<< JR大阪駅はどうなる!? | main | 支那そばって何だ? >>

野田首相の約束

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    米国訪問中の野田首相が「日米合意を遵守し、普天間基地の辺野古移設を実現する。」と約束しました。

    沖縄の全ての首長と議会が反対している状況下で、どんな戦略を想い描いているのか。何も考えずに、目の前の相手に心地良い言葉を発しただけなのか。

    同行の玄葉外相は就任時に「踏まれても蹴られても誠心誠意、沖縄の皆さんに向き合っていく。」などと馬鹿な発言をし、ウチナーンチュを絶句させました。

    沖縄を踏んだり蹴ったりしてる側の人間が、一体、誰に踏んだり蹴ったりされるのか。この方も、まったく何も解っていないどころか、何か勘違いしているとしか思えません。


    仲井真沖縄県知事は今、ワシントンにいます。そこで「日米合意を実現するには、銃とブルドーザーによる方法以外にない。それでもやるのか。」と発言しました。

    同じ国の首相と県知事が、同じ日に、米国で真反対の発言をしたわけです。異常、異様としか言いようがありません。


    鳩山元首相が普天間の県外移設を約束し、無抵抗のまま辞任に追い込まれました。今回の野田首相は、鳩山氏よりも更に酷い、大変なことを言ってしまった気がします。

    「終わりの始まり」という言葉がありますが、野田政権は早くもその時期を向かえたようです。


    米国にとって、辺野古の基地建設は国益にかなう話です。一方、首相と県知事の発言のどちらが合理的かと問われれば、県知事を支持する気がします。

    だけどまあ、損する話でもないし、首相が「やる」と言ってるんだから、やらせとこうかと思っているのでしょう。


    日米首脳会談の舞台裏で、米国の笑い声が聞こえます。「どこまで馬鹿な国なんだ」と。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM