郷に入れば郷に従え

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    沖縄の古民家を購入して別荘にしたナイチャーがいました。海側に防風林のフクギがびっしりと植えられている集落でした。

     

     

    ところがそれでは海が見えません。海が見える別荘にしたいと考えたナイチャーは、無断でフクギを切ってしまったんです。

     

    自分の土地に植えられていたフクギですから、誰かに断るなんて意識はまったくナイチャーにはありませんでした。

     

    その年の夏、台風が集落を襲いました。これまでフクギに守られていた集落でしたが、ナイチャーが伐採した箇所から、海水を含んだ暴風雨が勢いを増して流れ込み、集落全域に甚大な被害をもたらす結果となりました。

     

     

    ナイチャーはフクギを切るべきではなかった。沖縄の自然の厳しさを知らず、フクギの役割さえも理解していなかった。

     

    それならば少なくとも伐採の前に集落の人達に相談をするべきだった。ところが、そのナイチャーにはそんな発想がありませんでした。

     

    ウチナーンチュが集落にナイチャーが入り込むことを嫌う理由がここにあります。それは排他主義などではなく、集落のルールを学ぼうとせず、守ろうともしないナイチャーを受け入れられないということ。当然ですよね。

     

     

    「私のモノをどうしようが私の勝手でしょ」などと当然のように口にする人が散見される昨今、そんな人は沖縄には住めないってことですね。

     

    郷に入れば郷に従え。それだけのことです。もちろんフクギの伐採に限った話ではありません。


    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて11年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM