<< コンビニのアルバイト | main | 面接合格!! が、しかし・・ >>

尚家の中城御殿が復元されるそうです

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    廃藩置県により琉球王朝が終焉した後、首里城を出た尚泰王らが暮らしたお屋敷が中城御殿です。

    その中城御殿を復元することが決まり、早ければ2015年に着工の見通しです。

    場所は首里城から見て龍潭の向こう側。下の地図に、広い空き地があるのがわかるでしょうか?

    20120201071519_0.jpg

    そこに中城御殿がありました。

    沖縄戦で焼失した後、県立博物館が建設され、博物館がおもろまちに移った後、発掘調査が行われていました。


    20数棟におよぶ赤瓦建築の造形を、これまでは古い写真でしか見ることができませんでしたが、少なくとも、表御殿は完全復元されるようです。

    表御殿は言わば尚家の公邸で、裏手にあった私邸にあたる裏御殿は、首里城と同じく御内原と呼ばれたようです。


    私としては、

    建物の外観だけが復元され、中は資料館ってのは、ちょっと勘弁してほしい!!

    内側も復元し、当時の尚家の暮らしが偲ばれるようにしてほしい!!

    どうかお願いします。m(_ _)m


    あっ、そうそう。アメリカ合衆国!!
    戦利品として持ち帰った尚家の財宝を、今すぐ沖縄に返しなさい!!

    財宝ヌスルー、許さん!!

    コメント
    それは吉報ですね、歴史遺産の復元をどんどん進めて下さい!

    鉄筋コンクリート造は止めてね!
    • モアナ
    • 2012/02/01 8:26 AM
    首里城も結構ハリボテですからね。

    でも、首里城の東側が復元されると、相乗効果が得られそうです。国王が生活した場所ですからね。
    • coralway
    • 2012/02/01 9:17 AM
    末裔に常駐していただけませんか?

    訪問者は喜ぶと思うけどな!
    • モアナ
    • 2012/02/01 9:57 AM
    お屋敷が完成した時のテープカットか、講演会の講師に招く感じですね。

    やはり尚家の方には、一目おいてますからね。
    • coralway
    • 2012/02/01 1:06 PM
    はじめまして。

    仕事の関係で去年から那覇に行くことが多くなったのですが、元々が琉球王朝に興味があり無理やり会社で沖縄と関われる企画を作り実現しました。

    今回の復元は都民でありながら、めちゃめちゃ嬉しいです。
    東京は案外と観光地は近代的なものばかりですので、皇居や浅草以外にこれというものが見当たらないのです。(時代劇で紹介される江戸城は姫路城です)

    最近は江戸城天守閣を再建する運動が少し盛り上がっておりますので、都民も沖縄の方ぐらい勢いが出てくれたらなぁと羨ましく思います。

    ここで、提案なのですが友人が韓国に住んでいるので遊びに行くことが多いのですが、今でも朝鮮国王の直系子孫が歴代の国王の前で祭祀をする【宗廟祭礼祭】があり、世界無形遺産になってます。

    沖縄も尚家23代当主であられる尚衞さんにこうした祭祀や首里城や中城御殿の館長として常駐していただき、琉球王朝の歴史を広く世に伝える世界無形遺産を目指すのはどうかなと思います。
    (県民ではないので差し障りがありましたらごめんなさい)

    江戸城も皇居に絶対的な配慮をしたうえで再建する計画のようですので、館長として徳川宗家に就任してもらいたいと考えてます。

    韓国の宗廟祭りを見ていて感じるのは、宮殿にそれぞれの役割の子孫が一堂に集い、先祖とともに歴史を感じ、これからを大事にしていこうという空気は何とも言えないものです。
    私は、尚衞氏が今、どのような立場の方なのか、まったく知りません。

    ただ、「琉球国王の末裔は何をしている?」、「琉球王国が復活したら、国王になるべき直系の子孫は誰だ?」などと、興味本位の話題にされるのは、さぞご迷惑だろうなと感じています。

    中城御殿が復元されるのは、嬉しいことですし、公開が楽しみですが、尚家の直系だということだけを理由に尚衞氏を館長にというのは、ちょと短絡過ぎると思います。そして、次の館長は尚衞氏のご子息が就任されるのでしょうか?

    私の一つ前のコメントは、琉球大学名誉教授で元副知事の尚弘子さんを想定しました。彼女は松山御殿で暮らし、そこでの生活を描いた著作もあります。ですから、中城御殿の公開時のセレモニーに出席をお願いしたり、御殿での暮らしをテーマに講演をお願いすることは失礼にはあたらず、おそらく喜んで引受けていただけると思います。
    • coralway
    • 2012/02/02 3:39 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM