<< テンペストの登場人物(1) ベッテルハイム(中) | main | 神田神保町のアジア文庫 >>

テンペストの登場人物(1) ベッテルハイム(下)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    ベッテルハイムは琉球で充分な成果を得られませんでしたが、英国と琉球の国交が無い中、琉球王府から迫害を受け続けながらも、宣教に取り組んだ8年間は、やはり評価に値します。

    ベッテルハイム一家は、琉球で初めて生活した西洋人家族でした。ベッテルハイムの娘リューチューは、琉球で初めて生まれた西洋人となりました。

    本当に良く頑張ったと思います。


    波之上の護国寺には、プロテスタント教会により石碑が建てられ、そこには「ベッテルハイム博士居住の跡」と記されています。

    20110904073801_0.jpg

    ベッテルハイムの長男は、英国から琉球へ向かう船上で生まれました。その長男の娘、つまりベッテルハイムの孫が、この碑が建立された時に、ここへ来ています。

    その時はまだ、一家が使った井戸が残っていたそうです。

    彼女は、ベッテルハイムがこの地で暮らした8年間を想い、祖父を誇りに思ったことでしょう。


    ベッテルハイムは米国に渡った後、体調が優れず、再度、海外で宣教することはありませんでした。そして、58歳で病死しています。人生のピークを過ごした琉球を振り返る毎日だったそうです。


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM