<< 琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(1) | main | 琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(3) >>

琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(2)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    鎌倉芳太郎さんは、1921年、沖縄県女子師範学校と沖縄県立第一高等女学校の教師として、那覇に着任しました。

    着任早々、鎌倉さんは、沖縄の文化に魅せられました。時間があればあちこちをうろうろするので、「何にでも興味を持つ芳太郎先生」として、すぐに有名になったそうです。

    女子師範学校と第一高等女学校は、現在の那覇市安里にありました。県の財政難で両校が併設され、教師は掛け持ちをしていたようです。

    話は逸れますが、ひめゆり学徒隊はこの二校の生徒で編成されました。女子師範学校の広報誌の名前が「乙姫」、第一高等女学校の広報誌の名前が「白百合」で、両方を合成した「姫百合」が両校併せた通称になっていたそうです。

    与儀から安里へ抜ける国道330号線をひめゆり通りと呼び、安里川に架かる橋を姫百合橋と呼びます。

    名前の由来は上記のとおりで、花のヒメユリではないのでした。

    また、糸満にある「ひめゆりの塔」は、近くにあった第三外科壕で、ひめゆり学徒隊の多くが命を失ったことから、建立されたものです。

    (続く)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM