<< 西表島に生息する猛獣「ヤマピカリャー」(1) | main | 沖縄の基地問題(2) >>

西表島に生息する猛獣「ヤマピカリャー」(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    西表島にヤマピカリャーが生息していないとする2番目の根拠として、西表島の食物連鎖のサイズを推定すると、現在のイリオモテヤマネコの生息数が上限で、それ以外の肉食獣は生息できないとする試算があります。

    西表島の猟師の主な獲物は猪です。崎山村などでは、畑の作物を守るために延々と猪垣を築きましたが、それほど猪の生息数が多いのです。イリオモテヤマネコの体格では、元気な猪を捕らえることができませんが、ヤマピカリャーは大丈夫。そこで、両者の棲み分けができているようです。


    かつて崎山村のあった崎山湾は、海がシケた時の船の避難場所として、今も利用されています。かつて、台湾から韓国か日本にウンピョウを運んでいた密輸船がそこで遭難し、十数匹のウンピョウが島へ逃げ込んだと、私はニラんでいます。

    20120116190455_0.jpg

    さて、近い将来、このあたりをウロウロする行動目標のある私は、きっとヤマピカリャーに遭遇するのですが、その時にはこのブログを読ませて「貴方がいると信用してたのだから、引っ掻いたりしないでね。」とお願いするつもりです。


    あっ、そうそう。船でしか行けない、西表島最西端の集落である船浮は、歌手の池田卓君の故郷です。そして、彼のお父さんが、イリオモテヤマネコの第一発見者だそうです。地元ではとっくに発見されていたのですから、正確には、生きてるヤマネコを最初に役場に届けた人ですね。

    コメント
    Cさん、今日ついに船浮とイダの浜に行ってきました。

    とうとう、ルビコン川を渡ってしまったようです、白浜港の八重山テイスト、ハンパではないですね。

    上原航路の船酔いしんどかったです。
    ただいま、美崎町徘徊中(笑)
    • ひよこ
    • 2016/05/12 8:45 PM
    ありゃ、そんな所に。

    船浮、行きましたか。天気も良かったからいい景色だったでしょうね。

    お疲れさまでした。

    • coralway
    • 2016/05/12 9:43 PM
    Cさ〜ん、八重山に移住することに決めました。(笑)

    連れがそう言っております。
    • ひよこ
    • 2016/05/14 8:56 PM
    遊びに行くからね〜 (^O^)/
    • coralway
    • 2016/05/14 9:06 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM