今朝の農連プラザ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    (1)カマボコ屋トモコオバぁ

     

    今朝もカマボコ屋で丸カマボコを仕入れました。料金は1,350円。

     

    C「3,650円ね」

     

    ト「お釣りを言って」

     

    C「お釣りが3,650円」

     

    ト「そうね。じゃあ、これが650円」

     

    C「おっ、ちょっと多いようだけど、ありがとう」

     

    ト「・・・」

     

    C「じゃあ、明日はチキアギね」

     

    ト「3千円はいいの?(笑)」

     

    C「あっ、こいつっ!!。今、わざと一呼吸おいただろっ!!」

     

    ト「グフフ。おいたさ(笑)」

     

    C「けっ!!。『こいつチョロいな』みたいな顔してから。嬉しそうに」

     

    ト「グフフ。歯が無いからこんなだけど、歯があったらもっと喜んださ(笑)」

     

    C「そりゃあ残念やったな。はいはい」

     

     

    (2)佐辺昆布店の良和君

     

    前々から良和君に会ったら教えてもらおうと思いつつ、会ってもどちらがが忙しそうなので見送って。今朝、ようやく。

     

     

    C「この間の母の日公演でな」

     

    良「母の日公演。はい、はい」

     

    C「仲里節由来記の知花小百合ちゃんの踊りが上手で、若按司が『何か欲しい物があれば言いなさい』ってなったやろ」

     

    良「はい、なりましたね」

     

     

    C「ほんなら、小百合ちゃんは仲里の花を一枝欲しいと」 

     

    (聞けば仲里や 花の本てもの 咲き出らば一枝 持たちたぼうれ)

     

    良「はい」

     

    C「あれは、故郷ヤンバルの花が欲しいってことか?。花って草花の花って意味なの?」

     

    良「あっ、違います。仲里はヤンバルではなくて、若按司のシマなんです」

     

    C「あっ、そうかぁ。『聞けば仲里や』だからな。」

     

    良「はい」

     

    C「褒美に故郷の花を一枝って、何て謙虚な娘なんやぁと感動したのに。違うんやぁ」

     

    良「若按司を喜ばせることを言ったんです」

     

    C「うわぁ。それはちょっと待て」

     

    良「え?」

     

    C「いや、それは頭が回り過ぎやろ。小百合ちゃんのイメージと違うなぁ。あっ、ハールー小ね」

     

    良「そうなりますね」

     

    C「小百合ちゃんにな。そんなんあかんでぇって伝えてくれるか」

     

    良「アハハ。わかりました。今度会ったら伝えておきます(笑)」


    今朝の農連プラザ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 


      このスパイダーマンはカオリ保育士が、彼女の友人から頼まれて作ったもの。



      そのカオリの叔母さん二人が農連プラザの惣菜屋。姪っ子が作ったケーキの写真を叔母さん達に見せつけ、(他人の私が)大いに自慢したのでした。



      あれから3ヶ月。今朝、こんなことがありました。


      オバ「昨日カオリが来て、ケーキ置いてったさ」


      C「おっ、ええねぇ」


      オバ「友達に頼まれて作ったら、失敗したって持って来たのよ」


      C「なんていい娘なんやぁ。で、ケーキは?」


      オバ「食べたさ」


      C「はぁ?。全部ね?」


      オバ「全部」


      C「それで『美味しかったのよ』って話かいっ!!」


      オバ「ごめ〜ん。昨日、分けて持って帰ったのよ」


      C「連絡しろよぉ」


      オバ「代わりにサンドイッチあげる。オニギリか何か買いに来たんでしょ?」


      C「あらそう。悪いねぇ」


      オバ「チンしてあるから」


      C「サンドイッチを?。『温めますか?』って聞けよ。あっ!!。昨日のかっ!!」


      オバ「大丈夫よ、貴方なら」


      C「昨日のサンドイッチは食わせるが、昨日のケーキは食わせられられ・・・」


      オバ「だから、ごめんってば(笑)」



      コンビニのサンドイッチはカラッとしてるのに、惣菜屋のは何でこんなにベトーとしてるんでしょ。生温かいサンドイッチを食べて既に3時間。


      朝の配達を終えて私は元気です。(^O^)/


      人間関係ではなく、仕事の勘定

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        今朝の農連市場です。なんと冷房完備(笑)

         

        毒舌オバぁのトモコ(与那嶺)カマボコ店は右奥にございます。

         

         

        今朝、チキアギの仕入れに寄ったら、

         

        ト「無いさ」

         

        C「無いで済むか。昨日注文してるだろ」

         

        ト「売り切れたわけさ」

         

        C「俺より後に注文したのは誰ね」

         

        ト「ど、どうするの?」

         

        C「取り返してくるに決まっとるやろ。早よ言え」

         

        ト「分かった。分かったさ。こっちのを持ってって」

         

        C「俺も明日からは注文せずに来るからな。そん時にあれが無いこれが無い言うなよ」

         

        ト「だから、ごめん、ごめん」

         

        それを横で聞いてたどこかのオバはんが「ニィニィ。トモコさん相手に凄いさ」と(笑)

         

         

        私はトモコオバぁが帰った後、毎日、カマボコ屋へ空き箱を10も20も運び、翌朝、トモコオバぁはその空き箱に注文の品を仕分けして、客が来るのを待ちます。

         

        トモコオバぁは、私に売るカマボコを必ず値引きしてくれて、私はそれでおにぎりを買ったり、コーヒーを買ったりします。もちろん、トモコオバぁはそれを空き箱の対価だとは言いません。でも、そういうこと。それで、私とトモコオバぁの仕事の勘定は合ってるわけです。

         

         

        仕事を進める上で、人間関係が良いに越したことはありません。一方で、人間関係が良ければ仕事が上手くいくってもんではありません。人間関係が良かろうが悪かろうが、重要なのは仕事の勘定が合ってること。

         

        組織を率いるマネージャーが、まず為すべきは、メンバーの力量に見合った仕事の配分や、組織が機能するための仕組み造り。メンバー間の人間関係は「良好ならばなおよろしい」程度のことです。だから、まず最初に「仕事をうまく進めるには、チームワークが重要です」などと言いだすマネージャーは、ロクなもんじゃないです。

         

         

        映画のPVで「全米が泣いた!!」とテロップが流れた時、「ホンマに全員が泣いたんかい」と問われれば、返す言葉はございません。その矛盾を承知の上で言えば、沖縄の組織は人間関係重視です。

         

        でも、考えてみて下さい。人間関係重視のマネージャーは、組織の問題に対して「まあ、よく話し合って、うまくやりなさい」としか言えないはず。問題は仕事の勘定が合ってないことにあるんですから、それを放置して仲良くするなんて、メンバーにとっては苦痛でしかありませんてば。

         

         

        チキアギの仕入れから「どこまで語るのか」みたいになってきたので、話を元に戻しましょう。

         

        レポーターに「ちょっと、お話を聞かせて下さい」と言われたトモコオバぁが、テレビカメラに向かって「どうせ買わないんでしょ」と言い放ったことは、何度か紹介しました。これは仕事の勘定が合ってないんです。モノを頼むのなら、チキアギの1枚でも買って、一口でも食べて客にならないと。

         

        トモコオバぁの毒舌にやられる客はそのことに気付いてません。だから、彼女の機嫌をとるために、言葉使いを丁寧にしたり、下手に出たりしますが、それはまったく効果が無いんです。

         

        私は、トモコオバぁのそのあたりの考え方が好きで、彼女とはウマが合うと思ってます。

         

         

        だから、今朝のトモコオバぁは変でした。

         

        本来は、まず、私にチキアギを渡して取引を成立させ、しかる後に「今日はチキアギが売れて売れて大変だから、次郎屋で10枚でも20枚でも貰ってきてくれんね」だったはず。それならもちろん協力しましょう。

         

        まあ、いきなりキツいことを言ったから、調子が狂ったのかもなぁ。


        農連市場の平和な朝

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          (1)ヨシエ豆腐店で

           

          早朝の農連プラザ、知念精肉店前です。牛や豚のパネルの前でワタリグチが何かゴソゴソやってます。

           

           

          ここの道路整備はこれからで、今は暫定的な砂利道の一方通行。そこを一台の軽自動車が逆走してました。

           

          C「今そこを逆走した車がいたわけよ」

           

          ヨ「あら、危ないね」

           

          C「誰やねんと見たら、次郎屋のオジぃでから(笑)」

           

          ヨ「アハハ。やりそう、やりそう」

           

          C「あのオジぃなら『まあええか』ってなるのよね」

           

          ヨ「う〜ん。ヨーンナーしてるし、まっ、いいかぁ(笑)」

           

          ありゃ。ヨンナーかと思ってたらヨーンナーなのね。アクセントが頭で。ほっほぉ。

           

           

          (2)海洋食品で

           

          C「じゃあ、仕方ないから『まあまあ』おいしいコーヒーも買っとくか。はい、88円」

           

           

          海「『おいしい』って書いてあるさぁ。まあまあじゃないよぉ」

           

          C「いやぁ、そんな『おいしい』ってほどのモンじゃあ・・・」

           

          海「毎日は買わんからね」

           

          C「いや、それはちょっと違う。市場で一万円は出しづらいだろ。小銭が少ない日は開南のローソンでコーヒー買って、一万円を崩してるのよ」

           

          海「ああ、そうゆ〜こと。偉いさぁ」

           

          C「それ以外の日はここで買ってるよ」

           

          海「じゃあ、『まあまあ』じゃないじゃん(笑)」

           

          C「一万円で88円のコーヒー買う客と、ローソンで買う客とどっちがいいのよ」

           

          海「え〜っと、ローソンで買って(笑)」

           

           

          (3)惣菜屋で 

           

          惣「ねぇ、ねぇ。昨日、海洋食品で竹輪を65パックも買ったの?。オバさん喜んでたわよ」

           

          C「うん。ありゃあ、新記録だな」

           

          惣「65パックって、え〜っと・・」

           

          C「260本。保育園に納めたよ。竹輪で腹いっぱいにする作戦らしいわ」

           

          惣「ギャハハ!!。あとは何も作らんの?(笑)」

           

          C「園児が『これだけですかぁ〜』って文句言ったら、先生が『(竹輪が)まだあるよ〜』って答えたってよ(笑)」

           

          惣「ギャハハ!!。あ〜、おかしい(笑)。えっ?、それ、嘘よね」


          何で「どっこい小(グヮ)」なんだ?

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル 

             

            え〜、豆腐屋のヨシエさんです。

             

            いつもニコニコしてるので、もはや真顔に戻りきりません。このオバぁがキュートな声で連発するウチナーグチは、私の朝の楽しみになっています。最近のヒット作品は、クリスマスのヌクヤー小(グヮ)豚肉のチャラミカチ


            いつだったか、私が豆腐を頼んだら、仕入先のニイちゃんが間違えて厚あげを持ってきたと。

             

            ヨ「豆腐を用意しようしたらさ。厚あげでから。も〜、焦ったさぁ」

             

            C「アゲッ!!って言っただろ(笑)」

             

            ヨ「言った、言ったぁ。アハハ、よくわかるね。アゲッって言ったぁ〜。アハハ!!」

             

             

            さて、昨日朝のこと。私が注文していた島豆腐4丁半(約7キロ)を持ち上げた時、ヨシエさんの口から発せられた言葉が、

             

            「どっこい小(グヮ)」

             

            (笑)

             

            何で「どっこい小(グヮ)」なんだ?。

             

            役所広司さんを思い出しました。ダイワハウチュ(笑)

             

             

            電通か博報堂か知りませんが、広告代理店が一生懸命考えたCMのクオリティが、普段のヨシエさん。

             

            何でもかんでも小(グヮ)をつければいいってもんじゃないとか、これはもしかして「どっこい小(ショウ)」なのかと思ったりしましたが、ヨシエさんが言うと妙にシックリくるから不思議です。

             

             

            昨日の私はあることで機嫌が悪く、隣の八百屋のニイちゃんに「何かあったんですか?」と言われたほどでした。そこから「どっこいグヮ」を思い出しては笑い、私は徐々に回復したのでした。

             

            明日の朝は豆腐を注文してますので、今から楽しみです。


            60代らしく生きるということ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              農連プラザの菓子屋でクラッカーを仕入れた時のこと。菓子屋の娘が領収書を書きながら「ウフフ」と笑うので、「ん?」と反応すると「なんでもないです。ウフフ」と(笑)

               

               

              受け取った領収書をよく見れば、クラッカーと伸ばす時の「ー」がずれ、「カー」が「か」になって「ウフフ」。

               

              若いっていいなぁ(笑)

               

               

              再開発前、この菓子屋は某青果店の隣にあり、創業者のオヤジ(セミリタイア中)とその娘が店にいました。農連プラザへの移転を機に、オヤジは真地の本社に戻ったかリタイアしたかで姿を消し、農連プラザ店は娘に任せることにしました。

               

              それから半年も経たないのに、娘はすっかり店長らしくなりました。何気ない仕草や言葉使いに店長としての確かな意志が感じられ、立場が人を育てると言いますが、まったくその通りになったのです。

               

               

              ところで、菓子屋の娘が新たに雇った若い従業員が二人いまして、そのうちの一人は彼女の息子。実は、彼女。娘と呼ぶのが失礼なほどのお母さんなのでした。

               

              私が毎日接してる市場のオバぁ達は、野球に例えればかなり高めのボール。低めの選球眼が衰えるのは無理もないのですよ。

               

               

              などと、思っていたところ、先日、この菓子屋の前で首里石嶺君と会い、写真を撮りました。そしたら、私のブログを読んだ石嶺君がこんなツイートをしてくれたんです。

               

               

              「おじ様」って(笑)

               

              軽くムカついたものの、よく考えれば(よく考えなくても)、石嶺君は来年やっと30歳で、私は去年で60歳。「おじ様」なんて石嶺君が気を使ってくれたのであって、本来は「ジイ様じゃなくてありがとう」なんです。

               

               

              そこで私は、あることに、バッシー!!と気づいたのですよ。

               

              「低めの選球眼が衰えた」のは、市場のオバぁ達のせいではなく、私が老いただけなんです。若い女性に「とても60には見えな〜い」と言われたり、市場のオバぁ達に「ニィニィ」と呼ばれたりして、いい気分になってる場合じゃなかったのよね。

               

              いつまでも若くありたいと考え、仮にそう見えたところで若い人にはかないっこありません。そこを無理にナントカしようなんて、実にみっともないことです。

               

              やはりそこはキチンと線を引いて、これからの10年をいかに生きるかを考えないと。若い60代を目指すのではなくて、若い人が「将来はかくありたい」と思ってくれるような60代を目指すことが正しいのよ。

               

               

              そして、どう生きるかについては、気づいたばかりなのでこれから考えると(笑)


              今朝の農連市場

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                 

                (1)コンニャク屋のレジスター

                 

                農連プラザへの移転を機に、コンニャク屋がレジスターを導入しました。大変結構なことですが、バーコードリーダーをケチったためか、レシートの品名欄が「コンニャク」としか出ません(笑)

                 

                そのことに恐縮してるコンニャク屋のオバさんは、一旦レシートを出した後で、品名を入れた領収書(明細タイプ)を書いてくれます。私にとってはありがたいのですが、知らない人が見れば、ちょっと変なぁなってます(笑)

                 

                 

                そしてこれが、レシートの合計と領収書の合計が同じになったり、領収書が少し高くなったりするのよね。(わかるよね)

                 

                「あらっ、今日は合ってるさぁ」とか、「ハーッシ、領収書が1円高いさ」とか、オバさんは毎朝楽しそうです。

                 

                C「合っても楽しいし、違っても楽しいし、良かったなぁ」

                 

                オ「領収書とレシートを比べる時は、なんかドキドキするさぁ」

                 

                C「レシートが高くなることは無いだろ?」

                 

                オ「だからね。アハハ、なんでかね」

                 

                C「(笑)」

                 

                何ごとにもシロクロをはっきりさせたがる昨今の風潮の中、「それでは楽しくなれない」とコンニャク屋のオバさんは教えてくれてるのですねぇ(笑)

                 

                 

                (2)隣の八百屋さん

                 

                農連市場の再開発に伴い店舗建替中の某青果店は、神里原のハズレの仮店舗で営業中。そして、同じ建物の隣の部屋にも市場の八百屋さんが仮店舗を開きました。つまり、八百屋2軒が横並び。

                 

                 

                お隣さんは卸しも小売もやってるので、店頭に野菜が並び賑やかです。一方、卸し専門の某青果店は店頭に何も無く、しかも店舗が元ピザ屋。看板が無ければ(あっても?)誰も八百屋と思わないでしょう。

                 

                しかし、これでウチも小売をやってたら、お隣さんとの間にギスギスした雰囲気が漂うことになったかもしれません。

                 

                 

                その一方で、お隣さんの開店を心から喜んでるのが相棒のAです。仕入れた野菜がちょっと足りないとか、仕入れを忘れた時でも、隣が八百屋。こいつはヒョコヒョコと隣に入って行きます。

                 

                C「こんちわっす」

                 

                隣「あっ、Cさん。こんにちは」

                 

                C「今朝ね、ウチのイルクルーが『紅芋をくらさい』って来たと思うけど・・」

                 

                隣「アハハ、イルクルーってAさんね(笑)。紅芋、買っていただきました。いつもありがとうございます」

                 

                C「3回に1回くらいは『横着せずに、卸売り市場へ引き返しなさい』って言ってね」

                 

                隣「ギャハハ!!。わかりました。そう言いましょうね」

                 

                この際、ウチも小売をやってAの根性を叩き直すべきかとも思いますが、だからと言ってたいして世の中のためにはならんので、やめておきます。


                聞くに聞けないこと

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                   

                  (1)まず、ヤーが飲ませれ

                   

                  最近、知念精肉店の長女と四女の姿が見えないのよね。家族5人に親戚のワタリグチを加えた6人でパツパツだったところから、2人も抜けてしまったのでは仕事が回りません。そこで、急遽助っ人2人を雇うことになりました。

                   

                  今朝、ワタリグチとこんな話になりました。

                   

                  ワ「Cさん、やっと子分が1人できました」

                   

                  C「おお、最下位脱出か。良かったな。ありゃ、子分は2人だろ」

                   

                  ワ「1人はオジさんですからね」

                   

                  C「ああ、そうか。じゃあ先輩、たまには飲みに連れてって下さいよ」

                   

                  ワ「なっ、何言ってるんですか。飲みに連れてくのはCさんでしょ」

                   

                  C「アハハ、それもそうやな。じゃあ、来週くらいに行くか」

                   

                  ワ「まっ、マジっすかっ!!」

                   

                  C「ネエネエ2人がどうなったんか知りたいけど、お前には聞かんとくわ」

                   

                  ワ「やっ、やめて下さいよ。絶対僕には聞かんで下さいよ。お願いしますよ」

                   

                  C「そやろな。わかった、わかった(笑)」

                   

                   

                  (2)ユタかカミンチュか

                   

                  先週の土曜日に市場のオジぃが亡くなり、今日が告別式です。

                   

                  詳しくは話せないものの、先週の金曜日にカマボコ屋のトモコオバぁに「知らせ」があって、用も無いのにオジぃに電話をしてるんですよ。で、私はたまたまそれを知っていたと。

                   

                  今朝、トモコオバぁに声をかけようとしたものの、「凄いな、大当たりやんか」とか「毎朝あの世と交信してる人は、やっぱり違いますなぁ」とか言う雰囲気ではなく、私は知らん顔でカマボコ屋の前を通り抜けたのでした。

                   

                   

                  (3)首里石嶺君のツイート

                   

                  しんとすけの首里石嶺君が、昨夜、私の投稿を読んでくれて、Twitterで「スペシャルテンクス」と呟いてました。

                   

                  もちろん読んでくれて良かったのですが、本当は投稿の感想を聞きたかったのよね。それを「感想はどうやねん」と返信するわけにもいかず、ただいま思案中。

                   

                   

                  こちらは某青果店から徒歩10秒にあるWaRaBa。パッション屋良が主催するライブが毎月ここで開催されていて、毎回ではありませんが、しんとすけも出演します。投稿の感想は、ここか普天間のライブで会った時に聞くことにしましょう。

                   

                   

                  ところで、石嶺君がツイートしてくれたおかげで、私の投稿をしんとすけのファンが「いいね」してくれたり、オリジンのマネージャーがリツイートしてくれたり、リップサービスのエモやんがフォローしてくれたりして、いい感じです。

                   

                  そしたら、その後にエモやんが「昨夜は300人くらい一挙にフォローしましたっ!!」とツイートしてるじゃないですか。なんや、投稿は読んでないんかいな。そんなん、わざわざツイートせんでええやんか(笑)


                  バレンタインデーの衝撃(笑)

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                     

                    それは昨日のお昼の出来事でした。

                     

                    「さあ、午後の配達に行くか」と店の前に立ってたら、市場のマダムお二人が待ち構えていたかのように駆け寄って来て、それぞれが手にした紙袋を私に渡そうとするじゃないですか。

                     

                    それがこちら。

                     

                     

                    意表を突かれた私は、何が起きたのかよく分からずアワアワしていると、お二人は「お返しはいらないから」とだけ言い残し、逃げるように走り去ったんです。驚いたぁ。

                     

                    この光景には既視感がありました。それは私が高校生の時、下級生(つまり中学生)の女の子二人が、学校の廊下にいた私にまったく同じことをしたんです。

                     

                    マダムも女子中学生も女性の行動パターンは同じなのか?(笑)

                     

                     

                    私は自慢話をしてるのではなく(少しはあるが)、お礼の投稿をすればお二人に伝わると考えたのでした。おそらく、このブログの読者なんですよ。「投稿に共感してるから今後も続けなさい」という励ましだと思います。

                     

                    嬉しいわぁ。

                     

                    「突然のことでお礼も言えず、すみませんでした。このブログは今後も続けます。バレンタインデーのプレゼント、どうもありがとうございましたm(_ _)m」


                    大音響のコロッケ屋

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                       

                      私と市場の皆さんとの関係は概ね良好です。ただし、一人だけ今後ともお付き合いを遠慮したい男がいまして、それがコロッケ屋。彼は朝の納品が終わると、人通りの多い場所に車を停め、大音響で音楽を流します。

                       

                       

                      近くにいたオヤジとこんな話になりました。

                       

                      C「あんな大きな音を出さんと、コロッケは売れんもんかな」

                       

                      オ「アハハ。誰にも相手にされんから、目立とうしてるわけさ」

                       

                      C「用が済んだら帰れっちゅうねん」

                       

                      オ「あれの親父は良かったんだけどね」

                       

                       

                      コロッケ屋はカマボコ屋のトモコオバぁの天敵です。そして、いじめられたトモコオバぁに、怒りのはけ口として任命されてるのが私。コロッケ屋の悪口を延々と聞かされる中で、オバぁがこんなことを言いました。

                       

                      「あれは、あんなになることが何かあったはず。その話を聞いたらウチも泣くはずよ」

                       

                      おお、さすが人格者は言うことが違います。仮にオバぁの見立ての通りなら、誰かが彼の話を聞いてやって、それを周囲に知らせれば、市場の皆さんが彼を見る目も変わろうというもの。そうなれば、私もそれなりの付き合い方ができるかもしれません。

                       

                       

                      ところが、そんな雰囲気をコロッケ屋が望むかと言えば、そうではない気がします。それでわざわざ人に喧嘩を売ったりしてその雰囲気を壊し、元に戻そうとするんじゃないのかな。そして、大音響の音楽が流れる車内に戻ると。居心地がいいんでしょうね、その空間が。だったら人がいない所でやってくれと思いますが、それでは気に入らないんでしょうから困ったものです。

                       

                      かくして、今朝も私は彼の車の横をムッとした顔で通り抜け、市場に入っていったのでした。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM