同級生の佐々木君と飲んだ

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル 


    昨夜は広島から旅行に来た同級生の佐々木君と飲みました。



    泊港近くの居酒屋へ入ったら、掘りごたつ風の席は二人で飲むには充分広く、店内は静か。30年ぶりの同級生と語り合うには良い店でした。しかしまあ、那覇中心街の居酒屋料金が高いこと。



    私が沖縄に住んでいることを、佐々木君や一部の同級生は知っています。


    すると、


    「ど〜して沖縄(なんか)におってんかね?」


    「非合法組織の構成員になっとるんかのぉ」


    「人相が変わっとってかもしれんねぇ」


    とかになるのよね。


    ナイチから見れば、沖縄はリゾートするか、一部の人が移住し静かに余生を過ごす島。そのどちらでもない私は「何故今沖縄に」を説明する必要があります。そして、ここ十数年の経緯を聞いた佐々木君は大いに安心してくれて、その顔を見て私も安心したのでした。それから最近の彼は、このブログを読んでくれてるお利口さんです(笑)



    40年も前の話とは言え、私の記憶がいかにいいかげんなものか。昨夜はそれを思い知らされることになりました。例えば、私は彼が九州の西南学院に進んだものと思っていたら「青山学院よね」と。


    C「えっ、それじゃあ、大学時代は東京にいたのか。知らんかったなぁ。すまんすまん」


    佐「何を言ようるん?。あんたは俺が住んどった中目黒のアパートに突然現れて『おい、ちょっと部屋を貸してくれ』って言うたんよ」


    C「えっ。それでおまえはどうした?」


    佐「部屋から出て行って、しばらく時間を潰したわいね」


    C「それ本当かぁ?。確かに俺なのか?」


    そしたら佐々木君は私がそんな行動をとるに至った状況を事細かに覚えていて、説明してくれた一言一言のすべてが事実(笑)


    C「おまえはなんていいやつなんやぁ」


    図らずも私は、迷惑をかけた側とかけられた側の記憶格差を立証してしまったのでした。



    佐々木君が同窓生名簿を持って来てくれてまして、懐かしい(高校生の)顔を順に思い出していたところ、同級生の一部でやってるLINEのグループがあるとのこと。さっそく、お互いの写真を撮りあい投稿したら、既読数がバババッと上がるじゃないですか。そして数人からリプライもありました。


    佐「みんな暇なんじゃね」


    C「暇なら電話してみるか」


    ってなりまして、先ほどの名簿から一人の女子高生(記憶の中のね)が選ばれたのでした。地元で彼女と付き合いのある佐々木君が電話をかけ、那覇で"ある同級生"と飲んでることまでを明かして、私と代わりました。


    私としては一応サプライズ。名乗らないまま話を進めようとしたら、


    「あの〜、私をご存知なんでしょうか?」


    「本当に私と同級生の方ですか?」


    それではと、彼女と私だけが知ってる話をしたら、


    「ごめんなさい。まったく覚えがなくて。それは私のお話なんでしょうか?」


    まあね、40年も声さえ聞いたことが無い同級生なんて、お亡くなりになったも同然。名前を明かしたところで、死人が生き返ったようなものです。


    彼女は私のモトカノですが、ひょとしてそのことさえも忘れられてしまったかもしれないと心配になり、私は自らショックを受けるようなマネはせず、当たり障り無い話で電話を切ったのでした。



    佐々木君は地元で暮らしてるだけあって、実に色々なことを知ってます。つまり「当時は言えんかったけど、今なら言える」みたいな話を沢山聞いてるのよね。


    それから、こんな船を造った同級生の話もしてくれました。



    C「おいおい、何億円もする船がなんで『じょうみち丸』やねん」


    佐「まあ、城谷を好きなんじゃろうね。自分で造った船じゃから、自分で名前を決めるわいね」


    この船は鋼材を積み、今日も瀬戸内海を航海中とのこと。それから、城みちる君はついさっきNHKに出演してたみたいです。見てないけど。



    こちらは佐々木君のお土産で、もみじ饅頭風味のキットカット(笑)



    明日は二人で、コザしんきんスタジアムに向かい、広島カープのオープン戦を観戦します。楽天戦。


    5ヶ月ぶりの大阪

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      この連休は大阪に帰ってます。

       

       

      昨日の土曜日は、昼過ぎの便に乗るために午後の配達を朝に変更してもらいました。そしたらその保育園の調理師が同じように名古屋へ帰ると。

      調「Cさんは何時の便ですか?」

      C「昼過ぎ」

      調「えっ?。航空会社はどこですか?」

      C「ジェットスター」

      調「ざっ、座席の指定してるんですかっ?」

      C「してないけど、近くの席だといいね」

      調「案外、隣だったりして(笑)」

      笑わしてくれます。何処へ帰るつもりなんでしょうねぇ(笑)。

       

       

      万博公園の入口にライカムみたいな商業施設ができてました。

       

       

      私は万博公園のソラード(森の空中観察路)に行っても良かったんですが「寒いのでまた今度」になり、そのエキスポシティへ。

       

      観覧車のデカいこと。直径114.7mだそうです。北谷の2倍半。てことは外周は8倍!!。大阪市内はもちろん、淡路島や四国も見えるんではないかと。観覧車の床はシースルーだそうです。

       

       

      エキスポシティの内部に入ると、やっぱりライカムでした。

       

       

      そこのシネマで、コテコテの米国産SF映画を観ました。

       

       

      辻褄の合わないところは力で突き抜けるのが米国産。そして強引に感動のラストへ。

       

      映画の後はフードコートでタイ料理を食べました。シンハービールはオリオンより美味いかもしれません。


       

      この後私は岩盤浴へ行くそうです。

       

      今日の大阪の気温は上が7度で下が0度。寒さが新鮮でいい気持ちです。


      広島から同級生が来る(^O^)/

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        先日投稿した同窓会の写真を再び。

         

         

        広島県呉市にあった中高6年制の私立学校で、同級生はわずか75人。高校2年までは呉市内の学舎で、最後の1年間は全寮制で山奥の学舎で学ぶシステムだったため、同級生との関係は濃厚でした。上の写真はその同級生だけの集まりで、4期生だったことから「くれよん会」と名付けられています。ところが、いくら濃厚とは言え40年以上前のこと。10人ほどの顔と名前が一致せず、左端に立ってる佐々木君に教えてもらったのでした。

         

        そんなことがあったためか、佐々木君から今月末に沖縄に来ると連絡がありました。二人で広島カープのキャンプを観たり飲んだり、オープン戦を観たり飲んだりします。広島カープのキャンプ地はコザしんきんスタジアム。オープン戦の相手は楽天イーグルスで、広島県人会事務局長のシッチー君にチケットをお願いしました。

         

        シッチー君によれば、球団から県人会にチケットの割当てがあるそうで、同じ内野席でもバックネット裏やカープベンチの真上の席が買えるとのこと。ところが楽天戦の内野席はすべて自由席だそうで、その特典を生かせませんでした。楽天球団はもっと沖縄のファンを開拓してくれないと困ります。

         

         

        佐々木君は家業の酒屋を継ぎましたが、後にコンビニのオーナーに転身しました。コンビニの経営はなかなかタフな仕事と聞いてますが、お店の住所を聞いて私は彼の成功を確信しました。なにしろそこは市内の一等地。駐車場も広くとれてるようです。

         

        今はお店が入ってるマンションが建て替え中で、しばらくの間、他店の応援に回ったりしてるようです。つまり、経営者の責任から一時的に解放されてるということ。図らずも長期休暇を手に入れたようなものです。

         

        私は沖縄に来た後に6ヶ月間の失業保険受給者生活を経験していますが、今思えば、あの時せめて1ヶ月くらいを離島巡りに使えば良かったと後悔しています。とはいえ、再度同じ状況になったら「それどころじゃない」と言いつつ、職探しをするんでしょうね。悲しいわ(笑)

         

         

        記憶の中の同級生は皆んな高校生のままなのに、いきなり還暦ですからねぇ(笑)。体細胞は幾度も入れ替わってるのに、どうやって原型を留めているのか不思議です。もちろん、概ね年齢に応じて劣化傾向にはあるものの、中には改善されているかのように見える人もいて驚きです。


        19年前の今日

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル


          今日、5月5日は父の命日です。父が亡くなった年、私は40歳でしたから、19年前になります。

          定年退職を迎えた年、近所の本屋へバイクで出かけた父は軽トラックと出会い頭に衝突し、意識不明の重体になりました。昏睡状態のまま事故から4、5日が過ぎた頃、「俺がわかるかっ!!」と呼びかける私に、父が初めて目を開き「おお、ヤス(泰弘)か」と。待ちわびていた父の声を聞き、泣き崩れる母。

          頚椎に損傷を負った父は、以降、身体の自由を取り戻すためのリハビリーに励みました。そして事故から10年。父は杖を使って散歩ができる程度に回復していましたが、敗血症で帰らぬ人となりました。70歳でした。

          父の告別式。喪主は母でしたが、母に代わって私が概ねこんな挨拶をしました。


          本日は父の告別式にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

          私が産まれるずっと前の話です。父は、中学の入学手続きに戸籍謄本が必要になり、役所に出掛けました。そこで、そこまで両親と思っていた、つまり私の祖父母が実の親ではないことを知りました。父には実の姉がいましたが、その時既に病死しており、父はこの世に自分と血の繋がった人間が一人もいないことも知りました。祖父母に問いただす訳にもいかず、ずっと、知らないことにしていたそうです。

          それから十数年が過ぎ、父は母と結婚し、やがて私が産まれました。父にとっては、初めて自分と血の繋がった人間が現れたことになり、それはそれは喜んでくれたようです。

          10年前の事故で身体の自由を奪われ、リハビリーを続けていまして、一昨年、リハビリーの環境を変えようと母と共に大阪に来ました。こちらに来てからも徐々にではありますが、自分でできることが増えていたように思います。

          定年まで仕事を勤め上げ、悠々自適な毎日を送れるはずでしたが、そんな矢先に事故に遭い、つくづく父はツイてないと思いました。しかし事故後の10年は、私の横にいる母と妹が、何事よりも父を優先した毎日を送ってくれて、一昨年からは私の家族がそこに加わりました。

          事故に遭ったことは、返す返すも残念ではありますが、その後の10年には、父は満足してくれたのではないでしょうか。また、本日はこのように沢山の皆様にお集まりいただき、父も喜んでくれていると思います。

          遺族を代表して、重ねてお礼申し上げます。本日は本当にありがとうございました。



          この電気カミソリは父が使っていたもので、今は私が使っています。



          既に替え刃も生産されておらず、剃り味はイマイチですが、動いてるうちは使うつもりです。私が時々、アゴの下あたりにチョロンとヒゲを剃り残しているのは、こいつのせいです。

          19年も経つと、命日がいつだったかと考えるはずですが、父の命日は子供の日。ついでに誕生日は節分なので、どちらも絶対に忘れない仕掛けになっています。


          次女がくれたタンブラー

          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル

            この春、大学を卒業した(私の)次女が就職し、横浜で一人暮らしを始めました。

            建築を専攻し、その業界に入ったところさっそく現場実習だそうで、こんな格好をしています。これは駅のホームみたいですね。




            先日、初めての給料をもらったらしく、陶器製のタンブラーを送ってきました。これで泡盛を飲んで酔っ払えと(笑)

            しゃらくさいことをされた私は、さっそく知念精肉店で豚・牛・鶏の上等5キロセットを買い求め、次女に送り返したのでした。

            沖縄では需要の多い豚肉が安く、牛と鶏はナイチ並みだと思います。まあそこを、知念精肉店が卸値で分けてくれるので、5キロも送れば充分に送料が出ます。


            東京に荷物を送る場合、午前中に出せば翌日到着することを経験的に知っていましたが、仕事に手間取り、郵便局に預けたのが一昨日の午前11時でした。

            送料をケチってチルドで出した私は心配で、追跡システムを使って後を追いました。

            昼過ぎに那覇市中央郵便局を出発した豚肉たちは直ちに那覇空港を離陸し、一昨日の夕方に羽田空港へ着陸しました。それから、東京の郵便局を経由して、深夜には川崎の郵便局に着きました。

            そして、昨日朝5時には次女の最寄り郵便局に到着。

            早!!

            これなら、次女が解凍する手間が省けたというもの。いや、冷蔵庫より上手に解凍できてるはずです。


            タイトルと投稿の内容がやや違いますが、お父さんはタンブラーの写真を撮り忘れ、昨夜の次女からの電話には、既に寝ぼけていて出れませんでした。

            そのようなことから、親子の心温まる話は無く、郵パックが早いか遅いかという話になった次第です。

            問題は、豚肉たちが小さな冷蔵庫の冷凍室に収まったかどうかですが、まあなんとかなったんでしょう。


            ああ、それから、長女は心斎橋でこんなショップをやってます。

            みちのたより



            関西在住の読者の皆様、どうかよろしくお願い致します。通販もやってます。m(_ _)m


            呉の「ヤブ」

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              私の故郷、広島県呉市の「ヤブ」です。



              11月3日は市内各神社のお祭りの日。このヤブは、私の同級生がFacebookに載せた彼の息子です。

              ヤブは鬼のこと。神様が神社を出て、町内を巡回しますが、その道案内と護衛をします。


              今は違うかもしれませんが、私が子供の頃は、小学5年になるとヤブになる資格を得ました。小学5年になった私はヤブになり、町内でブイブイいわせたのです。

              ところがねぇ。

              縄で縛られた鬼の面が顔に食い込み、痛いこと痛いこと。また、ヤブの衣装は温泉宿の浴衣のような生地で、寒い寒い。

              実家の前を通るので、家族が私を見ることになり、母が「あんな格好したら風邪ひく思うて、家に帰らそうとしたわ。」と言うてました。

              とは言え、ヤブは祭りの主役。「赤ちゃんを抱いてくれ。」と言われたり、子供が怖がって逃げたり、休憩所のお宅ではご馳走をいただいたり、なかなかいい気分でした。

              そして、近所のおばさんが「誰ね?。」と言うたびに、お面の下の方を上げて、顔を見せるのが嬉しい(笑)。


              私の実家の近くにある伏原神社。町内の巡回を終えた神輿が、神社の長い階段を登ります。それを阻止する人達(悪霊か?)がいて、階段でヤブと激しくもみ合います。もちろんそれも儀式の一部なので、所定の時間になると、神様は神社に帰還するのです。


              ヤブは役割を終え、お小遣いの3百円をいただきます。

              思えば、私の人生初の労働報酬でした。私の生涯所得がいくらなのか見当がつきませんが、そのリストがあるとすれば、一行目は3百円なのでした。


              「みちのたより」開店2周年

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                3年前に通販を始め、2年前に心斎橋で店舗をオープン。

                私の長女のショップ「みちのたより」です。




                全国の「道の駅」を歩いて、お勧め特産品を仕入れ、販売しています。

                最近は、東急ハンズなどが期間限定で店内ショップを開設してくれたり、メディアも好意的な記事を掲載してくれているようです。


                石の上にも3年。

                最初は、斜に構えて見ていましたが、長女の頑張りは認めざるをえません。

                これまで店舗を訪ねていただいた方、通販で買物していただいた方、ありがとうございます。

                引き続き、何卒、ご贔屓のほど。m(_ _)m


                明後日は長女の誕生日。そこで急遽、投稿した次第です。


                あっ!!。日曜日などに店番をしている、やや背の高い女性が、次女です。


                乗っ取られたLINE

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  関西に住む友人から、久しぶりに連絡がありました。



                  ◯◯「何してますか?忙しいですか?手伝ってもらってもいいですか?」

                  C「あら、◯◯。」

                  ◯◯「近くのコンビニエンスストアでwebmoneyのプリペイドカードを買うのを手伝ってもらえますか?」

                  C「はぁ?」

                  ◯◯「10000点のカードを4枚買って下さい。今は行けないので明日お金を渡します。」

                  C「ハッキングか。」



                  誰かが、◯◯のLINEを乗っ取り、なりすましのメッセージを一斉発信したようです。

                  しかし、バレバレ。画面の下に隠れていますが、私が「ハッキングか。」と返信すると、それっきりになりました。


                  仮に、私がダマされて、webmoneyを買っていたら、こんな感じになるはず。

                  C「買ってきたよ。」

                  ◯◯「ありがとう。すぐに使いたいから、コードを教えて。」

                  C「はいはい、コードはね・・・・。」


                  報道によると、LINEの運営会社へ報告が3百件ほどあり、そのうち3件で被害が出てるようです。

                  さっそく、先ほどの画像を◯◯に送り、ハッキングされてると伝えたところ、すぐに電話があり、

                  ◯◯「どうなってんの!?。私、知らないわよ。」

                  C「そりゃそうだろ(笑)。なりすまされてんだから。」

                  ◯◯「で、どうしたらいい?。」

                  C「LINEの友達に、ハッキングされたことを伝えないと。LINEと違う方法でね。」

                  ◯◯「で?。」

                  C「LINEのIDを削除して、新しくIDを取り直す。そして、新しいIDから友達に再開のメッセージを送る。」

                  ◯◯「わかった。じゃあね。」


                  ◯◯からのメッセージを信用した人もいるでしょうね。

                  「ふざけるな!!」と怒って連絡してくれれば良いのですが、「こんなことする人じゃなかったのに。」と放置されたら困ったことになります。


                  すぐにできるハッキング対策の一つは、色々なサービスごとにパスワードを変えることでしょう。

                  しかし、パスワードを使う度に、いちいちメモを見るって面倒くさいよな。

                  まあ、俺のLINEはほっとこか(笑)。


                  検索キーワードでわかったこと

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    これまで何度か紹介した、私の娘のショップ「みちのたより」

                    ここ数日、それをキーワードに、このブログが検索されているので、なんでやろと思ったら、これでした。



                    読売新聞の関西版が紹介してくれたんですね。ショップを開いた経緯、地方特産品へのこだわり、生産者との交流など、うまくまとめられていました。

                    店を開いて一年半。大阪心斎橋の高い家賃を支払えてるのですから、そこそこ頑張ってるってことなんでしょう。

                    果たして、この事業は成功するのか。成功までの道筋が、娘には見えているのか。

                    そのあたりはよくわかりませんが、少なくとも周囲の皆さんに、励ましていただけてることは間違い無いようです。

                    娘は24歳。

                    う〜む。24歳なんだなぁ。


                    故郷の桜

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      広島県呉市の実家には、母と妹が暮らしています。

                      先日、妹が桜の写真を送ってくれました。実家の二階から撮ったようです。



                      かつて、この斜面は数十本の桜が花を咲かせ、それは見事な眺めでした。ところが、私が小学3年の時、大雨で土砂崩れが発生し、私の目の前でほとんどの桜が根こそぎ流されてしまいました。

                      それから47年。残った桜が成長し、花を咲かせていたんですね。


                      それで思い出したのが、この桜です。



                      岡山県落合の「醍醐桜」。樹齢は千年と言われています。

                      後醍醐天皇が隠岐島に流されたのが1332年。その途中でこの桜に立ち寄ったことで、この名前が付いたと伝えられています。それから約700年。醍醐桜は中国山地の丘の上で生き続けたわけです。




                      故郷の桜も醍醐桜のような巨木に育って欲しいものですが、それを確認できるのは、遥か先の私の子孫ってことですね。


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM