今日のウチナーグチ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    (1)けーしまぁ

     

    今朝の気温は17度。綿パン、長袖ポロの上に、薄手のジャンパーを羽織って出勤しました。

     

    店に着いて、ボールペンをポロの襟ぐりに挟もうとしたら、ボタンが内側になってて「けーしまぁ」。ポロを着替えるには裸にならざるを得ず、ジャンパーのファスナーを首まで上げて、何も無かったことにしました。

     

    17度でも寒いのよ。冬だからね(笑)

     

     

    (2)パチみかす

     

    保育園の園児達が、私が通る扉に鍵をかけたり、通せんぼをしたりして、仕事の邪魔をします。それを見た年配調理師が「こらっ、そんなしたらパチみかすよっ!!」。

     

    「パチみかす」(笑)

     

    初めて聞きましたが、意味は分かります。

     

    さて、納品を終えた八百屋のオヤジは、空になったタマネギ箱を5段も6段も重ねて持ち帰ります。簡単に倒壊するので、慎重に歩かないとね。

     

    すると、それを見つけた園児達が「凄〜い」とか「力持ちぃ」とか叫びながら、ワラワラと集まって来ました。そして、無抵抗のオヤジのお尻を、寄ってたかって「パチみかす」のでした(笑)

     

     

    (3)ふゆーする

     

    佐辺昆布店が道路拡張による店舗建て替えで、農連プラザ1階の仮店舗に移りました。

     

     

    某青果店に近くなりまして、「バイク置場に行く間に、某青果店に着くんじゃないか?」と考えた良和君は、歩いて配達してくれるようになりました。

     

    さて、今朝の配達は良和君のお姉ちゃん。彼女は「いや、僅かだけどバイク置場のほうが近い」と考えたのかバイクで配達です。

     

    「姉ちゃんはバイクね?」と声をかけた私に、姉ちゃんは「アハハ。ふゆーした」と笑うのでした。冬〜ではありません(笑)

     

     

    佐辺昆布店(仮店舗)は、農連プラザ正面入口を入って、左手の通路(エレベーター前)を突き当たりまで進んで下さい。神里原側の「のうれんプラザ南口」からは、入ってすぐの左側です。


    広島みかんのポップで広島弁を考えてみた

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      隣の八百屋に広島みかんが入荷しまして、コージ君がポップを作りました。

       

       

      "ぶち"おいしいけぇ食べてみんさいや〜

       

       

      ちゃんと広島弁になってます。字を小さくしたのは「間違ってたら恥ずかしいから」らしいですが、これならバーンと書いて大丈夫。

       

       

      とは言え、広島弁ネィテブスピーカーとしては、しっくりこないところがあります。「ぶち」はveryの意味で、沖縄の「デージ」と同じ。文字や発音からお察しの通り、あまり品の良い言葉ではありません。

       

      「デージ」と「シニ」とは意味が同じでも、「シニ」には品が無いでしょ?。そんな感じ。

       

      なので、その後を丁寧に「おいしいけぇ」と言われると、組み合わせが良くありません。男言葉で「ぶちうまいけぇ、食うてみいや」なら、しっくりきます。もっとも、それではポップになりませんね(^^)。

       

       

      ところで、「デージ」は「一大事」などと使う「大事」が語源だったはず。じゃあ「ぶち」は。間違ってるかもしれませんが、おそらく「ぶち込む」とか「ぶちかます」の「ぶち」です。「込む」や「かます」では、強さや荒々しさが出ないので「ぶち」で強調してるわけですね。

       

      だから、「ぶち」は由緒正しい広島弁ではなく、用法も意味も違う言葉を転用した新しい方言と言えます。方言の長い歴史の中では比較的最近、誰かが使い始めて、それが流行り、定着したもの。「デージ」もそれと同じではないかと。

       

       

      じゃあ、veryを意味する由緒正しいウチナーグチは何か。それは、最近知った言葉で「うすまさ」。

       

       

      これが「歌って踊ってデージ沖縄」では、琉球伝統芸能の継承者たる当銘由亮さんの立ち位置とは違ってきますよね。だから、「デージ」が格調高い言葉ではないことが分かります。

       

      ついでみたいでアレですが、当銘さんのホームページが新しくなってました。(→こちらから) 

       

       

      では、広島弁でveryを意味する由緒正しい言葉、つまり「うすまさ」に相当する言葉は何か。

       

      知りません(笑)

       

      私は新しくウチナーグチを覚えたら「意味はわかったから、語源を教えて」と、しつこく聞いてしまいます。これ、聞かれたほうはかなりウザいはずね。「それを聞いてどうすんねん」と。

       

      それが今、バシッとわかりました。すみませんでした(笑)


      今朝の農連プラザと神の子"KID"

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        日の出が遅い沖縄。朝6時を過ぎても農連プラザは夜です。一方、12月というのに今朝の気温は24度。日中は27度だそうで、ハーッシ。

         

         

         

        (1)まえさとコンニャク屋

         

        C「はい。今日は板コン、切コン、油揚げ」

         

        ま「えっ!。油揚げ?」

         

        C「コンニャク屋が油揚げに驚いたか(笑)」

         

        ま「ごめ〜ん。28パックよね。仕入れてないけど、どうしよう」

         

        C「どうしようは俺やんか」

         

        ま「そうよね(笑)。じゃあ、どうするの?」

         

        C「(^^)」

         

         

        (2)みやま菓子店

         

        C「おっ、オヤジ。生きとるな」

         

        オ「生きてるさぁ。昨日も見ただろ(笑)」

         

        C「あのな、よぉ聞いて。昨日、シスコーンとクラッカー貰っただろ。7,140円」

         

        オ「うん、そうだったね」

         

        C「俺が1万円を出す。オヤジがまず2千円を握って、それから小銭を探す。そこで俺が140円を出す。そしたら、オヤジはその2千円を俺に渡しただろ」

         

        オ「ギャハハ!!。釣りが千円足らんさ」

         

        C「お〜。しっかりしとるやんか」

         

        オ「覚えてるさぁ。覚えてなくても、アンタが言うんなら、そう思うさぁ。はい千円」

         

        C「あらら。優しいことを言い出してから。大丈夫か(笑)」

         

        オ「大丈夫、大丈夫(笑)。はい、そこのアメ小、貰いなさい」

         

         

        (3)上原惣菜店

         

        店にいるのは長女と三女。年齢は三女と私が同じくらいかも。そして、二人の姪っ子で保育士のカオリちゃんが次女の娘。今朝はその次女が手伝いに来てました。

         

        C「おっ、母ちゃん来たか」

         

        次「ガハハ!!」

         

        C「あんな可愛い娘を産んでおきながら『ガハハ』かい」

         

        次「アンタ、カオリにケーキ作らせた?」

         

        C「またそんな。『俺の誕生日だからケーキを作りなさい』なんて言えんやろ」

         

        長「言えばいいさぁ」

         

        C「だからぁ、そこらをアンタ達が気を利かせてやな・・」

         

        次「誕生日はいつだった?」

         

        C「10月23日」

         

        次「あっ、甥っ子と同じだから覚えやすいさ。ほら、それが五女でその子供」

         

        C「えっ、こっちが五女。いったい何人現れるんやぁ」

         

        長「さあねぇ(笑)」

         

         

        (4)神の子"KID"

         

        糸満で湿麸を仕入れた帰りに、今年亡くなった格闘家、山本"KID"徳郁のジムに寄りました。KIDと美憂姉さんのノボリが上がって、KRAZY BEEは継続のようです。

         

         

        10年以上前ですが、宮田和幸との試合は凄かった。あの強敵を1R4秒でKO。レフリーのKO判定に2秒はかかってるから、実質2秒。

         

        あの時はホンマに"神の子"と思ったなぁ。合掌。


        今日の某青果店

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          (1)ゴボウの仕入れ

           

           

          C「おぉ、沢山ゴボウを仕入れたんやな」

           

          A「隣のコージがよ。『そんなに仕入れて大丈夫ですか?』って聞くわけさ。チッ、ナメやがって」

           

          C「で、大丈夫なんか(笑)」

           

          A「ハ〜ッシ。ちゃんと計算してあるから、らいじょうぶ。ワンはよ、考えてないようで考えてるからね」

           

          C「(^^)」

           

           

          (2)梨がおしまい

           

          A「あっ、Cさん。梨がよ。どこにも見えないわけよね。もう終わりだはずよ。注文があったら変更してね」

           

          C「わかった。明日の19個は?」

           

          A「在庫が13個あるけろ、あと6個どうしゅるかな。隣へ行ってみよ〜ね」

           

          隣の八百屋から帰ってきたA。

           

          A「あったさ」

           

          C「プッ!!。どこにも見えない梨が何で隣にはあんねん」

           

          で、隣へ向かいました。

           

          C「ごめん下さい」

           

          隣「は〜い」

           

          C「今度から、ウチのAが『梨をくらさい』って来ても、『梨はあるが、おまえに売る梨は無い』って言うてくれるか」

           

          隣「ギャハハ。さっき来てましたよ」

           

          C「ほんまあいつはな。ちゃんと探しもせんと横着しとんねん。『そんなことよりゴボウは売れたんか』って言うてくれ」

           

          隣「わかりました〜(笑)」

           

           

          (3)ダイエットできた理由

           

          ついさっき、知念精肉店のお母さんに「あなた、本当に痩せたわね」と言われました。

           

          今年になって、85キロあった体重が79キロになり、更に減る気配です。身長が178cmなので、もう少し減っても良いでしょう。

           

          農連プラザの惣菜屋に「ここの弁当を食べ続けたら痩せる」と言ってましたが、知念のお母さんに言われた拍子に、それは間違いだったと気づいたのです。

           

           

          今年から、某青果店の終業時刻が16時半から、「仕事が終わるまで」に変更になっていて、だいたい14時半には終わります。

           

          で、15時にはウチに帰ってビールを飲んだりご飯を食べたりしますが、それが私の夕食で、9時頃には寝ます。つまり、夕食から寝るまでの時間が4時間から6時間に延びたってこと。

           

          素晴らしいじゃないですか。何の努力も要らないダイエット。

           

           

          「寝る前にお腹が空かないか?」とご心配のムキもありましょうが、習慣なので大丈夫。万一、何か食べたくなっても、眺めだけは良い私のアパートです。あの急な坂を下界のスーパーまで登り下りするくらいなら、喜んで我慢しましょう。


          今朝の某青果店

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            昨日、運転免許を更新しました。前日に4,200円で買った眼鏡を使って、視力検査は難なく合格。

             

            C「裸眼でも検査してくれますか?」

             

            警「あっ、いいですよ」

             

            上だの右だの言いまして。

             

            警「合格ですね。さすがです」

             

            C「(はぁ、なんでそれを昨日言うてくれんかったんやぁ)」

             

            で、終わり。もちろん、最後の一言は私の心の声。眼鏡は夜間の運転や、星を観る時に使いましょう。

             

             

            さて、今朝の某青果店です。

             

             

            (1)隣のマダムに見惚れる男

             

             

            今朝、相棒のAと商品の積み込みをしていたら、隣の八百屋のマダムが出勤してきました。手を止めて振り向くA。

             

            A「あっ、おはようごじゃいましゅ」

             

            C「おい」

             

            A「なんね」

             

            C「俺の足を踏まんと、挨拶できんか?」

             

            A「あっ、足らったのか。つい女の子に見惚れてよ。フォッ、フォッ、フォ(笑)」

             

            マ「(^^)」

             

             

            (2)みやま菓子店で

             

             

            み「明日、保育園は休みでしょ?。店は開けてるの?」

             

            C「休み。開けてる」

             

            み「えっ、Cさんは?」

             

            C「出てる」

             

            み「何で?」

             

            C「難しいことを聞くなぁ。俺は『何でかなぁ』と5、6年は考えてるけど、まだ分からんよ」

             

            み「アハハ、不思議ねぇ(笑)」

             

            某青果店の勤務時間は16時半まででしたが、今年からは「仕事が済むまで」になり、14時半頃には帰れます。同様に、祝祭日もダラダラと昼頃まで働いていたところ、10時頃には帰れるようになりました。

             

            高齢経営者を相手に、ここまで長い道のりだったなぁ(笑)

             

             

            (3)あわてる男

             

            C「時間ができたからヨーグルトを仕入れてくる」

             

            孫「はい」

             

            C「Aがもうすぐ市場から帰ってくるやろ」

             

            孫「はい」

             

            C「あいつは俺が配達する人参シリシリを仕入れてるんや。俺の車が無いと、先に配達に出たと思ってあわてるから」

             

            孫「はい(笑)」

             

            C「落ち着くように言うてくれ」

             

            孫「わかりました!!(笑)」


            今朝の農連プラザ

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              (1)ヨシエ豆腐店

               

              ヨ「あら、今朝は早いね。お豆腐はそこに用意してあるけど、領収書がまだだった。ちょっと待って」

               

              客「あい、ヨシエさん。厚揚げ貰っていくからね。これでお釣りを頂戴」

               

              C「おい。順番や、順番」

               

              客「えっ?。お釣りを貰うだけだのに」

               

              C「俺もやねん。ヨシエさんは一人しかおらんから」

               

              客「ふん」

               

              C「アンタはいつもや。俺は何回も辛抱して、今朝初めて口にしとんねん」

               

              客「あぁ、そうですかっ!!」

               

              C「言うことは子供と同じか。情け無い婆さんやな」

               

              客「ふんっ!!」

               

               

              (2)上原惣菜店

               

              C「あら、おらんやん。オシッコか」

               

               

              上「あっ!!。ごめ〜ん。待った?」

               

              C「待ってる間に、これを作っておいたから」

               

              上「えっ?。なに、なに?」

               

              C「トイレへ行く時は、これを貼ってから行きなさい。はい」

               

               

               

              (3)トモコカマボコ屋

               

              C「明日は丸カマボコが14本なんやけど・・・」

               

              ト「わかった。14本ね」

               

              C「勝手に休むなよ」

               

              ト「はぁ、こいつよ」

               

              C「『ウチがいつ、勝手に休んだねっ!!』って言えんのがつらい(笑)」

               

              ト「ハーッシ。おまえなんか、もうあっちへ行って」

               

              C「ほんなら、頼んだで。と言うたところで、休む時は休むがな」

               

              ト「ふんっ!!」


              今日の一言

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                (1)結膜炎だそうです

                 

                隣「あっ、いやっ!!。私に近づかないで下さいっ!!」

                 

                C「(笑)」

                 

                 

                (2)ハッピーハロウィン!!

                 

                 

                 

                C「本物かと思ったわ」

                 

                調「えっ?。そうなのっ?。本当にそう思ったの?」

                 

                 

                (3)文化の日

                 

                A「ろようびはなんね。天皇誕生日ね」

                 

                C「またかいな。どんな人でもな、誕生日は年に一回やで」

                 

                 

                (4)トモコかまぼこ店を退職

                 

                オ「ワンには無理だったな・・」

                 

                C「・・・」

                 

                 

                (5)BuheeeNと狼

                 

                紅「狼さん、狼さん。狼さんの好きな色は?」

                 

                狼「アオ〜〜」

                 

                紅「じゃあまた、いつか・・」

                 

                狼「アオ〜〜」

                 


                惣菜屋のオバハンは気迫が足らんな

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  惣「Cさん。先週が誕生日だったんでしょ?」

                   

                  C「おう」

                   

                  惣「カオリにケーキを作らせたら良かったさ」

                   

                   

                  C「あのケーキを貰う人は5歳より下やで。俺は61っと。アハハ」

                   

                  惣「でも、貰ったら嬉しいでしょ」

                   

                  C「そりゃあ嬉しいけど、誕生日は終わったからな」

                   

                  惣「そんなのいいじゃない。ここで皆んなで食べたらいいさぁ」

                   

                  C「あのケーキはいくらで引き受けてんのかな」

                   

                  惣「さぁ、知らないけど、Cさんだったらお金は取らないはずよ」

                   

                  C「そうなると、頼みにくいわけよね」

                   

                  惣「あっ、そうかぁ」

                   

                  C「また来年な」

                   

                  惣「う〜ん。仕方ないわね」

                   

                   

                  仕方はあるやろっ!!(笑)

                   

                  このオバハンは気迫が足りません。カオリちゃんが代金を受け取るかどうかが問題じゃないのよ。

                   

                  「あっ、カオリね。先週、Cさんが誕生日だったのよ。そうそう、遅いんだけど。貴女、ケーキを作って市場へ持って来てくれる?。妹とCさんと4人で食べましょ。代金は私と妹が払うから。何言ってるの払うわよ。あっ、じゃあ材料費を払うから、それでいいの?。スパイダーマンが気に入ってたみたいよ。そうねぇ、土曜日にする?。わかった。じゃあお願いね」

                   

                  上手くいくじゃんか(^^)


                  今朝の農連プラザ

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    今朝6時半の農連プラザ。この中には「やがてオバぁ」を含めると、約百人のオバぁが詰まってます。

                     

                     

                     

                    (1)カマボコ屋

                     

                    C「明日はチキアギ2枚ね」

                     

                    ト「たったのターチね?。アチャーから、ターチでは売らんよ」

                     

                    C「ワラバーかっ!」

                     

                    ト「ババアって言うなぁ」

                     

                    C「今のはワラバー」

                     

                    ト「あぁ、そうね(笑)」

                     

                     

                    (2)魚屋

                     

                    魚「白イカ8,990円で、お釣りが1,990円」

                     

                    C「そんなにはいらんで。1,010円」

                     

                    魚「じゃあ、はい1,010円。えっ?。ちょっと待ちなさい。8,990円だから、あぁ、1,010円ね。はい1,010円」

                     

                    C「あら、またくれんのか」

                     

                    魚「えっ!!」

                     

                    C「えっ!!(笑)」

                     

                     

                    (3)豆腐屋

                     

                    C「お金をここに置くよ」

                     

                    ヨ「じゃあ、領収書を書くからちょっと待って」

                     

                    客「え〜、ヨシエさんっ!!」

                     

                    ヨ「なぁに?」

                     

                    客「さっき、お豆腐3丁って言ったけど、2丁半にしてちょうだいっ!!。2丁半!!」

                     

                    ヨ「はい、2丁半。明日ね」

                     

                    客「あっ、こっちのニィニィを先にやってあげなさい」

                     

                    ヨ「それから何?」

                     

                    客「もう終わり」

                     

                    C「終わりかい(笑)」

                     

                     

                    (4)某商店

                     

                    オ「幸之助君を悪く言わないよ。あれは相手から喧嘩売ってきたんでしょ」

                     

                    C「違う」

                     

                    オ「なんで分かるっ!!」

                     

                    C「俺の知り合いがたまたまそこにいて、全部見てた」

                     

                    オ「えっ!!」

                     

                    C「動画に撮ってれば高く売れたのにな。先週の週刊誌に載ったのは知ってる?」

                     

                    オ「えっ?。どうしたの?」

                     

                    C「知らんでいい」

                     

                    オ「言いなさい」

                     

                    C「アハハ。『悪く言わないよ』って言うといて」

                     

                    オ「じゃあ、自分で見るからいいさ」

                     

                    C「(^^;;」


                    ストーカーなのか、五つ子なのか(笑)

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      神里原で軒を並べる2軒の八百屋。

                       

                       

                      八百屋同士で仕事も同じなので、出かける先も似たようなもの。それにしても、隣のコーちゃんやNさんとは、あちこちで遭遇します。

                       

                      コーちゃんは、東風平や豊見城のマクバに突然現れたり、「さっき壷川マクバで見かけましたけど、Cさんがこわい顔をしてたんで、声をかけれませんでしたよ」などと言うてます。

                       

                      一方のNさんは、バイクで信号待ちをしていると真横に現れたり、逆に、私が信号で停まったら、そこにいたり。一日橋マクバのケーキ屋に現れたり。

                       

                      それから、国場から乗ったバスが混んでいて(東陽バスなのに)、後ろのほうに一つ席が空いていたので座ろうとしたら、その横に座って、ニコニコと手を振っていたのがNさんでした。つまり、生活圏も重なってるのよね。

                       

                       

                      さて、昨日私は城岳サンエーで仕入れを済ませ、2番レジで支払いをしていたら、向かいの1番レジにいたのが、またしてもコーちゃん。こいつは四角い顔をこっちに向けて、私が気付くまでジーっと私を見ています。それで私が気付いたらニカッと笑います。

                       

                      コ「Cさん、いいかげんでストーカーはやめて下さいよ」

                       

                      C「どっちがじゃ。先週は滅多に行かない三原の給油所に、いきなりNさんが現れてから。あれは驚いたな」

                       

                      コ「Nさん、何か言ってました?」

                       

                      C「『どっちも五つ子じゃないかしら』とか、難しいことを言うとったで」

                       

                      コ「アハハ。じゃあ、お先に。もうついてこないで下さいよ」

                       

                       

                      そして駐車場に戻ったら、待っているのがこのオンボロワゴン。

                       

                       

                      既に地球を6周し、7周目に入りました。

                       

                      そこで、「はっはぁ、こいつかぁ」と気付いたのでした。つまり、こいつが停まってると、「私はここにいますよ〜(^-^)v」と言うてるようなもん。昨日、コメントをくれた"実家が古波蔵さん"もそんなことを言ってました。

                       

                      それで、コーちゃんやNさんは、そこに私がいると知ってるのよね。こいつは目立つからなぁ。もしかしたら、那覇で一番ボロいワゴンなのか?

                       

                       

                      城岳サンエーから店に帰ろうとしたら、燃料がありませんでした。それで与儀の給油所に寄ったら、軽トラが停まっていて、

                       

                      「なんだよこいつ、もっと前に停めろよ」

                       

                      と思った時に、妙な気配が(笑)

                       

                       

                      よく見れば、荷台の奥の窓から、四角い顔がこっちを向いていました。そして、私が気付くのを待って、ニカッと笑うのでした。


                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM