恥ずかしくはないのか?(2)

0

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    調理師のミスでうどん12キロをスーパーで仕入れるハメになったワタクシ。ミスをした本人は涼しい顔をして、本来なら彼女が負うべきペナルティを私が肩代わりする理不尽。まったくいいかげんにして欲しい。

     

     

    それからしばらく経ったある日のこと。今度は製麺所から連絡があり、製麺機が動かせなくなったので翌日注文の沖縄そば30キロが納品できないとのこと。

     

     

    「それは大変ですねぇ。承知しました」なんて言うわけないだろっ!!

     

    例えば、「他の製麺所にお願いして30キロを確保したから今回はそれで勘弁してくれないか」と言うのならまだしも、何の提案も無く「納品できません。ごめんなさい」で済むわけがないでしょ。恥ずかしくはないのか?

     

     

    そこへ相棒のAが現れました。

     

    A「機械が動かないなら仕方がないさ」

     

    C「ほ〜、立派なことを言うじゃないか」

     

    A「できないことを言ってもムラらね」

     

    C「保育園2ヶ所で30キロ。2ヶ所ともお前が配達してる所だからね。明日の朝はそう言いなさいよ(笑)」

     

    A「えっ?」

     

    C「えっ?じゃないだろ。許してもらえるはずがないから、鍋のお湯が沸騰するまでの間にそばを買ってこないとな」

     

    A「しょっ、しょれはムリらけろ」

     

    C「じゃあどーすんだよ」

     

    そこに製麺所から連絡が入り、その日の納品先スーパーと調整して30キロ確保したとのこと。

     

    A「どっ、どうらった?」

     

    C「あかんな」

     

    A「えっ?」

     

    C「仕方ないだろ。機械が動かんのに」

     

    A「じゃあよ。じゃあ、明日ワンはよ・・」

     

    C「大丈夫。必死でやればなんとかなるってば(笑)」

     

     

    相手の立場を考えれば決して口にできないようなことを、何も考えずに口にできるこの風潮。なんとかなりませんかね。

     

    「相手の立場で考える」は小学校で学んだはず。それを忘れた大人の多いこと。


    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて11年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM