<< 那覇市牧志「ひやみかちマチグワー館」 | main | 沖縄の巨大キリギリス >>

旧久茂地公民館の解体

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル


    那覇市の中心部、久茂地川沿いに建つ、旧久茂地公民館です。

    老朽化を理由に、来年春頃までに解体される予定です。

    20111021144802_0.jpg

    この建物は45年前、つまり、沖縄の本土復帰前に沖縄少年会館として建設されたものです。

    本土復帰後の初代県知事屋良朝苗(やらちょうびょう)氏は教育者でもありました。沖縄の子供達に教育施設を与えたいと考えた屋良氏は、施設建設のための募金活動を展開し、建設にこぎつけました。

    コンクリート打ちっ放しの、当時としては斬新な設計の6階建てで、屋上にはドーム型のプラネタリウムが設置されました。県内各地から修学旅行で那覇を訪れた子供達のために、宿泊施設も完備されていました。教育で本土に遅れをとるわけにいかないとする、屋良氏の強い意志を感じとることができます。

    建設当時の写真がありました。周囲に高い建物が少なく、慶良間諸島がよく見えたそうです。

    20111021145031_0.jpg


    老朽化した古い建物はいつかは取り壊すことになります。45年前の建物ですから現在の建築基準には合わないでしょう。公民館や図書館の機能はプラネタリウムとともに、牧志のさいおんスクウェアに移設済です。

    那覇市は「何か問題がありますか?」と言ってます。


    那覇には歴史的な建築物は、ほぼありません。戦前の建物で沖縄戦の戦禍を免れたものもありましたが、とっくに壊されています。今では、本土復帰前の建物がわずかに残るだけです。行政は古い建物が嫌でしょうがないと思っているかのようです。


    建築基準に満たない建物を使用して、市民を危険な目にあわすわけにはいかない。建物を改修するには多額のコストがかかり、市の財政状況を考えると支出が難しい。

    まったく、その通りなんでしょう。

    だけど、もっと条件の悪い中、歴史的な都市景観を維持している例は国内外にいくらでもありそうです。つまり、知恵の問題、あるいは学ぶ姿勢の問題なんです。


    那覇市の中心部の地図です。

    県庁前の久茂地交差点から右上に向かって国際通りが通っています。松尾から一銀通りを松山方向に向かうと、久茂地小学校があります。その左手に久茂地図書館と示されている場所が旧久茂地公民館です。

    20111021164925_0.jpg


    那覇市内でも一等地と言えるでしょう。そして、那覇市中心部のドーナッツ化により、久茂地小学校は廃校が決まっています。

    これは結局のところ、行政による地上げではないのか、と思えてきます。


    コメント
    今、156ページ参加させていただきました。

    ありがとうございます。

    こんなに引き付けられたブログはテンペスの小説以来です。

    私の知りたかった沖縄がそこにありました。

    そして、久茂地公民館は小学校の修学旅行で宿泊した思い出の建物でもあります。

    時間は動くかたちと(洗練された情報)、動かないかたち(過去の優れた先人の遺産)とがどうなっていくのか考える毎日でもあります。


    明日は那覇まちまーいで首里あたりを勉強してきます。

    • おやす
    • 2011/10/21 10:27 PM
    ひぇ〜!!

    全部読まれたのですか?

    すごい!!

    本当にありがとうございます。そして、連日、お褒めのコメントをいただいて恐縮です。

    修学旅行でここに宿泊されたのですね。素晴らしい。

    子供の頃の記憶をただ単に思い出すことと、思い出の場所に立って思い出すこととは、蘇る記憶の量や質がまったく違うと思います。

    それは、自分の親や先祖の経験を聞いた場合であっても、ただ聞くことと、その現場に立つことは、やはり受けとめ方が違ってくるように思えます。

    首里はいいですね。「優れた先人の遺産」を訪ねるには、最高の場所です。
    • coralway
    • 2011/10/21 11:08 PM
    ごく少数の建築マニアや哀愁を感じる方々のみの意見です。市民県民の多くはこの建物に何も感じていませんよ!
    • 取り壊し賛成派
    • 2011/10/31 11:34 PM
    旧久茂地公民館の解体については、地元紙2紙が何度も記事にしています。また、両紙とも、老朽化した建物がやっと解体されるというよりは、解体を惜しむ側の論調に読めました。建物の維持を願うのが、マニアやごく少数の市民であれば、あのような記事にはならないでしょう。

    私は賛否の比率に興味はありませんが、解体賛成派が反対派より多いのは確かでしょう。
    • coralway
    • 2011/11/01 12:49 AM
    沖縄のローカル2紙はほとんどゴシップ紙と思います。沖縄基地問題や行政課題に関する記事は読者の興味関心を惹くよう編集され内容に偏りがあります。これらの記事で民意と受けとるにはいささか疑問があります。マニアや極小サークルの意見程度とお考えください。
    • 取り壊し賛成派
    • 2011/11/01 12:28 PM
    民意と隔たりのある記事を書いているようでは、新聞が売れないでしょう。

    賛成派ではなく、推進派のコメントであろうと解釈しました。
    • coralway
    • 2011/11/01 12:52 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM