ウーマクミエコと魔女のキキ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    沖縄をテーマにした映画は数多くありますが、やはり私のイチオシは「ホテル・ハイビスカス」であります。



    辺野古周辺のロケ地を訪ねたり( →「ホテル・ハイビスカス」再訪)、

    知り合いの公認会計士がミエコの叔父さんだったり(→蔵下穂波に会えるかも)、

    前職の取引先常務がガッパイ君のお父さんだったり(→元世界チャンピオン 平仲明信さん(2))、

    元同僚が照屋政雄さんの甥っ子だったり(→映画「ホテル・ハイビスカス」のガッパイ君)、

    そうした、沖縄に住んでいればこその出来事があり、保育園の園児をはじめ、ミエコのようなウーマクがそこら中にいることが、より映画を身近に感じさせてくれます。


    改めて映画「ホテル・ハイビスカス」を振り返ってみると、この作品のテーマは「ミエコの成長」と言えるでしょう。

    子分のミンタマーやガッパイを引き連れて、楽しい毎日を過ごしていたミエコでしたが、母ちゃんとサチコネェネェが、サチコの父親と会うためにアメリカへ行くことになり、二人がいない夏を過ごすことになります。

    ミエコにとってティーダのような母ちゃんをアメリカに遠ざけることが、ミエコの成長を促す設定になってるんですね。


    そしてある日のこと。アメリカの母ちゃんから手紙が届きました。ところが、父ちゃんはパイナップル農園の手伝いで不在。オバァは山羊と散歩中で、ケンジニィニィはボクシングのトレーニング中。

    「誰もいないやっしぇー!!」

    母ちゃんの手紙をランドセルに入れて、ミエコは一人バスに乗り、ヤンバルのパイナップル農園を目指します。

    父ちゃんに会えないまま日が暮れてしまいましたが、そこでミエコはキジムナータンメーと出会い、ガジュマルの木の上でキジムナー達に囲まれた一夜を過ごします。


    お盆までには帰る予定の母ちゃんが帰らないまま、ウンケーの夜、ミエコは幼くして亡くなった叔母さん(タエコ)と出会います。同じ年頃のミエコとタエコは色々な話をします。そして、タエコがグソーに帰った後、ミエコはマブイを落としてしまいます。

    ミエコはこれまで知らなかった世界を知ることで成長してゆくわけですね。

    映画のエンディングは母ちゃんとサチコネェネェの帰国でした。「かあちゃん、おかえりんご」の横断幕を背に二人を迎えるミエコは、母ちゃんの留守にワンワン泣いたミエコではありませんでした。


    さて、ミエコは既に23歳。



    時々、テレビで彼女を見かけると「おっミエコ。頑張ってるな」と思います。近所の女の子が東京に行って、女優になった感覚があります。


    話は変わりまして、映画「魔女の宅急便」のキキは13歳。9歳のミエコより少しお姉さんです。

    作中、キキは魔法が使えなくなりますね。その理由を宮崎駿さんが「女の子ならわかる」と言ったそうで、キキのファンは「キキは初潮を迎えた」と判断したようです。

    そうなのかなとも思いますが、より広く考えれば「私は誰なんだろう?」、「私やりたいことって何だろう?」、「私は誰かの役に立てるのだろうか?」などと悩んだことが、一時的に魔法が使えなくなった理由なのかなとも思います。



    トンボを助けたい一心で、キキの魔法は蘇りました。ジジの言葉は聞こえなくなってしまいましたが、どちらもキキの成長の証と言えるでしょう。


    キキが初潮を迎えたなんて、私は夢にも思いませんでしたが、魔女の宅急便には熱狂的なファンがいて、ストーリーから色々なことを読み取ろうとしてるそうです。よくわかりますよ、その気持ち。

    どうでもいいような話ですが、この24歳のモデル兼タレントが自撮りの写真をInstagramに投稿し、「キキみたいかな?」とコメントしました。


    そのコメントに、熱狂的なキキファンが怒ること怒ること(笑)

    「ふざけんな、お前24だろっ」、「赤いリボンつけたらキキかいっ」みたいなことですが、その気持ち、よ〜くわかります(笑)


    映画「ザ・ブリザード」

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      レンタルDVDで「ザ・ブリザード」を観ました。



      嵐で遭難したタンカーと沿岸警備隊の救助艇がジャケットに描かれていて、あらすじはそういうことですから、わかりやすい映画です。1950年代の実話だそうです。


      前後二つに折れたタンカーの前半分は船長らと共に沈没しましたが、後半分はかろうじて浮いていました。

      船員のレイモンド・シーバートは、残った船員をまとめ、船を沈ませないために、ありとあらゆる対策を実行しました。そのことでかなりの時間を稼げましたが船の浸水はおさまらず、沈没は時間の問題と思われました。

      一方、沿岸警備隊のバーニー・ウェバーは救助に向かったものの、猛烈な嵐の中、タンカーに到達することは難しいと思われました。


      クールに物事を考えるレイモンド・シーバートと、



      ホットなバーニー・ウェバー。



      この映画ではタイプの異なる二人のリーダーが描かれています。

      救助を待つレイモンド・シーバートの時間と、救助に向かうバーニー・ウェバーの時間。二つの時間は重なり合うのか?

      この映画の原題である「The Finest Hours」は、その重なり合う時間を意味します。つまり、間に合ったということ。


      私にはレイモンド・シーバートが理想のリーダー像に思えます。バーニー・ウェバーは無茶苦茶しますからね。

      とは言うものの、無茶苦茶するリーダーがいたからこそ、この物語は成立したのですから、バーニー・ウェバーも「よくやった」ってことなのでしょう。


      海難モノの映画と言えば、「パーフェクトストーム」が記憶に残ります。あの嵐は本当に怖かった。船なんかに乗るもんじゃないと思いましたよ。

      「ザ・ブリザード」で描かれた嵐はもちろん重要なファクターではありますが、やはりこの作品は二人のリーダーの物語と言えます。

      せっかく素晴らしい原題がありながら、この邦題はなんとかならんかったのかと思いますね。「じゃあ、お前が考えてみろ」と言われても困りますがね(笑)


      映画「ダ・ヴィンチ・コード」についていけてるのか?

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        昨夜、沖縄テレビで「ダ・ヴィンチ・コード」をやってたので、「おお、これは観ておかないと」と、テレビの前に寝転がりました。



        主演はトム・ハンクスと「アメリ」のオドレイ・トトゥ。二人は数々の謎を解き明かしながら、聖杯のありかを探します。


        ストーリーは一見単純で分かりやすく、適度にハラハラしつつ楽しみましたが、「分かって観てる人」に比べれば、おそらく私は何も分かってないんだろうなぁと思います。

        今後私は「分かって観た人」に色々と教えてもらって、「あっ、そういうことだったの」とか、「なるほどぉ、そうなんやぁ」などと、遅ればせながら理解を深めることになるでしょう。

        そして「そんな理解で『いい映画だった』なんてよく言えたわね」と馬鹿にされると(笑)


        例えば最後のシーンで、トム・ハンクスが聖杯、すなわちマグダラのマリアの棺のありかに気づき、祈りをささげます。そこに行き着くまでの伏線がそこで明らかになったはずですが、私にはそれがピンと来ず、「あぁ、見つけたんだなぁ」と(笑)

        私が「分かって観てる人」になるには、少なくとも原作を読み、初歩的なキリスト教の歴史を知る必要があるでしょう。


        つ〜か。この映画はちょっと不親切じゃないのかな。これを観て「いい映画だった」とか言ってる人は、ストーリーの展開についていけたの?

        本当かぁ?(笑)


        ポール・ベタニーが演じる修道僧が良かった。



        まあ、これもよく分からずに言ってんだろうけど(笑)


        上間不動産のCM

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          上間不動産は北谷の不動産会社。ロングランのCMが人気です。



          (→YouTube)

          客「一番座と二番座、ここがシム(台所)。アンシ、ナカメーヤ?(それから、居間は?)」

          店「眺めは最高ですよぉ」

          客「アラン、ナカメーよぉ」

          店「あ〜、こちらですね」

          客「2LDKヤサやぁ。トー、カラ(じゃあ、借りようね)」

          店「カラ。色はですね白っぽくて綺麗・・・」

          「上間不動産 ♪」


          どこにでもいるようなオヤジを演じているのは民謡唄者の徳原清文さん。師匠が登川誠仁、兄弟子が知念定男。三線を持てば、ビッシーッとキマる一流の唄者です。

          ウチナーグチが標準語の農連市場では、頻繁にこんな会話がありそうですが、実はそうでもありません。ウチナーグチを使う側が、相手にわかるように話すからですね。

          「気を使うなよぉ」と思いますが、ウチナーグチを使える年代の人は、若い頃から、気を使うように教育されているんですよねぇ。


          このCMは、私が観光客の頃からやってたので、10年以上続いているはず。

          いかにも身近にありそうだけど、なかなか聞けない会話。それが、このCMに飽きが来ない理由だと思います。


          映画「ある精肉店のはなし」(2)

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            映画「ある精肉店のはなし」。



            この映画は招かれた映画館や施設を廻る上映形式のようで、残念ながら、沖縄で上映の予定はありません。

            この手の話になると、沖縄は不利なのよねぇ。遠いからなぁ。と思ったら、去年、桜坂劇場に来てました。う〜ん、残念。

            DVD化の予定は無し。


            屠畜業の「屠」の一文字だけで、それが差別用語になるそうです。

            私の故郷(広島県呉市)にも、屠畜業を営む人達がいて、その場所は橋を渡った川の向こうでした。

            7代続く北出精肉店の歴史は差別の歴史でもありました。


            北出精肉店の次男の副業は、牛皮を使った太鼓作りです。



            泉州と言えば「だんじり」。



            沖縄の「エイサー」に相当する伝統行事で、そこでこの太鼓が大活躍します。

            地元の伝統を守り、家庭の食卓を楽しく華やかにするこの職業が、何故差別を受けることになるのか。

            理屈では明らかに間違いと、誰もがわかる事であっても、差別は今も続いています。


            この映画の撮影期間は1年半。纐纈(はなぶさ)あや監督は、貝塚市内にアパートを借り、地元で買い物をし、行事にも参加したそうです。つまり、そこで生活したということ。

            それは、北出精肉店の家族に、受け入れてもらうための工夫と言えるでしょう。

            さきほどGoogleで、北出精肉店を見ると、店頭に映画のポスターが貼ってありました。家族は映画を受け入れ、その完成を喜んでいるように見えます。


            映画「ある精肉店のはなし」は平成26年度文化庁映画賞の大賞受賞作品です。

            予告編はこちらから。


            映画「ある精肉店のはなし」(1)

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              私は知念精肉店の工場に出入りすることで、枝肉が商品になるプロセスが分かってきました。

              そこはプロフェッショナルの世界。これまで縁が無かったので、豚肉の部位を覚えるだけでも楽しい(笑)。良い肉の見分け方が身につけば、(遅ればせながら)今後、役に立つことでしょう。


              一方、枝肉以前のプロセス。ストレートに言えば、生きている豚が枝肉になる工程はどうなっているのか。

              こちらは、南城市にある沖縄県食肉センターです。



              例えば、ここを見学したいのですが、平日に自由な時間が無い私には無理。


              仕方なく、食肉センターのホームページなどを眺めていると、偶然、凄い映画を見つけました(まだ観ていないけど)。

              映画「ある精肉店のはなし」



              大阪府貝塚市に実在する北出精肉店のドキュメンタリーです。ポスターの男性二人が兄弟で、女性は兄弟の奥さん。


              堺市に十数年住んでいた私にとって、岸和田、貝塚などの泉州地域は、生活圏とは言えないものの、土地勘のある場所です。

              大阪通勤圏ですが、昔ながらの商店街があり、その周囲に住宅地が広がります。


              北出精肉店は7代続いた精肉店で、3年前までは自前の屠畜場を持っていました。映画は102年続いた屠畜場が、その役目を終えるまでの日々を追います。

              市街地にある精肉店ですから、屠畜場に牛を運ぶ様子はこうなるんですね。



              キー坊さんのコメントによると、嘉手納には1975年頃まで、自前の屠畜場を持つ精肉店があったそうです。

              それが、つい最近まで、しかも大阪の市街地に残っていたなんて、まったく知りませんでした。て言うか奇跡です。


              ナイフ一本で枝肉を切り分ける技術は、まるで芸術。牛と豚の違いはあれど、このあたりは知念精肉店も同じです。




              映画のポスターにある「いのちを食べていのちは生きる」。

              知念精肉店で「目覚めてしまった」私の知識欲のようなもの。それは、この言葉につながっていたのだと気付きます。

              そのテーマをこの映画はどのように描いているのか。いや〜、観たいわぁ。

              今すぐ観たい(笑)。

              (続く)


              映画「旅立ちの島唄〜十五の春〜」

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                結局、テレビを観ました(笑)。

                結論を先に言うと、いい作品でした。あまり話題にならなかったのが不思議です。上映館も少なかったようですし、いったいどうなってたんでしょう。


                高校の無い南大東島。中学を卒業した優奈(主人公)は島を出て、那覇の高校に進学することになりました。

                ゴンドラで船に運ばれ、手を振る優奈。見送る家族。BEGINの主題歌が流れ、スクリーンがエンディングクレジットに変わる。で、私はオイオイ泣く。

                となるはずでした。

                まあ、確かにそうなったのですが、私の心境は予想とかなり違ったものでした。つまり私は、離島苦(シマチャビ)の意味を理解できていませんでしたね。


                中学を卒業する子は、島を出て高校へ進学するか、進学せず島に残るかを決めることになります。

                何かの事情があって島に残った子が、後になって島を出ようとしても、例えば、中卒の学歴で、どんな選択肢があるのか。高校進学を諦めるには、一生、島で暮らす覚悟が必要です。

                高校進学で島を出た子は、卒業後、就職し結婚しますから、たいていは島に戻りません。更に、子供の世話をするため、一緒に島を出た母親に、島に戻れない事情が生まれることがあります。



                優奈の場合、先に島を出た兄と姉が那覇で生活しており、お母(おかあ)も那覇にいます。つまり、優奈が島を出れば、お父(おとう)一人が島に残されるということ。



                お父は「子供は親を選べない。だから、親は子供に充分なことをしてやらないといけない。」という考えの持ち主。それがどうして、最後の家族(優奈)を見送ることになってしまったのか。

                優奈は、お母に島に戻ってくれと頼み、それができないなら、お父に那覇に来てくれと訴えます。ところが、両親ともにそれを了解しません(できません)。


                この家族が置かれた状況は、色々な事情が重なった結果と言うより、離島の「宿命」のようなもの。誰もがこれではいけないと思いながらも、それを解決できません。

                この映画のテーマは、優奈の「巣立ち」であると共に、「家族の崩壊」なんです。

                島を出る優奈に、「頑張れ!!」と涙を流しているだけでは、話が終わらないってことです。つまり。


                春にゴンドラ

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  沖縄本島から東へ360キロ。絶海の孤島、南大東島には高校が無く、15歳は島を離れる年です。

                  島の民謡教室に通う小中学生が結成した民謡グループ「ボロジノ娘」は、毎年、メンバーが加わり、抜けてゆきます。

                  卒業コンサートで唄う「アバヨーイ」。

                  アバヨーイ
                  (作詞,作曲:浜里保之)

                  チョンコメーぬ時から
                  住み慣りてぃうしが
                  立身ぬたみに島ゆ離り
                  アバヨーイ アバヨーイ
                  島の面影肝に染みり

                  お父とぅ一緒畑んかい
                  マガマ持っち飼い葉
                  刈りたる懐かしや
                  なー覚んじゃち
                  アバヨーイ アバヨーイ
                  島の面影肝に染みり

                  いかな島育ち
                  田舎小ややてぃん
                  心配やすなアンマー
                  見守んてぃ給り
                  アバヨーイ アバヨーイ
                  島の面影肝に染みり

                  お父お母ぬ志情や
                  一期いちまでぃ忘ららん
                  手墨ゆう習らてぃ
                  孝ん忘りゆみ
                  アバヨーイアバヨーイ
                  島の面影肝に染みり


                  チョンコメーは八丈島方言で子牛、手墨は学問、アバヨーイは八丈島のさようならです。

                  民謡教室の先生が、

                  「この歌は泣いて歌ったら価値ないからさ。堪えて歌うんだよ。」

                  なんて言うもんだから、必死に涙を堪えて唄う15歳の卒業生達。

                  堪えなくて良い聴く側は、もう、ボロボロでしょうね。


                  一昨年、ボロジノ娘の卒業をテーマにした映画ができました。

                  「旅立ちの島唄〜十五の春〜」

                  主人公は三吉彩花。



                  おかあが大竹しのぶ。



                  おとうが小林薫。



                  もう、キャストを見ただけで泣くことは必至。

                  そして、その主題歌がBEGINが唄う「春にゴンドラ」です。



                  春にゴンドラ
                  (作詞,作曲:比嘉栄昇)

                  春は行き春はめぐり来る
                  明日に橋が架かる日まで
                  遊べ白波よ天高く
                  今はさびしさも波まかせ
                  いってこいよ いってこいよ
                  いってこいよ いってこいよ

                  ゲームみたいにやり直せたら
                  こんな景色に気づかんはずよ
                  製糖工場から甘い香り
                  胸いっぱい吸い込んで

                  歩いて行ける場所ならきっと
                  こんな気持ちはわからんはずよ
                  うなるクレーン車
                  揺れるゴンドラ
                  アバヨーイ 旅立ちの時

                  曇りのち雨で朝が来て
                  心に虹が架かりました
                  空を飛ぶ鳥よ振り向くな
                  今はなぐさめもいらない
                  いってくるね いってくるね
                  いってくるね いってくるね



                  南大東島のゴンドラって、これのことです。




                  「いってこいよ」は行かないでくれ。



                  「いってくるね」は戻りたい。




                  この映画を、今日15時から琉球放送がやるらしいです。

                  「ミルカ。」

                  正月早々、ボロボロになるのもナンなので、

                  「また今度にスルカ。」

                  (笑)


                  東京にオリンピックを呼んだ男

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    台風19号のおかげで、昨夜は家から一歩も外に出れず、テレビドラマ「東京にオリンピックを呼んだ男」を観ました。



                    これが、なんとも言えず、良かった。


                    原作は高杉良の同名小説。1964年東京オリンピックの招致活動で、中南米各国を奔走した和田勇さんの物語(実話)です。

                    主人公の日系二世(米国人)和田勇役に大沢たかお。妻の和田正子役に常盤貴子。若いと思っていたら、二人とも既に40代。安定感抜群の演技でした。


                    日本が敗戦国であること、遠い極東であることなどが理由で、和田さんらの努力にもかかわらず、東京は劣勢に追い込まれました。そして舞台は、ミュンヘンで開催されたIOC総会に移りました。そこで最終プレゼンテーションが行われ、オリンピック開催都市が決まるのです。

                    日本のプレゼンテーターは元外交官で、NHK解説委員の平沢重和さんでした。


                    平沢さんは、

                    ・オリンピックを東京で開催すれば、アジア初となり、そこで、五つの輪が完成する

                    ・日本人は、小学校の教科書でオリンピックを学んでいて、その精神を理解している

                    ・年配者は、一度は開催が決まったオリンピックを戦争で辞退せざるを得ず、その開催を待ち望んでいる

                    と、東京開催の意義を述べ、最後に、

                    西欧の人々は、日本をファーイースト(極東)と呼びますが、ジェット機時代を迎えたいまは、ファー(遠い)ではありません。

                    遠いのは、国同士、人同士の理解です。

                    国際間の人間同士のつながり、接触こそが平和のいしずえではないでしょうか。

                    西欧に咲いた花を東洋でも咲かせていただきたいのです。


                    と結びました。


                    平沢重和役は橋爪功。



                    静かに語りかけるようなスピーチは、持ち時間が45分のところ、わずか15分で終わり、残り時間は質疑にあてられました。

                    一方、ライバルの米国デトロイトのプレゼンテーターは、施設や交通網の充実などを例に、デトロイトがいかに優れた都市であるかを、持ち時間オーバーの60分を使って述べました。


                    開票結果は、東京の34票に対して、デトロイトは10票。大逆転で、オリンピック開催都市は東京に決まったのです。

                    簡潔に東京開催の意義を述べた平沢さんのスピーチが、いかに、各国IOC委員の胸に響いたか、それが明快にわかる結果でした。

                    つまり、Howではなく、Why。

                    オリンピックをいかに東京で開催するかではなく、なぜ東京で開催すべきなのか。それを訴えた、平沢さんの戦術が成功したのです。


                    番組とは離れますが、当時の沖縄は米国統治下にありました。

                    日本政府は、東京オリンピックを沖縄でも放送できるように、マイクロ回線を沖縄まで延ばしました。また、ギリシャから運ばれた聖火の、国内リレー出発点を沖縄としました。

                    沖縄本島を一周した聖火リレーは、各地で熱狂的な歓声につつまれたそうです。


                    東京オリンピック(1964)と、沖縄の本土復帰(1972)。Howではなく、Whyで、日本が動いていた時代だったと思えます。

                    滝川クリステルさんの「お・も・て・な・し」は良かったけれど、それはやはりHow。

                    普天間飛行場の移設問題など、正真正銘のHow。

                    まあ、話がズレるので、やめておきます。


                    番組の再放送があると思いますので、ぜひ。


                    映画「ライフオブパイ」

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      人間と虎が漂流した映画でした。

                      20130608155840_0.jpg

                      この映画は観る人を選ぶそうです。つまり、深読みができる人でないと、この映画の面白さは理解できないらしい。

                      すべての出来事には、意味があり、伏線がある。らしい。


                      すみませんね。私にとっては、人と虎が漂流しただけの映画でした。

                      二度観れば、まったく違う映画に観えてくるらしいのですが、私は一度しか観ていないので、違う映画に観えるかどうかはわかりません。

                      違う映画に観えるなんて、そんなアホな。とは思います。


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM