<< 古波蔵の理容店「センス」(1) | main | I君は笑わせてくれます >>

K君はいいやつです

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    以前、紹介した同僚のK君は、生粋のウチナーンチュです。

    私が通勤で使っている琉球バス113系統に、那覇バスターミナルから乗ってくることがあります。

    ある日、那覇バスターミナルで、K君が乗ってきました。お昼過ぎで、乗客は私一人でした。

    C(私です) 「K君。お疲れ様。」
    K 「あぁ、Cさん。お疲れ様です。」
    C 「113系統の運転手のOさんを知ってる?。美人で明るい運転手。」
    K 「よく知っていますよ。」
    C 「もし、Oさんの運転で、乗客がオレ一人の場合、あなたはバス停の影に見えないように隠れて、次のバスにしてよ。」
    K 「ハッハッハッ。わかりました。でも、外からは見えないから、乗ってみないとわからんですよ。」
    C 「その時は、あっ、間違えましたとか言って降りたらいい。」
    K 「むちゃくちゃですねぇ。でも、わかりました。そうします。」

    ということがあって、その翌日の雨の夜、私とK君は一緒に会社を出ました。

    K 「Cさん。今日の大雨で、道路は大渋滞ですよ。モノレールで帰りましょうよ。」
    C 「いや。バスで帰るよ。」
    K 「何言ってるんですか。まだバスは空港に着いてもいないと思いますよ。絶対遅れてますよ。」
    C 「そっちこそ何言ってんの。せっかくOさんが迎えに来るのに、待たないと。」
    K 「お気持ちはわかりますけど、運転手がOさんと決まってるわけじゃないでしょ。」
    C 「わかってないねぇ。オレがOさんを待ってるんじゃなくて、オレが待ってるからOさんが来るの。」
    K 「馬鹿なこと言ってないで、一緒にモノレールで帰りましょうよ。」
    C 「勝手に帰れよ。シッシッ。」
    K 「まったく何考えてんだか。じゃあ帰りますよ。さようなら。」

    その5分後です。K君が大声で電話をしてきました。

    K 「Cさん!。Kです!。113系統来ましたよ。運転手はOさんです。今、そっちへ向かってます。すごいなぁ。」
    C 「ほら、言ったとおりだろ。」
    K 「わかりましたよ。しかし参ったな。」
    C 「あのね。オレが待ってるんじゃなくて・・・」
    K 「はいはい、わかってます。よかったですね。じゃあ、また明日。」

    K君はいいやつでしょ。

    典型的ウチナーンチュで、仕事は「テーゲー」ですが、本当にいい性格しています。
    もう一人、笑わせてくれる男がいますので、そいつは、次回紹介します。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて10年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM