農連市場で今朝の会話

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    保育園は卒園式。某青果店は暇な週末を迎えています。


    (1)相棒Aの感違い

    毎朝私は、バイクで農連市場を一巡し、その日の仕入れをします。今朝は卸売市場に行かなかった相棒Aが店にいて、なにかゴソゴソしてました。

    A「あっ、Cさん。バイクを一回借りるよ。一回だけだからね。一回ね」

    C「ええよ」




    Aは少量の葉野菜を仕入れてすぐに帰ってきました。

    母「支払いはしたの?」

    A「後で行くさ」

    母「い〜や、今行きなさい」

    A「後でって言ったのに、今行ったら変なぁさ」

    母「何言ってる。行きなさい」

    A「・・・」

    C「おいおい、バイクは一回って言うたんちゃ〜うんかい。俺が仕事にならんで」

    A「だから後でって言ってるさ」

    そのすぐ後、冷蔵庫でAと二人になったら、こいつの機嫌が悪いのよね。

    A「あんな言い方はないだろ。一回とは言ったけろ、オカアのせいであんなぁなりかけたわけさ」

    C「はぁ?。なんか感違いしとるだろ」

    A「してないさ」

    C「悦っちゃんとこには後で注文に行くから、二度手間になるんだろ」

    A「えっ、よく分かるね」

    C「じゃあ、あとは考えなさい(笑)」

    A「・・・」




    (2)トモコオバぁの超能力

    農連市場の各仕入先には、前日に翌日分を発注します。今朝の丸カマボコの仕入れは17本でしたが、昨日それをカマボコ屋のボードに貼った記憶がありません。

    ノートのチェックマークを見れば発注書は書いてるのに、握りつぶしたか、風で飛んだか。

    ト「あっ、ニィニィ、おはよう。準備してあるよ」

    C「へっ?、何を?」

    ケースを覗くと、丸カマボコが17本入ってるじゃないですか。しかも、7本、6本、4本に正しく分けてある。

    このオバぁはやっぱりユタなのか。

    時々、惣菜通りの真ん中に立って、空を見上げてるのよね。あれはやっぱり、天と交信してるんだはず。

    C「なっ、なんで知ってる?」

    ト「ニィニィの考えくらい分かるさ」

    C「いきなり17本もあるんかなと心配したわ」

    ト「じゃあ、良かったさ」

    何で知ってんのかは「じゃあ、あとは考えなさい」と自分に言って、私は竹輪の仕入れに向かったのでした。

    C「驚かすわぁ。やっぱりトモコはユタやで」

    竹「ユタね?(笑)。どうして?」

    C「頼んでもないカマボコが揃っとるわけよ」

    竹「アハハ、そりゃあユタかもね」

    C「前々からアレは何かあると思ってたのよ」

    竹「私が注文したのよ」

    C「ん?」

    竹「昨日、竹輪の注文くれたでしょ。そこにカマボコの注文がくっついてたわけ」

    C「あっ、そうなんや。で、それをトモコに渡してくれたの?。ありがとう〜」

    竹「謎が解けて良かったわね(笑)」


    ありがとうならミミズはハタチ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      いつものようにカマボコ屋に空き箱を運んだら、トモコオバぁが「ありがとうね。感謝っ!!」と言うので、

      C「はい、ありがとうならミミズはハタチね」

      ト「・・・」

      C「黙んなよぉ(笑)」

      ト「グフフ。いまなんて言った?(笑)」

      C「ありがとうならミミズはハタチ。芋虫ゃ二十五で嫁に行く。やんか」

      ト「・・・」

      C「ありがたいなら芋虫ゃクジラもあるで」

      ト「はぁ、やっと分かってきたさ。それがなんね。面白いの?」

      C「ほっといてくれ(笑)。沖縄でも『ありが10匹』とか『おかえリンゴ』とか言うやろ」



      ト「面白いさ」

      C「ほ〜、そうね。そらぁ、いらんことを言いましたっ」

      ト「フッフッフッ。ミミズは二十歳ね?。意味無いさ(笑)」

      C「プッ!!。おかえリンゴに意味あんのか?(笑)」

      ト「ナイチは変わってるさ」

      C「どっちがよ(笑)」

      ト「じゃあ、またアチャーね」

      C「アチャーね」


      「信じれん太郎」も教えてやるべきだったか。

      ん?

      信じれん太郎。狩俣倫太郎。




      似とるやん。

      意味ないけど(笑)


      丸大スーパーのお買物券

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        私は毎朝農連市場を一巡し、保育園に納める商品を仕入れますが、途中、丸大スーパー神原店でスポーツドリンク(78円)と缶コーヒー(58円)を買うのが日課です。

        ところが、二つ足しても136円にしかならず、これでは丸大カードが使えません。



        毎朝、毎朝、買物をしているにも関わらず、ポイントが1点も付かないのは社会的損失が大と言えましょう。そこで去年の秋頃に、昼休みの缶コーヒーも買うことにしたのです。私は大きな顔をして、レジのジミーちゃんに「ほれ」と丸大カードを出したのでした。

        ジ「あっ、Cさん。ポイントは付かないです」

        C「なんでやねん。足し算してみろよ。あっ、194円かっ!!」

        ジ「6円足りません。クッ、クッ、ク(笑)」

        C「く〜〜〜っ!!、6円かぁ。おい、そこを動くなよ」

        ジ「はっ、はい」

        私はスポーツドリンクを手に飲料コーナーに引き返し、上等スポーツドリンクと取り替えることにしました。ところが、こいつが93円って、15円も高いやないの。6円でええのに。

        遠い将来の1円のために15円を出費するなんて、こいつ(私)はアホですねぇ。


        そこへ丸大のネェネェが現れて、

        ネェ「どうしたの?」

        ジ「あっ、Cさんにポイントが付いたんですよ。クッ、クッ、ク」

        ネェ「そうよね。毎朝来てくれてるのにカードを預かったことがないもんね。おめでとう(笑)」

        C「千里の道も一歩からや。来年の春頃にはお買物券をもらうからな」

        ネェ「そうよ。頑張って!!」


        一日一点てことは、昨日が354点なら今日は355点。明日は356点・・・。

        「春は来るのか?」

        と思っていたら、誕生日だから50点とか、ポイント5倍デーだから5点とかが加算された今朝のこと。

        ジ「あっ!!。500点なりました」

        ネェ「えっ、いったの!?。おめでとう〜」

        C「お〜、そろそろとは思ってたけど、とうとういったか。長い道のりやったわ。言うとくが、一日20点も30点も付くオバはんなんかに比べてな、俺の500点は密度が濃いねんで」

        ネェ「そうよ。あっ、ケーキがあるけど食べる?」

        C「お〜、もらおうやないの」

        ネェネェが休憩室から持ってきてくれたケーキを、私はありがたくいただいたのでした。




        と、その時。ジミーのやつめ。

        ジ「あっ、Cさん。ウチのお買物券はお釣りがでませんからね」

        C「えっ、一度に使えってこと?。お前な、たとえそうだとしても、それを今言うか?。で、次はまた来年の春かいな」

        ジ「頑張って下さい(笑)」

        ネェ「ファイト!!」



        はぁ〜

        冬来りなば、春遠からじ。

        あなかしこ、あなかしこ(笑)


        それで、私にどうせよと?

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          (1)カマボコ屋のトモコオバぁ

          「ウチのトイレに穴グヮーあってからよ。そこにマヤグヮーがいたわけさ。ウチがしゃがんだら目が合ってから。ハーッシ。驚くさ」


          (2)某青果店の社長

          「私はね、パソコン使い過ぎて腱鞘炎なんだよ。もう納品書は作れないからねっ!!。はい、知りまっせん」


          (3)知念精肉店の三女

          「『ちゃーびらさい』ってなんね?。知らんよぉ。ついこの間『いちゃりばちょーでー』が分かったところだのに」


          (4)金城商事の店員

          「世界の平均的な女性の顔ってサイトがあるんですよぉ。それで、ミャンマー人の顔が私にそっくりで。はいはい、どーせ私は色が黒いですよ。ふん」




          (5)某スーパーのネェネェ

          「ウチの亭主ったら、市場の事務所に寝泊まりしてから、週一しか帰ってこないのよ。ヤー(家)は古波蔵だのに。2キロ先に単身赴任してどうする?。ねぇ」


          (6)相棒のA

          「の〜れんにできるぶんじょ〜マンションは19階ってよ。ハーッシ。海が見えるさ。慶良間もワッター島(久米島)も見えるかもしれないね。見えたらど〜しゅる?」


          今日のゆんたく

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            (1)佐辺昆布店で

            母「Cさん、良和のカレンダー使う?」

            C「良和のカレンダー!!。とうとう作ったか」

            良「Cさん、国立劇場のカレンダーですよ」

            C「あぁ、なるほど。お母さんちょっと見せて。良和のカレンダー」

            母「はいはい、どうぞどうぞ(笑)」




            (2)サンエーのレジで

            レジ「お腹を出して寝たから風邪をひいたんじゃなくてね。そりゃあ最近、お腹が出てきたって言うか出てるけど。え〜っと。お腹は出てるけど、お腹は出してないってこと」

            C「わかった(笑)」


            (3)某仕入先と電話で

            オバぁ「もしもし。今日の支払いが3千円足らないんですけど、来週にでも払ってもらえますか?」

            C「領収書もらってるよ」

            オ「3千円足らないんです。3千円」

            C「領収書の控えは見た?」

            オ「はぁ?。領収書じゃなくて、3千円足らないんですよ」

            C「おいおい、耳が遠いんだったら電話してくんなよ」

            オ「なんですか?。3千円ですよ」

            C「有無を言わさんなぁ(笑)」

            オ「はぁ?。なんですか?」



            (4)知念精肉店で

            タカシ「Cさん。僕もナイチャーですから、豚肉より牛肉なんですよ」

            C「そうだよな」

            タ「食堂で焼肉定食頼んで豚肉が出てきたら腹立ちません?」

            C「うん。わかる」

            三女「えっ、なんでなんで?」

            C「沖縄でも牛丼屋を豚丼屋とは言わんだろ。あそこで牛丼頼んだら豚丼が出てきようなもんよ」

            三「あっ、そうかぁ」

            タ「Cさん、うまいこと言いますね。ウチの娘は沖縄生まれで豚肉派なんですよ。それ使わせてもらいます」

            C「いいけど、勝ち目はないで(笑)」

            三「うん、無理(笑)」


            今日は勤労感謝の日

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              今日は勤労感謝の日。みやま菓子店のオバさんがこのように申しております。

              「仕事ができるってことはありがたいことさぁね。今日はいつも以上に感謝しながら働かないとね」


              う〜む。しょうらったのか。

              これはさっそく、相棒のAにも教えてやらないと。

              店でダラダラ働いていたAをつかまえて、

              C「ちゅうこっちゃ」

              A「フォ、フォ、フォ、そうね。オヤジはよ、『経営者感謝の日は無いのかね』って言ってたけろ」

              C「全然わかっとらんな」

              A「フォ、フォ、フォ。わかってないね」


              Aがあまり面白いことも言わず、惣菜屋の配達に出掛けたので、保育園がお休みで暇な私は、農連市場の再開発状況を視察したのでした。

              神原中学沿いの橋に向かう道は工事中。



              左手が市場で、今は、市場外周の建物を取り壊し中です。

              こんな建物や、



              こんな商店。



              見たことの無い風景になっています。


              市場との境界に防塵シートが張られ、



              こいつは、何やら穴掘り中。




              明日の仕入れがあるので、駐車場に来てみれば、こちらは開南本通りの拡張工事。




              沖縄で失業保険生活を経験した私は、菓子屋のオバさんの言うことが身にしみて分かります。当時は働いてる人達が羨ましく見えたものでした。

              と、思いつつ、車に乗り込む雨の朝でした。


              まるで子供の喧嘩

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                今朝の農連市場。コンニャク屋の前の狭い道路で二台の車が睨みあっています。



                気の済むようにやればいいけど、コンニャクを荷台に積んだ、私のバイクが進めません。


                手前の軽自動車が鳴らし続けるクラクションが市場に響き渡りますが、譲らないのが奥の車のオジぃ。

                タダならぬ様子に市場の人達が集まってきたものの、あまりにもしょうもない喧嘩の原因を知り、

                「どっちが勝ったか後で教えてね」

                「うん、わかった」

                などと会話しながら、それぞれ仕事に戻っていきました。


                いまだに鳴り止まないクラクション。

                「いったい誰やねん」と軽自動車の運転席を覗けば、そこに座っていたのはあのコロッケ君でした。こいつは、某青果店の長女にコロッケをプレゼントする度胸も無いくせに、オジぃには強気にでるんだね。情け無い。

                そこへ現れたカマボコ屋のトモコオバぁが、

                「(闘牛の)ゆかり号みたいだねぇ」

                と(笑)

                結局、市場の「元」ニーセー達が退避場所により近いオジぃをなだめ、市場は静けさを取り戻したのでした。


                さて、コンニャク屋を出た私が向かったのはカマボコ屋。トモコオバぁは、このように申しておりました。

                「ウチが男ならよ、両方をポカッとやってそれでお終いにするさ。ニィニィ(私)はウチと喧嘩しない(で)よ。『トモコと喧嘩して勝った』って言ったら笑わりんど」


                笑われたのはコロッケ君でした。市場の人達に「やっぱりあいつか」などと言われ、男を下げたのでありました。チン。


                ナーベラーンブシー、くわっちーさびたん

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  今日の私のお昼は、佐辺昆布店でいただいたナーベラーンブシー。「ゥンブシー」と発音します。ヘチマの味噌煮です。



                  佐辺のお母さんの素晴らしいところは、物売りを追い返さないこと。

                  その理由を聞いたことはありませんが、誰であれ店に来た人を追い返すと福が逃げるとか、ご自身が若い頃に物売りの経験があるとか、そんなことだろうなと想像しています。

                  最近はおかず売りが来ているようで、手づくり感のある沖縄のおかずが私にまわってきます。


                  「あら、今日はナーベラーンブシーなの?。じゃあ一つちょうだい。フーチャンプルーもね。ご飯はみそおにぎりでいいわね」

                  お母さんが私に渡すことを想定して、おかずを買う様子が手に取るようにわかります。

                  そこへ私が明日の注文に現れて、

                  母「あっ、Cさん。ナーベラーンブシーがあるけど食べる?」

                  C「おお、食べる食べる (^o^)/」

                  ってなります。


                  何を貰っても私が喜ぶので、佐辺のお父さんによれば、

                  「Cさんは貰いかたがいいから、またあげようとするさ」

                  だそうで、ありがとうございます。


                  私が佐辺昆布店から仕入する額は、多い日も少ない日もありますが、平均すれば日に5千円程度です。それで私の昼食を買ったのでは、利益が無くなるというもの。

                  もちろん、商売にからめた話とは思いませんが、御夫妻のこうした姿勢が佐辺昆布店繁盛の理由とは言えるでしょう。


                  私が佐辺昆布店から仕入れる商品は次の通りです。ご家庭でストックが減っているようなら、是非、農連市場へお越し下さいませ。

                  昆布、出汁用昆布、刻み昆布、蒸し昆布、とろろ昆布、干し椎茸、出汁用削り節、手もみ花鰹、出汁用煮干し、カリカリ用煮干し、片栗粉、上新粉、きな粉、白玉粉、餅粉、紅芋粉、芋くず、あわ、とうきび、押麦、切干大根、黒米、もち米、ビーフン、きくらげ、白ごま、すりごま、黒ごま、小豆、炒り小豆、金時豆、乾燥わかめ、ひじき、しらす、春雨、干しエビ、くずきり、かんぴょう


                  丸大スーパー神原店の勤務シフト

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    今朝の丸大スーパー神原店。



                    いつものようにスポーツドリンクと缶コーヒーを買いました。そして、レジにはジミーちゃん。

                    彼は最近、ピカチュウとも呼ばれているようで、ジミーでピカチュー(笑)。

                    C「おう」

                    ジ「はっ、はい」

                    C「58円の缶コーヒーを買おうとしたら位置が変わってるやん。あやうく88円を買うとこやったで」

                    ジ「プッ!!」

                    C「プッじゃないっ!。ネェネェに『むやみに動かすな』って言っといてくれ」

                    ジ「いや、それはちょっと。やっぱり、Cさんからお願いします」

                    C「な〜んか、尻に敷かれとるようだけど、大丈夫か?」

                    ジ「はっ、はい。大丈夫です」


                    この店の深夜シフトは二人のネェネェとジミーちゃんが担当しており、三人のうち二人が出勤し、一人がお休みです。

                    私は前々から、ジミーちゃんの出勤日が多いことに気付いていましたが、シフト唯一の男性店員ですから、力仕事から酔っ払いのオジぃの始末まで、何かと必要とされているんだろうなと思ってました。


                    ところが、そうではないことが、この度発覚したのです。

                    翌月のシフト表は二人のネェネェに手渡され、まず彼女達が出勤したい日に丸印をつけます。たくさん働いて稼ぎたいのかと思えば、二人は主婦。配偶者控除の収入上限を超えないことを優先させます。

                    そして、二人とも休んでしまうと、ジミーちゃんが一人になってしまうので、そうはならないように、二人が交互に15個ずつの丸印をつけます。

                    二人にとって、程よい感じになりましたが、それではジミーちゃんが休めません。そこで仕方なく、2、3個ずつ、丸印を増やすのですね。その日がジミーちゃん休日です。

                    つまり、一週間でネェネェ達は3日ずつ休み、ジミーちゃんが1日休む感じになります。


                    シフト表は既に確定し、ジミーちゃんは丸印をつける必要はありません。そのかわり、与えられた休日の日付けを、自分の手帳に書き込みます(笑)

                    頑張れジミー!!


                    ネ「ジミーちゃんは独身だから大丈夫よ」

                    何を言ってるのか、よく意味が分かりませんが、明日の朝もジミーちゃんはレジに立つことでしょう。

                    彼はお嫁さん募集中です。

                    アラフォーでピカチュウではありますが、素直でよく働く男です。

                    どなたか、どうかよろしくお願い致しますm(_ _)m


                    あんた、長男じゃないでしょ

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      カマボコ屋のトモコオバぁです。

                      ト「ニィニィ、チキアギ5枚だったよね。ちょっと待ってよ」

                      C「・・・」

                      ト「え〜、何してる」

                      C「ギャハハ、『何してる』って(笑)」

                      ト「ウチが言ったのはよ。そこで待つんじゃなくて『10分、15分待って』の意味さぁ」

                      C「それなら『後で来い』だろ(笑)」

                      ト「ハーッシ。あんた、長男じゃないでしょ」

                      C「長男よ」

                      ト「違うさ。絶対違う」

                      C「じゃあ、母ちゃんに電話しとくから、チキアギ早よしてよ」

                      ト「ニィニィはよ。この間、ウチにくれたミカン箱から伝票探したでしょ。ウチは箱の中に伝票があるって見えてたよ」

                      C「ほ〜、凄いな。次からは箱を開ける前にそれを言うてくれるか」

                      ト「あぁ、やっぱり長男じゃないさ」

                      C「そりゃ、どうも」

                      ト「ニィニィは島グヮなってるさぁ」


                      ナイチャーの皆様に解説を少々。沖縄の長男は家の宝。チヤホヤ甘やかされてる印象があり、長男と次男ではオカズの品数が違ったって話をよく聞きます。

                      そのため、沖縄の中高年層の長男はのんびりした人が多く、「長男」はほめ言葉にならないのですね。逆に「長男じゃない」はほめ言葉。だから私が「そりゃ、どうも」と。

                      トモコオバぁが最後に言ったのは「ちゃんと言ってることがわかってるんだねぇ」くらいの意味です。


                      しかし、チキアギをたった5枚買うのに、手間のかかること(笑)


                      投稿と関係の無い次の写真は、昨日の私の昼食で、佐辺のお母さんからの差し入れです。



                      ワタクシも次の日曜日で59。唐揚げ弁当みたいなものより、こっちがいいわぁ(笑)。


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM