<< ソーメンチャンプルーをつくった | main | 世界のウチナーンチュ大会2011 前夜祭(1) >>

普天間基地の辺野古移設に反対する

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    沖縄に移住して2年、その間、このブログは継続できていますし、嬉しいことに読者の増加も実感できていますから、私の沖縄に対する愛着は、少なくとも「並」よりは上だと言えるでしょう。

    とはいえ、沖縄の抱える問題に当事者ヅラしてペラペラ喋ることは、やはり控えたいとする意識は常にあります。

    ウチナーンチュの一部に、「普天間基地の移設反対を言う前に、本土に帰って基地の誘致をしてくれ。」とする意見があり、今のところ、私はそれに反論できませんからね。もちろん、面と向かってそう言われたことはありませんが、ウチナーンチュのそれぞれに、濃淡はあるにせよ、そんな意識があるのだと考えておくべきでしょう。


    でも、言ってしまいますが、普天間基地の辺野古移設に関する政府の圧力が、日に日に増しています。

    これまでは、この件で政府の閣僚が沖縄に来ても「あれは、ご機嫌伺い」と言われる程度のことでした。ところが、野田政権が発足し、先日の日米首脳会談で辺野古移設推進を確認して以降、いよいよ政府が本気になっている様子です。


    沖縄の立場はもちろん基地反対で、もし日本に米軍基地が必要と言うのなら、他の都道府県でも応分の負担をせよ、というものです。一方、政府は沖縄に基地を置くことを前提とし、その見返りに経済振興の名目でお金を払いますというもの。

    元々、議論が噛み合っていません。

    ところが、沖縄の一部に、政府の議論に乗っかりたい勢力がいるので、そこに付け込まれてしまいます。


    今沖縄にある米軍基地は、戦後に銃剣とブルドーザーで米国が占領したもので、沖縄が認めたものはありません。仮に、辺野古に基地が建設されるとすれば、それは初めての「地元に認められた基地」になります。

    つまり、以降の基地建設に反対する根拠を、沖縄は失うことになってしまいます。

    一度でも基地の建設を認めて、その見返りを受け取ってしまうと、沖縄県知事や地元市長に誰が就いても、反対することは難しくなるでしょう。

    政府との交渉は条件闘争になってしまい、政府に「今回はいくら払えばいいですか?」と言われかねません。辺野古はOKで他は駄目とする理屈は通らないでしょう。


    考えてみれば、名護市は本島北部の人口わずか6万人の街です。そんな田舎の小さな街の市長が、日米の狭間でとんでもない圧力と戦っていることを知ると、そもそもこの国は何なのか?と考えてしまいます。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM