「きいやま商店」インストアライブ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 


    昨日は与那原の「マリンプラザあがり浜」(つまり、スーパーかねひで)でラジオ番組の生放送がありました。放送時間は13時から15時半まで。きいやま商店は14時55分に出演の予定です。



    パーソナリティのリップサービス(オリジン)がこんなことを言うてました。


    「今日、会場にお越しの皆さんはきいやま商店さんが目当てでしょ?。わかってますってば。でも、ライブが終わった後も少しだけ番組は続きます。お願いですから帰らないで下さいね」


    そんなこと言っても、帰るってば(笑)



    今沖縄で、イベントの集客力にかけてはきいやま商店が群を抜いています。呼べば必ず人が集まるんですから、イベント主催者にとってこんなありがたいことはありません。昨日もきいやま商店が登場すると、それまで空席のあった会場はたちまち満席となり、それを取り囲むように立見客が集まりました。



    きいやま商店の三人は実に楽しそうに演奏し、歌います。会場の人達はその楽しさの中に入り込もうとして、自然と笑顔になります。そしてそこに生まれる一体感。たまたま通りかかった人でもそうなるのですから、熱心なファンにとってきいやま商店はもはや命薬(ヌチグスイ)、元気の源と言えるでしょう。



    きいやま商店の本業は、ライブハウスで行うライブです(のはず)。そこに客を集めるためにアルバムを製作し、イベントに顔を出しているということ。つまりイベント出演はライブのための営業行為です。


    一方で、イベント出演はミュージシャンにとって実に美味しい仕事です。会場の設営から集客までイベント主催者がやってくれて、客の数によらずギャラが保証されてます。


    ハコを借りて行う自前のライブは、会場費や機材の搬送費などの費用が必要で、チケットも自分達で売らないといけません。集客に失敗すれば、ギャラを手にするどころか赤字です。


    そして、沖縄はイベント天国。そんな環境の中、イベント出演が本業になってしまったミュージシャンが少なからずいるのよね。ライブの本数は減り、アルバム製作も数年おき。だから演奏する曲は昔のものばかり。



    いや、きいやま商店もそうなるだろうなんて言ってませんよ。


    しかし、老婆心ながら心配させていただくと、最近のきいやま商店はイベント出演が多過ぎです。那覇ハーリーに大綱挽きまつり、各市町村が開催する秋まつりには毎週必ず、どこかに出てました。あんなに営業ばかりして、本業のはずのライブやアルバム製作に使う余力や時間があるのかなと思います。


    きいやま商店は結成9年目。目標は紅白出場です。紅白出場の先輩であるHYやOrange Rangeは、結成数年でオリコン1位を獲り、本土の大アリーナでライブをやってましたからね。きいやま商店のプロダクションが、どうやって三人をそのステージに引き上げようとしているのか。その戦略が見えません。十年後のきいやま商店は今と何が違うのか。


    「まさか、人気があるうちに稼げるだけ稼がそうとしてるんじゃないでしょうね」とさえ思えてきます。



    まあ、こんなことを私が心配しても仕方がないので、昨日の話に戻りましょう。


    きいやま商店のライブは大きな拍手の中終了しました。そして三人がステージを降りようとした時、リップサービスが「あっ、きいやま商店さん。もう少しステージにいてくれませんか?。あと5分くらいですから」と声をかけました。笑って了解する三人。


    さすがに、お客さんに「帰るな」と訴えるのはあきらめたのね。正解、正解(笑)


    「BuheeeN」インストアライブ

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      沖縄で人気上昇中の「BuheeeN」。サンエー西原シティでインストアライブがあると聞いて出かけました。

       

       

      人気上昇中ではありますが、デビュー当初の期待値からすれば、このところの上昇角度はやや緩め。ライブ告知のツイートにも悲壮感が(笑)

       

       

      しかし、会場は満員で、特に保育園児くらいの子供達が熱狂してました。その中にオヤジの私(笑)

       

       

      あまりにも前に座ったため、三匹一緒にはカメラに入りません。Twitterに短めの動画をツイートしてますので、どうぞ。

       

      三匹の豚は、津波信一率いるTeam Spot Jumbleの所属。歌もラップもかなりの実力者と思いますが、豚に生まれ変わったのは誰なんでしょうね。

       

       

       

      話は変わりますが、今日のNHKのど自慢は石垣島。五穀豊穣を歌った夫婦がキンコンカンをもらいました。「えっ、誰の曲?」、「パーシャクラブ?」とか話題になって、ナイチでバカ売れせんものか。せんか(笑)


      きいやま商店「誕生日がやって来たワイ!ワイ!ワイ!」

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        一つ前の投稿(Twitter)に仲座健太さんがリツイートといいねをしてくれて、只今絶賛拡散中。隅々まで丁寧にチェックしてるんですねぇ。


        さて、今日は私の誕生日。60歳となりオジぃの仲間入りを果たしました。

        このブログでは私のことを「Cさん」と呼んでいただいていますが、それを今日から「Gさん」に改めようかと(改めんけど)

        肉体労働者のハシクレですから健康状態は良く、沖縄の夏の陽射しのおかげで日焼けサロンに行ったみたいになっています。自分の歳を明かして「うわぁ、そんな風に見えな〜い」と言わすのが最近の趣味。オジぃのブログを、これからもよろしくお願い致します。m(_ _)m


        数ある誕生日ソングの中で、私が「これが一番じゃないのか?」と思ってる曲が、きいやま商店の「誕生日がやって来たワイ!ワイ!ワイ!」(→YouTube)

        では、皆さん、ご一緒に!!(笑)



        「誕生日がやって来たワイ!ワイ!ワイ!」
        作詞,作曲:きいやま商店

        おめでとう
        今日は誕生日だ
        君の誕生日が来た
        ラッタタン Happy Birthday
        ラッタタン Happy Birthday
        ラッタタン Happy Birthday
        Dear あなたへ

        みんな集まって ワイ!ワイ!ワイ!
        ケーキ用意して ワイ!ワイ!ワイ!
        明かりが消えたら ワイ!ワイ!ワイ!
        君へサプライズ ワイ!ワイ!ワイ!
        ロウソクを消して ワイ!ワイ!ワイ!
        お願い事して ワイ!ワイ!ワイ!
        プレゼント開けたら ワイ!ワイ!ワイ!
        パーティーの始まり ワイ!ワイ!ワイ!

        さぁみんなで
        おめでとう
        今日は誕生日だ
        君の誕生日が来た

        おめでとう
        今日は誕生日だ
        君の誕生日が来た

        ラッタタン Happy Birthday
        ラッタタン Happy Birthday
        ラッタタン Happy Birthday
        Dear あなたへ


        護得久流民謡研究所「護得久栄昇大全」発表会

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          先日、護得久栄昇先生が発表されたアルバム「護得久栄昇大全」。その発表会がスーパーサンエーで開催されました。



          さすがは護得久先生。会場は黒山の人だかりです。



          「護得久栄昇大全」は全国発売です。ジャケットの題字は豊平峰雲によるもの。沖縄県庁応接室の万国津梁の鐘(屏風)を書いた書道家です。


          護得久先生のデビュー曲「愛なさ栄昇節」のMVも完成してますので、こちらからご覧下さい。踊りは沖縄の舞踊集団「花やから」。振り付けは「花やから」の主宰大城秀子。演奏よなは徹。そして、MVの製作コンセプトは「本人以外は全部本物」(笑)

          護得久先生は仲座健太(ハンサム)をマネージャーに雇い、カバン持ちにはよなは徹を雇ったようです。さすがは大物。




          では少々、MVの解説を。

          (1)たーがしーじゃが

          直訳すれば「誰が年上か」。ですので、ここでは「私を誰だと思ってるんだ」のニュアンスになります。

          某青果店の相棒Aは私より3つ年上で、入社も2ヶ月早いのですが、護得久先生ほど大物ではないので、こんなことは言いません。


          (2)わんねー護得久栄昇やいびんどー

          沖縄の民謡研究所の会主、琉球舞踊の当主といった人達は、その能力や実績によって人々から尊敬されています。なのですが、そうした評価は周囲が行うもので、当人が偉そうにするもんじゃないと私は思います。護得久先生の上から目線は、その辺りをチクチクやってますよね。

          「はい、月謝は月7千円だからね。25日までには必ず振り込むようにしなさいね」


          (3)沖縄に著作権は無いよー

          アルバムに収録されている「愛さコーヒー節」は「忘しんなよーやー、忘しんなよー」で始まります。

          この曲を聴いた前川守賢が「あんし似ちょーるんあさや・・」と。気のせいだと思い直してもう一度聴いて「やしが。なんどぅちちん“かなさんどー”やっさ〜」(笑)


          発表会の後、CDを買い求めた人達が長蛇の列を作りました。



          どうやらこの人気は本物です。



          カツラをつけてメイクをするだけなら誰でもできます。護得久先生がそうした単なるキワモノに見えないのは、護得久栄昇のキャラクターを練りに練ってるからでしょう。そこがやはりプロ。

          それから、護得久先生を応援する「本物」が沢山いるという点が見逃せません。前川守賢やよなは徹に「ちばりよー」と言わせる芸人はそうそういません。それは金城博之(ハンサム)の芸人としての実績や人との接し方がそうさせてるのだと思います。

          「本人以外は全部本物」であり、本人もまた本物ということですね。

          「チャメ!!」


          ラジオ沖縄「暁デービル」

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            ラジオ沖縄(ROK)の看板番組の一つが「暁(アカチチ)デービル」。早朝5時から7時までの放送です。



            「明け方でございます」という“まんま”のタイトルで、既に30年を超えた長寿番組です。パーソナリティは吉田安盛さん、盛和子さんが夫婦で務められていましたが、安盛さんがお亡くなりになり、今は和子さんと息子の吉田安敬さんが出演中。

            大好きな民謡を聞くとともに、母子のウチナーグチによる言いたい放題の会話が楽しみで、市場のオバぁ達から熱い支持を得ている番組です。朝5時半から6時頃まで市場をウロウロしてる私は、どこへ行こうが流れている「暁デービル」を、途切れ途切れながらも毎朝聴いてることになりますね。


            さて、今朝のこと。私は豆腐屋のヨシエさんと、暁デービルを聴きながらゆんたく中です。

            ヨ「月曜日は注文があるんだった?」

            C「月曜日は無い」

            ヨ「じゅあ、火曜日は?」

            C「一つ一つ聞かずに、いつまで休みたいのかを言いなさい」

            ヨ「アハハ、木曜日までお休みしていい?(笑)」

            C「旅行かぁ」

            ヨ「暁デービルの盛和子さんの公演が長野であって、ツアーがあるわけぇ」

            C「公演に客も連れてくのか。それなら那覇でやってもらえばいいじゃん」

            ヨ「だからぁ。民謡聴くだけじゃなくてぇ、温泉入ったり、美味しいもの食べたりするわけさぁ」

            C「出発は日曜日?」

            ヨ「だからね。台風がどうなるかね」

            C「通り過ぎてりゃいいけど。あっ、通り過ぎたら追っかけることになるのかぁ」

            ヨ「盛和子さんの追っかけが、台風も追っかけるわけさぁね(笑)」

            C「アハハ、たいへんやな。じゃあ、来週金曜日にね。気をつけて」

            ヨ「ありがと〜」


            旅行の準備と台風情報のチェックに忙しく、今日のヨシエさんは眠れないはず。JALかANAか知りませんが、台風を追いかけずに、大きく迂回してでも、何とかヨシエさんを送り届けてちょうだい。パンパン!!


            北中城しおさいまつり

            0

              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              沖縄の各地で開催されてる「秋のおまつり」は、そろそろ終盤です。この夜、北中城しおさいまつりに出かけました。



              北中城村熱田の埋め立て地「しおさい公苑」には、たくさんの人が集まりました。



              集まりましたが、手前の芝生が見えてますね。この日の出演はMANAMI、D51、きいやま商店。那覇の近くの会場なら超満員になる顔ぶれですけど、ここは北中城。好きな場所にゆったり座れます。広いブルーシートを敷いて模合をやってるグループもいました(笑)


              おまつりのステージ出場順は重要です。沖縄におけるアーティストの格付けですからね。だから、D51がトリをきいやま商店に譲るなんて、少し驚きでした。



              D51はゴクセンの主題歌「No More Cry」がヒットし、紅白にも出ましたからね。Kiroro、DA PUMP、夏川りみ、BEGIN、ORANGE RANGE。2000年前後の紅白はちょっとした沖縄ブームでした。


              でもまあ確かに、現時点の勢いはきいやま商店が上でしょうね。



              もっともこの二組は事務所が同じ。事務所がD51に「沖縄ではきいやまに譲ってやれよ」と言ったのではないかと(笑)


              北中城村の村長が「こんなに集まっていただいたしおさいまつりは初めてですっ!!」と感激していました。

              皆さん、北中城のおまつりは穴場ですよ。(^o^)/


              下地勇「あの夏の日」

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                今朝、豆腐屋のヨシエさんに豆腐の代金を払いながら、七月節を小声で歌ってたら、「夏も終わりだねぇ」と(笑)



                「エイサーね?」ではなく、「七月節ね?」でもなく、「夏も終わりだねぇ」(笑)

                人の頭の中を覗かないでいただきたい。


                沖縄近海の海水をかき混ぜてくれるはずの台風が、今年はさっぱり来ません。海水温が下がらず、沖縄は湯舟に浮かんでるようなものです。そこらのオッサンがいまだに「暑さよっ!!」と嘆いてます。

                とは言うものの、着替えが最低でも2枚必要だったところが1枚で済んだり、必要無かったりで、秋の気配を感じる今日この頃。各地のエイサーはすっかり終わっていて、今年の沖縄の夏は終わりです。


                突然ですが、先日、私の中学・高校の同窓会がありまして、写真をいただきました。



                たった75人の同窓生と中高6年も過ごしていながら、40年後の姿を見れば、出席者のうち10人が名前と一致しません。

                それではマズいので左端に立ってる佐々木君に教えてもらい、7人は一致したものの、残る3人は私の記憶にある人ではないのよね。ああ、2列目右から2人目に城みちる君がいます。

                出席者の大半は呉を離れてないか、戻った人達で、それぞれが会ったり、連絡をとったりして暮らしていることが羨ましくもあります。

                私は高校卒業後、京都→東京→大阪→東京→大阪→東京→沖縄と右往左往してましたが、あのまま呉にいたらどんな人生だったろうなと思ったりもします。


                下地勇がなかなか出てきません(笑)

                具志頭で「新良幸人×サトウユウ子」が下地勇の「あの夏の日」を歌ってました。幸人がとにかく気に入って、次のアルバムに是非入れさせてくれと、下地勇に頼んでいたそうです。

                「あの夏の日」
                作詞、作曲:下地勇

                アダン葉ぬ道 アグ達とぅ歩き゜たー
                我が心ぬ島 ナウサ道
                手綱持つ爺 隣ん座し゜ゅう婆
                馬車ぬ後小から
                ウギャスぬ実ゆ採い
                笑い声ぬ里ん響み
                旅ぬアグぬきゃや島んかい
                戻り来んまま

                学校からぬ道 君とぅ喧嘩どぅ
                泣かいしみた事 心痛まし
                すまんてぃ君ん ただ一声だき
                夜中 戸う叩き゜たー
                今や持ちーどぅうーべや
                幼少頃ぬ 濁りうらん心
                君とぅまた島ぬ酒小ゆ
                飲みみーぶす

                ウギャスぬ実ゆ採い
                笑い声ぬ里ん響み

                登す゜たー バンキ゜木 遊ぴた納屋まい
                今や面影ぴてぃ一つにゃーん
                旅ぬアグぬきゃや島んかい
                戻り来んまま

                君とぅまた島ぬ酒小ゆ
                飲みみーぶす


                下地勇らしい、いい曲ですねぇ。

                宮古方言なので、意味わからんものの、漢字で理解できる部分で充分かと。

                これを聴きながら故郷を懐かしんだりしましたが、「旅ぬアグぬきゃや島んかい 戻り来んまま」なのは私なのでした。


                やえせを楽しまナイト!

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル


                  八重瀬町の旧具志頭村役場には大きなガジュマルとフクギ並木がありまして(→こちらから)、いかにも具志頭な景観を形成しています。

                  昨夜、久しぶりに行ってみたら「南の駅やえせ」という道の駅のような商業施設ができてました。



                  沖縄の道の駅と言えば、お土産やら野菜やら飲食店やらがグチャグチャーな印象ですが、こちらはお洒落ですっきりとしたレイアウト。トイレがまた綺麗なんですよ。「こんなとこでオシッコしていいんですか?」みたいな(笑)。南部をドライブする際は是非立ち寄るべきですね。


                  昨夜は「やえせを楽しまナイト!」という八重瀬町商工会のイベントがあり、大きなガジュマルの下に特設されたステージで、ライブがありました。

                  私は「新良幸人×サトウユウ子」の出演時間に合わせて到着し、終わったら帰るということで、他の出演者の皆様にはたいへん失礼を致しました。でもまあ、ファンとはそういうものです。



                  この夏初めてじゃないかと思うような涼しい風が吹く中を二人が登場し、ステージが進むにつれて東の空に満月が姿を現わすという、それを読んでいたのならプロデューサーはかなり腕がいいですよねぇ。

                  観客は程よい数で、会場に用意されたテーブルに大半の人が着席できてました。だから、屋外ディナーショーみたいなものです。ステージの近くで聴きたい私が地面に座ったところ、横の席の女性が「私達だけが座って、ごめんなさいねぇ」と。場所を争う必要が無いので、そこに生まれるこの余裕(笑)。那覇まつりではこうはいきません。


                  司会は富田めぐみさん。



                  本業は女優さんで、司会やラジオパーソナリティーなどもやってますが、最近は舞台演出家としてその才女ぶりを発揮しています。(→琉球新報の記事へ)

                  以前はめぐみちゃんでしたが、文化人となった今はめぐみさん。八重瀬生まれ(ノロの家系らしい)なので、この日の司会を引き受けたようです。


                  さて、昨夜のセットリストはこちら。「新良幸人×サトウユウ子」のCD「浄夜」に収録された11曲から選ばれた7曲です。

                  1.満天の星
                  (作詞:新城和博 作曲:上地正昭)
                  2.ファムレウタ
                  (作詞:新良幸人 作曲:上地正昭)
                  3.月ぬ美しゃ
                  (八重山民謡)
                  4.浜千鳥
                  (沖縄民謡)
                  5.赤ゆらの花
                  (作詞:新城和博 作曲:上地正昭)
                  6.あの夏の日
                  (作詞:下地勇 作曲:下地勇)
                  7.浄夜
                  (作詞:新良幸人 作曲:サトウユウ子)



                  1から5までは幸人の持ち歌で、6は仲良しの下地勇の曲。7がCDのタイトル曲です。この会場のすぐ近くにあるレコーディングスタジオで収録したそうで、その縁で昨夜の出演になりました。


                  私の1曲は「赤ゆらの花」。

                  これが、悶えたくなるほどいいのよねぇ。



                  パーシャクラブがイベントに出演して、曲数制約がある中、バラードを一曲入れるとすれば「満天の星」。だから「赤ゆらの花」が聴きたければライブに行くしかありません。YouTubeにも無い(泣)。

                  YouTubeには、他の人が歌った「赤ゆらの花」はあるものの、違う曲じゃないかと思うほど違うのよね。

                  幸人の魅力を最大限に引き出せるように、新城和博(ボーダーインク)と上地正昭(パーシャクラブ)が練りに練った曲で、歌詞からキーから、幸人のための幸人だけの曲。久しぶりにナマで聴けて本当に良かった。会場ではおしゃべりがやみ、皆さんシーンとして聴き入っていました。


                  では、昨夜の幸人のMCを紹介して、この投稿は終わりです。

                  「皆さ〜ん、気持ちよく歌わせてもらってま〜す」

                  「そこの野菜売場でたくさん野菜を買い込みました。安かったぁ。でもよく考えたらこの後女の人と飲む約束をしていて、野菜はどうする?」

                  「沖縄ん、八重瀬ん照らしょうり〜」

                  「今夜は久しぶりの野外ですからMCは短めにします。何を言い出すかわからないのに、誰が聞いてるかわからない。何かと問題になるんですよね」

                  「皆さ〜ん。サトウユウ子と新良ユキコでしたぁ〜。あら違った。新良幸人でした〜。また呼んで下さ〜い」


                  しかし、こいつは飲まずに歌えんもんかな。

                  普段は物静かでシャイな男ですから、そこからステージでのハジけぶりは想像できません。だからお酒がスイッチになってるんじゃないかというのが私の見立てです。

                  それにしても、控え室で飲み、ステージで飲み。普通に酔っ払いですからねぇ(笑)


                  栄町市場「おばぁラッパーズ」

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル


                    春から秋まで各月の最終土曜日に開催される栄町市場屋台祭り。おばぁラッパーズはデビュー12年を迎えました。



                    新城カメさんのMCです。

                    「デビュー12年!!」

                    「CDは2曲だけっ!!」

                    「2曲で12年!!」


                    この夜、獅子舞が21時まで。屋台祭りも21時まで。二者択一だったんです。

                    獅子舞が終わった後、

                    「このまま家にかえるのもなぁ」

                    「屋台祭り終わってるだろうけど、栄町市場に寄ってそばでも食べるかぁ」

                    と考え、私は首里の坂道を下ったのでした。

                    ところが、これがほんま沖縄のいいところ。時計はとっくに21時を回っているのに、屋台祭りのステージは押しに押して、おばぁラッパーズはまだ登場してませんでした。



                    農連市場が再開発され、公設市場も再開発が決まりました。

                    そんな中、再開発に反対し、市場の存続に取り組んだ栄町市場の皆さん。そして今や、市場の空き店舗はゼロです。この奇跡の象徴がおばぁラッパーズと言えるでしょう。


                    おばぁラッパーズの出演時間は10分ほどで、持ち歌の2曲を歌ってステージは終わりました。

                    司会者が、

                    「皆さん、アンコールはできませんよっ!!」

                    「2曲も歌ったんだから、もう無理ですっ!!」

                    「今夜が最後でいいって言うんなら歌わせますよっ(笑)!!」




                    屋台のビールが美味しそうだったな。そこは我慢して、大人しくそばを食べて帰りました。バイクの代行運転って無いのかな(笑)


                    季節のことば36選に選ばれた「なごり雪」

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル


                      暦の上では来週月曜日が立秋。連日の猛暑に茹で上がってる身としては「馬鹿を言うなよぉ」って感じです。

                      もちろん二十四節気には味わい深い意味があるのですが、もう少し現代の季節感に合う言葉を選ぼうと2013年に気象庁が募集し、選定した言葉が「季節のことば36選」。

                      例えば7月は蝉しぐれ、入道雲、夏休み、ひまわり。8月は原爆忌、流れ星、朝顔。

                      なるほどぉ。これは分かりやすいです。


                      その中で特筆すべきは3月の言葉に選ばれた「なごり雪」。

                      言うまでもなく、1974年に伊勢正三(当時23歳)が生んだ名曲です。



                      なごり雪も降るときを知り
                      ふざけすぎた季節のあとで
                      今、春が来て君はきれいになった
                      去年よりずっときれいになった



                      かぐや姫のメンバーやスタッフは、初めてこの曲を聴き終えた時、その瞬間に、大ヒットを確信したそうです。伊勢正三やかぐや姫の世界観を壊してはいけないと、当初、イルカは辞退したそうですが、試しに歌ってみればこれがまた最高。「なごり雪」は大ヒットし、40年経った今でも歌い継がれています。

                      それでも発表当初は色々言う人がいたそうで、日本語に「なごり雪」などという言葉は無いので、どうしても使いたいのなら「名残の雪」にしなさいと。

                      伊勢正三にしてみれば、この言葉こそが作品の命。そこを曲げる訳にはいきませんでした。

                      とは言え、彼にも日本語を乱した意識はあり、そのことがずっと気になっていたそうです。それが季節のことば36選に選ばれたことで、やっとつっかえていたものが取れたと。

                      いやぁ、嬉しかったでしょうね。3月の言葉はひなまつり、おぼろ月、なごり雪。


                      私は日本語の用法については保守的ですが、この話については「良かったなぁ」と言うほかありません。ダブスタと言われればその通りですが、伊勢正三渾身の言葉ですからね。良かったじゃないですか。ねぇ(笑)


                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM