<< 沖縄のお笑い(1)沖縄ネタ | main | 沖縄が100人の村だったら >>

飯上げの道

0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    昨日、南風原町の黄金森にある陸軍病院壕跡を訪ねました。

    森の西側に炊事場(井戸)があり、そこから、森の各壕に水や食事を運んだ道を、「飯上げの道」と呼びます。運んでいたのはひめゆり学徒の少女たちです。

    飯上げの道に沿って、南風原文化センターの脇を黄金森に入っていくと、坂道になり、やがて丘の上に出ます。そこから森の東側への下り坂には木道が整備されているので、簡単に森を抜けることができます。

    森を抜けて歩道を左手に行くと、陸軍病院壕(20号)の入口に到着します。森の西側からここまで500mほどでしょうか。



    陸軍病院壕(20号)は、昨年整備され、中に入ることができるようになりました。

    照明が無いため、懐中電灯を手に壕内に入ります。南風原町文化センターの方が案内をして下さいます。



    湿気が充満し、天井から地下水がポタポタ落ちてきます。壕の天井が低いので、背の高い私は、何度もヘルメットを天井にぶつけてしまいました。

    自然の壕であれば、あちこちに空気の通り道があるのですが、この壕は手掘りの人工壕のため、通気が悪く、当時、壕内でろうそくの灯が消えそうになると、衣服などを振って、入口から空気を送ったのだそうです。ともかく、ひどい環境です。

    この壕での治療は、弾丸の摘出と負傷部位の切断に限られていました。

    ひめゆりの生存者によると、壕内が暗く、負傷の状況や、手術の内容はよくわからず、麻酔の不足する中、暴れる患者を、ただ必死に押さえつけていたそうです。

    ひめゆり学徒とは、まったく法的根拠の無い「看護補助要員」という名のもとに、大人の命令に従っただけの少女たちです。

    沖縄戦末期の艦砲射撃の中、飯上げの道を走る少女たちは、自分に何が起こっているのか理解できていたのでしょうか。

    少女たちが、この壕で生活したのは2カ月ほどでした。

    首里陥落の後、重症患者を青酸カリとともに壕内に残したまま、少女たちは摩文仁へ逃げ、そこで自決することになります。

    帰り道、バスの車窓から、成人式の晴れ着姿の女の子たちが見えます。

    ひめゆりの少女たちにも、彼女たちと同じような人生が与えられるはずだったと思うと、まったくやりきれない気持ちになりました。

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    プロフィール
    profilephoto


    念願の沖縄生活を始めて8年になりました。
    沖縄の生活、文化、風土、音楽、政治などの話題を投稿しています。
    Twitter
    お勧めの本と映画
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM