ジュリ馬、舞・・わず

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    辻の二十日正月行事「ジュリ馬祭り」に来ました。



    例年、旧暦一月二十日(今年は2.16)に開催されていますが、今年はその日に神事だけを行い、ジュリ馬の演舞は今日になったのです。日曜日の開催を意図したものだと思いますが、来年以降も是非そうしていただきたい。

    早めに到着すると8名の踊り子が辻の御嶽とお墓にお参りしてるところで、初めてナマの「ゆいゆい」を聴きました。
    (twitterに30秒ほどの動画をアップしています)



    「せんする節」
    京の小太郎が作たんばい
    尻ほげ破れ手籠緒すげて
    板片目貫ち乗い来たる


    京太郎が作ったのは
    尻に穴が空いた
    破れ手籠に緒をつけたもの
    板切れに穴を通したもの(馬)に乗って来た

    組踊「高平良万歳」で、兄弟が親の仇をうつために、当時の人気芸人、京都の小太郎に成りすまし、敵に近づいてゆく場面に使われる唄です。


    演舞台ではリハーサルが行われ、私の気持ちも高まりましたが雨が止みません。



    結局、主催者が「踊り子の化粧が落ちるさぁね」と判断し、観客は料亭那覇に誘導されることになりました。



    料亭那覇の大広間で、ゆいゆいをやってくれるのですが、私はやめておきました。どうしてかと言いますと、私は「難しい男」だからです(笑)


    こちらは二、三年前の琉球新報。



    百人を超えるジュリ達が舞い、この投稿のタイトルは「ジュリ馬、舞う!!」になるはずでした。

    貧しさに負けて娘を辻に売ってしまった私は、物陰から元気な娘の姿を見て、涙するはずだったのですよ。そのオヤジが料亭の座敷でアグラをかくってのはいかがなものかと(笑)。

    来年に楽しみを残したってことですね、つまり。


    ジュリ馬の日程が変更されたようです

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      旧暦1月20日の今日は二十日正月。お正月の祝い納めの日で、例年、辻のお祭り「ジュリ馬」が開催されます。

      20120213183714_0.jpg

      毎年「行かないと」と思いつつも早や7年。今日はなんとしてでも行くつもりでした。

      ついさっき、念のため日程を調べると、高野純一さんの「おきなわスローツアー」によれば、今年のジュリ馬は3月19日(日)に開催だそうです。神事は2月26日(日)。

      どちらも日曜日じゃないですか。

      二十日正月が平日になることが多いので、日曜開催になったのかもしれません。

      なんにせよ、ラッキーです。それなら、最初から最後までじっくり観ることができますね。


      沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(3) 佐辺のお母さんの心配事

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        「五つ星ちゅら美ら」の公演から一夜が明けた金曜日の朝。私は朝一で、佐辺昆布店に向かいました。

        母「あっ、Cさん。ど、どうだった?」

        C「良和が急に休んじゃったけど、公演は無事に終わったの?ってことよね」

        母「そうそう。昨日からず〜っと心配だったのよ」

        C「そりゃあ良和君のファンは残念だっただろうけど、皆んな楽しんで帰ったと思うよ。ブーブー言ってる人も見なかったし」

        母「そうなの?。はぁ〜、良かった」

        C「あれは毛遊びだからね。来るはずの人が来なくても、毛遊びは楽しく終わるってことよ」

        母「あら、貴方上手いこと言うわね」

        C「知花さんも川満さんも、朝から大変だったと思うけど、そこはプロだから。昨夜のメンバーに集まってもらって、段取り無しで『さあ、やって』でも楽しくなると思うわ」

        母「ありがとう。やっと安心したわよ」

        20120912174934_0.jpg


        その頃、佐辺良和、知花小百合、川満香多の三人は、それぞれ次の仕事へ向かっていてました。

        知花さんは、金曜日の夜から沖縄で「沖縄(ウチナー)燦燦(さんさん)」の三夜連続公演が始まりました。世界三大演劇祭の一つ、アビニョン演劇祭に参加し、地元紙から四つ星の評価を受けた作品です。



        そして、良和君と川満さんは横浜能楽堂へ向かっていました。

        横浜能楽堂と沖縄伝統組踊保存会の提携公演「能の五番 朝薫の五番」

        五年連続公演の今年が三年目。能楽、組踊ともに人間国宝が出演する公演が土曜日、つまり今日、開催されます。

        組踊の演目は「孝行の巻」。沖縄芸術を背負った舞台ですから、二人とも頑張って欲しい。そして、病みあがりの息子にまたもや心配が尽きないのが、佐辺のお母さんなのでした。


        最後に、「五つ星ちゅら美ら」の公演で気付きを一つ。

        良和君の欠場は、開演前の場内でアナウンスされ、川満さんも舞台で頭を下げてました。

        その日のチケットは、テンブス那覇木曜芸能公演のチケットで、年内の木曜日、どの公演でも使えるものです。「佐辺良和が出演しないなら、別の公演に使う」ってことができるのです。



        ところが、会場の受付けには、そのことを知らせる張り紙などが無かったのです。観客の大半は開演直前で、初めて良和君の欠場を知りました。

        良和君の熱心なファンなら、受付けで引き返すことがあったのではと思います。沖縄で開催される各種の催しは、この種の配慮が欠ける印象があります。出演者の実力はどんどん上がっているのに、運営する側がそんなことでは困りますよね。

        (終わり)


        沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(2) セットリスト

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          一昨日の沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」。



          そのセットリストです。

          (1)海の恵み

          海の声、海のちんぼーら、海やから、糸満乙女、谷茶前

          (2)山の恵み

          スンサーミ、マミドーマ・稲しり節

          ここまでが唄と踊り。沖縄の音楽はどうしてこんなに心地よいものかと思います。どの曲も聴き逃すまいと、つい一生懸命に聴いてしまいますが「心地よい時に何で一生懸命にならなあかんか」っちゅうことですわ。心地よければウトウトするのが自然で「あ〜、このまま眠りたい」と思いつつ、それはあまりにも惜しいので、また一生懸命聴いてしまうと(笑)


          (3)民謡

          なりやまあやぐ、赤田首里殿内、十九の春

          川満香多さんは宮古の人だったんですね。なりやまあやぐは宮古の教訓歌。なりやまは慣れてる山の意味で「慣れてる山だからと言って、(油断して)そこに染まってはいけませんよ。女性に惚れてしまって、仕事をさぼるのも駄目です」みたいな歌詞です。遊んでばかりいる息子に向けた唄でありながら、息子は毛遊びに出掛けて、なりやまあやぐを唄うわけよね。つまり、馬の耳に念仏(笑)。赤田首里殿内で登場した知花小百合さんのミルクは笑いました。サービス精神が旺盛な人ですねぇ。


          (4)空手・太鼓

          空手の演舞は、当初、良和君、知花さんの順だったはず。良和君が欠場し、知花さんが二度やるわけにもいかず、良和君の代わりに本物の空手の先生を連れて来たようです。長嶺朝一郎さん。よく来ていただけました。何しろ朝頼んで、その日の夜が本番って(笑)

          太鼓の伊波はづきさんは、唄三線をやりつつも、本業はパーカッショ二ストだそうで、なるほどの腕前でした。隣の川満さんは一つ前に投稿した通り、私の生涯一で、もはや異次元の太鼓。


          (5)エイサー

          南嶽節、テンヨー節・いちゅび小

          川満さんが、叩いていた太鼓を肩にかけてエイサーに移行。テンヨー、テンヨー、しとりとてん(^O^)/


          (6)フィナーレ

          黒島口説、クイチャー、唐船どーい

          宮古のクイチャーを久しぶりに聴きました。クイ(声)をチャース(合わす)でクイチャー。落ち込んだ時に聴けば元気になる曲です。出演者達は満員の観客全員を強制起立させて、踊りのレッスンを始めました。それは踊ればなお元気になるってことよね。

          (続く)


          沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」(1) 知花小百合さんの活躍

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            佐辺良和が欠場という緊急事態の中、沖縄芸能公演「五つ星ちゅら美ら」はどうなってしまうのか?。昨夜、私はテンブス那覇に向かいました。



            「五つ星ちゅら美ら」は現代版の毛遊び。オープニングの海の声(auの)ウチナーグチバージョンから、唄・踊り、空手、太鼓、エイサーと演目が続き、フィナーレの黒島口説(八重山)、クイチャー(宮古)、唐船どーい(本島)まで、あっと言う間の楽しいステージでした。


            昨日の出演者は佐辺良和、知花小百合、川満香多の主演三人と、助演の若い女性三人の計六人の予定でした。ところが、昨日の朝、風邪による高熱で良和君の欠場が決まり、知花さんと川満さんは頭を抱えることになったのです。

            この公演で、川満さんの役割は主として地方とMCでしたから、そこを外れる訳にはいきません。かと言って、助演の三人に「今夜は佐辺良和になりなさい」と言ってもそれは無理。そして、応援を呼ぼうにも、既に公演当日なんです。


            結論を言えば、この絶体絶命のピンチを解決したのは知花さんでした。

            チラシにあるように、良和君と知花さんは昨夜の立方の主役です。例えば谷茶前を踊るとすれば、良和君が櫂を持ち、知花さんがバーキを持ったでしょう。

            そこを昨夜は、男装の知花さんが櫂を持ちました。急遽、相手役を演じることになった上に、自分の代わり、つまり掛け合いの相手がいないのです。それでも舞台のクオリティを落とさない実力が知花さんにはあるということ。ほんとうにお疲れ様でした。



            知花さんの活躍と共に、昨夜の公演で特筆すべきは、川満さんの島太鼓でした。大きなゆったりとしたバチ捌きと、迫力がありキレのある太鼓の音に、私は惚れ惚れとしました。これまで私が聴いた太鼓とは「ちょっとモノが違う」気がしました。

            いやぁ、本当に良かった。

            (続く)


            テンブス那覇木曜芸能公演「百花繚乱」

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              国際通りのテンブス那覇では、毎週木曜日の夜、「百花繚乱」と名付けた沖縄芸能公演が開催されています。

              今夜は「五つ星ちゅら美ら」

              海のちんぼーら、マミドーマ、黒島口節などを、佐辺良和、知花小百合、川満香多ら、若手琉球舞踊家が踊ります。

              昨日、佐辺昆布店のお母さんからチラシをいただきました。



              入場料も1500円と安く、行くつもりになっていた今朝のこと。

              C「今夜は行くからね」

              佐辺母「あっ、ほんと。ありがとう。ところがね、良和が風邪ひいちゃって、出れなくなったのよ」

              C「え〜〜〜っ!!。風邪ひいたって今日の話ね?」

              母「そうなのよ」

              C「はぁ〜?、本番当日に風邪ひくか?。ふざけんなって言っといて」

              母「ほんとにね。ごめんね」

              C「でもまあ、行く気になってたから観てくるわ」

              母「そうなの?。じゃあ、チケットあげるわね」



              C「あっそうか。良和君が出ないから、お母さん達は行かないのか」

              母「そうなのよ」

              C「いやぁ、ありがとう。良和君に『ゆっくり治しなさい』って言っといて」

              母「はいはい、分かりました(笑)」


              公演の感想文はまたいずれ (^O^)/


              組踊「執心鐘入」のキャスト

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                国立劇場おきなわの組踊公演。新年の幕開けは「執心鐘入」です。農連市場の佐辺昆布店にもポスターが貼られていました。



                立方(宿の女)が宮城能鳳さんで、地謡(歌三線)が西江喜春さん。沖縄が誇る二人の人間国宝が主役を務めます。

                あら、そしたら良和君はどうすんのか。キャストを見ると鬼女(鐘入) 佐辺良和となっていました。

                C「おおっ!!。変身前が能鳳さんで、鬼になったら良和君ってことか。よくやらせてくれたなぁ。こりゃあ凄い」

                佐辺母「違う違う(笑)。能鳳先生が鐘にぶら下がるわけにいかないから、そこだけ良和がやるのよ」

                C「ありゃ、そうなんや。つまり代役って言うかスタントマンか。酷いな(笑)」

                佐辺父「相手は人間国宝だからね」

                C「『あんたは人間国宝じゃないからぶら下がりなさい』って言われたか」

                佐辺母「あなたっ!!なんてことを(笑)」

                C「じゃあ、能鳳さんが『あなたはオジぃだからやめておきなさい』って言われたことにしとくか。良和君は喜んでやるんやろな」

                佐辺父「まっ、そういうこと」

                佐辺母「良和の(沖縄の)舞台は全部観てるけど、今回はやめようかな」

                C「確かにね。でも、世代交代の始まりって感じでいいんじゃないの、ねぇ」


                10年前、宮城能鳳さんが人間国宝の指定を受けたのは68歳の時でした。良和君はまだ36歳だから30年以上先の話です。

                良和君が人間国宝に指定されたらお祝いしないといけないなと思いましたが、その頃私は生きてないのでした。だめじゃん(笑)


                沖縄歌劇「奥山の牡丹」

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  今日、RBCアーカイブス特選って番組で、沖縄歌劇「奥山の牡丹」を放送してました。

                  2002年に解散した乙姫劇団の最終公演で、会場はかつて東町にあった県立郷土劇場です。




                  琉球王朝の時代、ある男女の間に男の子が生まれましたが、身分の違いから二人は結婚できませんでした。我が子の将来を考え身を隠す母。

                  男の子は成長し、母を捜す旅に出ます。そして、再会する母子。



                  母は人里離れた奥山で、息子に見立てた牡丹を育て、その成長を祈る毎日を過ごしていました。


                  沖縄芝居は概ねハッピーエンドに終わるのですが、沖縄三大悲歌劇と呼ばれる「奥山の牡丹」は悲しい結末を迎えます。

                  母子に感情移入してしまうのはもちろんですが、オジぃオバぁの世代では、身分の違いで結婚ができないことがあったかもしれないと思えば、まあ、二重三重に泣かせていただきました(笑)


                  ストーリーが単純なだけに、なおさらグッとくる芝居です。

                  やっと再会できた母子が、何故悲しい結末を迎えることになったのか。そのワケはネットで探せば知ることができますが、いつかは観ようと思ってる方は、探さないことをお勧めします。


                  沖縄芝居母の日公演

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    一昨日は母の日。県内各地で沖縄芝居の母の日公演が開催されました。

                    那覇市民会館は伊良波冴子劇団による「奥山の牡丹」。



                    沖縄芝居三大悲劇の一つで、お母さん達を泣かせる演目と言って良いでしょう。

                    三良(サンラー)役に佐辺良和、チラー役に小嶺和佳子(昼)、知花小百合(夜)。三良の息子、山戸役に良和君の親友金城真次。


                    それにしても、小嶺和佳子さんのお美しいこと。



                    単にカーギが良いってことだけなら、他にもいらっしゃるかもしれませんが、高い舞踊の技術に裏付けられた所作を含めた美しさ。つまり、美人女優のカテゴリーで比較するなら、彼女が今の沖縄では一番だと思います。


                    さて、この公演に、某青果店のお父さんとお母さんが連れだって出かけました。

                    そして次の朝。

                    父「C君、昨日は行かなかったのか?」

                    C「いやぁ、この劇団は去年も一昨年も観たんで今年はやめました。で、どうでした?」

                    父「まあまあかな」

                    C「フフ(笑)」

                    父「なんね」

                    C「まあまあかなって、泣いたくせに」

                    父「アハハ、ちょとグヮ泣いた(笑)」

                    C「(笑)」

                    鬼の目にも涙。86歳だろうが16歳だろうが、泣けるものは泣けるのでした。


                    地方が演奏を止めてしまった話

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      先月から沖縄に来ているおもろさん。自転車で本島一周の後、八重山、宮古と周り、今は今帰仁、本部あたりにいるようです。

                      道路の上に自転車、自転車の上におもろさん、おもろさんの背中には三線が乗ってるはず。

                      おもろさんの旅のスタイルです。孫亀は平仲知念型。




                      先日、おもろさんと飲んだ時に、こんな話になりました。

                      お「もっと腕を上げて、いつかは組踊の地方(じかた)をやってみたいですねぇ」

                      C「ほ〜、ええやん。市場に踊りの上手い兄ちゃんがいるから練習してみるか?」

                      お「ほっ、本当ですかっ!?、やってみたいです」

                      C「佐辺良和っていうんだけど」

                      お「さっ、佐辺良和!!。なっ、何言ってるんですかっ!!。駄目ですよ、駄目」

                      C「ほう、不満なんや」

                      お「Cさ〜ん。やめて下さいよ。佐辺さんとこで、そんな話をしないで下さいよ。シャレにならないっすよ」

                      C「そんな言うならやめとこか。残念やわ」

                      お「本当に言いそうで怖いわ」

                      C「(笑)」


                      で、さっき、佐辺昆布店で言いました(笑)

                      あいにく良和君はいなかったので、ご両親に。その時、お父さんがこんな話をしてくれました。

                      父「良和が小学生の時に、こんなことを言うわけさ。」

                      C「ふむふむ」

                      父「地方の三線が5本いたらさ、5本が微妙にズレてるわけよね。それを全部聞いてたら踊りが崩れるさぁね。だから良和は、5本のうち1本だけを聞き分けてたらしい」

                      C「へぇ〜、それが小学生の時の話?」

                      父「びっくりさぁね」

                      C「本当、びっくりだ」

                      父「いつかは、地方の三線がよ、良和の踊りに入り込んじゃって、演奏を止めちゃったことがあってよ」

                      C「うわ〜、そんなことがあるんや」

                      父「ワシが知っているのは、これまで二度だけど、なんかそうなるんだよね」

                      C「う〜む。かなりの腕の地方なんだろうけど、さらに上を行かないと駄目ってことかぁ。凄いなぁ。」


                      いや、驚きました。凄い世界です。

                      それにしても、踊りに入り込んで演奏が止まるって、どうなってるのか。

                      踊りに演奏がつられたり、その逆はありそうですが、組踊の地方を務める技量の持ち主が、演奏を止めてしまうなんて。

                      う〜む。

                      おもろさんは、何が不満だったのか?


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM