。「話にならない」とはこのこと。

                 

                もしかして、私はカマボコ屋のトモコオバァの後継者誕生の瞬間を目撃したのかもしれません。

                 

                あっ、トミさんにトモコオバァの話はしないで下さいよ。トモコオバァ(猫にエサやり派)とトミさんのお母さん(ガッパイオバァ:やらない派)はそれぞれの派閥のリーダーでした。当然、その娘とも仲が悪かったのよね(^^)


                お前が言うな

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                   

                  (1)閉まらない扉

                   

                  海洋食品に来たら、入口の扉の閉まりが悪いらしく、客のオバハンが難儀してました。

                   

                   

                  バイクから「今から入るからほっとけ」と言うたのが聞こえんか。

                   

                  「あっ、お兄さん。これお願いね。どうせ入るんでしょ」

                   

                  確かにそう言うたが、それをお前が言うな。

                   

                   

                  (2)相棒のA

                   

                  C「あっ!!。お前なぁ、昨日も今朝も言うたのに、なんでそれを・・・」

                   

                  A「フフフ。ラチがあかんな(笑)」

                   

                  その通りだが、お前が言うな。

                   

                   

                  (3)湧田食品店

                   

                  店の前を歩道にされるわ、砂ぼこりは舞うわ、バリケードを置かれるわで、湧田が大変になってます。

                   

                   

                  歩道でバイクを停めたら、工事現場のオヤジが来て、

                   

                  工「あっ、ちょっと。車道へ停めてくれますか?」

                   

                  C「何でぇ!」

                   

                  工「いや、邪魔になるから」

                   

                  C「誰のぉ!」

                   

                  工「・・・」

                   

                  ふざけんなよ。何年もここにバイクを停めてるこの私に。昨日、今日来たお前が言うな。

                   

                  店から出たら、さっきのオヤジがまだ何か言いたそうにしてました。

                   

                  C「何や」

                   

                  工「やっぱりそこは歩道なんで、車道の側に・・」

                   

                  C「一方通行へ入ったら開南を回って帰らなあかんやないか」

                   

                  工「いえ、ちょっとぐらいなら逆行しても・・」

                   

                  もう俺に話しかけるな。て言うか、お前は何も言うな。

                   

                   

                  (4)横を向いて歩くオバハン

                   

                  人間は前を向いて歩きますが、この狭い通路を横を向いて歩くオバハンがいて、こっちへ来るのよね。

                   

                   

                  用心して立ち止まる私。

                   

                  オ「わっ!!。危なかったぁ」

                   

                  それをお前が言うな。

                   

                  オ「抱きついても良かったけどっ!。アハハ」

                   

                  それも言うな(笑)


                  ヨシエさんからトミさんへ豆腐屋の引き継ぎ

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    農連プラザの惣菜屋に貼られている大きな写真は(故)玉城シゲさんのカチャーシー。

                     

                     

                    農連市場で50年以上も惣菜を作り続け、売り続けてきた名物オバァで、おでこが突き出ていたことから、ガッパイオバァと呼ばれていました。

                     

                     

                    そして、このオバハンが娘のトミさん。

                     

                     

                    先月末で引退した豆腐屋のヨシエさんは、商売をトミさんに継承することにしました。それは、農連プラザの高い家賃を支払ってるトミさんにとっても良い話。二人とも市場の2代目で、親も娘も仲が良かったんです。

                     

                     

                    この日、トミさんの手が空いた頃合いを見計らって、ガッパイオバァの写真を撮りに、惣菜屋へ向かいました。

                     

                    写真が光るから蛍光灯を消せだの、邪魔だから下がれだのと注文の多いオヤジ(私)でしたが、親の写真をわざわざ撮りに来てくれて、それを喜ばない娘はいません。

                     

                    上下の写真は「じゃあ、私と一緒に撮る?」と勝手に入ってきたもの。

                     

                    「頼んでへん」っちゅうの(笑)

                     

                     

                    ガッパイオバァの写真を撮りたかったのはもちろんでしたが、トミさんに「よろしくね」の気持ちが私にあったことは否めないか(^^)

                     

                     

                    ガッパイオバァの写真は近くの高校生が撮ったもの。ある企業が主催した「はたらくすがた 写真コンテスト(高校生の部)」で、この写真がグランプリを受賞しました。


                    全島一ではなくて、日本一です(^-^)v


                    コンテストのサイトはこちらから


                    豆腐屋のヨシエさん

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      豆腐屋のヨシエさん。

                       

                       

                      正しくは豆腐の取次店。私は島豆腐、ゆし豆腐、厚揚げ、おからをヨシエさんから仕入れてます。今月末にヨシエさんの引退が決まりましたので、過去の投稿から、私とヨシエさんの会話などをまとめてみました。

                       

                       

                      (1)フィジュルーよぉ

                       

                      ヨ「パックの豆腐はフィジュルーだわけ」

                       

                      C「ギャハハ!!。フィジュルーかっ!!」

                       

                      ヨ「面白かった?。フィジュルーよぉ、フィジュルー(笑)」

                       

                       

                      (2)ヌクヤー小(グヮ)よぉ

                       

                      C「昨日くれたチョコレートはクリスマスの何だった?」

                       

                      ヨ「あぁ、ノコリモノ。クリスマスのノコリモノ(笑)」

                       

                      C「翻訳せんでエエから」

                       

                      ヨ「ヌクヤー小(グヮ)よぉ」

                       

                      C「ギャハハ!!」

                       

                      ヨ「アハハ。クリスマスのヌクヤー小(笑)」

                       

                       

                      (3)ドッコイ小(グヮ)

                       

                      ヨ「あれ、重たいね。ドッコイ小(グヮ)」

                       

                      C「プッ!!。何でドッコイに小(グヮ)なんだ?」

                       

                      ヨ「何にでもつけるさ」

                       

                      C「まさか、ドッコイ小(ショウ)じゃないよな」

                       

                      ヨ「そんな難しいこと、考えんよぉ(笑)」

                       

                       

                      (4)お休みします

                       

                      ヨ「明日は注文があるんだった?」

                       

                      C「無い」

                       

                      ヨ「じゃあ、明後日は?」

                       

                      C「いつまで休みたいのかを言いなさい」

                       

                      ヨ「アハハ、よくわかるね。明日から三日だけど、お休みにしていいの?(笑)」

                       

                       

                      (5)熱い厚揚げ

                       

                      ヨ「今日の厚揚げは来たばかりで熱いから気をつけてね」

                       

                      C「豆腐屋、遅かったか」

                       

                      ヨ「もう一回来てもらったわけ。私が厚揚げの注文を忘れてから」

                       

                      C「プッ!!。『アゲッ!!』って言っただろ」

                       

                      ヨ「ギャハハ。何でわかるぅ。言ったぁ。『アゲッ!!』って言ったぁ(笑)」

                       

                       

                      (6)イチゴ箱は左手に

                       

                      「あれ、今朝は早いね。今、Cさんのお豆腐を箱に詰めようとしてたとこ。それでイチゴ箱を、あれっ?。箱が無い。今よ、たった今。あれっ?。どこに行ったんだろ。あれっ?」

                       

                       

                      (7)肉野菜炒め

                       

                      「野菜をチャラチャラ。お肉もチャラチャラ。チャラミカチ!!。アハハ」

                       

                       

                      (8)おからを何とかしてくれ

                       

                      「もしもし、Cさん。おからの1.5キロ、何とかなったから取りに来て。今朝、惣菜屋に2キロ卸したんだけど、『どうせ売れないから返せ』って、今取ってきたぁ(笑)」

                       

                       

                      (9)ひとりごと

                       

                      ヨ「本当は2丁半なんだけど、今日のお豆腐は大きいから2丁でいいさぁね。ちょっと足らないけど、まっ、いいかぁ。アハハ。Cさん、本当は2丁半なんだけど・・・」

                       

                      C「聞いてた(笑)」

                       

                      ヨ「えっ、聞こえてた?。じゃあ。え〜っと。だわけ(笑)」

                       

                       

                      (10)イチャンダ豆腐

                       

                      「いつもCさんがイチゴやトマトの箱をくれるからほんと助かってる。このお豆腐はCさんが使うんでしょ?。お金はいらないから持って行ってね」

                       

                       

                      (11)石敢當

                       

                      再開発前の農連市場にヨシエさんの車が停まっています。

                       

                       

                      荷物を積み下ろしする場所なので、本来なら迷惑がられるところ、常に同じ位置、同じ向きに停まっているので、もはや風景の一部。石敢當のようなモノです。

                       

                      市場の人達は、ヨシエさんの車だと分かっているので、誰も文句は言いません(^^)

                       

                       

                      (12)ビニール屋オジぃ→ヨシエさん

                       

                      「おい、ヨシエ。おまえはいつも地味な服ばかり着てるから目立たんさ。Cさんが困ってるだろ。明日からはすぐに見つかるように派手な服を着てきなさい」

                       

                       

                      (13)ヨシエさん→ビニール屋オジぃ

                       

                      C「はい、100円」

                       

                      ビ「なんねこれは」

                       

                      C「さっき留守だったから、勝手にボールペンを貰った」

                       

                      ビ「あぁ、そうね(笑)」

                       

                      C「こりゃあ2、3本貰っても気付かんなぁ(笑)」

                       

                      ヨ「な〜ん。全部貰っても気付かんよ」

                       

                      ビ「きっ、気付くさっ!!」

                       

                       

                      ヨシエさんの仕事は、農連プラザのトミさんが引き継ぐことになりました。ヨシエさんとトミさんは、親の代からの仲良しです。

                       

                      さっそくトミさんに挨拶に行くと、「あっ、お豆腐はそこのテーブルに置いておくからね。しばらくはヨシエもそのあたりで遊んでるはずよ」と。

                       

                      「ついでにヨシエさんも置いといてくれんかな」と思いましたが、それは無理そうなので口にはしませんでした(^^)


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM