<< 琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(3) | main | 琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(5) >>

琉球文化の伝承 鎌倉芳太郎さん(4)

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    首里城の解体を阻止した、鎌倉芳太郎さんの沖縄研究は続きます。


    鎌倉さんの研究を加速させる、二つのことがありました。

    一つは、鎌倉さんは那覇に着任して2年の間に、ウチナーグチを完全にマスターしていたことです。沖縄の長老たちが徐々に心を開き、色々なことを彼に話し始めたのです。本土から著名な学者達が、沖縄へやって来ましたが、ウチナーグチを使える人などいません。このことで、鎌倉さんは大きなアドバンテージを持つことになったのですね。

    二つ目は、前の記事にある首里城救出です。このことで、鎌倉さんは尚家から絶大な信頼を得ました。沖縄学の父と言われた伊波普猷(いはふゆう)でさえ、尚家への取材は難しかったようですが、鎌倉さんは、ほぼフリーパスで中城御殿に出入りができたようです。

    鎌倉さんは、中城御殿で写真を撮り、スケッチし、記録を取り続けました。彼の取材ノートは80冊を超えました。また、そのノートの内容は、解剖学をおもわせるような、緻密で正確なものだったそうです。

    沖縄戦で全ての記録が失われた中、東京で保管されていた鎌倉さんの記録が、どれだけ貴重だったか容易に想像がつきますね。

    (続く)

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて9年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。 (y_mizoguchi@i.softbank.jp)
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM