<< さいおんスクウェアの街開き(1) | main | テンペストの登場人物(1) ベッテルハイム(上) >>

さいおんスクウェアの街開き(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    さいおんスクウェアの施設は、高層マンション、ホテル、商業施設(主に飲食店)、図書館、公民館、親水公園などです。

    20110903025216_0.jpg

    かつて、このあたりは古い建物が密集していて防火面での心配がありました。蛇行する安里川が氾濫することもありました。

    それらの問題を改善した点で再開発の意味はあったと言えるでしょうが、国際通りを活性化させるほどの成果は得られないように思えます。


    県庁所在地とはいえ、那覇市の人口は30万人。所詮、田舎の小都市のサイズです。商業施設はすでに供給過剰で、限られたパイを奪い合う状況にあります。ホテルも同様です。

    さいおんスクウェアに観光客や那覇市民を集める魅力的なコンテンツがあるとは思えませんので、結局のところ、敷地内のホテル客や高層マンションの住民が、主な顧客になると考えたほうが良さそうです。


    沖縄では箱物ありきの都市開発が目立ち、そのことに対する否定的な先入観が私にあることは確かです。

    しかし、パイが限られていることも確かで、ここに多くの観光客や那覇市民が集まったとしても、それは他の店に行くはずの客がここに来ただけのことなんですよねぇ。

    どうしようが、島の中の話ですからね。


    蔡音(さいおん)は琉球王朝の政治家で、農業、林業、土木技術の分野で優れた功績がありました。

    是非、彼の意見を聞いてみたいものです。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM