知念精肉店のおすすめ商品

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    私が知念精肉店で買物をする時、支払いはツケにしてもらってます。お母さんは「年内に払ってくれたらいいよ〜」などと言うてますが、そんにためたら払えません(笑)。だから給料日払い。給料前でどんなに貧乏になっても、私が食事に困ることはないのは知念のおかげです。

     

     

    さて、横浜に住む私の次女は社会人3年目。仕事が忙しく、食事を作るヒマも無いと言うので、知念精肉店で私的おすすめ商品を貰って、チルドで送りました。

     

     

     

    (1)スペアリブ

     

    調理済みのパックなので、解凍してレンジでチンすれば出来上がり。しつこさが無く、いくらでも食べれます。1キロパックで2回分かと。骨も含めて1キロだからね(笑)

     

    (2)あぐー豚ハンバーグ

     

    レトルトのハンバーグは概ねマズイと思いますが、これだけは別。那覇のレストランで提供したとして、レトルトと見破れる客が何パーセントいるでしょう。まあ、一桁。それも小さい数字になると予想します。

     

    (3)三枚肉

     

    カタマリで売ってる三枚肉を、しゃぶしゃぶ用にスライスしてもらいました。1キロを2回で食べるとやや多く、3回だとやや少ないか。

     

    (4)国産かぼちゃ

     

    白ダシなどを入れ、超弱火で10分ほど煮込みます。私が知念で買物をする時は、必ずこれを買うので、そのクセで追加しました。

     

     

    娘は「美味しかったぁ。ありがと〜」と言うに決まってる(言うしかない)ので、あまり参考になりません。

     

    「おお、美味しそうだ」と思ったら、いずれの商品も農連プラザ1階知念精肉店で取り扱ってますので、是非、お試し下さい。

     

    「結局、知念精肉店のコマーシャル?」と思った方。それ、正解です(^o^)/


    馬刺しがサンマ〜!!(笑)

    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル 

       

      先週末に知念精肉店のワタリグチと飲んだことが関係があるのか無いのか、知念のお母さんが馬刺しをくれました。

       

      部位を聞くのを忘れましたが、モモ肉な気がします。

       

       

      さっそく、胡麻油と生姜醤油を用意して食べたところ、生姜でサンマ〜!!。

       

      「なんか、それ」と思った方は沖縄研究が足りませんね。ナイチではマイウ〜!!と言うじゃないですか(笑)

       

       

      馬肉を桜肉と呼ぶ由来は諸説あるようですが、桜色にはちょっと見えないかな?。

       

       

      ある説によれば、冬を越すために脂肪を蓄えた馬は桜の咲く頃に食べ頃になるそうで、それを知ってる人が知念に馬刺しを注文したと。したら、それがやや余ったと(笑)

       

      いまどき、生肉を食べる機会は少なくなりましたが、私は知念のお母さんの目利きには絶大な信頼を寄せており、あの方に「食べれ」と言われれば、どんな得体の知れない肉でも食べる自信があります。

       

       

      早くも馬刺しは終盤を迎えまして、最後の5切れほどは胡麻油でいただきましょう。ワタクシ、既に身体がポカポカしてまして、率直に言えばムラムラしております。

       

      さて、そのあたりはどうしゅるか(笑)


      ワタリグチと飲んだ

      0

        JUGEMテーマ:地域/ローカル 

         

        昨夜は知念精肉店のワタリグチ(30)と飲みました。

         

        場所は焼肉「安安」南風原店。知念のお母さんがワタリグチを心配するので、彼の家から徒歩圏内の店を選びました。

         

         

        彼の第一声は、

         

        「ちょ、Cさぁん。LINEにもっと絵文字とか使って下さいよぉ。もう、すっげー怒ってるって思うじゃないっスか」

         

         

        焼肉を食べながら色々な話をしました。

         

        ワ「これ、絶対言わんで下さいよ。絶対っスよ」

         

        C「お〜い、もう面倒だからそんな言うなぁ。全部絶対言わんから『これは言って欲しい』って時はそう言って」

         

        ワ「あっ、そうっスか。わかりました。え〜っと、何だったかな。あっ、そうそう。この間ね、こんなことがあったんスよ。あっ、これ、絶対言わんで下さいよ」

         

        C「(笑)」

         

         

        言うなってことなので書けませんが、概ね、一族経営の知念精肉店で、シージャ(年長者)に囲まれた彼の立場を訴えるもの。ワタリグチは知念のお母さんの弟の息子で、知念の長男や娘達は彼のイトコです。

         

        時々、彼が農連プラザの喫煙コーナーに立ち、ガーブ川を眺めていることがありまして、「あっ、ま〜たサボってる」と思ってましたが、あれは店に戻る前に、自分の立ち位置を確認しつつ、呼吸を整えてたりしてるんですね。

         

        C「ところであの話は、どうなった?」

         

        ワ「あっ、やっぱそれ聞きますか(笑)。Cさん、これだけは絶対言わんで下さいよ。あれはね・・」

         

         

        まあとにかく、彼が私を信用してくれてることは良くわかりました(笑)

         

        楽しい時間が過ぎ、じゃあ出ようってことになりました。ワタリグチはこれから小禄に向かい、先輩に会うとのこと。彼の自宅近くの焼肉屋を選んでも、何にもならんのでした(笑)


        夜のウチナーンチュ

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル 

           

          知念精肉店に新人が加入し、後輩ができたワタリグチ。「俺にも子分ができたっス」と威張るので、「先輩〜、たまには飲みに連れてって下さいよぉ」と言ったら、「まず、ヤーが飲ませれ」と(いう意味のことを)言うので、明日、一緒に焼肉屋へ行くことになりました。

           

          それを聞いた知念のお母さんは、あまりいい顔をしません。

           

          「あの子が飲んだら、ハーッサ、もうデージ」

           

          「ショウタっ!!。沢山飲まないよっ、ヒィ」

           

          最後の「ヒィ」は和訳が難しいものの、女性なら「ねぇ」、男性なら「おい」に置き換えれば近いでしょう。



          左端がワタリグチ。


          C「お前はまったく信用ないんだなぁ」

           

          ワ「ウッス(笑)」

           

          C「で、仕事は何時に終わりそうか?」

           

          ワ「今は忙しいんで、7時か8時っス」

           

          C「じゃあ、8時半にするか。予約しといたほうがええやろな」

           

          ワ「あっ、いや、もうちょっと後で」

           

          C「じゃあ9時か。え〜っ、9時から飲むの?」

           

          ワ「えっ?。シャワーやったり、髭そったりするじゃないですか」

           

          C「はぁ?。おまえの相手は俺やで」

           

          ワ「えっ?。Cさんはしないんスか?」

           

           

          例えば、コザの民謡酒場「花ぬ島」の営業時間は22時から3時。つまりこれが、ウチナーンチュが飲みたくなる時間なんですよ。

           

          仕事帰りに飲むナイチャーとは違って、まずお家に帰り、シャワーを浴び、髭を剃り、夕食を済ませて飲みに出かけます。だから、ワタリグチはその系譜を正しくたどっていると言えるでしょう。

           

           

          焼肉屋を出たら、おそらくこうなるでしょう。

           

          C「わっ、もう12時か。また飲もな」

           

          ワ「えっ?。もう帰るんスかぁ?。まぁ〜だ12時前じゃないですかぁ。ボトル入れてますから行きましょうよぉ」

           

          C「俺は早起きしてるから、もう寝るんや」

           

          ワ「それは俺もじゃないですかぁ。女の子もいますから、ウフフ。ねぇ、行きましょうよぉ」

           

          C「女の子はええねん。じゃあな」

           

           

          それで、ワタリグチは女の子("子"かどうかは疑わしいが)と3時頃まで飲んで、お家に帰って服も脱がずに寝るか、帰る途中の電柱に抱きついて寝ると。これは平日でも同じはず。

           

          あるウチナーンチュがこんなことを言ってました。

           

          「二日酔いでボーっとして仕事するだろ。浮遊感って言うの?。あれがいいわけよね。それで、仕事が終わるころになるとシャキッとしてからよ。さぁ、シャワーでも浴びて飲み行くかってなるわけさぁ(笑)」

           

          つまり、彼らの一日の起点は夕方なんですよ。一日が始まる時間だから、シャワーを使って、歯も磨き、髭も剃ると。

           

          だったらいつ寝るんだ?と思いますよね。サメだったかマグロだったか、泳ぐのをやめると死んでしまう魚がいて、そいつらは半分眠りながら泳ぐらしいじゃないですか。

           

          だからね。昼間はボーっとしてるのに、夕方になると妙にイキイキとするウチナーンチュは、そのワザを身につけてるんですよ。

           

          12時前に帰ろうとする私なんて、ワタリグチに言わせれば「やる気あるんスか?、ヒィ」みたいなもんですよ、きっと。


          ワタリグチ成長中、ならびにトモコオバぁ復活

          0

            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            投稿とは関係ありませんが、こちらは開南本通りの照喜名製麺所。近々、糸満に移るそうです。




            (1)ワタリグチ成長中

            知念精肉店の工場に来ました。

            C「ちわ〜」

            三女「あっ、Cさん。いらっしゃ〜い」

            C「はい、月曜日の注文ね。おい、ワタリグチは成長したな」

            三「えっ、何、何?。ショータがどうしたの?」

            C「今、ここに来ようとしたら、湧田の前にあいつがいてね。『おっ!、ちょうどええやん』と思って、注文書を渡そうとしたのね」

            三「あら、来たらいいのに」

            C「ありがとう。そしたらあいつが『おいおい、俺に注文書を渡しても、どうせお前は昼の(配達の)豚肉を取りに行かなあかんやろ。よ〜考えれ』みたいな顔でニヤッてするわけ。『おっ、そうやった』と思って、今ここに」

            三「あ〜、違う、違う。ショータは何も考えてないから(笑)。それはCさんを見てニコッとしただけよ」

            C「そうかぁ?。俺は『こいつ、段取りが頭に入っとんな』って感心したのに」

            三「ありがとうございます。でも違うと思う」

            そこへ帰って来たワタリグチ。

            ワ「うっス」

            C「おい、ワタリグチ。さっき湧田の前で、俺を見てニヤッとしただろ」

            ワ「したっス(笑)。俺に注文書を渡したいのかな〜って思ったんスけど、Cさんはお昼の豚ロースを取らないと」

            三「キャーーッ!!」

            C「お〜〜」


            (2)トモコオバぁ復活

            3日ほど仕事を休んでいたトモコオバぁ出て来ました。

            ト「ニィニィ、長く休んでごめんねぇ」

            C「どした?。具合が悪かった?」

            ト「ウチがね?、違うさぁ。ネェネェの具合が悪いって言ったさぁ」

            C「機械の調子が悪いってのは聞いたけど、まあ、元気なら良かった」

            ト「ウチは崖から落ちても死なんよ」

            C「確かにな」

            ト「ウフフ」

            C「・・・」

            ト「ニィニィは崖から落ちたことがあるの?」

            C「崖から落ちてカマボコ買いに来るやつはおらんやろ」

            ト「そうよねぇ(笑)」

            C「で、さっきの『ウフフ』は、自分が崖から落ちるとこを想像したのね」

            ト「アハハ、良く分かったね」

            C「落ちながら、こっちを見ないでよね(笑)」


            立派になったワタリグチ

            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              某保育園へ冷凍チキンナゲット250個(50個入、5パック)を納品しました。



              配達からの帰り道。その保育園の調理師から、5パックのうち1パックが開封され、テープされてるので、未開封のものと交換せよと電話がありました。

              私は知念精肉店に急行し、新品を受け取って保育園へUターン。開封済を知念精肉店へ返品したのでした。色々と忙しい時間帯ですが、解凍してしまうのでチキンが最優先です。


              知念精肉店で、

              三女「Cさん、ごめん。ショータがチキンの数を確認したのよ」

              C「こら、ワタリグチ。スーパーの冷凍食品売り場に開封されてるチキンがあって、お前、それを買うか?。数が知りたかったらメーカーに電話すればいいじゃん」

              ワ「うっス。すみません」

              三「ショータ。そうしてね」

              ワ「うっス」

              C「ところで。お前、頭にこないの?」

              ワ「ちょっと。いや、うっス」

              C「お前、分かっとらんな。この間、その客に『端数ですみませ〜ん』って、冷凍オムレツ(50個入)220個の注文があっただろ。20個はどうしたの?」

              ワ「えっ?、袋を破って20個数えて・・・。あっ!!、今日と一緒っスね(笑)」

              C「頭にくるやん」

              ワ「今、きました(笑)」

              C「客がそれに気付いてないのよね。まあ待っとれ。俺がこの次、バシッとやったるから」

              ワ「アハハ。いや、Cさん。それはいいっス。俺がメーカーに電話すれば良かったんス」

              C「おおっ!!。ショータロー。ちょっと見ない間に、立派なことを言うようになったなぁ」

              ワ「毎日会ってるじゃないですか(笑)。ショータっス」

              C「じゃあ、お前はそれでええとして。俺はお前のように人間ができとらんからな。次に端数の注文があった時にバシッとやったる」

              三「どうするの?」

              C「まず200個出して、客に『あら、あと20個は?』って言わせといて、20個を出す。そん時にショータローの下手くそなテーピングをな。わざと上にして出すわけよ。で、客が『あっ!!』っと。あ〜、ワクワクする」

              ワ、三「(笑)」

              C「じゃあな。おじさんは忙しいから行くで」



              バーベキューと選挙

              0
                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                今日はこのところスッタモンダしていた中学校のバーベキューと、沖縄県議会議員の選挙です。


                まず、バーベキュー。9時過ぎに近所の中学校で保育園の調理師と会い、知念精肉店の冷蔵トラックを待ちました。

                やがて、知念の三女(ミス那覇高の姉ちゃん)と長男の息子(ワタリグチのパシリ)がやって来ました。

                最近の農連市場では、お肉や冷凍食品を荷台に積んだバイク2台が連なって走っています。

                先頭を走るのはワタリグチ。その後に長男の息子が続きます。ワタリグチの「おう、ちゃんとついてこいよっ」って顔が生意気で笑えます。


                バーベキュー会場では、コンロを置くテーブルが足らないことが判明し、コンロはこのようにセットされました。



                知念の三女が急いでアルミホイールを買って来てくれたので、調理室の雰囲気になってます。

                すぐ近くに朝礼台があったので、「おっ、これでええやん」と提案しましたが、父兄達に直ちに却下されて残念です。

                ところで、中学生達が食べる牛ロース12キロは、一目見て上等ロースとわかりました。知念のお母さんが奮発してくれたようです。コンロのセッティングが終わり、食材等の検品も完了。子供達には美味しいお肉をたっぷり食べていただきたい。


                一旦、バーベキュー会場を後にして、私は県議会議員選挙の投票所へ向かいました。



                東京都議会は舛添知事にきちんと責任を取らせることができるのか。

                沖縄県議会も県民を代表している立場を忘れず、県行政を厳しく監視していただきたい。

                今回の選挙は現職が再選し、残る議席を新人が争う展開に思えますが、果たして結果はいかに。


                さて、好天に恵まれた日曜日。大切な仕事を二つも済ませましたので、家でダラダラしながら、開票速報を待ちたいと思います。


                バーベキューのどっちもどっち(その後)

                0
                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                  60人のバーベキューまで残り3日となった昨日。知念精肉店ならびに主催者の調理師はこんな状況にあります。


                  (知念精肉店)

                  三女「バーベキューのプロパンガスなんだけど」

                  C「うん」

                  三「ガスのバーナーのところに釜みたいなものが必要なの」

                  C「ああ、コンロね」

                  三「それがレンタルで有料なんだって。ガス料金とは別で」

                  C「ほぉ〜」

                  三「えっ!?、『ほぉ〜』って怖いんだけど」

                  C「あと3日でしょ。そう伝えるしかないし、お客さんは了解するしかないじゃん」

                  三「ごめんなさい」

                  C「で、料金は?」

                  三「これから連絡が来る」

                  C「・・・」

                  三「あっ、ごめん。本当にごめんなさい」




                  (調理師)

                  C「だそうです」

                  調「わかった。じゃあ、料金を知らせてね。あっ、それからCさん」

                  C「え〜〜っ!?って、先に驚いてみたけど、なに?(笑)」

                  調「当日ね、10時に配達をお願いしてたんだけど、9時半にしてもらえないかな」

                  C「言っときますよ。でも、なんで?」

                  調「みんなが集まる前にセットしておいたほうがいいかな〜と思って」

                  C「ほっほぉ〜」

                  調「あ〜っ!。『それが今かよぉ』って思ってるでしょ」

                  C「人の頭の中を覗かんでエエから(笑)」


                  (知念精肉店)

                  C「ですって」

                  三「オッケー。9時半ね。コンロの件は本当にすみませんでした」

                  C「先週、納品リストをお願いしたでしょ。無視されたけど」

                  三「あっ!!」

                  C「あれはね。納品する物のリストだけど、同時に納品しない物のリストでもあるわけ。むしろ、そっちに意味があるのよね」

                  三「あっ、鉄板に引く油とか?」

                  C「そうそう。あらかじめ渡しておけば、当日、足りない物があっても、お客さんが何とかすることになるやろ」

                  三「そうよね」

                  C「それが無いと、相手は客だから『持ってきてもらえると思ってましたぁ』とか、『常識でしょ!!』とか言われて、こっちが慌てることになるのよ」

                  三「前に、ニィニィに同じようなような事を言われたんだけど、今、ちゃんとわかった」

                  C「そりゃ、良かった。納品リストは俺が作って渡した。コンロも入れて」

                  三「すみません」


                  なんとかバーベキューは成立する見込みです。

                  今回分かったのですが、知念精肉店は積極前にはバーベキューの仕事を取ってないみたいです。

                  バーベキューの売り上げを喜んでるのか、そうでもないけど私の顔を立てて引き受けてくれたのか。そのあたりは不明なままなのであります。


                  ミス沖縄ではなくて・・・

                  0
                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                    沖縄の顔として、観光振興に頑張ってくれてるミス沖縄の皆さん。



                    写真は先代のミス沖縄で、左からスカイブルー、コバルトブルー、クリーングリーングレイシャス。立ち位置が常に同じなので、表彰台のように、真ん中のコバルトブルーさんが、ちょっとだけ上のポジションなのかもしれません。知らんけど。

                    募集要項によれば、ミス沖縄の賞金は10万円だそうです。そして、募集要項のどこを見ても報酬の記載がありません。

                    一年間拘束されて、その対価が10万円だとすれば、それはあんまりと言うもの。逆に、そんな条件でもミス沖縄に選ばれることには価値があるってことなんでしょう。


                    話はガラッと変わりまして、農連市場の知念精肉店。

                    知念のお母さんの子供は1男5女で、孫が16人います。まだひ孫はいませんが、まもなく16人の孫達が、ひ孫をポコポコと量産することでしょう。

                    そして、5人の娘達は「知念の美人姉妹」として知られています。私が知ってるのは市場の売店で働く長女(もしくは次女)と精肉工場の三女ですが、確かに二人とも美人です。

                    特に三女は、何代目かのミス沖縄だそうで「う〜ん、なるほどぉ」と思っていました。


                    ところが昨日、何かのハズミでこんな話になりました。

                    C「ミス沖縄だったってね、凄いね」

                    三「え〜、誰がそんなこと言ったの?、違うわよ」

                    C「ありゃ、違うのか?」

                    三「私は違うけど、妹はミス那覇高よ」

                    C「あらまあ、姉ちゃんがミス沖縄かと思えば、妹がミス那覇高(笑)。市場の伝言ゲームはアテにならんな」

                    三「うちの妹は美人よ〜」

                    C「ミス那覇高だからね。まあ、そこだけ聞けば『ほ〜』と思っただろうけど、ミス沖縄から降りてきたところだから、何ともかんとも(笑)」

                    三「すみません、期待外れで」

                    C「何年も前からそう思ってたのにねぇ。それにしても五人姉妹が全員美人って、お母さんがさぞお綺麗な方なんでしょうねぇ」

                    母「あ〜ら、ギャハハ!!」

                    C「(笑)」

                    母「Cさん。ある男の人がね。『貴女の娘さん達は確かに美人だけど、誰一人若い頃の貴女を超えられなかったね』だって。えへへ」

                    C「はい、じゃあ今日はこんくらいで。日曜日のバーベキューはよろしくね(笑)」


                    かくして「ミス沖縄と知り合い」という私の地位は、一瞬にして「ミス那覇高の姉ちゃんと知り合い」に格下げとなったのでした。

                    う〜む。聞かなきゃ良かったのか?(笑)


                    バーベキューのどっちもどっち

                    0
                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      鳳凰木が満開です。



                      木によって花の量(緑との割合)はマチマチですが、それは毎年変わらないようです。

                      繁多川のこの鳳凰木。傘は小さめですが花の量が多く、毎年、開花が楽しみです。場所はファミリーマート繁多川四丁目店の前。



                      さて私は、イライラしながら花を眺め、気持ちを鎮めようとしていますが、それはこんな経緯によります。

                      (1)2週間前の保育園

                      調「6月5日に息子の中学校でバーベキューをやるんだけど、材料の手配をお願いできる?」

                      C「いいっすよ。園の行事じゃないのなら、ウチを通さず直接肉屋に注文しましょう」

                      調「あら、Cさんとこはいいの?」

                      C「値段が高くなるし、働くのは肉屋だからね。伝えておきますよ」

                      調「じゃあ、お願いね」


                      (2)2週間前の知念精肉店

                      C「6月5日の日曜日に、中学校でバーベキューがあるんだけど、引き受ける?」

                      知「あら、ありがとう」

                      C「じゃあメモして。人数は60人で、予算は一人千円。一人当たり牛ロース200gで12キロ。焼き鳥2本で120本。ポークウインナー同じく120本。イカとコーン。野菜はキャベツ、ピーマン、玉ねぎをカットして。鉄板が4枚とガスコンロ」

                      知「オッケーよ」

                      C「それから配達が10時で14時に回収。ガス料金は別」

                      知「わかった」


                      (3)先週の知念精肉店

                      C「バーベキューは問題ある?」

                      知「あっ、あれね。ガス屋さんが日曜日に対応してくれるかどうか」

                      C「えっ、まだそんなこと言ってんの?」

                      知「ごめんなさい、まだなの」

                      C「引き受けて1週間も経って『できません』はダメよ」

                      知「わかってる」

                      C「あっ、それから、納品書を書いといて。あらかじめ渡しておけば、当日、あれが無いこれが無いってならんでしょ。来週中頃までにお願いね」

                      知「オッケー、わかった」


                      (4)昨日の知念精肉店

                      先週頼んだ納品書はまだの様子、もしくは忘れてるか。

                      「できた?」って聞いても、やってないに決まってるので、こちらからは聞きもせず。今日で今週は終わりです。

                      「決めた通りにやれよぉ。ったくウチナーンチュって、いつも出たとこ勝負なんだよなぁ。返事だけはいいから、それがまたムカツク」

                      と、思う一方で、

                      「納品書を書こうが書くまいが、バーベキューは無事に終わるはず。几帳面に段取りしようとするのはナイチャーなんだよな。気にはなるけどほっとくか」

                      と、言いつつも、

                      「結局、当日になってバタバタするんだろな。あ〜、もう知らんっ!!」


                      (5)昨日の保育園

                      C「バーベキューは何かありますか?」

                      調「あぁ、バーベキューね。やるのかな」

                      C「はぁ?」

                      調「世話役の人が何も言って来ないのよ。あっ、そうだ。お肉屋さんの電話番号を教えといて」

                      C「当日、私も顔を出しますよ。近所だし」

                      調「私達だけだったりして(笑)」

                      C「そん時は息子さんと三人で12キロ食べましょう。あっ、雨だったらどうなるの?」

                      調「濡れない所があるから大丈夫」

                      C「オッケー。で、本当にやるのよね、バーベキュー」

                      調「やるでしょ。たぶん(笑)」


                      ほんま、どっちもどっち。

                      この人達は、いったいどうなっとるんだ?


                      焼肉のタレはどっちが用意すんの?、箸や皿は?、支払いの方法は?

                      あ〜、もうっ!!

                      知らん、知らん。

                      シ、ル、カッ、ちゅうの。


                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      プロフィール
                      profilephoto


                      念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
                      沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
                      Twitter
                      お勧めの本と映画
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM