獅子が噛み付くと神が付く

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    一昨日と昨日の二日間、具志頭の南の駅やえせで、八重瀬町の民俗芸能公演が開催されました。

     

     

    八重瀬町各集落の民俗芸能を集めたもので、全てをそれぞれの集落で見学しようとすれば何年もかかります。行事日程が同じだからね。

     

    会場の案内では「第一回民俗芸能公演」となっていたので、今後、定期的に開催されるのかもしれません。

     

     

    こちらは友寄の獅子。初代の獅子(1821年作)は沖縄戦で焼失してしまい、左が2代目、右が3代目。

     

     

    2代目の獅子は"ジュウグヤヌシーシメェにだけ登場し、その他の行事やイベントは3代目が務めます。

     

    2代目の獅子頭は彫刻家故山田真山(渡嘉敷兼慎)の作品。材料のデイゴは軽くて丈夫。表面には漆が塗られています。


    摩文仁の沖縄平和祈念像が山田真山氏の代表作。制作に18年を費やしたそうで、この像が氏の遺作となりました。

     

     

      

     

    イベントなどで複数の獅子舞が登場する場合、演舞の順は常に決まっているようです。この日のトリは、八重瀬町の無形民俗文化財に指定されている玻名城の獅子舞。

     

      

    やはり、獅子舞にも格があるということですかね。だとすれば、最も格上は国の無形民俗文化財に指定されている勢理客の獅子舞かもしれません。

     

    多くの獅子舞の歴史は200〜300年といったところですが、首里汀良町の獅子舞は600年。まさに別格です。また、首里末吉町の獅子は集落の外に出たことが無く、他の獅子と顔を合わせたことがありません。

     

     

    友寄は旧東風平町、玻名城は旧具志頭村なので、この日の会場は玻名城の獅子にとっては地元中の地元。演舞の後で客席を襲い、子供達の頭をカポカポと噛んでました。

     

    獅子が噛み付くと神が付く

     

     

    獅子神様に噛んでいただけるよう、親は子供の頭を差し出します。

     

    小さい子供達はワンワン泣いて可愛いのですが、小学生ともなると逃げ回りはするものの、もう泣きません。生意気です(笑)

     

     

    こちらは役目を終えて、乾燥中の獅子。もう動かないので、悪ガキ達に頭をペンペン叩かれたり、口を開けられたりして、もてあそばれてしまいます。

     

     

    もっとも、最近の獅子は道ジュネーの途中でローソンに乱入し、口を大きく開けて店員を威嚇するなどして、飲み物を略奪しようとするそうなので、神様と人間の距離はグッと近づいているのかもしれません(^^)


    宮古島のパーントゥがユネスコ無形文化遺産に

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      宮古島のパーントゥが、今月26日から開催されるユネスコ政府間委員会で、ユネスコ無形文化遺産に登録される見込みです。

       

      県内では2010年の組踊に続いて2例目。宮古島の皆さんおめでとうございます。

       

       

      最近はこのお祭りを理解していない観光客が、泥を塗られて腹を立てたり、パーントゥに暴行を加えることまであるそうで、ココロが痛みます。

       

      そもそも、シマの行事に参加させていただく意識に欠けてることが大問題で、「知らなかった」では済みません。

       

      それに引き換え、動画で観る宮古の皆さんの楽しそうなこと。子供に泥を塗ってもらったお母さんの「ありがとぉ〜!!」にジーンときます。

       

       

      次の写真で自撮りしている女性は観光客だそうです。いいですねぇ。これならシマの神様もこの女性を幸せにしてあげようと思うはず。

       

       

      どの写真を見ても、宮古はいい島だなぁと思います。

       

       

       

       

      私の見立てでは、読者のひよこさんは「正しい観光客」の一人です。パーントゥに抱きついて離れない観光客のおっさんがいて、パーントゥが困ってると話題になったら、それは彼の仕業です(笑)

       

      非常識な観光客には、よくよく考えてもらわないと、そのうちに、島外の人はパーントゥに会わせてもらえなくなりますよ。ほんまに。


      首里汀良町の十五夜獅子舞

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        昨年に続いて、首里汀良町の十五夜獅子舞に出かけました。

         

        (昨年の投稿はこちら)

        首里汀良町の十五夜獅子舞(1)

        首里汀良町の十五夜獅子舞(2)

         

        場所はクンディ森の首里汀良町ふれあい館。屋根の上からシーサーが見下ろす広場で獅子舞が始まりました。動かない獅子と動く獅子。

         

         

        この週末、県内各地で行なわれている獅子舞の中で、首里汀良町の獅子舞が最古と言われています。

         

         

        沖縄(琉球)最古を名乗る上で重要なことは、それを学術的に証明でるか否かはではなく、その獅子舞に(沖縄最古の)歴史を感じさせる品格があるか否か。

         

        首里汀良町の獅子舞は、その点において申し分なく、他の保存会が異論を唱えることは無いし、できないでしょう。

         

         

        私の中で、エイサーは平敷屋、獅子舞は首里汀良町。もう、ちょっと、これは動かし難いのよね。


         

        twitterにアップした動画です。演目は大廻り(ウーマーイ)。仁王立ちになった後の睨み(ガンチキ)が効いてます。

         

         

         

        最後に苦言を呈すれば、この日、来賓の元教育長さんや、校長さんが挨拶されて、こんな事を言ってました。

         

        「地元の皆さんが集まって、舞台で演じられる獅子舞を観るのは初めてです。いやぁ、いいですねぇ」

         

        寝てんのか?と思いますね。もしそうでも、それを言うなよぉとも思います。教育者ならばね。


        国場エイサーの道ジュネー

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          今日はお盆のナカビ。 国場エイサーの道ジュネーに付いて歩きました。

           

           

          7時過ぎに公民館を出発して約3時間。数軒ある宗家の前などでエイサーを披露します。

           

           

          酒壺を担ぐナカワチ。本来は各家庭から酒を集める役目ですが、国場のナカワチは酔っ払ってます(仕草ね)。

           

           

           

          国場エイサーの構成は青年の太鼓と

           

           

          女の子は締め太鼓とパーランク。

           

           

          写真はありませんが、オバァの手踊り。チョンダラーもいます。

           

           

           

          長い間に面積が拡大して、今は沖大のあたりまで国場ですが、道ジュネーを行う旧集落は昔ながらのたたずまいです。

           

          旧暦のお盆ですから、当然空には満月。

           

           

          私としては、こんなスージに突然エイサーが現れて、

           

           

          去った後に下りる夜のトバリ、みたいな雰囲気が好きですが、何事にも段取りがあるので、そうはいきません。那覇の市街地だし(笑)


          海野ハーリー

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            昨日はユッカヌヒー。沖縄の各地でハーリーが開催されました。

             

            糸満ハーレーに出かけるつもりが、台風の影響で延期。近場の南城市では、奥武島と海野(うみの)が開催で、馬天は延期。あまり訪ねたことが無い海野を選びました。

             

             

            海野は漁業の町で、数年前、ここの定置網にジンベイザメがかかったことがありました。毎週第三日曜日の魚セリには一般の人が参加でき、とれたての魚を安く買えるようです。

             

             

            次の写真は成人の部の予選。奥の赤い旗を回って、直進に移る場面です。

             

             

            左舷の5人が力を入れて漕ぎ、右舷の5人が力が抜けてる印象ですが、旗を周回した後、サバニを直進させるための動作だと思います。

             

             

             

            こちらは出番を待つサバニ。

             

             

            成人チームも子供チームも使うサバニは同じで、櫂の大きさが異なります。

             

            成人用と、

             

             

            子供用。ですから、スピードが全然違います。

             

             

             

            昼前に始まったハーリーは夕方まで続きます。そして、その後は各家庭で大宴会が始まるそうです。

             

            私は昨年、宮古島出身者の同窓会に混ぜてもらって、オトーリの洗礼を受けました。それはある集団の一員になるための儀式のようなものでした。

             

            沖縄の一軒家は、室内の大広間や広いベランダ、庭など、人が集まるためのスペースが確保されています。料理をこれでもかと用意し、初めての客であっても旧知の仲のように接してもらえます。

             

            旧正月であれ旧盆であれ、エイサーの夜であれ、ハーリーの夜であれ、ウチナーンチュはその日に人が集まることを第一に考えてる気がします。極論すれば、年中行事はそのためにあるのではないかと。

             

            ご馳走を食べ、シマーを飲みつつ、心の中で静かに子孫繁栄、五穀豊穣、無病息災を祈っているのではないかと。そしてそれらの祈願は、人が集まるほど、客が喜んでくれるほど成就すると考えているフシがあります。

             

            仮に私が海野のある家庭を訪ね、「あの〜、ハーリーを見学に来たナイチャーです」と言ったとしても、「おぉ、よく来てくれた」と招き入れてもらえる気がします。

             

             

            ハーリーが終わると沖縄は梅雨明け。楽しい季節がやってきました(^-^)/


            首里城祭「伝統芸能の宴」(2)地域芸能

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              琉球舞踊が終わり、地域芸能まで少し時間が空いたので、西のアザナに上りました。何度来ても、ここからの景色は胸がすくようです。



              写真では分かりませんが、この日も慶良間がよく見えています。




              さて、この日の地域芸能はうるま市田場の「ティンベーと獅子舞」。ティンベーは田場集落で継承されている琉球古武術だそうです。

              琉球古武術で用いる武器として名前が知られているのがヌンチャク。ブルース・リーのおかげですね。同様にティンベーは盾、ナギナタは薙刀、エークは櫂。田場集落ではこの三種類の「手(ティー)」が継承されているとのこと。「手」とは技の意味で、ティンベーの手、ナギナタの手などと呼びます。空手の「手」と由来は同じでしょう。

              ナギナタの手と、



              エークの手。



              古武術の「型」を修得することで、本来は「(戦闘)能力」が上がるはずですが、両者は分けて考えたほうが良さそうです。ですから、田場のティンベーは古武術と呼ぶよりは伝統芸能、もしくは演舞で、端的に言えば、そこに殺気は感じられません。

              予定通りの技を出し、それを受けるという意味ではプロレスも同じです。ところが、プロレスはそうと分かっていながらハラハラしますよね。そこんとこをもう少し何とかならんかなと思います。もっともプロレスでは死亡事故が起きるし、つい最近も有名レスラーがたいへんな怪我をしました。

              だからまあ、そういうもんか(笑)

              ところで、ティンベーで使う盾は亀の甲羅だそうで、どんなものかネットで調べたら通販で売ってまして、何か意表を突かれました。亀の甲羅(小)が25,000円。


              引き続きまして、田場の獅子舞。その場でジャンプする獅子はいますが、助走をつけて飛ぶ獅子を初めて見ました。これは凄かった。



              獅子の後ろに入ってる人はかなりの体力が必要なはず。最後に出演者全員が舞台に揃い、獅子の兄ちゃんも獅子から出てきました。

              どんな兄ちゃんかと思っていたところ、あまりにも予想通りの兄ちゃんだったので、ちょっと吹きました(笑)。しかし、凄いジャンプでした。



              田場の獅子舞は、そのジャンプも含めたマジモードと、民謡アッチャメー小で舞うコミカルモードの二通りがあり、後者が観光客にはウケていました。私の好みはもちろん前者です。

              (終わり)


              今日から那覇大綱挽きまつり

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                今日から那覇大綱挽きまつりが始まりました。奥武山公園、国際通り、国道58号線を会場に、3日続けて開催される沖縄最大規模のお祭りです。

                佐辺昆布店で今年のポスターを写真に撮っていると、佐辺のお母さんが「去年から良和も出てるのよ」と。



                「えっ?、出てるって、綱の上でやるガーエーね?」

                と言いつつポスターをよく見れば、あら〜ぁ、出てるわぁ。



                いやぁ、当然のキャスティングと思いつつも、さすがです。凄いわぁ。


                大綱挽きのガーエー(我栄)には色々ありますが、とにかく目立つのが支度(したく)ガーエーです。



                綱挽きが始まる前、綱の上に置かれた舞台に、歴史上の人物(阿麻和利とか護佐丸とかね)に扮した主人公とお供、旗持ちが乗り、この三人を支度と呼びます。そして相手の支度に対して見栄を切るのです。

                昔は綱挽きに勝利した後に勝ち鬨を上げる役目だったそうですが、今は、勝負の前に自らの力を相手に誇示し、味方の士気を高めます。それがガーエー。


                それにしても良和君は凄いわ。私が佐辺のお父さんで息子の晴れ舞台を見たらとしたら、感激のあまりチビってしまうことでしょう(笑)

                しかし、あの大群衆の中に佐辺夫妻がヨロヨロと紛れ込んだら、どうなってしまうのか。危険ですよね、それ。

                「明日はテレビで見るのよ」とお母さん。

                残念でしょうけど、それがいいと思います。


                さて、今夜は八重瀬に新良幸人が現れるらしいし、奥武山公園にもチラッと寄りたいし、首里末吉の獅子舞も観たいし、う〜む「どうしゅるか」。



                ポスターがジミなところがいかにも八重瀬。幸人は最近、ピアニストのサトウユウ子さんと組んで活動中で、CD「浄夜」も出しました。いかにも満月の夜に合いそうなのよね。

                「やえせを楽しまナイト!」

                う〜〜〜む(笑)


                首里汀良町の十五夜獅子舞(2)

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  首里汀良町のクンディ森(公民館前広場)の獅子舞会場は超満員。



                  やっとのことで舞台袖にスペースを確保しました。



                  上空には、十五夜には4日早いものの、それなりの大きさの月が出てました。


                  沖縄の獅子は全身毛だらけで、布を被せるナイチの獅子とは異なります。この体毛は芭蕉の茎から取り出した繊維で、頭部の木材はデイゴです。



                  舞台には獅子と鉦打ちだけ。もちろん鉦に音階は無く、強弱とテンポ。舞の演奏としては実にシンプルですが、まったく必要充分で、獅子の舞に集中できます。

                  鉦の音は獅子と観客に高揚感を与える一方、「何か良からぬモノが現れる」ような不安な気持ちにさせますね。

                  そして、舞が佳境を迎えると、獅子が舞台を踏み鳴らす音と舞台袖からの指笛が加わります。

                  ええわぁ〜(笑)


                  この日の獅子舞は「三角」、「毬喰い」など6つの演目を青年(大人)と子供(小中学生)がそれぞれに演じました。

                  静止の状態から始まり、吠えまくり(吠えないが)、



                  暴れまくり、



                  そして、静止。



                  また吠える。




                  私の横にいた男の子が怯むんですよ。吠えられて怯み、睨まれてまた怯む(笑)

                  首里汀良町の獅子舞はシーシケェラセーと呼ばれています。ケェーラスンは「ひっくり返す」ですから、それほどに動きが激しいということ。

                  その激しい動きの後にピタッと静止され、グッと睨まれるとオッサン(私)も怯みました。

                  楽しかったわぁ。


                  月ぬ美しゃ
                  十日三日、美童美しゃ十七つ
                  ホーイチョーガ


                  首里汀良町の十五夜獅子舞(1)

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    今日は旧暦8月11日。八月十五夜(中秋の名月)は来週ですが、今夜、週末にあわせて首里汀良町の十五夜獅子舞が開催されます。お昼から夕方までマチマーイの後、19時からクンディ森(ムイ)の広場で獅子が舞います。



                    クンディ森は汀良町自治ふれあい館(公民館)がある場所で、以前、国頭・中頭方東海道を歩いた時に立ち寄りました。

                    首里城から延びる道(7) 国頭・中頭方東海道3


                    沖縄の各地で行われる獅子舞は、本来、屋外の満月の下で行われるものですが、都心には適当な広場が無く、公民館の舞台が使われます。そうなると、ちょっと豊年祭の雰囲気が損なわれるのよね。

                    その点、クンディ森は適度な高台にあり月を眺めるには絶好の場所です。見下ろせば安里川上流のミーマガーラ(嶺間川)が流れ、御嶽があり、古い井戸があり、いやぁ〜、「どうぞ獅子舞をやって下さい」な雰囲気じゃないですか。周辺は住宅街ですけど、夜のとばりに隠れていただき、更に私の希望を言えば、照明を使わず、月明かりと松明だけでやっていただきたい。


                    話は変わりますが、大阪の大正駅近くで沖縄料理店「うすぱれ豊年」を営む内原ネェネェは石垣島白保の生まれで、私と同年代の美人で大柄な女性です。

                    彼女が白保にいた頃、新良幸人はそこらの悪ガキの一人で、内原ネェネェによれば「頭をゴンと叩けば、何でも言うことを聞いてくれる間柄」だったそうです(笑)

                    その内原ネェネェが絶賛してたのが、幸人の獅子舞でした。それはもう白保でも群を抜いており、獅子をチラッと見ただけで「あれはユキトーだね」とわかったそうです。


                    獅子舞の演者の力量と、舞台の雰囲気。これが合わさると、獅子が生きているかのように見えることがあります。それは獅子に対する畏敬の念としか言いようがありません。

                    「講釈はもうええから獅子舞を見せれ」とお考えの貴方。まだ朝だのに。

                    これは近くの方はどうぞって投稿ですやん。て言うかクンディ森へ行きなさい(笑)

                    (夜に続く)


                    ムーチーはもうエエです

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      昨日は旧暦12月8日の「ムーチー」。邪気払いと無病息災、健康長寿などを祈願する日で、月桃の葉に包んだ練り餅をお供えしたり食べたりします。



                      年中行事に忠実な保育園のメニューですから、当然、ムーチーは登場し、昨日は大量のもち粉や三温糖、紅芋粉などを納品しました。

                      そして今日。もち粉を担いで運んだ私には、ムーチーのおすそ分けがありまして、たいへんありがとうございます。ありがたいのではありますが、それが各保育園からとなると話が変わってきます。

                      しかも、一つではけち臭いと思うのか、それぞれ三つも四つもいただいて、市場へ帰れば仕入先からもいただいて。


                      ヤマトのつき餅と違って日もちがせず、冷蔵庫に入れると硬くなるので、その日か翌日に食べるのが原則。これはもはやムーチー地獄と言えましょう。

                      欲しい人にはいくらでも差し上げますが、私の周囲では、既にムーチーが飽和状態にあり、なかなかそんな人は現れません。


                      年中行事ですから仕方ないとは言え、「一年分のムーチーを二、三日で食べましょう」ってのは、無理がありますよねぇ。

                      これで家に帰ったら、大家のオバぁがムーチーを持って待ち構えてたりして(笑)

                      だから、ムーチーはもうエエです。


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM