ウルトラセブン#42「ノンマルトの使者」

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    ウルトラセブン第42話「ノンマルトの使者」は、ウルトラシリーズの中でも傑作と評価されているようです。脚本は金城哲夫さん。

     

    光の国から僕らのために・・

     

     


    あらすじは

     

    **ここから

     

    人類が登場する前の地球で暮らしていたノンマルト(人)は、人類に侵略されたため海底に住処を移し、静かに暮らしていました。そして始まった人類による海洋開発。

     

    ノンマルトは一人の少年を使者に立て、海洋開発をやめるように訴えます。その訴えを無視した人類に対して、ノンマルトの攻撃が始まりました。

     

    ノンマルトは蛸怪獣ガイロスに海洋開発船を襲わせ、イギリスから奪った原子力潜水艦により地上を攻撃します。反撃するウルトラ警備隊とウルトラセブン。

     

    ウルトラセブンはガイロスのすべての手足を切断することで殺害し、ウルトラ警備隊は原子力潜水艦を沈没させ、ノンマルトが住む海底都市を破壊します。

     

    **ここまで

     

     


    もう、とにかく酷いんですよ。ウルトラ警備隊とウルトラセブンのやることが(^^)。私はもう、蛸怪獣やノンマルトが不憫で不憫で(泣)

     

     

    ノンマルトの海底都市を壊滅させた後、ウルトラ警備隊の隊長(キリヤマさんね)がこう叫びました。

     

    「ウルトラ警備隊全員に告ぐ!ノンマルトの海底都市は完全に粉砕した! 我々の勝利だ!海底も我々人間のものだ!」

     

    このセリフを、あの「天声人語」が「狂気すらはらむ」と評しました。

     

     

    ノンマルトは金城哲夫さんによる造語で「戦わない民」の意味。そこから沖縄を連想し、人類をヤマト、ノンマルトをウチナー、ウルトラセブンを米軍に置き換える議論があるようですが、それはコジツケが過ぎる気がします。

     

    もっと単純に、金城哲夫さんはウルトラ警備隊やウルトラセブンを悪役にしてまで、「人類だけの地球ではない」と訴えたかったのではないかと、私は思います。

     

     

    とはいえ、ウルトラセブンを米軍に置き換えてみることはアタリかもしれません。人類にとって、ウルトラセブンは必要なのか否かってこと。

     

    それにしても、ウルトラセブンの正義を問うなんて、ウルトラシリーズのコンセプトを根底から覆すことになりかねません。そんな脚本を書いてしまうところが、金城哲夫さんだなぁと思いました。

     

    シュワッ!!

     

     

    こちらで動画が見れます。

    http://pan.best/eiTDUJbV


    映画「レナードの朝」

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      映画「レナードの朝」は30年前の作品。ロバートデニーロが演じる難病患者とロビンウィリアムズが演じる医師の物語です。

       

      11歳で難病を患ったレナードは、目は覚ましてはいるものの意識がありません。新任の医師セイヤーはレナードの治療に取組み、様々な試行錯誤を繰り返した後、効用が認められていない新薬の投与を決断しました。

       

      その結果、症状が奇跡的に改善し、ある夏の朝、レナードは30年ぶりに意識を回復します。

       

      病室に入ってきた女性を両手を広げて迎えるレナード。我が子を抱きしめる母。

       

       

      レナードにとって30年ぶりに見る世界は、何もかもが新鮮でした。

       

      毎日、ありあまるほどの時間を与えられながら、ダラダラと過ごしている私は「いや、もう、申し訳ない」と言うほかありません(^^)

       

       

      さて、その後のレナードはどうなるんでしょう?

       

      完全回復を果たし、空白の30年を取り戻すような人生を歩むのか、そうはならずにアンハッピーな結末を迎えるのか。

       

      この物語は実話だそうです。だから、まあ、そうかなと。

       

      私がこれまでに観た映画で、ベスト5には入れたい作品です。その結末が故に名作になったと私は思います。


      HTB北海道テレビ「カムイの鳥の軌跡」

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        与根の三角池で姿を見て以来、渡り鳥が頭から離れません。次々と疑問が湧いてきて、それを一つ一つ調べていたら、あるテレビ番組に出会いました。

         

        2017年に北海道テレビが制作した「カムイの鳥の軌跡」。この番組のおかげで私の疑問の大半は解消です。いやぁ、モノを知らないって事は良いことです。疑問が次々に解消する時のえも言われぬ快感ったら、もう(笑)

         

         

        番組の主人公はオオジシギ(大地鷸)。北海道で繁殖し、オーストラリア西海岸で越冬する夏鳥です。体重が200gにも満たない小さな身体で9,000kmを飛ぶんですから驚きです。

         

         

        渡りのルートは島伝いなのか、まさかの直行なのか、それを誰も知りませんでした。日豪の研究者らによる合同チームが、その謎を解明すべく4羽のオオジシギに小さな発信機を取り付けました。

         

         

        北海道テレビのサイトにアカウント登録すれば、この番組を無料で見ることができます。(→こちらから)

         

         

        この投稿は番組の内容紹介になっているので、先に番組をご覧になることをお勧めします。がしかし、番組を見たらこの投稿を読む必要が無くなるのが困ったものです(笑)

         

         

        番組では、北海道を飛び立ったオオジシギの航跡が刻々と地図に表示されました。その地図にリアリティを与えたのが、(株)ウェザーニュースによる風の情報でした。オオジシギが飛行している場所の風向きがアニメーションで表示され、風に向かって飛ぶオオジシギの姿が目に浮かぶようでした。

         

         

        結論を言いますと、4羽ともオーストラリアに到達することはできませんでした。

         

        一羽はこの年に北海道を直撃した台風10号に真正面から突っ込み、信号が途絶えました。一羽は低気圧の渦の中で、一羽は活発な前線を横切ろうとして、それぞれ行方が分からなくなりました。いずれも北海道を飛び立って間も無い、三陸沖での出来事でした。

         


        残る一羽は太平洋を真南に進路を取り、グァム島上空を経て、7日目にニューギニア島に到達しました。途中、島に着陸した形跡が無いことから、直行ルートを不眠不休で飛んだようです。

         

        研究者らは5gの発信機が負担にならないように、大柄な個体を選びました。それにしても、ニューギニア島まで飛んだオオジシギの体重はわずか180g。たったの180gでした。

         

        ニューギニア島に到着したオオジシギの信号は、その直後に途絶えました。信号機が故障したのか、捕食動物に捕らえられたのか、その理由は不明です。

         

        いやぁ、泣きそうになりました(^^)

         

        昨日の投稿で、渡り鳥が何千キロも飛ぶことだけを取り上げて、驚いただの、素晴らしいだのと気楽なことを言って申し訳なかった。

         

         

        4羽のフライトは残念な結果になりましたが、オオジシギの遺伝子にこのことは織込み済みだと思います。多くが渡りに失敗しながらも、今のところ絶滅の心配は無いようです。つまり、それを上回る繁殖能力があるということ。

         

        オオジシギが織り込めていない問題は、人間による開発です。渡りを繰り返すたびに、日本でもオーストラリアでも生息域が狭まっているとのこと。合同チームの調査で、北海道のある湿地の個体数が16年前に比べて約3割減っていることが分かりました。

         

        私達人間は「台風に突っ込んでしまうなんてかわいそう」なんて言いますけど、台風以上にオオジシギの命を脅かしているのは私達だということになりますね。

         

         

        番組タイトルのカムイは、ご存知の通りアイヌ語で神。アイヌの人達はオオジシギをチピヤクカムイ(クは小さなク)と呼ぶそうです。この番組を見れば、この鳥が神と呼ばれる理由が納得できます。


        中江裕司監督作品「盆唄」を観ました

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          「盆唄」観てきました。

           

           

          やまやの餅を食べて「盆唄」を観ると言ってた読者のひよりさんが、この日、桜坂劇場にいらしてたとのこと。ところが、お互いに顔を知らないので気づきようがありません。リュックを背負い劇場左手前方に座った男性が、ひょっとしたらひよりさんだったかと思いましたがいかがでしょ?(^^)

           

           

          さて、映画「盆唄」からは、先祖、移民、伝統、魂、唄、3.11、望郷、家族など、様々なテーマが次々と投げかけられ、私がそれを一生懸命、時間をかけて咀嚼している間に、映像はクライマックスの「やぐらの共演」に。

           

           

          そこで私は軽いトランス状態に陥っていたと思います。作品が何を訴えているのかを考えるよりも、ラストの20分、盆唄に包まれて何を考えたか。それを自ら観察してみれば面白いと思います。外見上は、涙が止まらない人もいれば、私のように口を半開きにして呆然としてる人もいるでしょう。

           

           

          江戸時代、福島を領地としていた相馬藩は天明の飢饉により、人口の2/3を失ってしまいます。一方、越中(富山県)では浄土真宗の教えにより(子供の)間引きが厳禁されていて、相馬とは逆に人口に見合う農地がありませんでした。

           

          富山は「おわら風の盆」で知られているように盆唄が盛んな所です。一万人近い越中の人達が盆唄と共に相馬へ移住しました。

           

          相馬藩の復興に大いに貢献した越中の人達でしたが、相馬では「越中もん」と呼ばれ冷遇されたようです。働いて、働いて、孫の代になってようやく盆踊りに招かれたと。

           

           

          時代は変わり、さとうきび産業が盛んになったハワイでは海外からの移民を積極的に受け入れるようになりました。まず広島、山口から、次に福島、沖縄から、多くの人達がハワイへ渡りました。そして、故郷に錦を飾るはずが、日本に帰ろうにも帰るお金が無い生活を強いられることに。

           


          このドキュメンタリー映画の主人公は太鼓の名手である福島双葉町の横山久勝さんでした。双葉町は帰還困難区域に指定されていて、横山さん達が故郷へ帰る目処が立たず、これまで継承してきた盆唄の消滅を覚悟しかけていました。

           

          岩根愛さんはハワイと福島を撮り続けている写真家です。私が盆唄を観た日に、今年度の木村伊兵衛写真賞の受賞が決まったとのこと。彼女は映画「盆唄」の企画を中江監督に持ち込んだ人です。映画の封切りと写真賞。彼女の頑張りが評価された日になりました。

           

          その岩根さんの誘いで、横山さんら盆唄のメンバーがハワイに渡り、福島の人達が伝えた盆唄に出会います。

           

           

          確かな技術と共にハワイで継承されていたボンダンス。移民の4世、5世達は、仮に双葉町の盆唄が絶えることがあっても、自分達(あるいは子孫)が将来、双葉町に戻った人達に必ず盆唄を伝えると、横山さんに約束します。

           

          日本に戻った横山さんは、各地に避難している仲間達に声をかけ、震災以来初めて「やぐらの共演」を復活させました。当日は8つのチームが仮設住宅の広場に集ってやぐらを組み、ラスト20分が始まります。

           

           

          越中から相馬への移民から230年。

           

           

          もう、万難を排して観ていただきたい。


          中江裕司監督作品「盆唄」(2)

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            ドキュメンタリー映画「盆唄」には、アニメーションの声優として、中江裕司監督作品ではおなじみの俳優さんが出演しています。

             

            太陽(てぃーだ)母ちゃんこと余貴美子さん。福之助こと村上淳さん。能登島こと和田聡宏さん。

             

             

            「ナビィの恋(1999)」、「ホテル・ハイビスカス(2002)」に続いて公開された作品は、石垣島白保のオジぃオバぁ楽団を追ったドキュメンタリー映画「白百合クラブ 東京へ行く(2003)」でした。

             

             

            この3本の作品の後、「恋しくて(2007)」や「さんかく山のマジルー(2009)」まで、少し期間が空いたんですよね。この頃の私は、次の作品が待ち遠しくて、待ち遠しくて(^^)

             

            この時期、中江監督は2005年に閉館した桜坂シネコン琉映を、桜坂劇場として再生させる事業に取り組んでいました。

             

            20111019182105_0.jpg

             

            桜坂劇場は映画館の再生にとどまらず、場末の雰囲気が漂っていた桜坂の街まで再生してしまったんですから、やはり監督は忙しいんだろうと、私は納得することにしたものでした。

             

             

            さて、「『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』の〜」と紹介されることが多い中江監督。これはすなわち、作品の興行成績的序列を示してるわけですね。「恋しくて」や「さんかく山のマジルー」は、ナビィやハイビスカスに比べると、まあ確かにね。

             

            中江監督ファンの私は「よ〜し、次は見ちょれよ」と思ったものでしたが、これから先のブランクがまた長かった_| ̄|◯

             

            テレビ番組などは撮られていたようですが、劇場公開の作品としては「盆唄」がマジルー以来、10年ぶりになります。

             

             

            その長いブランクを終わらせたのが、写真家の岩根愛さんだったようです。2006年にハワイでボンダンスと出会った彼女は、そのルーツが福島にあることを震災後に知り、以降、福島とハワイの交流に関わるようになりました。

             

            「白百合クラブ 東京へ行く」でスチール写真を担当した岩根さんは、このテーマで映画を撮れと中江監督を口説き、ついに監督をその気にさせたと。

             

            彼女は「盆唄」の製作にプロデューサーとして加わっています。今週末の桜坂劇場では、中江監督らと共に舞台挨拶をされ、ハワイと福島をテーマにした写真集「KIPUKA」の紹介もあるようです。

             

             

            さて、この投稿で岩根愛さんを紹介したのは、久しぶりに中江監督作品を観れることへの感謝によるもの。それから、「盆唄」のポスターを貼っただけの私のツイートに、彼女が「いいね」をくれたことにもよるのでした(^^)


            中江裕司監督作品「盆唄」(1)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

               

              中江裕司監督のドキュメンタリー映画「盆唄」が、本土では先月から、沖縄では3月9日から、それぞれ公開です。沖縄の上映館は桜坂劇場。

               

               

              福島第一原発の5、6号機が立地していた福島県双葉町は、今もなお、帰還困難区域に指定されています。(ほんま、オリンピックなんかやってる場合かと、いつも思います)

               

               

              各地の避難場所で暮らす双葉町民の皆さんは、小さなコミュニティで、かろうじて双葉の盆踊りを続けていました。故郷に帰る目処はたたず、メンバーの体力の衰えなどもあって、先祖代々受け継がれてきた「盆唄」は消滅の危機にありました。

               

              そんな中、ハワイ・マウイ島で、100年以上前に福島から移住した人達がボンダンスを継承していることを知ります。毎年、多くの人達が集まり、盛況のうちに開催されていると聞き、双葉町のメンバーが現地を訪ねました。

               

              故郷を遠く離れても、何世代にも渡って継承されているボンダンスを目の当たりにしたメンバーは、「盆唄」と共に故郷双葉町に還る決意を新たにすると。

               

              こんなストーリーのようです。

               

               

              私は既に、泣く自信があります(笑)

               

              特に、ラスト20分は双葉盆唄のシーンが続くそうで、どうなるんでしょうねぇ。一種のトランス状態になるのではないかと(笑)

               

              (続く)


              映画「孤狼の血」警察じゃけぇ何をしてもええんじゃ

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                今夜10時からWOWOWシネマチャンネルで放送の映画「孤狼の血」。キャストは役所広司、松坂桃李、江口洋介・・・。

                 



                普通に話せばゆる〜く暖かいのが呉言葉。それを大声にしただけで、そのままヤクザ言葉になるのが特徴です(^^)。呉で多くのヤクザ映画が撮られる所以と言えるでしょう。

                 

                 

                その映画に、私の同級生が出演しています。

                 

                 

                この男は、ちょうど一年前に沖縄に来た佐々木君。エキストラで出演したところ、「ちょっとちょっと」とスタッフに呼ばれ、警察署長役に抜擢されたと。

                 

                 

                同級生の佐々木君と飲んだ 

                映画「孤狼の血」

                 

                この映画が封切りされた日。呉の映画館には先輩、同級生、後輩達を引き連れた佐々木君の姿がありました。シリアスなシーンに突然現れた警察署長に、笑いを堪えに堪える7、8人のオッさんやオバハン達。セリフはちゃんと言えたそうです。

                 

                佐々木君はこの続編が製作されると確信しています。彼はそこで殉職するんだそうで、その役作りに励む毎日。「なっ、なんじゃこりゃあ」って言いたいんだと思います(笑)


                沖縄のCM「世界が止まって見える幸せ」

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  古島にある結婚式場のCMです。 

                   

                  「世界が止まって見える幸せ」


                   

                  手作り感たっぷりのローカルCMが流れる沖縄で、これはCMらしいCMだと思います。昨年から県内で放映中。

                   

                   

                  だけど、このCMもよく見れば県産品。

                   

                  カチャーシーを踊ってる新郎、新婦は北谷の(別々の)モデル事務所に所属していて、さすがはモデルと思いつつも、そこはかとウチナーンチュな顔立ち。

                   

                  音楽はD-51がこのCMのために作った「Only You」。彼らは北谷でストリートライブを始めたほんの2年後に「NO MORE CRY」を大ヒットさせました。

                   

                   

                  沖縄の音楽事務所。俳優、ダンス、モデル、ナレーターなどの各事務所。それからお笑い。伝統芸能では、琉舞、組踊、民謡、芝居などの研究所。それら、沖縄の芸能人の数は、少なくとも人口比では全国トップレベルではないかと思います。

                   

                  海外やナイチに進出する人も多いとはいえ、大半は県内が活動の場。こんな飽和状態で食っていけてるのかと心配になります。

                   

                  狭く限られた市場(需要)の中、一般論としては、ギャラを抑えて、仕事のシェアが進んでないと成立しないはず。ところが、クオリティは悪くない。そこらが不思議なんだよなぁ。

                   

                  この結婚式場のCMを見て、そのあたりの、おそらく沖縄特有のメカニズムを解明してみたいと思いました。どうしたらいいのか分からんけど(笑)


                  映画「ニービチの条件」

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    沖縄のレンタルビデオショップに沖縄の映画がずらっと並んでいるかと言えば、まったくそんなことはありません。沖縄映画コーナーなんて無いんだけど、これがなんでか?

                     

                    沖縄映画を見つつ、そのロケ地を言い当てるのが私の趣味。だから、その楽しみが少ないのよね。台風休み中、仕方が無いので、YouTubeにfullで上がってる映画を探したら、いい作品がありました。

                     

                    「ニービチの条件(沖縄:2011)」

                     

                     

                    話は逸れますが、沖縄以外の作品では「メッセージ(米国:2016)」が良かった。こっちはレンタルDVD。時間の概念が無くなると過去を思い出すように未来が見えるって話。

                     

                    明るい未来ならともかく、そうではない未来を知りたいとは思いませんよねぇ。そして、未来が明るくないことを知ってしまった後、その人生を生きる覚悟が持てるのか?。

                     

                    う〜む。未来は明るいものだと、勝手に決めてるもんなぁ。そんなあたりまえのことをタコに教えてもらう日が来ようとは(笑)

                     

                     

                    さて、「ニービチの条件」に戻りまして、主人公はパーラナイサーラナイのアキラ。ナイチャーの婚約者役にモデルの福田萌子。

                     

                    家出をして5年。結婚の許しを得るために浜比嘉島の実家に帰ったらオトウは2年前にあの世に行き、オカア(城間やよい)とオバア(吉田妙子)は「今さらどのツラ下げて帰って来たっ!!」と怒ります。頭を下げる二人に、オカアとオバアは「ニービチの条件」を出したのでした。


                     

                    その条件とは、嫁にウークイの手伝いをさせて、役に立つようなら結婚を認めましょうというもの。このナイチャー嫁はエイサーを見て「えっ、これ何?。お祭り?。えっ、何?」と喜ぶレベル。言葉はわからず、料理もシキタリも戸惑うものばかり。ニービチの条件はクリアできないかに思われました。

                     

                     

                    ところが、オカアとオバアは嫁が役に立つかどうかではなく、手伝いをさせながら嫁のハートを見ていたわけですね。言葉がわからなくても、料理やシキタリに戸惑っても、それは当然で、たいした問題ではないということ。

                     

                    「これは」ってことが一つでもあると、たちまち琴線にふれてしまうのがウチナーンチュ。そこには、ナイチャーが沖縄で暮らす秘訣みたいなものが示されていて、「まったく、この通りなんだよなぁ」と、私は深く共感したのでした。

                     

                    短編ながら、浜比嘉島の風景が美しく、ウチナーンチュの(乱暴な)温かさが、心に残る作品でした。

                     

                     

                    今年の浜比嘉島の豊年祭で、私は比嘉集落をくまなく歩きました。その甲斐あって、映画のスタートからエンドまでロケ現場をもれなくピンポイントで示すことができ、そっちも大いに満足しました(^-^)v

                     

                     

                    それにしても、あのタコよ(笑)


                    ドラマ「この世界の片隅に」始まる

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                       

                      テレビドラマ「この世界の片隅に」が始まりました。呉で生まれ育った私は、ストーリーを追うより、懐かしい風景に目がいってしまいます。

                       

                      ロケ地がもれなく特定できるし、私が子供の頃に走った坂道が現れたりすると、思わず「あっ!!」と声が出ます。

                       

                       

                      すずさんが嫁いだこのお家。呉市役所が市内の空き家を探したそうです。それをバラして横浜の撮影所に運び、建て直したとのこと。

                       

                       

                      この、戦災を免れた古民家が、視聴者を上手くタイムスリップさせていますね。天井や縁側や、どのパーツを見ても懐かしさがこみ上げてきて、建物全体が昭和の雰囲気を醸成しているように思えました。

                       

                       

                      松坂桃季さんや松本穂香さんの広島弁は「広島の人ではない」ことはすぐにわかりますが、よく練習をされた様子が伺え、まったく問題ありません。

                       

                       

                      この作品の映画版が上映された時、全国のすずさんファンが、わざわざ呉の映画館に足を運んでくれたとのこと。すずさんが暮らした街で映画を見ることに意味があると。

                       

                      上等なロケ地マップがありますので、是非、呉にお越し下さいませ。


                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM