<< 奥武山野球場 完成間近! | main | 2009那覇マラソン(1) スタート >>

対馬丸の悲劇(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    対馬丸記念館へ行ってきました。那覇市波之上ビーチのすぐ近くです。

    20120115064724_0.jpg

    学童疎開船対馬丸は、トカラ列島の悪石島沖で、米軍潜水艦の魚雷により沈没しました。後に沈没地点が判明し、海底に沈む対馬丸の映像が公開されました。



    遺族は船体の引き上げを求めましたが、技術の問題なのか、費用の問題なのか、政府はそれを拒み、その代わりにこの記念館を建設したそうです。

    数百人の子供は船倉に閉じ込められたままですから、仮に船体の引き上げができれば、遺骨の収容は可能なはずです。本当に無理なのでしょうか。


    次の絵は、生存者の描いた船内の様子です。

    20120115064746_0.jpg

    乗船してすぐの描写らしく、「ヤマトへ行ける」と子供たちがはしゃいでいます。

    窓も無い、甲板への通路は狭い階段と縄梯子だけという、密室のような船倉だったそうです。

    収容数を増やすために、蚕棚のように板が敷いてあるのがわかります。


    記念館には、亡くなった子供たちの遺影が氏名とともに展示されています。ほぼ全員が小学生です。

    そのうちの一人の子供が着ていた国民服も展示されていました。本当に小さな、幼い服でした。

    「 春めぐり 花は咲けども悪石の 水底の子ら あの歳のまま 」

    その写真の脇にある句が胸をうちます。

    対馬丸記念館は、モノレール県庁前駅から1kmほど。少し頑張れば歩いて行けます。タクシーでも1メーターと思います。

    コメント
    これからもまだまだ沖縄には旅行で訪ねると思いますがビーチや定番観光地だけではなくこういった所へも足を運ばなければいけませんね!
    現在の日本では考えられない出来事ですが…でも本当にあった目をそむけたくなる様な事実なのですから…
    • たにやん
    • 2013/09/18 2:57 PM
    沖縄を理解する上で、琉球王朝と沖縄戦について、基本的な知識があると良いと思いますね。
    • coralway
    • 2013/09/18 4:19 PM
    父の姉が対馬丸にのっていました。



    アニメ「対馬丸 さようなら沖縄」は、対馬丸事件を忠実に描いたアニメで、大きい劇場での公開はされず、主に公民館などで上映されたり、学校の体育館、社会・道徳の授業などで見せていました。

    私も学校の体育館で「お楽しみ会」のようなもので見ました。私は対馬丸のことを知っていたので、最初から怖かったのですが、まわりの子らは楽しそうに見ていました。しかし、米軍の攻撃が始まるあたりから、体育館内は静まりかえり、徐々にすすり泣く女の子達、その声を聞けば、、こっちも、、、まわりのみんなおお泣きです。私はおばさんがのっていた、と思っているから、もっとおお泣きしました。



    こんどのお盆、帰省します。しかも波の上に民泊します(エアなんとか)。行ったら、キーブルダチャーしそうです、記念館。


    あとCさん、新盆と旧盆が同じ日って、うちの母がはじめてじゃないか、、って、ホント?
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/05 12:14 PM
    うちなーんちゅさん

    田原のスナックで働いてたオジぃが津島丸に乗っていて、ヤンバルに流れ着いたらしいけど、その時の話は身内にも一切しないと、ママが言ってました。

    なんとか遺骨を回収できないものかと思います。「あの歳のまま」なんでしょうね。
    • coralway
    • 2019/06/05 4:40 PM
    うちなーんちゅさん

    お盆の話を忘れてた。前後のズレ幅を60日とすれば、60年に一回ってことになりますね。初めてではないでしょうけど、すごく珍しいのは確かですよね。
    • coralway
    • 2019/06/05 4:43 PM
    へーそうなんやー勉強なりました^ ^
    んじゃ、一生に一回ってやつですね
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/05 5:38 PM
    >その時の話は身内にも一切しない


    父の兄が広島で3人息子を育て、栄えている話しましたけど、その兄と、亡くなった父の姉は疎開船が一つ違いだったそうで、父の兄は対馬丸より一つ早くでた船だったそうです。

    なぜ、違う船だったのか、父は疎開しなかったのか、、、

    父が言ってました、祖父も祖母もそのことは話さない と、、、


    とても壮絶な思いがあったのでしょうか、、、、



    おばも、「あの歳のまま」ですか、、、
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/06 10:15 AM
    あっ、、Cさんアニメ「対馬丸 さようなら沖縄」は私より若い世代の方は、ほぼ全て小学生時代に見ています。そして脳内に焼きついているはずです、、、見ているほぼ全ての子供がすすり泣き、、その声を聞きながら、泣きながら、、悲しいストーリーが延々続き、終わりが見えないストーリー、、、


    もうトラウマになっているはずです、、、しかし見た小学生が大人になり、子供ができた時に、「この映画をわが子に見せたい!」と、強く思うのです。だからウチナーンチュにとってこの映画は「戦争を起こしてはいけない」というモチベーションを支えているものの一つ、と思います。



    ちょっと、言い過ぎかもしれないので、MIKANやまちぐゎーで、調査をお願いします^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/06 3:24 PM
    うちなーんちゅさん

    「対馬丸 さようなら沖縄」がYouTubeにフルでアップされてました。観てみます。
    • coralway
    • 2019/06/06 4:57 PM
    こちらのコメントをにたどりつきました。

    うちなーんちゅさん、おばさんが対馬丸で亡くなられていたのですね。

    身内が対馬丸で亡くなった、という方の多さに驚きます。スナックのおじいは当事者ですか。対馬丸は昔の出来事の印象でしたが、そうではないのですね。
    私の住む地域は空襲を受けていないため
    そういった話がほとんど無く、戦争が遠い昔の印象なのです。

    船体写真の鮮明さに驚きました。現在形ですね。
    • ココナッツ
    • 2019/06/16 10:53 PM
    ココナッツさん

    沖縄で戦争が身近に感じられる理由が3つあります。

    一つは平均寿命。

    1985年まで沖縄県の平均寿命は男女とも全国1位でした。その後、どんどん順位を下げて、今は男性が36位で女性が7位。

    ところがね。順位が下げた理由は、中年層以下が早死にするようになったからで、オジぃ、オバぁの世代は、全国1位だった頃の人達が、そのまま長生きしてるんですよ。だから、多くの戦争経験者が健在ってこと。農連市場に来ればそれが分かります。


    二つ目は、沖縄戦が日本国内で行われた地上戦だったこと。

    国民が暮らしてる島で戦争を始めるなんて、本当にどうかしていますよ。沖縄戦の犠牲者はナイチャーが6万6千人(多くは軍人)で、ウチナーンチュ(多くは民間人)が12万2千人。沖縄戦は、そうなることが分かっていて始めた戦争だったんです。

    そして、沖縄戦が終わったとたんに日本は降伏。ウチナーンチュが「私達は本当に日本国民なのか?」と疑問に思って当然です。

    三つ目は、ガマなどの戦跡が数多く身近に残っていること。レンガやコンクリート塀の古いものをよく見ると、簡単に弾痕が見つかります。


    付け加えると、沖縄戦から今年で74年になりますが、沖縄戦の僅か66年前まで、沖縄は琉球王国だったんです。沖縄戦と同じように、琉球王国も身近にあります。

    この投稿の最初のコメントに、「沖縄を理解する上で、琉球王朝と沖縄戦について、基本的な知識が必要」と私が返信してますが、本当にそう思います。
    • coralway
    • 2019/06/17 1:00 AM
    Cさんの知識量には圧倒されます。
    このブログの過去記事は、そういうことを知るのにとても役に立ちます。

    琉球王国もさほど遠くないのですね。
    農連市場のおじいに言わせたら「自分の祖父母の時代は琉球王国だった」とかですかね。

    話かわりますが、キロロ軍曹・ケロロ軍曹のやりとりがしつこくて笑えます。
    • ココナッツ
    • 2019/06/18 4:08 PM
    ココナッツさん

    ケロロ軍曹ね(笑)。たぶん、一杯飲んでご機嫌なんですよ。だから、会話の脈略は無視して、当てずっぽうの返信をするから、ああなります(笑)
    • coralway
    • 2019/06/18 4:53 PM
    昔 沖縄そば作りに欠かせないのが、木灰の上澄み液。アルカリ性で「かんすい」の代わりです。

    灰汁のもととなるのは、本部町よりさらに北方の森に自生するイジュやイタジイの樹木が多かったそうです。特にいじゅは、そばをゆでる大釜のまきにも良かったそうです。沖縄の北部、本部町より北では、ソーキそばが発展しました。うちが元祖ってとこがちらほら、、



    いじゅの花を見て、美しいと愛でるのはもちろんですが、よほどの「そば通」(ソバジョーグー)だと、その花を見て、おいしいソーキそばを思い出し、よだれが出るのでは?



    うりずんや すばの合席 いじゅ 栄える

    ソーキそばのおいしい本部町の山原そば(やんばるそば)の厨房横の色紙に書かれています。いじゅを愛してやまない店主の素直な気持ちが見えて、とても好きな言葉です、、、以上




    キロローーーーー^^
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/18 5:42 PM
    うちなーんちゅさん

    その句は山原そばの店主が詠んだものだったんですね。うちなーんちゅさんの作品かと(^^)

    灰汁はいじゅの木からできてたんですね。知らなかったわぁ。ウチの近くでは、識名のてんtoてんが美味しい灰汁そばを出してます(^-^)/
    • coralway
    • 2019/06/18 5:58 PM
    そう思って昨日のキロロ軍曹の言葉を見返してみてください^ ^
    ビールは飲んましたわ^ ^;
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/18 8:11 PM
    すみません本部町ではなくて名護市より北でした^ ^;
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/18 8:19 PM
    うちなーんちゅさん

    了解です。

    念のため補足すると、「(私が)会話の脈略は無視して、当てずっぽうの返信をする」ですよ(^^)
    • coralway
    • 2019/06/18 8:20 PM
    いやいい話聞けました
    僕が当てずっぽうの話をしてると思ってました^^;
    • うちなーんちゅ
    • 2019/06/18 8:49 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM