オジぃやオバぁはもうええわ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    昨夜は浦添市のてだこホールで、沖縄宮古民謡協会の芸能祭が行われました。

    てだこは太陽の子ですから、舞台の緞帳には太陽が。これは名嘉睦稔さんの作品でしょう。




    沖縄には無数の民謡研究所(つまり教室)がありますが、昨夜のてだこホールには沖縄宮古民謡協会に所属する研究所が集まりました。

    研究所の規模は大小さまざまですが、各研究所の頂点には大先生(つまり経営者)がいて、その下に師範や教師の免許取得者がいます。そしてお弟子さんは、民謡コンクールの受賞内容(新人賞、優秀賞、最高賞)によって格付けされています。研究所の中の序列と言うか、ピラミッドが見えてきますね。


    芸能祭の幕開けは全研究所の大先生、師範、教師らが勢ぞろいしました。演目は「とうがにあやぐ」と「大世栄(うぷゆーぱい)」。



    圧巻の舞台で、これは良かった。


    ところがですね。その後は各研究所が単独で、あるいは複数の研究所が合同で、延々と演目が続くのです。そして舞台のセンターには当然、その研究所の大先生が立ちます。

    もちろんいずれも立派な大先生なのですが、同時に立派なオジぃやオバぁです。中には「もう無理ちゃうの?」みたいな方がいらっしゃる、と言うかそのほうが多い。

    例えば柔道の世界で、オリンピックに出る選手は5段や6段です。いくら8段、9段の先生でもオリンピックには出れないのですよ。

    ある演目では4研究所の大先生4人が揃って、舞踊が始まりました。いずれも宮古民謡(舞踊)の世界では名の通った方なのでしょうが、それを知らない私にとっては4人のオバぁ。足元はフラつき、手にした扇が小刻みに震えます。

    「貴方達は客席に座って、舞台には各研究所のエースを立たせてはいかがですか」

    と言いたくなります。

    「ばーか。研究所の顔が出なくてどーするばぁよ」

    いや、分かりますよ。年に一度のお披露目ですからね。でも観てて疲れるんですよ。


    こちらの舞台は18番目の演目で、今年の民謡コンクールで最高賞を受賞した皆さんです。おめでとうございます。



    まさに伸び盛り。声には張りがあり、動きにはしなやかさがあります。空気の淀んだ部屋の中にず〜っと居た後で、部屋を出て外の空気を吸い込んだ時のような気持ちです。


    プログラムは29番まで続きますが、私はこの18番で終わりにして、那覇に帰りました。




    いや、なんかすみません。

    このオヤジ(私)はタダ券をもらって来ておきながら、まさに言いたい放題。その上、途中で帰るし。

    ほんとすみません。

    テレビで総合格闘技が始まっていて、そろそろいいところなんです。山本美憂さんが格闘技デビューだし。

    だから帰りましょ〜ね。


    沖縄民謡「かいされー」(2) 島添大里城址

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      今夜は島添大里城址(南城市大里)に来ています。



      一昨日が十五夜でしたが、満月になるのは二日遅れの今夜。ここで南城市の「かいされー大会」が開催されています。

      とばらーま大会やデンサー節大会と同様に出演者全員がかいされーを唄い、歌詞は公募で選ばれた8つの流歌から4つを選びます。いずれも南城市ゆかりの琉歌です。



      唄三線の技量だけではなく、聴き手に故郷の風景を想わせる唄が評価されるとのこと。


      今夜は14人が出演しましたが、6番目に唄った宮里彩香さんが素晴らしい出来でした。那覇市国場から来られたそうで、私のご近所さんです。



      張りのある声としっかりとした音程。それまでの出演者とはレベルが違いました。

      私の評価では最優秀賞に間違い無いと思われ、

      「後の皆さんは唄わなくてもいいんちゃう?」

      とさえ思えました(笑)。


      ところが彼女は優秀賞。最優秀賞は14番目の男性が獲得しました。

      「おいおい、ちょっと待て」

      と思いましたが、表彰式の後で再度、その男性の唄を聴くと確かに良く、審査員は冷静なのでした。



      こじんまりとした大会で、出演者の数がちょうどいい感じ。満月の下で聴く島唄は、やはり良かった。



      「月ぬ美しゃ〜」


      沖縄民謡「かいされー」(1) 毛遊び

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        かつて、沖縄の各地で行われていた「毛遊び(モーアシビ)」。若い男女が野原や海岸に集まって飲食し、唄三線で「うた(唄)たいもー(舞)たい」しました。

        意中の異性をモノにするために、唄三線を練習し、毛遊びの場でその成果を披瀝します。もちろん、唄三線の技術は大切ですが、更に大切なのは歌詞。意中の異性がグッとくるような歌詞を、あるいはアドリブの歌詞を曲に乗せます。

        沖縄民謡の多くは毛遊びから生まれたと言われています。「上手くいった」歌詞と曲は後の世代に引き継がれました。

        昨夜は十五夜。毛遊びには絶好の夜だったことでしょう。




        ところが、毛遊びは日本政府の風俗改良運動(つまり沖縄同化政策)の標的となり、徐々に廃れてしまいます。そして沖縄戦の後はほぼ行われなくなったようです。

        終戦時、1920年生まれの嘉手苅林昌さんは25歳。1932年生まれの登川誠仁さんは13歳でした。林昌さんは最後の毛遊び世代と言え、誠仁さんは陰に隠れて覗き見していた世代と言えます。そして、「遊び庭」で人気者になった前川守賢さんは1960年生まれ。毛遊びの経験は無いのでは?と思います。


        毛遊びから生まれた沖縄民謡の代表曲の一つが「かいされー」。嘉手苅林昌さんの必殺技です。

        花やてぃん里前 枝数ね咲かんで
        情ある枝に 頼てぃ咲ちゅさ


        全ての枝に花が咲くわけではありません
        情の深い枝にこそ頼って花は咲くのです

        もちろん花が女性で、情けの深い枝が林昌さんなのであります。


        琉球古典「こはでさ節」

        0
          JUGEMテーマ:地域/ローカル

          一つ前の投稿で紹介した、中城村泊集落の大クワディーサーと、



          その夏バージョン。




          琉球古典にもその名前がありました。

          「こはでさ節」

          こはでさの御月 間ど間どど照ゆる
          よそ目間ど計て 忍でいもれ


          クワディーサーの(上の)月は
          葉と葉の隙間しか照らさない
          人の目の隙間を見計って
          忍んでいらしてください


          琉球古典の歌詞、つまり琉歌には女性の恋心を歌ったものが本当に多い。

          昨夜はNHK沖縄で歌劇「泊阿嘉(とぅまいあーかー)」を放送してました。

          奥山に咲きゆる 伊集の花心

          その悲しいストーリーで、琉球版ロミオとジュリエットと呼ばれています。


          次は、琉球古典舞踊「四つ竹」に使われているこの曲。

          「踊(うどぅい)くはでさ節」

          打ち鳴らし 鳴らし
          四ツ竹(ゆちだき)は鳴らち
          今日(きゅう)や御座(うざ)出じて
          遊(あし)ぶ嬉(うり)しや


          鳴り物を鳴らし、四ツ竹を鳴らして
          今日は御座敷に出て、遊んで嬉しいことよ



          「遊んで嬉しいことよ」の部分は、舞台に立つことを許された若い踊り手の、緊張と喜びを表しています。

          そこで触れておきたいのが、2000年に開催された沖縄サミット。開催期間中のある日、首里城で各国首脳夫妻を招いた晩餐会がありました。

          その時、正殿の御庭(うなー)で披露されたのが「四つ竹」でした。そのメンバーに二十歳前の佐辺良和さんがいました。彼はクリントンやプーチンに琉球舞踊を披露したんですねぇ。まさに「踊くはでさ節」の歌詞そのもの。


          「踊くはでさ節」の歌詞にクワディーサーが出てきませんが、その原曲(本歌)が冒頭の「こはでさ節」なので、この題名になりました。

          大きな花笠をかぶり、両手に四つ竹を持った踊り手が「打ち鳴らし、鳴らし」と登場したら、クワディーサーの緑葉や首里城の御庭を思い浮かべてみて下さい。


          花ぬ伊舎堂

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            中城村伊舎堂の国道329号線北行き右手に歌碑があります。



            思(うむ)ゆらば里前(さとぅめ)
            島とぅめて いもり
            島や中城(なかぐしく)
            花ぬ伊舎堂(いしゃどう)


            私のことを想うのなら、シマを探していらっしゃい
            私は中城、花の伊舎堂にいます




            中城村伊舎堂はかつての綿花の産地。花の伊舎堂とは綿花と働き手の女性の両方を表します。




            伊舎堂集落の三本榕は若い男女が集る毛遊びの場所でした。榕樹(ようじゅ)はガジュマルの漢名です。



            中城村営の護佐丸バスが停まります。




            冒頭の琉歌は女性自身より伊舎堂集落を誇っているようにも読めます。









            花ぬ伊舎堂はこじんまりとした上品な集落でした。


            沖縄民謡「谷茶前節」

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              谷茶前は恩納村谷茶集落の前ヌ浜。美しい自然のビーチが続きます。



              最近の谷茶はOISTが開校したり、バイパスが開通したりで、開発の足音が聞こえてきますが、ここを人工ビーチにするのはやめていただきたい。


              「谷茶前節」は琉球国王がこの地を訪ねた際に、谷茶の人達が唄い演じた曲と伝えられています。労働歌であり、生活賛歌。



              「谷茶前(たんちゃめ)節」(→YouTube)

              谷茶前ぬ浜に
              スルル小が寄(ゆ)てぃてぃんど ヘイ
              ナンチャマシマシ ディアン小ソイソイ

              スルル小やあらん
              大和ミズンどぅ やんてぃんど ヘイ

              うり取ぅゆる島や
              座名とぅ内泊 ヘイ

              兄達(あっふぃーたー)や うり取ぅいが
              姉達小(あんぐわー)や かみてぃうり売いが ヘイ

              うり売てぃ戻いぬ
              姉小(あんぐわ)たー 匂い(にうい)ぬ香(しゅら)さ ヘイ

              谷茶の前浜に きびなごが集まっているぞ
              きびなごではない ヤマトミズンだ
              それを取る(買う)村は 座名と内泊
              兄さん達がそれを獲り 姉さん達は頭に乗せて売る
              それを売って戻った姉さんの 匂いが良いこと



              軽快なリズムと沖縄音階で、沢山の人達に愛されている曲です。

              新良幸人が「アイランドイリュージョン」ってCDを出してまして、全曲が三線と囃子だけで唄は無し。それが、一日聞いても飽きることがなく、ドライブにも最適です。なかでも谷茶前節が良かった。


              踊りの小道具は、サバニを漕ぐためにニィニィが持つ櫂と、魚を売るためにネェネェが持つバーキ。海からの恵みを受けて暮らす男女の様子が演じられます。

              この曲を聴くと、改めて、ウチナーンチュは海洋民族だなぁと思います。

              豊穣の海。


              民謡の舞台が谷茶であることは間違いありませんが、座名と内泊はどこなんでしょう。いかにも沖縄な地名ですが、それがどこだか思い付きません。

              谷茶前節は、明治時代になって今の歌詞に落ち着いたと聞いています。オリジナルの歌詞が不明なため、歌詞の自由度が高いようです。

              そのため、魚を売る地名は、謝名と宇地泊になったり読谷山になったり、演じられる場所によって変わっています。


              先ほどのYouTubeの映像は本土で開催された民謡大会のようですから、林賢さんか知子さんが「無難なところで、座名と内泊にしておきなさい」と言ったのかもしれません。

              「えっ?、林賢さんって、え?」

              と思った人。ちゃんとYouTubeを開きなさいよ(笑)


              唄い終わってお辞儀をする背後で、本土の三味線の先生みたいな方が、嬉しそうに頷いてます。

              唄う人、踊る人、演奏する人、聴く人。誰もが楽しくなる曲です。


              ティンクティンクの解散から、はや5年かぁ。


              沖縄民謡「アッチャメー小」

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                映画「ナビィの恋」のエンディングは福之助と菜々子の結婚披露宴でした。



                恵達(登川誠仁)が唄う「アッチャメー小」と、カチャーシーを踊る招待客達。

                長年連れ添ったナビィに駆け落ちされた恵達が、何事も無かったかのように演奏する三線に、私は涙したものでした。


                さて、カチャーシーの代表曲として知られる「アッチャメー小」。

                カチャースンはかき混ぜるの意味で、確かにカチャーシーの手踊りは、何かをかき混ぜているように見えます。

                私のようなカチャーシー初心者は、まず最初に「はい、引き戸を開ける、閉める。また、開ける、閉める」と教えられ、意識が手にばかりいってます。そんなカチャーシーのブサイクなこと。

                カチャーシーの上手な人は、腰や脚の動きだけで充分なカチャーシーになっていて、手を腰にあてていたとしても、その踊りはどう見てもカチャーシー。あまり手を動かさないほうが、むしろ上等にさえ見えます。


                即興的な踊りをウチナーグチでアッチャメー(小)と呼びます。歩き舞。早弾きの三線に合わせた踊りはカチャーシーではなく、アッチャメー(小)と呼んで正解です。だって、必ずしもかき混ぜてませんから。

                かき混ぜているのは三線奏者の右手なんですね。つまり、カチャーシーの演奏に合わせてアッチャメー(小)を踊るということ。


                「アッチャメー小」

                (サー)アッチャメー小、此処や酒肴まんでぃ
                (ヒャー)我んね此処居とてぃ、遊びぶさぬ

                アッチャメー小
                ここは酒や肴がたくさんだ
                私はここにいて遊んでいくよ



                ナビィの恋から17年。誠仁さんが亡くなって3年。

                時間が経つのは早いなぁ。


                チンダミって何?

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  先日、那覇まつりのステージで、新良幸人が三線をチンダミ(弦試し)してました。



                  「ウフフ。チンダミの時間で〜す。」

                  「ヲゥーヂル(男絃)(ピーン)」

                  「ナカヂル(中絃)(ピーン)」

                  「これで、ニアギ(二揚げ)(ピーン)」

                  「あら、ちょっと上げ過ぎた。(ピーン)。えっ、下げ過ぎた」

                  「うーん、まあいいかぁ。(ピーン)。おっ!!ハマった!!」

                  「ミージル(女絃)(ピーン)」

                  「チンダミ、おしま〜い!!」





                  三線の棹(ソー)の先には糸巻き(カラクイ)があります。弦(チル)は左から順に、男弦、中弦、女弦です。

                  男弦はヲゥーヂルと書きまして、本来は「オ」の口で「ウ」と発声するのかもしれませんが、ウチナーグチの母音変換により、ウーヂルと発音します。

                  同様に、二揚げは書けばニアゲですが、発音はニアギです。


                  チンダミには、キーの高低を調整する動作の他に、「調子」を変える動作があります。

                  「調子」には、本調子、二揚げ、一二揚げ、三下げがあり、演奏する曲により「調子」が決まっています。

                  全ての曲を本調子で弾くことは可能ですが、コードを押さえる左手の動きが不自然になるので、「調子」を変えることで、コード進行をスムーズにしているのですね。

                  三本しかない三線の弦が「調子」を必要としたんでしょう。たぶん。

                  先ほどの幸人は、本調子から二揚げにチンダミしていました。男弦、女弦はそのままで、中弦だけキーを上げます。


                  「沖縄の風景」の投稿数は2800件を超えていますが、チンダミという言葉を、ただの一度も使ったことがありませんでした。

                  これはマズい。

                  沖縄のキーワードを網羅しているはずのブログなのに、それはマズいでしょ。

                  そんなことで、やや無理矢理にチンダミの投稿をしてみました。三線をやってる方、お退屈様でした。

                  m(_ _)m


                  琉球交易港図屏風(3) 耳切坊主

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    沖縄のわらべ歌「耳切坊主」です。

                    耳切坊主(ミミチリボージ)

                    大村御殿(うふむらうどぅん)の角なかい
                    耳切坊主の立っちょんど
                    幾人幾人(いくたいいくたい)立っちょやびーが
                    三人四人(みっちゃいゆったい)立ちょんど
                    鎌ん小刀ん(いらなんしーぐん)持(む)っちょんど
                    泣ちょる童(わらべ)、耳グスグス
                    ヘイヨーヘイヨー泣かんど
                    ヘイヨーヘイヨー泣かんど

                    (訳詞)
                    大村御殿の角に
                    耳切坊主が立ってるぞ
                    何人立ってるのか
                    三、四人立ってるぞ
                    鎌も小刀も持ってるぞ
                    泣いている子供は耳グスグス



                    耳切坊主が大村御殿に現れて、鎌や小刀で、泣いてる子供の耳をグスグス切ると。

                    首里はとんでもないことになってたんですねぇ(笑)。

                    泣いてる子供をあやす唄なのか、子守唄なのか。泣いてる子供は、怖くてますます泣くでしょうし、こんな歌を聞きながら眠れるはずもありません。

                    遊んだ後の帰り道、子供達が歌いながら歩くシーンなら、似合う気がします。わらべ歌ですからね。


                    一つ前の投稿で若狭の雪の崎(ユーチヌサチ)の紹介をしました。



                    かつて、雪の崎の西側(左手)に護道院(グローイン)という寺院がありました。僧の名が黒金座主(クルガニザシ)。

                    屏風絵に寺院風の建物が描かれていますが、これは波之上の護国寺です。絵師が護国寺を大きく描き過ぎたため、護道院を描くスペースが無くなってしまいました。

                    護道院は護国寺の僧の隠居寺でしたから、黒金座主は、元はと言えば護国寺の高僧だったようです。その黒金座主が、わらべ歌に登場する耳切坊主です。


                    琉球王府と黒金座主は対立関係にあり、王府の北谷王子が黒金座主の耳を削ぎ落とし、殺してしまいます。

                    死んだ黒金座主は、北谷王子の住居である大村御殿付近に化けて出て、近所の子供達の耳を削ぎ落とし、復讐を遂げたのです。歌の通りなら。


                    王府寄りの伝承によれば、黒金座主は妖術を使う悪僧で、若狭の住民を苦しめたそうです。それを見るに見かねて、北谷王子が黒金座主を成敗したと。

                    ところが、若狭の人達は、黒金座主は立派なお坊さんだったはずだから、その成敗は不当だと考えていました。

                    その構図をあてはめれば、耳切坊主の歌は、若狭寄りの人物が首里を恐怖に陥れるために作ったことになりますね。

                    つまり、黒金座主が耳切坊主となって、首里に復讐したのではなく、若狭住民が歌を使って、首里に仕返ししたのです。


                    かつて若狭には、グローインスージと呼ばれた筋道があり、その先に県立若狭病院がありました。その若狭病院の敷地に護道院があったようです。

                    ところが、雪の崎の爆破以降に行われた区画整理で、グローインスージは跡形も無く消滅し、若狭病院も今はありません。

                    まったく、困ったことをしてくれたものです。


                    ここ最近、私は若狭をウロウロして、昔の若狭がイメージできるようになりました。やはり、雪の崎を破壊されたことや、スージが碁盤の目になってしまったことに悔しい想いがあります。

                    そんなことで、今日は若狭の黒金座主に味方する投稿をしてみました。

                    まあ、何とでも言えますからね(笑)。


                    マクバで「豊年音頭」

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      いつもお世話になっているマックスバリュ牧志店です。



                      店内には「豊年音頭」が流れています(笑)。

                      海鳥ないて大漁つげりゃ
                      山のカラスが豊作を告げる
                      豊年デービル豊年デービル
                      シトゥリトゥテンシトゥリトゥテン

                      守礼の国は神の授け
                      雨や露も肥やしになるよ
                      豊年デービル豊年デービル
                      シトゥリトゥテンシトゥリトゥテン


                      普久原恒勇(ふくはら つねお)さんの作品で、「唐船ドーイ」に次いで、カチャーシーに使われることが多い曲です。

                      男性が唄うカチャーシー曲が「唐船ドーイ」なら、女性は「豊年音頭」という傾向があります。つまり、女性が唄うと似合う曲。


                      標準語なので、訳詞は不要ですね。

                      あっ、デービルがウチナーグチでした。

                      にふぇーデービル、いい正月デービルなどと使い、意味は「〜でございます」。

                      だから、「豊年満作でございます」。

                      デービルが入っているだけで、曲全体が沖縄民謡になるところが凄い(笑)。


                      普久原恒勇さんは「芭蕉布」の作者として、あまりにも有名ですね。名曲「島々美しゃ」はナイチャーの私が聴いても、故郷を思い浮かべてしまいます。


                      ところで、「豊年音頭」は「唐船ドーイ」のパクリですよね(笑)。

                      パクリが言い過ぎなら、曲想のヒントになっているのは確か。両方をご存知の方は、唄ってみましょう。

                      だからと言って、普久原さんや「豊年音頭」を悪く言うつもりは毛頭無く、いい曲を作っていただいたと心から思います。

                      ネーネーズがライブのラストで唄うとすれば、「唐船ドーイ」ではなく「豊年音頭」。



                      ちょっと膝を曲げながら、「シトゥリトゥテンシトゥリトゥテン」ってやられると、「あ〜、可愛い」ってなりますよね(笑)。

                      え?、ならんの?


                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて7年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM