「かぐやひも」インストアライブ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

     

    近所の津嘉山サンエーに「かぐやひも」が来ると聞いて、さっそく出かけました。

     

     

    南こっせつ(南こうせつ)

     

    ニセ正三(伊勢正三)

     

    ソーミン(ユーミン)

     

    フルメンバーだと、山田パンサー(山田パンダ)とさらまわし(さだまさし)が加わります。

     

    私は観光客の時代から、沖縄にかぐや姫のコピーバンドがいることも、「かぐやひも」の名前も知っていましたが、ナマで観るのも歌を聴くのもこの日が初めて。「その気になればいつでも聴ける」などと思ってると、こんなことになります。

     

     

    さて、この日のセットリストはこちら。

     

    1.うちのお父さん
    2.青春
    3.22歳の別れ(ニセ正三)
    4.なごり雪(ソーミン)
    5.動物のうた
    6.あの人への手紙
    (encore)

    7.なごり雪(ソーミン)一番だけ
    8.面影色の空

     

    父の日でしたので、最初は「うちのお父さん」

     

    ♪汗をふいてお茶を飲んで 腰を伸ばせばお父さん

    ニッコリ笑うニッコリ笑う 明日天気になあれ

     

    青春、22歳の別れ、なごり雪と、ボーカルを南こっせつ、ニセ正三、ソーミンがそれぞれ担当して3曲。

     

    ソーミンの「なごり雪」が良かった。私はイルカ以外が歌う「なごり雪」を「なごり雪」とは認めない立場。ではありましたが、ソーミンなら認めましょう(笑)。いやぁ、本当にしみじみと良かった。

     

    次にオリジナル曲の「動物のうた」

     

    ♪沖縄のハエは、一体どこから来たんだろう?

    オーベー(欧米)

    動物の中で一番臆病な動物は?

    シカー(鹿)

     

    で始まって、

     

    ♪クジラはいつもみんなにクジラれてる


    ♪ヤモリがバレンタインデーにチョコもらったってよー、ヤールー

     

    とか、ウチナーグチの駄洒落が続く楽しい歌でした。

     

    そしてラストは「あの人への手紙」で盛り上がりました。

     

    ♪戦場への招待券という ただ一枚の紙きれが

    楽しい語らいの日々を 悲しい別れの日にした

     

     

    私が「かぐやひも」に詳しくなったのは、ゴヤ市場のにぃにぃのブログによります。

     

    20111111024351_0.jpg

     

    仲程にぃにぃは「かぐやひも」を本当に可愛がっていて、飲み友達でもあるようです。中でもソーミンが大好きだと公言し「妹にしたい」とも言ってました。

     

    「かぐやひも」は結成23年。この日のライブでも中高年の観客が目立ちましたが、27歳で聴き始めたとすれば50歳。まったく不思議は無いのです。また、結成以来毎月続けているライブは270回を超え、2千円の料金でライブハウスを満員にする実力者。もはや、ただのコピーバンドとは言えません。

     

     

    ところが、この日は動画撮影が禁止。

     

    次の動画が、突然、姉ちゃんの背中に変わるのは、スタッフの兄ちゃんに肩を叩かれたからです。

     

     

    「前言撤回じゃ!!。コピーバンドが動画撮影禁止って何やねんっ!!」と思いましたよ。すみません(笑)

     

     

    楽しい30分はあっと言う前に過ぎ、アンコールの時間となりました。すると、最前列のオッさんが「なごり雪」を聴きたいと。

     

    戸惑う南こっせつ。

     

    以下は私の心の声です。

     

    「あんな。さっき歌ったんや。聴きたいんやったら最初っから来いやっ!!」

     

    「あんな。彼らはこれからマチナトへ行って、それからメインプレイスやねん。忙しいんじゃっ!!」

     

    「あんな。客のリクエストを受けてたら、おんなじことを言い出すヤツが現れんねんっ!!。断られへんようになるやないか〜いっ!!」

     

    「まあ、ソーミンのなごり雪なら、もう一回聴いてもええんやけどな(笑)」

     

    そして、それを歌ってしまうのが「かぐやひも」。ただし、一番だけ(笑)。

     

    この日、仲程にぃにぃが彼らを応援したくなる気持ちが少し分かりました。次回はライブを聴きにコザに出かけたいと思います。

     

     

    あっ、そうそう。ゴヤ市場の仲程食品店は先月閉店し、今後は中の町ビアガーデンに集中するそうです。胡屋に行けば仲程にぃにぃに会えたのに、残念なことです。次回は中の町ビアガーデンで一杯飲んで、それから「かぐやひも」のライブに向かえばいいわけね。了解です (^-^)/


    きいやま商店とニーニーズ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       

      仕入先の菓子屋のオバさんとこんな話になりました。

       

      オ「私の実家は石垣の市場の近くよ」

       

      C「あぁ、アヤパニね」

       

      オ「そうそう、あの一本海側」

       

      C「じゃあ、きいやま商店を知ってる?。崎枝さん」

       

      オ「知ってるわよぉ。きいやまのお婆さんとウチの母親が同級生で仲がいいの。あの子達は子供の頃から知ってるわよ」

       

       

      C「ほ〜。今、大変な人気で、ナイチのライブでもチケットが手に入らないってよ」

       

      オ「そうだってね。でも私はちょっと。あんなにバタバタされると落ち着かないのよ」

       

      C「あぁ、確かにな(笑)。デビューして10年。三人とも40になったからな」

       

      オ「そうでしょ〜」

       

      とはいえ、バタバタするのがきいやま商店ですから、いきなり民謡を歌えって訳にもいきませんよね(笑)

       

      彼らの目標は紅白出場。その可能性は充分あると思います。そして、それは彼らが今の路線を修正したタイミングではないかと私は予想しています。

       

      ナイチでブルースをやってたBEGINが、沖縄音階を取り入れて(「島人ぬ宝」とかですね)以降、商業的には成功して紅白にも出ましたよね。

       

       

      話は変わりまして、こちらはかでかるさとしさん。

       

       

      1980年代から90年代にかけて、沖縄で不動の人気を誇った二人組ニーニーズの一人です。ニーニーズは既に解散し、かでかるさんはピンで活動中。この日はレコ発ライブを農連プラザで開いてくれました。

       

       

      控室も無いステージな上に、本場直前の電話中に通りかかったオヤジ(私)にポーズをとらせてしまって申し訳ない。

       

      ニーニーズが解散した時期と観光客の私が沖縄に通い始めた時期がほぼ同じで、彼をナマで見るのは初めてでした。

       

      聞くところによれば、ニーニーズはレギュラー番組を何本も持ち、CMにも引っ張りだこ。露出度ではきいやま商店の上をいってたようです。

       

       

      現在はラジオのパーソナリティーを務めつつ、結婚披露宴の司会などを行なっているそうで、この日のライブには沢山のかでかるファンが集まっていました。

       

      かでかるさんは55歳。40歳手前でニーニーズを解散し、以降はミュージシャンとお笑いの中間あたりに立ち位置があるようです。


      ゲラ×ゲラワラワナイト

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        某青果店の2軒隣にライブ会場がありながら、毎月第2木曜日の定期開催でありながら、昨夜、初めて「ゲラ×ゲラワラワナイト」に行きました。

         

         

        パッション屋良が主催するお笑いライブで、オリジン、FEC、沖縄よしもとの芸人が、事務所の垣根を超えて集まります。

         

        司会(受付も)は屋良さんとくだかまりさん。受付で屋良さんに「本名が朝苗って凄いな」と声をかけると「いやぁ、(朝苗を)知らない人が増えちゃって、最近はあまり凄くないです」と(笑)。読者でくだかまりさんのファンがいたはずだけど、え〜っと、誰だったかな。

         

         

        ライブ会場は背後の壁から撮ってこんな風。50席ほどが用意されていて、目一杯で7〜80席でしょうか。

         

         

        いいですねぇ。まるで集落の公民館に入った時のようなリラックス感(笑)。料金(前売千円)の安さもあって、なおさら気楽に入れます。農連プラザで買物や食事をした後に、ふらっと寄られてはいかがでしょう。

         

        しかしねぇ。50人が千円支払って売上が5万円でしょ。経費を差し引いた残りを、司会者と出演者6組にどう分配するのかと、余計な心配をしてしまいます。

         

        だから、このライブは稼ぐと言うよりお笑いファンの拡大を意図したもの。固定客をつかむための地道な取り組みを60回も続けてると知れば、これは応援したくなります。

         

         

        ライブは出演者を2つのグループに分けて進みました。こちらは第1グループ。つまり「これから」の人達。

         

         

        ハイビスカスパーティは八重瀬まつりで見ましたが、あとの二組は知りませんでした。表を歩いてたのを、適当に連れて来たかのような人達(笑)。ネタの内容やトークの技術より、個々のキャラに頼ってる段階ですかね。まあ、「これから」ですから。

         

         

        こちらは後半の「(名前が)知られてる」人達。

         

         

        それぞれのネタを始める前のフリートークが楽しかった。率先して場を盛り上げようとする人、そこへカウンターをあてようとする人。待ち構えている時の態度や表情から、なんとなくですが、その意図を予想できます。

         

         

        はい、しんとすけ。O1グランプリを獲り、沖縄お笑い界を牽引する立場になりました。この日のチラシでも写真がちゃんとセンターに。O1グランプリ獲得後、最初の仕事が護得久栄昇の前説だったと笑わせてました。

         

         

        6組がネタを披露した後は、この日の「企画」。放送作家のキャンヒロユキさんが近々結婚されるそうで、本人が登場し、出演の6組が披露宴の余興を行うという内容。

         

        19時半に始まったライブは21時過ぎに終わりました。普通の料理が普通に美味しく、支払いをあまり気にせずに楽しめる店。そんな店は無いものかといつも思いますが、そんなお笑いライブでした。

         

         

        さて、ライブから一夜が明けた「WaRaBa」に来ました。なにしろ、某青果店から徒歩10秒。

         

         

        この階段を上がった右手で受付。ライブ会場は左手です。

         

         

        二階にあるテラス。本番前に出演者がここに集まり、ネタ合わせをしたり雑談したりしてました。つまりオープンエアの楽屋。

         

         

        昨夜の出演者で全国区はパッション屋良だけ。やはり彼には華がありますね。言葉使いや動作がよく考えられていて、その一つ一つに意味があります。

         

        東京を拠点に営業してれば稼ぎも大きいところ、拠点を沖縄に移し、そこでまたコツコツと。やはり、全国で売れるってことは、それなりの理由があるんですよ。沖縄のお笑い芸人達の良い手本になってると思います。


        Buheeenの「鼻」に注釈入れてみた

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           

          以前投稿したBuheeenの「鼻」@サンエー西原シティ

           

           

          ヤマトグチの歌詞ですが、あちらこちらにウチナーグチや豚言葉が挟まってますので、注釈を入れてみました。

           

          しっぽ焼かれたらジューとなる

          咲き誇る鉄板の上豚のバラ

          味yo染込め落しブタ

          酒につけやわらかくなるけど養豚どー

          君に送るメッセージ

          僕等はいつかソーセージ

           

          ジュー(ウチナーグチ):しっぽ

          バラ(豚言葉):薔薇

          ブタ(豚言葉):蓋

          どー(ウチナーグチ):カナサンドーのドー


          みんなの世界We Are The World

          豚の世界はWe Are The ワー

          僕等は太った大きなワー

          おどかしてやろうぜSAYワ〜っ

          ワー(ウチナーグチ):豚(ウヮー)


          トンで行くよ今すぐに

          君のスタミナになれるなら

          ずっと僕がいやポークが

          君のそばにいるから

          トンで(豚言葉):飛んで

          ポークが(豚言葉):僕が


          ポーク等にとってハナは咲かすものじゃなくて

          鳴らすものだと信じて

          さぁみんな鳴きなさい

          さぁみんな笑いなさい

          鼻を鳴らそうぜ

           

          鳴きなさい(豚言葉):泣きなさい

           

           

          喜納昌吉の名曲「すべての人の心に花を」は、東京オリンピックの閉会式から得たインスピレーションによるものだそうです。

           

          高校生だった昌吉はコザの食堂でテレビに見入ってました。画面に映るのは東京オリンピックの閉会式。選手たちが人種や国籍を超え、肩を組み抱き合い、祝祭の喜びをみなぎらせていました。

           

          その様子をアナウンサーが「泣いています、笑っています」と伝えました。

           

          昌吉の目から涙があふれ、平和であることの、人と人が結びつくことの尊さに胸がいっぱいになりました。そのしばらく後、突然、歌詞が天から降りてきたと。

           

          「鼻」の最後の部分、「鳴きなさい、笑いなさい」に(喜納昌吉の)「花」への意識があるのなら、そういうこと(笑)


          コザ・てるりん祭 2018 ツイート集

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル

             

            先日投稿したコザ・てるりん祭。twitterの反応が良いので、こちらにまとめました。

             

            園田青年会のエイサー動画は再生回数が1000回を超えそうです。皆さん「7月エイサーまちかんてぃ」してますねぇ。

             


            年中口説は、林助さんの「年中行事口説」に林賢さんが曲を付け直したもの。その際、林賢さんがタイトルから「行事」を抜いたことに林助さんは機嫌が悪かったそうです。結局、林賢さんは「行事が抜けても意味は通じる」と自分の考えを通したそうで、それを何かの本で読みました。

             

            てるりん祭にこの曲を選んだのは、林賢さんの林助さんに対する敬意の表れでしょう。こちらの再生回数も600回。いい曲なのにライブではあまり選ばれませんね。



            この日は写真はオッケーで動画はNG。まあ、そこをこっそり撮ったんですが、てるりん祭実行委員会が動画に「いいね」してくれた上に、私をフォローしてくれたんです。これって「許す」ってことよね(笑)


             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             



            コザ・てるりん祭 2018(2)

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル 

               

              てるりん祭の主催者は照屋林次郎さん。林賢さんのお兄さんですね。本職は照屋林助三線店の店主ならびに三線職人。だから、てるりん祭のスタッフはイベントのプロではありません。

               

              こちらが、今日のスケジュール表(スタッフ用)。出演者と時間が書かれてました。

               

               

              沖縄の民謡歌手が総出演。まるで紅白歌合戦です。

               

              大御所の出演が続き、スタッフの気の使いようは尋常ではありませんでした。予定通りにコトは運ばないし、雨は強くなるし。

               

               

              おまけに、ステージから降りる大御所と上がる大御所が、すれ違っても目を合わせないし(笑)

               

               

              結局のところ、大御所の皆さんと口がきけて、段取りが頭に入ってるのは、りんけんバンドのかーつーしかいないんじゃないのかな。

               

              かーつーは焦った顔して、ステージ、ステージ裏、控え室を、かわいそうになるほど歩きまわってました。声をかけてくれるファンには愛想良くせなあかんし。

               

              そして、司会者はりんけんバンドの大先輩にあたる満さんと、

               

               

              勇人さんと、

               

               

              ミーチューさん。

               

               

              ほんま、かーつーはよくやってました。

               

               

              てるりん祭のトリはもちろんりんけんバンド。こちらが、ステージ袖で出番を待つかーつー。

               

               

              ステージに上がって、何か思い付いてもどうしようもない状況になって、初めてホッとするんでしょうね。

               

              おかげ様で楽しませてもらいました。ありがとうね。

               


              コザ・てるりん祭 2018(1)

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                 

                てるりん祭は今年で10回目。私が沖縄に来た年に始まってます。

                 

                 

                正午から始まって、夜9時頃まで続く長丁場。出演者の一人一人に集中してるともちません。

                 

                 

                出演者は林助さんにゆかりのある方ばかりで、おそらくノーギャラ。出演者も楽しんで、つまり清明祭みたいなものか?

                 

                 

                パークアベニューを離れて、一番街あたりを散歩しました。勝っちゃんとビセカツさん。

                 

                 

                コザの着物屋さん。

                 

                 

                ゴヤ市場の仲程食品はお休み。

                 

                 

                 

                会場に戻るとステージにはティンクティンク。

                 

                 

                写真撮らせていただきまして、ありがとうございます。

                 

                 

                今度は天ぷらを買いに行きまして、

                 

                 

                会場のテーブル席で、パンフレットを読みながら食べました。出演者の掲載順が絶妙なバランスで成立しています。

                 

                 

                 

                今度は反対側を散歩。

                 

                てるりん館と、

                 

                 

                デイゴホテル。

                 

                 

                この方もお越しになってました。

                 

                 

                幸人は一曲目から「小浜節」。「りんすけー!!」と叫んでました。

                 

                 

                ステージ袖には愛子さんが待機中で、ステージには我如古より子さん。

                 

                 

                いよいよな雰囲気になってます。


                お笑い芸人の「芸」って何かぁ?

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                   

                  (1)ぴろんぴろん下里(オリジン)

                   

                   

                  彼をご存知ない方は、2分ほどのネタで少しあったまって、次へお進み下さい(^^)/

                   

                   

                  ぴろんぴろん下里をtwitterでいじってるのが、初恋クロマニヨン(沖縄よしもと)の比嘉憲吾(左)と、

                  リップサービス(オリジン)の金城晋也(左)。

                   

                   

                  オリジンの月一ライブ「喜笑転決」はてんぶす那覇で開催中。観客には芸人の採点表が配られ、その点数によって翌月の出演順(高いほど後ろ)や持ち時間(高いほど長い)が決まるので、これ、結構重要です。

                   

                   

                   

                  いじられたぴろんちゃんが目をつけたのが、南風原のニィニィ。

                   

                   

                  (2)ノーブレーキ ぶーぶー

                   

                   

                  高バイしてたのは、ノーブレーキのぶーぶー(左)。彼をご存知ない方は、こちらの動画(1分)をご覧下さい。


                   

                  そのぶーぶーのつぶやき。

                   

                   

                   

                   

                  ぴろんちゃんは昼は那覇市某所のファミマ、夜は久茂地のダーツバーでバイト。ぶーぶーはオリジン事務所近くの会社に勤めています。そのあたりからして、二人ともほんまそこらのニィニィ。沖縄で人気を得るには親しみやすいことがまず必要で、彼らは余裕でクリアしています。

                   

                   

                  私が高校生の頃、バイト先の兄ちゃんがとにかく面白い人で、お酒がはいると更に面白かったことを覚えています。まわりの話にからんでるだけなんですが、言うこともそのタイミングも絶妙で、何であんなに面白いことを言えるのか、思いつくのかと感心したものでした。

                   

                  私はバイトに行ってその兄ちゃんに会うのが楽しみでしたが、それは沖縄のお笑いライブに向かう時の気持ちに似ています。今日は誰がどんな風に笑わしてくれるかなと。

                   

                   

                  さて、彼らは自分達を「お笑い芸人」と呼びますが、彼らの「芸」とは何なのか。

                   

                  沖縄のお笑いは、客にウケるかウケないかがネタ次第なところがあります。芸人達もいいネタを思いつくかどうかが勝負と思ってるフシがあり、私はそれが少々不満です。

                   

                  いいネタならば、さっき話したバイト先の兄ちゃんがやってもウケるんじゃないのかな。素人だけど。

                   

                   

                  講談の台本があって、それが泣かせる内容だったとします。それを上手い講談師がやれば客は涙を流すけど、下手がやると泣けません。その差が「芸」だと思うんですよ。例えばね。

                   

                  ナイチのお笑い芸人で一発屋と呼ばれた人が少なからずいますが、彼らはあるネタがたまたま当たったに過ぎず、「芸」はそれほど無かったと言えそうです。つまり、ネタによらず笑わせる技術が「芸」で、いいネタを思いつくかどうかとは違うんですよ。

                   

                   

                  私はぴろんちゃんやぶーぶーのファンですから、もっと売れて欲しい。だから、彼らがある日のライブでウケなかったとしても「ネタが悪かった」とは思って欲しくない。

                   

                  「芸」は技術なんだから、技術を磨くには地味な練習をコツコツと続けるしかないんですよ。

                   

                  やってよね(笑)


                  「琉球伝信録」もう少し

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                     

                    一昨日投稿した「琉球伝信録」についてもう少し。

                     

                    私がtwitterで(相互に)フォローしているりーさんは昨年度の尚敬王。

                     

                     

                    久米島からやってきた「ばーちゃん」が舞台に立つ孫の姿に号泣し、「あんたが孫で良かったさ」と。それは孫に対する最高のリスペクト。いい話過ぎます。

                     

                     

                    残念ながら私はりーさんの舞台を観てませんが、今年度の尚敬王(平安山法佳さん)は私がこれまで観てきた現代版組踊の中で、最も王らしい王でした。

                     

                    優秀な部下がいればいるほど、国王の力量が試されるものです。名君と称えられた尚敬王は「なるほど、こんな王だったのか」と納得の演技。先代のりーさんから継承したことも多かったはずで、舞台プログラムにスキルが蓄積される様子を見た思いがしました。

                     

                     

                    高3生の皆さん、卒業おめでとう!!

                     

                    下級生の皆さん。来年また観にきます。今年と同じクオリティを期待していますが、もちろん、先輩達を超える意気込みでお願いします。


                    那覇青少年舞台プログラム「琉球伝信録」

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

                       

                      那覇市の小、中、高校生が出演する舞台プログラム「琉球伝信録」。チケットいただきまして、ありがとうございました。

                       

                       

                      場所は西町のてぃるるホール。

                       

                       

                      この舞台プログラムは5年ぶりでしたが、出演者のスキルが上がってることに驚きました。毎年、高3生が卒業してチームから抜けても、スキルは蓄積されてるってことですね。

                       

                       

                      パンフレットを拡大してみましょう。

                       

                       

                      左から蔡温(1682-1761)玉城朝薫(1684-1734)平敷屋朝敏(1700-1734)名護親方(1663-1734)

                       

                      琉球侵攻(1609)から百年。島津藩に支配されながらも、琉球王国は行政、文化ともに王国最高とも言える隆盛期を迎えていました。その中心にいた四人です。

                       

                       

                      舞台プログラムの前半は、踊奉行に抜擢され、琉球芸能「組踊」を創生した玉城朝薫を軸に、後半は和文学者として優れた才能を持ちながら、体制批判により処刑された平敷屋朝敏を軸に、ストーリーが展開します。

                       

                      真面目な努力家朝薫と自由奔放な天才朝敏を演じたのは高校3年生の糸数杏奈さんと大山倫受さん。

                       

                       

                      二人の演技からは、朝薫や朝敏になりきろうとする強い意志が感じられました。一つ一つの台詞や動作に「朝薫(朝敏)ならどうする?」と自問自答し、その答えを出せるだけの研究をしたんでしょう。それを、高校に通いながら、受験勉強や部活をしながら・・・。若いって凄いなぁと思います。

                       

                       

                      さて、彼女達高3生にとっては最後の舞台が終わりました。

                       

                       

                      この日は3月31日。翌日の日曜日を一日挟んで、4月2日からは新しい生活が始まります。

                       

                      大人達は「この舞台で学んだことを、これからの人生に役立てなさい」などと言うでしょうが、そんな上から目線で生意気なことを言うもんじゃありません。彼女達は一つのことを成し遂げて、更に次の一歩を踏み出そうとしてるのですから、もっとリスペクトしないと。そんな大人達には言われたまんまを返してあげればよいでしょう(笑)

                       

                      チームの主力だった高3生がごっそり抜けて、来年の舞台はどうなることかと心配ですが、一年経てば、それが余計な心配だったことがわかるはず。やはり若いって凄いんです。

                       

                       

                      会場前の広場で、出演者全員が見送りをしてくれました。

                       

                      平敷屋朝敏(左)と玉城朝薫(右)。

                       

                       

                      こんなことを言っては失礼と思いつつ、言ってしまいますが、

                       

                      「可愛いなぁ。なんて可愛いんやろ」(笑)


                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      PR
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM